情報弱者(T_T)

テーマ:

本格的にスマホに買い替えを考えている中、

ようやく先日、家電量販店へ出かけました音譜

 

これまで、各携帯会社のパンフレットは持ち帰っていましたが、

読んでも訳が分からない料金プラン・・・ うーん

 

自然と買い替えが遠のいていましたが、

携帯が壊れそうな今の状況で、悠長にはしていられなくなり、

ようやく重い腰を上げました・・・

というより、上げざるを得なくなりました ゲッソリ

 

 

知らない間に、世の中は随分と便利に、

でも、複雑になってしまったのですね。。。

 

そして、情報弱者は、

今の世の中、損をすることも分かりました滝汗 

 

プロバイダーも数年前より使いやすく、安くなっていたのに、

全く知りませんでした。。。笑い泣き

 

 

 

でもこれって、

何も、スマホだけの話じゃないんじゃないかと、ふと感じました。

 

例えば、小学校や中学校の部活動。

 

先生方がお忙しい中、

時間を割いて指導をしてくださっていることには頭が上がりません。

 

ただ、実際に部活動の様子を聞いてみると、

私が学生だった20年前と何も変わっていないような気がします。

(もちろん、大切なことは昔も今も変わりませんが・・・)

 

では、Jリーグは20年前はどうだったでしょうか?

その頃の選手と、今の選手と、技術レベルはどうでしょうか?

 

常に進歩を求められ、新たな知識や情報の中でトレーニングをしてきた結果、

いまのサッカー界があるのだと思います。

 

 

だとすると、学校の部活動にも、

新たな知識や情報が必要

なのではないでしょうか?

 

先日、ある元メンバーの現状を知る機会がありました。

 

中学二年生になった彼は、今では部活がつまらなくなったということです。

なぜなら、何らかの罰として走らされてばかりいるからということなんです。

なぜ走らされることになっているのか、理由はいろいろだと思います。

もちろん、本人の問題も大いにあるのだとは思います。

 

ただ、サッカーを好きになってサッカー部に入部した彼から、

「サッカーが好き」な気持ちまで失くしてしまうのは

ちょっと違う気がします。

 

 

知識や情報の入れ替えを常にしていかないと、

特に、子どもに接する大人は、

子どもをダメにしてしまうことに繋がりかねない

感じるエピソードでした。

 

 

だから、いろいろな場面で

情報弱者にならないように

していかなければならないと思いました。

 

☆ ただ、情報の取捨選択も大切になってきますが・・・

 

 

 

 

ところで、私のスマホデビューはというと・・・

 

更新月が4月~の2カ月間ということで、

またまた先延ばしになってしまいました チーン

 

その前に携帯が壊れてしまわないように祈るだけです・・・ 滝汗

 

 

 

 

AD