実際の不動産購入までの流れ

テーマ:

これらの流れは不動産会社に

物件を探してもらわず

 

すべて自分で

探す場合の流れとなります。

 

1.資料確認

 

不動産会社の付き合いがある方は

良い物件が出ると電話やFAXがきます。

 

付き合いのない方は

サイトで見つけるか

直接不動産会社に行きましょう。

 

また自社物件などでは

値下げも可能ですので

 

付き合いの長い

仲良い不動産会社でしたら

交渉も可能です。

 

よく未公開物件は

誰も手を付けていないから

お手頃といいますが

 

付き合いさせ深ければ

レインズなどの公開物件も

交渉で安く仕入れるので

 

公開物件でも未公開物件でも

信用があれば

あまり関係ないんじゃないのかなと

思っています。

 

逆に悪い物件だからこそ

いつまでも未公開物件で

だされてるんじゃないのかなと

 

したがって詐欺物件のほうが

多いんじゃないのかなとも思えます。

 

最近は固い物件、東京23区の物件は

相場価格で手に入れるにも難しいともいえるので

もし安定を求めるのなら

迷わず手に入れるほうが良いのかなと思います。

 

人脈のある僕の社長でさえも

相場価格でもなかなか手に入らないと言っています。

 

2、物件を実際に見に行く

 

物件が傷んでないかはもちろん

日当たり、騒音、治安、隣の住人など

調査が必要です。

 

こちらはとても重要ですので後程詳しく載せていきます。

 

3、買い付け証明書を送る

 

この物件がほしい!

でももう少し値下してもらいたい。。

 

そんな時には相場価格より低い

自分がほしい金額で買い付け証明書を提出します。

 

別に出したからと言って

購入しなければいけないわけではありません。

 

ただあまりにも低い金額や

いたずらで何回も出していたら

相手にされなくなります。

 

人気物件は相場価格

それ以上でも即売れてしまいます。

 

投資はこれで終わるわけではないので

慎重に出して行きましょう。

 

4、契約

 

この物件だ!と決めたら契約となります。

 

手付金を払います。

もしキャンセルした場合は

手付金を放棄しなければいけないので

慎重に契約しましょう。

 

これらが物件購入までの流れとなります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

無料相談もしていますのでいつでもご連絡ください☆

 

無料相談

 

みなさんのおかげでランキング入りしていきました★

いまはこんな詐欺話しが

ランキングされています。

 

気を付けていただきたいです。

 

詐欺商材を蹴散らしていきます。

応援よろしくおねがいします。

 

副業?ランキング

 

 

 

 

 

 

AD