テーマ:

そこにあるある。

TOMYTECの技MIX(ギミックス)よりエースコンバットゼロに登場したF-15Cの

ガルム1とガルム2の旧ガルムチームコンビがそれぞれ発売されました


実は技ミックスというものを今回初めて知りました

そこにあるある。

中身は1/144スケールの彩色済み未組み立てモデルです

ニッパー以外にカッターかデザインナイフに接着剤とピンセットは必須

箱に注意書きもあり、箱の裏も窓があって中身も見れるので気になる人は店頭で見るのが一番早い


当然、初めて作る訳で変な事言ってるかもしれないけどご了承くださいorz


開封

ガルム1
そこにあるある。 そこにあるある。
そこにあるある。 そこにあるある。

サイファーの一番機

武装類に接着が必須なので、作ってる途中での非武装+地上形態でパチリと撮影

合いを直す前なので隙間があるかも、っていうかある


塗装してある前提でピンが細めに作られてるのかユルユルだったり、

逆に塗膜の厚さでキツかったりします


最初からランナーから切り取られたパーツもあるのでゲート跡も個体によっては残ってます。

そこら辺は手直ししながら作ってく必要あります


塗装にマーキングも細かいです

一応ゲート跡が目立たない構造にはなってますがランナーについたまま塗装してあるので

こだわるならゲート跡をリタッチする必要がある部分もある(脚部にタイヤとか)

当然、合わせ目もあります


墨入れも入ってるようですが濃さが違う部分があるのでコレも自分で入れなおしたほうが良いかも


そこにあるある。 そこにあるある。

パイロットは取り外し可

後述しますが機首部分のECMアンテナは選択式
そこにあるある。 そこにあるある。

前脚、主脚、フィンは差し替えです

ガルム2
そこにあるある。 そこにあるある。
そこにあるある。 そこにあるある。

ピクシーの二番機

武装類に接着が必須なので(ry


カラーリングが違うだけで1と2、共に仕様は同じです

そこにあるある。

ちなみにサイズはこんなもん

そこにあるある。 そこにあるある。

ウスティオマークとガルムのエンブレム

そこにあるある。 そこにあるある。
本商品の主翼の表側にはウスティオのマークがありますが裏側にはありません


ゲームでも同じ仕様なんですが、容量の都合だったらしく

裏側にもちゃんとマーキングを施したい場合は付属のマーキングシールを貼ってくれとのことです
(ガルム1とガルム2のどちらもそれぞれマーキングシールは一枚付属です)

ガルム1
そこにあるある。 そこにあるある。
そこにあるある。 そこにあるある。 そこにあるある。 そこにあるある。

武装済みで飛行形態、付属の飛行用のスタンドを使用

パーツの合いもなるべく合わせたから地上形態よりは隙間ないと思う


本体/パイロン/ランチャー/ミサイルの間はピンバイスとか使って軸でも打たないかぎり接着必須

パケ絵の装備にしようと思いMSSLとXMAAを装備

そこにあるある。

上記の写真に加えXMAA二発とQAAM二発が付属してます

1キットにつき(・MSSL 4発 ・XMAA 6発 ・QAAM 2発 …のはず)

そこにあるある。

あと機首のECMアンテナの有無

アウトトリガーのECMアンテナの有無がパーツで選択できます


詳しくは説明書に書いてありますが

ゼロのパッケージ画像、ゼロのゲーム内、アサルト・ホライゾンのゲーム内の

三種類の形態から選ぶことになります

そこにあるある。
あと余りパーツ

撮り忘れましたがパイロットも1キットにつき余分に一人付いてます


ガルム2
そこにあるある。 そこにあるある。
そこにあるある。 そこにあるある。 そこにあるある。 そこにあるある。
こちらも同じように組み立て


仕様もやはり同じで、言うこと無いんでちょっとゲーム内のことを…

初回プレイ時の終盤、あの野郎は必ず来るだろうと最後の方のミッションはF15で出ずっぱりだったんですよ
最後の最後で本当に可哀想なPJが変なこと言い出して「いよいよか?」と思ったら

( ゚д゚)ポカーン ですよ! まったくモルガンも立体化しないかなぁ!


他のギミックとか
増槽
そこにあるある。 そこにあるある。

増槽の有無はパイロン自体の差し替えで再現

この増槽付きのパイロンにもちゃんとランチャー付けられるけど

増槽なしパイロンにランチャーを接着してしまいましてね…フフフ、失敗した


ちなみに真ん中にパイロンを取り付けると付属のスタンドが使えません(同じ穴使ってる)
そこにあるある。 そこにあるある。
水平尾翼は角度調整可能
この水平尾翼はポロッポロッ外れて困った
そこにあるある。

中央の増槽なしパイロンも付属してます

スピードブレーキ
そこにあるある。 そこにあるある。

そこにあるある。 そこにあるある。

スピードブレーキを開いてアームを差し込んで展開状態を再現


そこにあるある。

あとガルムチームのカード付き

1キットに一枚付いてます


以上、技ミックスのガルムチームでした。
そこにあるある。 そこにあるある。
1/144と小スケールですがモールドも細かいしマーキングもちゃんと施されてて精密感があります


ハードルの低いプラモデルがコンセプトらしいけど

パーツの合いの直しや接着の必要があるので

パーツ数は少ないけど同スケールのガンプラパチ組よりは面倒かも


”彩色済みプラモデル”でもキャノピーのパーティングラインやゲート跡のリタッチ、

ミサイルを接着しないように軸打つとかプラモデル的な猶予はあるんで

そこをデメリットと感じるか楽しみに感じるかで評価は違うかもしれない


技ミックス初体験で接続ピン斬っちゃったり手こずったところはありましたが個人的には結構良かったです

ていうかそもそもアイマス関係ないエースコンバットの立体物なだけで満足なんですけどね


あと今回は買いませんでしたが同シリーズのLEDユニットを買うとエンジンを発光できるみたいです

いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード