ミテンの本棚  >  体で感じる・心が育つ
 
体で感じる・心が育つ
こどもに関するコラム集!専門家がコラム・情報を掲載しています。
 
No.117 本当の友だちの見つけ方
原 田 京 子 ( 児童文学作家 )
 『ひよっこ』という番組がありました。9月の終わりに最終回を迎えましたが、私はこの番組が大好きでした。その理由は、このお話には、「心のきれいな人々」しか出てこないからです。 
 私は子どものためのお話を書くことを生業としています(もちろん、この仕事で生計を立てるまでには至っていませんが)。子どものお話を書くにあたり、いつもあれこれと妄想をしています。どんなお話を書いたら、子どもたちがそのお話を読んだときに、「ああ、読んでよかった」とか、「幸せな気持ちになった」とか、そう思ってくれるだろうか、ということを考えながら書いています。

 子どもたちが生きている世界は、ある意味残酷な出来事がたくさんあります。心の優しい、いい人ばかりが存在する世界なんてありえません。ですから、物語の中にはいい人たちとともに悪い人も登場させなければなりません。悪い人が登場することで、いい人の素晴らしさが引き立つことだってあります。
 でも、私は、いい人だけが登場するお話が書きたいのです。だから、いい人しか登場してこない「ひよっこ」のような番組が好きなのです。

 世の中にいい人だけが存在したらいいのに、そう思うことがありますが、現実として、この世の中には想像を絶するような悪い人が存在するのです。ですから、成長する過程において、少しずつ悪い人への免疫を付けていく必要があるのです。そういえば、PRESIDENTという雑誌のオンラインに、中川淳一郎氏が書いたこんな記事がありました。タイトルは「“小中学校の友人”なんてクソみたいなもの」。この記事の中で、中川氏は「きれいごとで子どもを追い込むな」として、「ドライな人間関係を子どもにも習得させよ」といっています。

 小中学生の悩みの大半は「友人関係」にあり、学校での人間関係が子どもたちの人生に大きな影響を与えているといわれています。子どもたちにとって、学校生活は、その人生の大半であり、その学校生活において、ひとたびいじめなどにあうと、それが子どもたちの人生のすべてを真っ暗にしてしまいます。
 中川氏はいいます。「子どもは純粋なんて嘘だ」と。つまり、決して純粋でない子どもたちのいじめは、大人の想像を絶するものだと思われるのです。
 いじめられた経験は、一生トラウマになるが、いじめた経験はすぐに忘れてしまうもの。だから、いじめられるという、生涯のトラウマになるような経験は、しないほうがいいのです。「学校が大切」「クラスメイトとは仲良くしなければならない」という価値観を植え付けられて、集団生活に耐えることを強いられ、理不尽ないじめをがまんするくらいなら、学校から逃げてしまったほうがいいと中川氏はいいます。
 人生の中の、ほんの一瞬の時間における人間関係なんて、その後の長い人生の中でこれから出会っていくたくさんの価値ある人たちとの関係に比べたら本当に「クソ」(失礼!)みたいなものかもしれません。もちろん、小中学校時代に、良き友達に出逢え、その友人関係が一生続くものであれば、それは本当に素晴らしいことですが。

 コラムNo.63『それでもママ友は必要ですか?』で、私も書いているように、大人でさえ、真の友人関係を築くことが難しいと思えるのですから、子どもならなおさらです。私にも苦い経験があります。息子が幼稚園時代、クラスメイトの母親にとんでもない人物がいて、たくさんの人がいやな思いをしていました。私は、そのような人物に出逢ったのは初めてであり、また、役員をしていたこともあって、母親たちからの苦情の処理に四苦八苦していました。所用で沖縄に行くことになり、息子も連れて行ったのですが、私の頭の中は、その問題人物のことでいっぱい。美しい海の景色など目に入らず、現地の人々に溶け込んで沖縄の海を満喫している息子を尻目に、木陰で座っていました。そんな私に、現地の老人が近づいてきて、こんなことをいったのです。
「あなたはどうして、こんなきれいな景色を前に、それを楽しむこともせず、そんな暗い顔をしているのか? 息子さんはあんなに楽しそうに地元の人たちと自然を満喫しているではないか」と。
 私はそのときはっと気づきました。なんてもったいないことをしていたのだろうと。
 たった二年間の息子の幼稚園生活の中でしか接触することのない人物のために、私は大切な時間を無駄にしていたのでした。
 結局、その問題の人物は、たくさんの母親たちから苦情が寄せられたことによって、幼稚園側から「厳重注意」を受けました。考えてみると、本当にその問題の人物とは、長い一生の中での一瞬の付き合いです。それ以来、一度も会うことはなかったし、おそらくこれからの人生の中で二度と接触することもないでしょう。
 私はそれ以来、「子どもの友達の母親は、必ずしも自分の友達ではない」と割り切ることにしてきました。そして、そのことはあれから30年近くたった今でも間違っていないと思っています。だからこそこのコラムでも「それでもママ友は必要ですか?」と書いたのでした。
 人間関係に関することは、大人でも難しい問題ですから、子どもならなおさらです。「いい人」ばかりでない世の中で生きていくために、「誰が自分にとって大切な人か?」「誰が本当に自分のことを大切に思ってくれているか?」を見極め、その人物との関係を大切にしていくことで、おのずと素晴らしい人間関係を築くことができるのだと、親自身がその生き方で示していけば、子どもたちもおのずと、その親のうしろ姿で友人関係の築き方を学んでいくのではないでしょうか。

 今月の写真は、食欲の秋にちなんで、絵画のように美しいお料理達です。

 
2017-11-01 更新
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2008 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12
2007 | 12
著者プロフィール
原田 京子(はらだ きょうこ)
1956年宮崎県生まれ
大学院修士課程修了(教育心理学専攻)

【著書】
児童文学
『麦原博士の犬語辞典』(岩崎書店)
『麦原博士とボスザル・ソロモン』(岩崎書店)
『アイコはとびたつ』(共著・国土社)
『聖徳太子末裔伝』(文芸社ビジュアルアート)
エッセー
『晴れた日には』(共著・日本文学館)
小説
『プラトニック・ラブレター』(ペンネーム彩木瑠璃・文芸社)
『ちゃんとここにいるよ』(ペンネーム彩木瑠璃・文芸社)
『タイム・イン・ロック』(2014 みやざきの文学「第17回みやざき文学賞」作品集)
『究極の片思い』(2015 みやざきの文学「第18回みやざき文学賞」作品集)
『ソラリアン・ブルー絵の具工房』(2016 みやざきの文学「第19回みやざき文学賞」作品集)

 

AD

髪を切りました。

テーマ:

 

髪を切りました。

なんだか男性に見えます。

 

女子トイレに入って来た女性が、私の後ろ姿を見て、

「すみません。間違えました。」

そう言って慌てて出て行き、またすぐに戻って来て、

「ここ、女子トイレですよね。」

そう確認したくなる気持ちがわかる気がします。

 

 

 

 

AD

体験! フラワーハーバリウム

テーマ:

ボンベルタ橘西館1階ウエストコート
Find Yourself ! 開催中。

私は、昨日、ブログで予告したように、
フラワーハーバリウムに挑戦!

花を選んで



瓶に詰めていきます。



出来上がりはこんな感じ!



やっぱり瑠璃色を選んでしまいます。

AD

綺麗! フラワーハーバリウム!

テーマ:

ボンベルタ橘 西館1階で見つけた!

 

 

 

透きとおった瓶の中の美しい花達!

綺麗なもの大好きな私としては、つい、立ち止まって見とれてしまった。

 

 

 

フラワーハーバリウム

9月7日からは、ワークショップも開催。

自分の好きな色の花をアレンジできるそう。

 

 

 

 

 

私も行く予定です。

9月12日まで開催。

神ノ郷温泉に来ています。

テーマ:



1泊2日の予定で、小林市の神ノ郷温泉に来ています。

宮崎に住みながら、初めての温泉。
15畳の離れの部屋で、露天風呂付き。



じゃらんの2000ポイントがあったので、料金は2000円引きに。

源泉を薄めず、沸かさず、かけ流しの温泉。
24時間綺麗なお湯で、しかも、炭酸泉!

 





食事も美味しい。






またリピートしたいです。

ミテンの本棚  >  体で感じる・心が育つ
 
体で感じる・心が育つ
こどもに関するコラム集!専門家がコラム・情報を掲載しています。
 
No.115 人事を尽くして天命を待つ
原 田 京 子 ( 児童文学作家 )
 先日、ステキな出会いがありました。いくつかの偶然が重なったことがそのきっかけに思えましたが、かねてからこのコラムで書いているように、「この世の中には偶然というものは存在しない」私はそう思っています。ですから、きっかけとなった出来事が『引き寄せの法則』にしたがってその出会いを導き、それは出会うべくしてであった「ご縁」というべきものでした。
「ご縁」というものはそういうものであり、「縁(えにし)」で結ばれていたならば、どんなことがあろうとも必ず出会うものだということです。コラム№20『縁ある人、万里の道を越えて引き合うもの』でも述べているように、それはいわば「運命」としかいいようがありません。

 出会いに関して、「シックスセンス」つまりは第六感のようなものが働くことがありますが、それは間違いなく無意識の世界から導かれるものであり、意図してできるものではありません。が、自分の意識をしていない無意識の世界で、自分自身を操作しているといえるかもしれません。だからこそ、それによって起こる行動は、偶然ではなく必然だといえるのでしょう。たとえば、「ある場所」と結びついた「ある思い出」が無意識の世界の記憶にあるとします。自分の意識の中ではとうに忘れてしまっている記憶です。でも、記憶というものは、パソコンのデータを消去しても消えてしまわないのと同じで、忘れてしまっていても脳の中から完全に消されてしまっているわけではありません。自分が思い出せないだけなのです。
 自分の中では消えてしまったかにみえる記憶でも、あるとき、ふとその時の「思い出」と深く結びついた「ある人」のことを思い出し、なぜか「ある場所」に行きたくなってしまう。「思い出」と「ある場所」の記憶は忘れてしまっていても、その「ある人」に関する記憶はある。そして、なぜか足がその場所に向いてしまい、そして、その人に出会ってしまう。「すごい、その人を思ってその場所に行ったら、その人に会えた」とすべてが偶然の起こした奇跡のように思えますが、実は、自分が意識していないだけで、無意識の世界の記憶にコントロールされて、その出会いの機会を自分自身で作り出している、つまりはその出会いは偶然の出来事ではないということです。

 さて、自分にとって未知の領域において第一線で活躍している人との出会いは、大きな衝撃と感動をもたらします。今回のステキな出会いとはそんな出会いでした。
 奇しくも、座右の銘が同じで「人事を尽くして天命を待つ」。
 しかし、その言葉に込められた思いは、まったく次元の違うものでした。
「人事を尽くして天命を待つ」とは、南宋初期の中国の儒学者である胡寅の『読史管見』に「人事を尽くして天命に聴(まか)す」とあるのに基づいています。「自分の全力をかけて努力をしたら、その後は静かに天命に任せる」という意味で、「事の成否は人知を越えたところにあるのだから、どんな結果になろうとも悔いはないという心境」のことです。
私自身は、この座右の銘を「やる限りは全力を尽くし、これ以上はできないという努力をしたなら、どんな結果になろうとも悔いはない。神様はちゃんと見ていてくださる。」と解釈しています。
 しかし、私が出会った、まったく違う領域にいるその人の、座右の銘の解釈はおそらく、以下のようなものではないかと、私は想像してみたのです。
「人事を尽くすとは、自分だけではなく、その仕事にかかわるすべての人が、協力してひとつのことを成し遂げるためにできうる最大限の準備をする。そうでなければその仕事は命をかけて行うものであるので、ほんのわずかの準備の怠りも死を招く。
 そうして、万全の準備をしたならば、あとは自分ができうる限りの努力をして事を成す。その結果は神のみぞ知る。なぜならばそれは自然が相手のことであるから、人間の想像を超えた世界において何が起こるかわからないからである。」
 同じ座右の銘にもかかわらず、それに込める思いはこれほどまでにちがっている。もちろん次元の違う世界での仕事ですから、単純に比較することはできませんが、「死と隣り合わせ」という緊迫した世界の中で、たくさんの偉業を成し遂げてきた人から私が受けた感銘は、とても大きなものでした。そして、自分が見たこともない世界を見ることができたその人は、たくさんの記録破りの偉業を達成したとは思えないほど、穏やかで静かで優しい人でした。おそらく、死と隣り合わせの体験をたくさんすることで、何度も「突き抜け体験」をしてきたのではないかと、私は思いました。
 私自身、一度だけ、「突き抜け体験」をしたことがありますが、そのときは、私を取り巻く自然と、いや、地球と一体になった感がありました。そんな体験が何度もできたら、人は、常にどんな状況にあろうとも、自然体でいられ、人間が持っている本来の力を発揮できるようになるのではないか、そう思いました。
 人の出逢いとは本当に不思議なものです。おそらくそれは人知を越えた不思議な力が働いているものと思われます。
 ご縁がある人とは、なぜかしら何度も出会う。しかも人生の節目で。そして、その出会いは、神さまのいたずらとしか思えないようなことを起こし、その後の人生を変えていきます。
 この世界にはたくさんの素晴らしい人がいること、そして、その人は、案外身近に存在すること。いや、もしかしたら、誰もが素晴らしい存在である、つまりは、それすなわち、「人は誰もがそれぞれの物語の主人公である」ということなのかもしれません。
※今月の写真は、「まるくて美しいもの」達です。
2017-09-01 更新
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2008 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12
2007 | 12
著者プロフィール
原田 京子(はらだ きょうこ)
1956年宮崎県生まれ
大学院修士課程修了(教育心理学専攻)

【著書】
児童文学
『麦原博士の犬語辞典』(岩崎書店)
『麦原博士とボスザル・ソロモン』(岩崎書店)
『アイコはとびたつ』(共著・国土社)
『聖徳太子末裔伝』(文芸社ビジュアルアート)
エッセー
『晴れた日には』(共著・日本文学館)
小説
『プラトニック・ラブレター』(ペンネーム彩木瑠璃・文芸社)
『ちゃんとここにいるよ』(ペンネーム彩木瑠璃・文芸社)
『タイム・イン・ロック』(2014 みやざきの文学「第17回みやざき文学賞」作品集)
『究極の片思い』(2015 みやざきの文学「第18回みやざき文学賞」作品集)
『ソラリアン・ブルー絵の具工房』(2016 みやざきの文学「第19回みやざき文学賞」作品集)

 

リストランテ アルコへ

テーマ:

今日は、車が使えるので、日頃はなかなか行けない場所へランチ。



リストランテ アルコ
前回とはだぶらないメニューということで。

前菜は、蟹とブロッコリータルタル セルクル仕立て



パスタは、さつまいものニョッキ ゴルゴンゾーラ クリームソース



メインは、甘鯛のうろこ焼きと佐土原茄子のグリル ズッキーニのチャウダーと共に



デザートは、シュークリーム レモン風味のティラミス



焼き立てのフォカッチャと天然酵母のパン
コーヒー

前菜をアップしたらこんな感じ



宝石のようです。
 

ウニのクリームパスタでおなじみのリストランテ レガーメ

パスタが美味しいのはもちろん、前菜が最高!

これまでに食べた前菜とデザートの一部をペアでご紹介します。

 

左が前菜で、右がその日のデザート

その種類の多様さといったら!