マドカのラズベリー☆デイズ

声フェチで乙女ゲー好きなヒトのつれづれメモブログ。
乙女ゲーの妄想小説、夢小説書いてます。コメ、レス歓迎!

ラズベリー☆デイズへ、ようこそ。

主にボルテージの乙女ゲーのレビュー、感想、
夢小説/妄想小説等を書いてます。
コメント、レス、メッセ大歓迎。

ここにある二次小説は私の妄想小説であり、
関係各社さんとは関係ありません。
また無断で持っていかないでくださいね。

ウチにあるイラストは、お友達に書いてもらったものです。
無断持ち出し禁止です。

ただいまペタを停止しています。(業者が多くて嫌なので)ペタしてくれていたみなさん、すみません。いつもありがとうございますm(_ _ )m またこっそり戻す時があるかもですが。。。

<夢小説・目次>

マドカのラスベリー☆デイズ

「シンデレラ」「王子様」「海賊王」「怪盗」などの夢小説を書いています。


読者登録してね  アメンバー募集中


テーマ:

キャラ絵を見た時に、一発でこの人が一番だったんだよね私。
この斜め左見てるこの感じとか大好きで。


櫻井さんが演じるって時点でまぁただものではないなとは思っていたんだけど、PVで泣いてたでしょ。「それでも……僕は君を……手放せない…っ」ていうセリフに一体なにが!??てなったら。



(ちょい追記:累は他ルートでの好青年のときは割と声が高めなんだけど、分かる人にはわかる→「王子さまのプロポーズ」のCDのグレンくんより少し高め。でも本性を現してからは一段トーンが下がります。特に策略を巡らせてる時はかなり「サイコパス」の槙島聖護トーンになるのがたまらなかった!たまらなかったの!!大好きなの!ほんともう好き…。追記終わり)



さてネタバレ始まりますーー




他のルートでは明るくて爽やかな帝都大医学部の学生、ていうかんじで、いつも「くぅぜーさぁーーん!」てパタパタ駆け寄ってくる笑顔の爽やかでかわいいワンコみたいな青年だったんだけどさ……


いやぁ、いろいろ抱えてましたねぇ。
あちこちで本を焼き払う集団カグツチのリーダーだったとは。
彼らなりの正義ではあったんだけど、最終目的がこれまた物騒で。


偽物の稀モノを非人道的なやり方で作り上げ、それを自分たちに不利な事を言う人間の口封じに使おうとしていた四木沼と百舌山の根城をぶっつぶす!ていうのが最終目的だったんだよね。。。


おまけに。
衝撃の事実が。
累は薇子さんと百舌山の間にできた子供だったということ。しかも合意の上ではなかった。(薇子さんも考えてみたら本当に辛い人生なんだよなぁ)


累はすべての元凶である百舌山教授を心底憎んでいたのに、その男の遺伝子が自分にあるのかと思うだけで取り乱してしまう。累にとっては育ての親がすべてで、その両親を百舌が手にかけたことを確信してたから余計に。



ここら辺つらかったなぁ。



しかも四木沼にとっつかまって累の目の前でツグミが危ない目にあったからか、累はツグミを部屋に引き止め、累のアパートで暮らし始める。2人はいろんなものから逃げて、自分達だけの世界にいられればと想ったんじゃないかな。でもそれは長くは続かないこともわかっている。だからこそ2人だけの大切なかけがえのない時間を慈しむように美を寄せ合っている。震えながら寄り添う小さな生き物みたいに感じてましたワタシは。本当は累はカグツチのリーダーという強い意志を持った集団のトップのはずなのに、彼もツグミも弱々しく見えるんだよ。どちらもお互いの存在がいないともう生きられない…みたいな感じで。一緒にいることを選んだが故に弱くなってしまうんだねえ。


累がわざと彼女に辛く当たって「自分と関わるべきじゃない」と想うのに、「ごめん、ごめん…っ、こんな、君を苦しめるだけだとわかっているのに……それでも僕は…っ、君を手放せない」っていうシーン。


もうここらへんの櫻井さんの演技で号泣しまくりでした。。。



でも、累はお風呂担当(ライターさんいわく)ってことで、いろいろ色っぽいシーンもたくさんだったねえ(●´ω`●)ゞ


映画館のシーンでも隣の席に座るだけで顔を赤らめてる彼女に、手を握った上に指でつつつーっとなぞったり、指を絡めたり、またそれで声が出せずにドキドキしてる様を楽しげに見つめてるとかね!


「もしかして男性と出かけるのは初めて?……これからのいろいろな君の<初めて>を奪うのが僕でありますように」


てのをですね、どこかで見かけたとき、鼻血ふきそうになったww


あとはお医者さんごっこのシーンとかー。
唇と舌でなぞりながら「ここが頸動脈…ここが甲状腺…」って!
こら医学生!けしからんぞ!(/ω\)


で、極めつけはお風呂のシーン。
あれも言葉巧みに誘導されたよね。
「じゃあ一緒にお風呂に入ろうか(超笑顔)」
ツグミちゃんのぼせた頭で考えるんだよ、なんで一緒に入ってるんだろう……みたいなw


後ろハグのこのスチルは悶絶ものですよ。。。直接的にえりょくはないんだよ。だけどちょいちょい累はツグミを翻弄するような言動をするからこっちまで体温上がりそうだったわ。でもね、そこでとつとつと累が語る「こうしていると普通の恋人同士みたいじゃない?彼氏の家に泊まりにきて、2人でカステラを食べて、一緒にお風呂に入って……」みたいなことを彼女を抱きしめながら言ってるのを聞くと切なくてさ。


あ、もう一個極めつけあったわ。
彼女と初めてした後、「もっと愛したい……今度はもっとゆっくりやるから…もっと、もっともっと…愛させて」っていうの。


ふぁぁぁぁぁぁぁーっ(///∇//)
なにこの櫻井ボイス、ギルティすぎるッ!
囁かないでー!いや、もっと囁いてー!(どっちだよw)



バドエンはあれはナシにしていただきたいけど、カグツチエンドはある意味、メリバみたいな感じで嫌いではないです。でもね、私ね、想うんだけど。


累とツグミには何でもない日常を幸せに暮らして欲しい。そう思う。
累がお風呂でいってた「何でもない恋人達の日常」をずっと日々繋げて、行く行くは2人が結婚して、幸せが続きますように。そう願わずにはいられなかった。



短編集というか手記がオープンすると、薇子さんの手記も読めて、どれだけ生まれてきた子を大事に想ってたかがわかる。けれど取り上げられてしまって…彼女が心を閉ざして白薔薇夫人になったのはそういうことだったんだね。。。



ステラのSSで、カルイザワで累とツグミが薇子さんとあうんだろうというお話を読めたので、時間はかかるかもしれないけれど少しずつ歩み寄れたらな、というとこでも累には幸せになって欲しいってかんじのエンドだった。


それにしてもステラSSの累はワンピースをのボタンを止めてもらいたいのに、そっちのプレイにもってくとこがさすがってかんじで、シンデレラの千早さんを思い出したわ。あの人もニッコリ美しい笑顔で「ん?どうしたの?」といいつつもボタンを外したりする人ですからね!!!


医者ってそういう系多いような。。。

AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回のブログからまたずっと引きこもってゲームしてますどうもマドカですw


いやぁ。。。累ルートやって萌えころがり泣きつかれて、隼人ルートやって梶くんの叫びの演技で気圧され圧倒されまくって号泣してたのに、最後の最後で物語全体に関わる部分をひっくり返されて「はあぁぁ!?まじかあ??」てなって萌え転がりました。



さて。もうネタバレで書きたいので、やってない人はほんとに読まないでねえ。
特に隼人ルートはネタバレを見ないでやらないと意味がない。ほんとない。






*ここからネタバレ書きますよー!
どうでもいいけど、ニルアドやってる友達が翡翠のことを「蛍丸(さにわな友です)がさぁーー」って呼ぶもんだからもう翡翠がそれにしか見えなくなってきてる件。







で。

ねえっ!ねえええっ!
叫んでもいい???



隼人ハピエンのラスト、なにあれ!(萌え転がりッ)
共通ルートでの大前提が回収されたねーーー!
まさか隼人が苗字を偽っていたとは。
まさかツグミの初めの結婚相手だったとは。
八代という苗字は初めからツグミと私たちプレイヤーにとっては(あとヒタキ)忌むべき相手の名前だったはずなんだよ。


落ちぶれた華族の家を守る為に組まれた縁談。一代で財を成した会社の息子のところへ嫁にってハナシを聞いたらもう成金趣味の嫌な感じのおっさんが手をつけたとかそういう感じに捉えるじゃん!!?


それが成金の嫌なおっさんどころか、あんな王子様だったとは!
しかも、ずっと昔からツグミしか見てなくて、あんなイケメンかつデキるやつで。
もうっ!もうっ!
みんな隼人ハピエンラストでvitaを放り投げるか、机をバシバシ叩くか、萌え転がってジタバタするしかないでしょ、これ!!!



なんというひっくり返し方だよぉぉ!



思わずツグミが「貴方が本当に八代、さん…ですか?」って敬語になっちゃうのもわかる!!そしてそれに隼人が「はい、戸籍上ではそうなっております(超笑顔)」ってなんだこの自信たっぷりな頼もしくも素敵な笑顔は!!!



なんというメインヒーローの引きの強さよ。



すごく真面目で仕事もできて、使命感に溢れてる熱血漢で、みんなの頼れるリーダーでカリスマ性もある男も惚れるくらいのやつでさ、更に女学校時代の彼女に一目惚れしてずっと思い続けてきたとか言われたらもう……!しかもあのイケメン!!

これ↑



「でもいいよ、久世が俺の事好きになるまで待ってるから」って紳士的にいわれるのに、ちょいちょい翻弄するようにぐいぐい迫ってくるその感じがまたたまらない!


「なぁ、俺の事、少しでも好きになってくれた?」(イケボ)


とかいわれて、萌えころがるアタシww


あとはちょいちょい梶くんのシチュCD聞いてはいたからある程度慣れてたつもりだけど、リップ音がえろかった!!


(どうでもいいですけど、シチュものだと良平くんのリップ音はけっこー腰にくる。櫻井さんはリップ音の後の吐息がえりょい)



あとは限定版のSSにあるんだけど、朱鷺宮さんとホールでお茶(向こうは酒)飲みながら語らうシーンのあと、(その前にツグミは隠さんと立ち話をしている)台所にいた彼女を後ろハグしながら「あのさぁ、ちょっとあれってひどくない?(隠さんに隼人は妬きもちやいてるんだよね)」って拗ねるシーン!たまらんなアレ!!どんどん拗ねていくんだよねー


「俺はさ、ずぅーっとお預けを喰らってる犬のように待ってるわけですよ。早く俺のことを誰のことよりも好きになって、おいしい、おいしいご褒美をくれないかなぁーって…毎日毎晩、思ってるわけですよ」


その言葉にツグミは天然発動させて「じゃあ、何か作る?好き嫌いとかないわよね?食べたいものがあれば言ってくれたら…」なーんて言うもんだから。


「違うよ馬鹿」←この言い方がたまらない。甘えつつ拗ねつつねだりつつでも理性で押さえつつwwwああぁぁ梶くんGJ!


「(中略)今、俺の腕の中にあるものを食べたら、おいしいだろうなぁーって」


そこで思わず逃げようとするツグミを「逃がさない」って腕の中に閉じ込めて。で、耳をカプリと。


まぁ、ここだけではない。
「ご褒美の味」とタイトルきてキターーーー!てなるよね。
しかもそれがとっても素敵で。ドラマティック&ロマンチックー!


今まで紳士的に振る舞ってきたのに(多分相当我慢したね、隼人は)彼女のひと言で、理性なんてふっとんで衝動的なキスシーンはもうたまらんです。あとはもういちいち書くとキリがないんだけど「太腿の傷痕、見せて?」にはやられたねwww



ニルアドはCERO Dだからそういう描写もちゃんとあって、タガが外れてからの描写とか、えりょいだけじゃなく直接的な表現がないのにあれだけ熱が高まる空気を出すってすごいなと。シナリオと音楽と声優さんの演技と(吐息も大事!)どれもがよかった。



ツグミを隼人はどんな思いで見てたのかな。

公園のベンチでいつも本を読んでる深窓の令嬢。憧れの人。声をかける男達をことごとく笑顔でお断りし、いつしか「公園の姫」と呼ばれるくらいの噂になってたツグミ。20回くらいは声をかけようとしてやっぱりやめていたくらいずっと彼女を見つめ続けていた隼人。その大好きでたまらない彼女が、自分の仕事関係での被害者になってしまって(自分の妹のこと、職務への正義感やいろいろな想いがありつつも)彼女をフクロウの仕事に引き抜いたんだろうけど、すごく心配だったと思う。華族の令嬢がやれる仕事なのかって。でもツグミは思ってたよりもしっかりしてて、一生懸命で、多少無自覚なとこがあったから、余計に目が離せない。お転婆だったり無謀にも男相手に啖呵きったり、そんな発見がある度、きっと隼人はツグミにもっと惹かれ、「俺が絶対守る」ってなってったと思うんだよねえ。その過程がほんとよかった。思われ感はんぱない。



すっごくまっすぐに好意をしめしてくる。
この度直球が眩しいくらいで、でも余裕のあるかんじがまた悔しくて。
もう梶くんクラスタじゃなくても、誰にでもおススメしたいキャラだね。





あれ?

ねえ?隼人だけでものすごい長文なんだけどーww
こんなに長文書いてるから他のキャラの叫びがかけないじゃんねww
てなわけで今回はこれでおわり。累はまた次回ー!


改めてPV見るといろいろ見るとこが違う。櫻井さんの(累の)泣きの演技とか見方がかわるんだよな。。。

AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
巷ではボルゲーキャラのパズルゲームの噂で持ち切りだけど、
Androidはまだなので触れてないです。
どこぞとどこぞのアプリとキャラと設定混ぜたみたいなかんじのやつだよね。。。
(それに遼一さんとウィルが両方とも櫻井さんてのはどうなんだ。。。アニメの遼一さんは私にとっては割と地雷なんだけど。ウィルは岡本くんじゃないのかい。。。ぶつぶつ)



夢100やってるから、もう出来ないかも。
(そしてとうらぶは結局放り出した^^;;)



ところでニル・アドミラリの天秤を今やってるんだけども、超絶面白いです。
CERO Dなのだけど、ディアラバもDなのよね。
でもあっちは血とかの表現が多かったというかんじでニルアドは割と大人描写が美しく描かれてる感じ? (とはいえ人によっては必ず『致す』のが嫌だとおっしゃるオトゲユーザーさんもいるようで、まぁ私はどっちでもいい)


公式の推薦攻略が昌吾→翡翠→滉→紫鶴→累→隼人らしいのだけど、
私は紫鶴さんと滉を逆にしてやりました。
いやぁ。。。 コンシューマーゲームはほんとまとまった時間がないと出来ないけど、ちゃんとやるとやっぱり面白いし、内容が濃いからスマホゲームとかよりずっしりきてそれはそれでいいんだよね。シナリオボリュームもしっかりあるし、内容もガッツリ。


ネタバレしない程度に感想をば。


主人公のツグミは稀モノと呼ばれる筆で書かれた本を取り締まる国の機関で機関で働いている。稀モノとは手書きの本で、手書きには書き手の怨念がそこに宿り、人に悪影響をもたらすものもあることから取り締まられている。普通、稀モノを目で判断はできないんだけど、ツグミはそのオーラみたいなものを目で見て確認することができる能力がある。



鵜飼昌吾。(CV木村良平)
帝都大学法学部の学生。父親は首相。
稀モノの影響で自殺未遂を起こした本人。


自殺未遂を起こしちゃって官邸にいづらくて主人公たちのアパートに引っ越してきた大学生。まぁ、お坊っちゃまです。箱入りのわがままです。とはいえ、口の聞き方がなってないけど、結局大正時代くらいの頃ってそういう風にしつけられるんでしょうね。


そこから主人公たちを上から目線で厭味ばかりいってたのが、だんだん心とかしていくあたりはもう木村良平のツンツンツンツンデレ~~~な演技をご堪能あれってかんじで。


「そんな事思ってない!!」とかいいつつ、全部口に出てるじゃんwwかわいいやつめ。とかいったら速攻で拗ねるのでツグミはアメとムチの使い分けが偉いなぁって思う。


ハピエンかと思いきや(そして甘い時間もちゃんと描写され、かつ耳元でのりょへいきむらの吐息攻撃とかで腰砕けになります)えええええ?ていう展開も用意され、ドキドキハラハラ、でもまぁ裏切り者って大体誰か、黒幕は誰かなんとなくはわかってたけど、なんか最後の方の仕上げ方のスピード感とか好きだったなぁ。


なんていうか2人とも初めてだろ?てかんじなのに(初めてだからか?)いちゃいちゃしまくりだなキミタチ...ってかんじで。でもまぁ、幸せになりな!てかんじでした。うん、好き。ほんとにね、最後のほうの良平くんの「…ツグミ」て呼ぶその声音がすごぉぉーく優しくて、いちいち細かい吐息とか呟いてる言葉の感情とか、すごく引きずられて気持ちが持ってかれるので、良平クラスタはマストだと思います。ほんといい仕事してますわー。初めはあんなにツンツンした声しか聞けなかったのにねぇ。



星川翡翠(CV逢坂良太)
主人公達が勤める同僚。


この子、生い立ちにいろいろありましてね...まぁこの風貌。大体予想はつくかと思います。
世の中の醜いものを見すぎたんでしょうね。(でもそれは翡翠のせいでもない)
自分のことをあまり認めたがらない、自己否定が強いんだね。


でも、危なっかしそうなのにしっかり頑張ろうとするツグミのことをそばで見ていて、だんだん惹かれていくのね。なんていうか、それがほんと淡い初恋みたいなかんじで。でも翡翠は生い立ちのせいもあって色恋は醜いって思ってる。ツグミを知らないうちに好きになっているのに、それに気付かずにただ静かに嫉妬の炎を燃やして、あるとき気付く。。。「僕にはこんな醜い感情いらないのに」でも好きな気持ちは止められない。そういう感情を持て余す翡翠の葛藤とか、色んな事件とかがあって目が離せない。


最終的な事件の展開もスピード感がこちらもありまして、迫力はあまりないのだけど、ラストへの展開とハピエンで判明する生い立ちのこと、もう少し細かい描写があっても良さそうではあったけど割と満足してる。

でもバドエンは少し拍子抜けしたかな。




三人目。

汀 紫鶴。(CV鈴村健一)
文筆家。主人公達と同じアパートの住人。


後半にやる方がいいです。
なぜっていろいろきわどいからwww
これまた典型的な遊び人なのねー。鈴村さんの声のトーンもおちゃらけてるんだけど、粘っこいくらいのセクシーボイスなんだよ。言い回しももったいぶってて、結構癖になった。あとずっと聞いてると鼓膜に纏わり付く感じでかなり脳内やばいです。


はじめツグミは超絶うぶな子なのでいちいち紫鶴の言葉に反応して顔を赤くしてるんだけど、まぁ段々なれていくんだけど、ちょいちょい出してくる紫鶴の駆け引きにのってしまったりでいつの間にか恋をしてしまう。


紫鶴が女性と歩いてれば、平静な振りをしていつの間にか嫉妬している自分に呆然としていて、でも紫鶴には全部そんなのバレてるんだよねえ。もうね、紫鶴ルートは恋の駆け引きなセリフがぽんぽん出てきて、後半になればなるほどツグミもただ恥じらうだけじゃなくて、応戦するようになってくるからその紫鶴とのやりとりが面白い。(他ルートでもそうだけどツグミは言う時はきっぱり言う子)


「前に言ったよね?君が僕を欲しがるまで、僕はなんにもしないって。だから、さ……僕をちゃあんと、欲しがってよ」


っていうセリフを鈴村さんがすっごいイケボでいってくれるのがもうたまらんかった!いつの間にか欲望を引き出されて、うまいこと言いなりになる。いわゆるズルい大人。


事件の方もかなり面白くて、他ルートよりも猟奇的!?
ハピエンでラブラブ大団円、かと思いきや!のいろいろ展開があるのでロマンチック&ドラマチック&スリルの3コンボで楽しかった!



4人目。

鴻上滉(CV岡本信彦)
主人公たちの同僚


この人は本当に後半の方がいいと思う。
まあ、それはいろいろ理由があるんだけど。
初めにやると別ルートなのにふつふつといろんな想いが出てきてしまいそうで。


このクールで寡黙な彼、ぶっきらぼうなんだけど、実は優しいっていう、やっぱりすごくいいなぁって思うんだよ。(この見た目もすごく好き)岡本くんはだいたいいつも元気のいい声の役しか聞いて来なかったので(アクセラレータとかコードブレーカーの零みたいなトーンかな)もうね、イケボすぎて聞き惚れてた。成長したなぁ!!(えらそうですいません。なんかもう大学生の頃から聞いてたからおねーさん嬉しくて)



あるとき、すごく大変な目にツグミがあうんだけど、そのときも「……安心しろ」て言われて、あの低音岡本トーンで耳元で(あ、イヤホンでやるといーよ?)言われるともうひゃあああああって萌え転がれる事間違いなし。


すこーしずつぶっきらぼうが口数多くなって、近寄り始める2人の距離感、なのに、とある事件で決定的な事がおこり、ツグミはどうしたらいいかわからなくなる。。。


途中で何となく気付いたけど、やっぱり辛かったなぁ。(友達はあのシーンは地雷だと言ってた)そんで紫鶴さんのときも書いたけど、ハピエンといいつつ二転三転のやばいことがありまくるので安心とかできないんだよね。。。


うーん。。。ニルアドってね、CERO Dなんです。D。
滉の場合、地雷って人はいるかもだね。。。ハピエンに行く途中のアレはうーむ。Dならではの表現になるのかな。


これがPCゲームならツグミちゃんずたぼろにされちゃう、とか思ったけど、これくらいですんでまぁよかった、のか?でもやっぱりバドエンは辛いですわ。


____

で、ここまで。
この先やっと攻略制限がなくなったので櫻井さんが演じた鷺澤累。そしてそれが終わらないとできない隼人にいきます!

隼人すっごいどのルートでもめっちゃかっこいーの。
惚れない訳がない。CV梶裕貴。くっそ!てくらいかっこいい。

ツグミたちの同僚でもありリーダー。
いわゆる男らしくて、楽しくいこーぜー、腕っ節も強い、そつがない、割と紳士的、憧れの先輩的な雰囲気醸し出しまくり。でも、最後にならないと制限あかないのでそれはそれで恐ろしいよね。


どんな秘密があるというんだ。。。?

_______


いずれにしてもどのルートでもみんな泣きの演技が出てくるんだよね。
その苦悩に満ちた声、後悔の声、懺悔の声、胸をうつものがすごくある。

櫻井さんも泣きの演技があるから絶対号泣だと思う。。。
ニル・アドミラリの天秤
AD
コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。