とあるライボルト使いのゲーム日記

当ブログにお越しいただきありがとうございます。このブログはタイトルにもある通り、ライボルト使いがポケモンORASのレーティングバトルについて自由気ままに書いていくブログです。

Twitter→@manectric084


テーマ:
【はじめに】
シーズン12にて目標であったレート2000を達成したので構築記事を書きました。最高&最終2007です。インフレした中で2000という数字は決して高いとは言えませんが、初めて2000の大台に乗せることができたので記念の意味としてもパーティを紹介します。

【構築紹介】
・ライボルト@ライボルトナイト(臆病)


特性:避雷針→威嚇
技:10万ボルト、ボルトチェンジ、めざめるパワー氷、守る
努力値:CSぶっぱ 残りD

最初はお試しで入れた守るが上手くハマって結局終盤までこの技構成だった。ナットレイの処理ルートが少なくなったものの守るを使う頻度は高かった。ガルーラ等の猫騙しを透かすことやゲンガーに初速で抜かれ痛手を負うのを防ぐ(これについては後述)。他にもランドガブの拘る技を確認することができ、スカーフのそれらを突破するという今までではできないような芸当も出来るようになった。

・エルフーン@こだわりメガネ(臆病)


特性:すり抜け
技:ムーンフォース、エナジーボール、暴風、草結び
努力値:CSぶっぱ 残りB

以前(シーズン11構築記事参照)はカバルドンの起点作りからの展開を阻止するためにメガネ型を採用していた。しかしHDカバルドンが流行りはじめ、エナジーボールで落とせず最低限の仕事をされてしまうことに納得がいかなかった。そこで採用したのが草結び。ほぼ確実にカバルドンを一撃で葬る。その他スイクン、ヤドラン、メガガルーラに対しての最大打点にもなった。そして相変わらずアタッカーが警戒されないおかげで雨パのエースを出落ちさせることもできた。

・マンムー@こだわりスカーフ(陽気)


特性:暑い脂肪
技:地震、ストーンエッジ、馬鹿力、氷柱針
努力値:ASぶっぱ 残りD

ついに解禁したKP上位地面枠。基本的にライボルトが弱いポケモンに強い。また誘いやすいゲッコウガにスカーフ馬鹿力を叩き込むのは楽しかった。基本的には勝てない耐久型ファイアローやウルガモス、メガリザYにも上からストーンエッジが刺さりあまりスカーフマンムーが警戒されないものだと感じた。弱点は氷の礫を切ってるのでガルーラのグロ不意で逝ってしまうこと。相手の"礫で終わり"という先入観で勝ったこともあったり。

・ギャラドス@ゴツゴツメット(呑気)


特性:威嚇
技:滝登り、地震、電磁波、冷凍ビーム
努力値:H252 B244 A12

最強のゴツメギャラ。受けポケモンがこいつしかいないので毎試合過労死していた。しかし秘密の力ガルーラが増えてもはやただのクッションにしかならない試合もあり対ガルーラをギャラに任せるのは良くないと痛感した。リフレクのみ貼られた状態で身代わりマンダの起点にならないのは強い。ギャラドスの存在自体が相手のスカーフ地面勢の拘り地震を拒ませ非常に優秀なポケモンであるなと改めて思った。

・ヒヒダルマ@命の珠(陽気)


特性:力ずく
技:フレアドライブ、アンコール、岩雪崩、地震
努力値:A236 S252 H4 B4 D12

もはやマイナーではなくなってしまったゴリラ枠。クレセリアを確2にできる火力は癖になり、ヒードランの後出しも許さない。重いヘラクレセドランを3タテすることも少なくなかった。アンコールは腐りやすくクレセのトリルを防ぐ挑発、オニゴーリに絶対的に強くなれる身代わり、その他鬼火などに変えたほうが使いやすい気もした。ちなみにナットレイ、ニンフィア、サーナイト、ピクシー、オニゴーリが見えたら絶対に選出した。

・カラマネロ@食べ残し(慎重)


特性:天の邪鬼
技:馬鹿力、叩き落とす、眠る、寝言
努力値:HDぶっぱ 残りB

2000達成のMVP。正直このポケモンに出会わなかったら2000の夢は叶わなかったと思う。いつも6枠目には対クレセリア枠を入れているが今までにマニューラ、シザリガー、ゴチルゼル、シュバルゴ、ハッサム…と色々試してカラマネロに落ち着いた。さらに初手で出てきやすいマンムー、ポリゴン2に圧倒的な強さを誇り、ポリクチの並びも天の邪鬼で簡単に崩せた。ライボルトやギャラドスの威嚇や電磁波を利用して無理やり起点をつくる。馬鹿力をガン積みされると相手の選択は降参しかなかったと思う。クレセリア(スキスワ非考慮)、通常色スイクンを筆頭に主な物理受けを起点にできる。寝言に関しては多少運要素が含まれるが、寝言自体はオマケみたいなもので、眠って状態異常ごと回復できるのが何よりも強み。受けループに対しても優位に試合を進められることも多かった。また、具体的な例としてライボルトとゲンガーの対面になった場合、一度守るをするとそのターン凍える風を撃っていたゲンガーはカラマネロを警戒して(ボルチェンで逃げて後出しカラマネロの素早さが上がることを考慮して)ヘドロ爆弾を選択する。よって次のターンライボルトが10万ボルトを選択しても素早さが下がることなく(それなりのダメージは受けるが)ゲンガーを突破できる。それだけカラマネロ(天邪鬼)の存在は大きいものであった。

【あとがき】
昨シーズンは以上のパーティでひとつの目標であった準伝600族を使わずにレート2000を達成できたことがとても嬉しかったです。ですがカラマネロの活躍が多かったせいか、僕といえばカラマネロという人が多いように見えたのが少し残念でした。あくまでも僕はライボルト使いとしてこれからも2100目指して精進していきます。


AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

アルドさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。