1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年05月02日(土) 21時51分17秒

世田谷区議会議員に当選しました

テーマ:ブログ

久しぶりにブログアップします。


4/26投票の世田谷区議会議員選挙にて3608票、全体の39番目にて当選させていただきました。

本当にお手伝いいただいた皆様、応援いただいた皆様のおかげ様です。区政には是々非々で対応し、お託し頂いた議席に対してしっかりと責任を果たさせていただく所存です。


4/27の5:40に正式に当選通知をいただき、同日15:30から区役所にて当選証書を受領しました。昨日5/1には、8:30に議員バッジを頂いて、写真撮影、防災服のサイズ合わせを行い、11:00から議場にて議員協議会を行いました。


連休明けの5/7から、引き続き議員協議会や様々な事務手続きを経て、5/18に最初の本会議が開催される予定です。一年生議員ですので、しっかりと勉強させていただきながら職責を果たしてまいります。


前回の落選から4年、様々な地域活動を続けながら自分なりの社会貢献の方法を模索して参りましたが、政治家を目指した原点である「政治に信頼を取り戻すこと」が一番の社会貢献であるとの結論に至りました。


今、この国の政治に対する信頼は揺らいでいます。世田谷区議選は投票率が若干上がった(41%→42%)ものの、統一地方選全体では過去最低を記録し、政治不信は底を打つ気配がありません。それも、この国の、世田谷の政治が旧態依然としたままで自浄能力がなく、有権者が一票を投じる意味を感じられないからに他なりません。結果として組織票を持つ政党が議席を伸ばし、新しい力が入る余地が益々なくなるという悪循環に陥ったままです。


このままでは一部の既得権を守る政治・行政が続き、1000兆を超える国と地方の借金は更に増え、少子化のなかで次世代の子供たちの負担は加速度的に増大し、遠くない未来に日本は破たんします。1000兆を超える借金は、場当たり的な政治を続けた私たち現役世代が残した次世代の子供たちへのツケです。私たち大人は子供たちに借金でなく明るい未来を託さなくてはなりません。


政治不信を払しょくし、信頼できる政治家としてリーダーシップを発揮して次世代の子供たちが未来に夢や希望を持てる世田谷にするため、人生を捧げる覚悟です。

AD
2011年11月19日(土) 23時44分06秒

無事に北朝鮮より帰国しました

テーマ:ブログ

 この度、サッカー日本代表の応援ツアーで北朝鮮に行って参りました。4泊5日の日程をこなし、17日木曜日の深夜、無事に日本に帰国しました。


 5万人収容の金日成スタジアムに日本のサポーターは150人。日本人に対する憎悪の眼差しの中、人民軍の兵士に囲まれながらの観戦は貴重な経験でした。


 日本でも報道されていたようですが、北朝鮮に入国する際、私たちサポーターも4時間ほどかけて徹底的に荷物をチェックされ、事前に聞かされていた携帯電話や国旗に加えて、カメラや食料など、様々なものを税関で没収されました(携帯とカメラは出国時に返却されましたが)。


 理由は9月に北朝鮮代表が来日した際、厳重なチェックを受けたことに対する意趣返しで、日本語を話せる北朝鮮の税関職員も、「北朝鮮代表は日本で酷い扱いを受けた。だから私たちは皆さんをチェックするのです」と堂々と説明していました。

 

 通常であればカメラまで没収されることはなく、私たち日本のサポーターに対してだけ厳しい態度で臨んだようです。日本人以外の観光客、個人で入国した日本人サポーター(試合は見れず)は、厳しいチェックを受けることなくカメラも持って入国していました。


 18時前には到着したのに空港を出たのは22時近く。バスに乗るなり北朝鮮のガイド(男性)が、「北朝鮮代表が9月に日本に入国した際とても酷い扱いを受けたので、今日このような形となったのは当然です。我慢してください」と説明。客である私たちを庇う発言をするのかと思えば、冒頭から税関の側に立った発言をされたので驚きました。


 北朝鮮は、想像していた通り私たちの常識が通用しない国で、滞在中も様々なことがあり緊張の連続でした。詳細は少しずつ報告しますが、試合が終わった翌16日の朝には普段凝らない肩が凝っていて、知らず知らず緊張していたのだと思います。


 日本代表が試合に勝っていたり、荒れた展開になっていたら、無事に日本に帰国できなかったかもしれないと思います。

AD
2011年11月11日(金) 22時17分54秒

北朝鮮に行ってきます!

テーマ:ブログ

 本日、サッカーの日本代表が2014年ワールドカップブラジル大会のアジア最終予選への出場を決めました。来週15日には平壌で北朝鮮代表と対戦します。


 平壌で日本代表の試合が行われるのは22年ぶりということで、こういう機会でもないと行けないので私もツアーに応募しました。私が申し込んだツアーは、北京一泊、平壌三泊の四泊五日で30万8000円プラス諸経費。合計35万円強と割高ではありますが、それ以上の経験が得られると思い、参加を決めました。

http://www.serie-net.com/spectator/jpn/wcaq3r05a.html


 ツアーには充実した平壌観光も含まれていて、「夕食(歓迎会)」といった表現もあり、経済制裁中の国へのツアーとしては違和感を感じていたのですが、本日(11日)、政府からツアーの内容について観光を自粛するよう要請がありました。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111111/plc11111111570013-n1.htm


 経済制裁中の国へ渡航するわけですから、渡航自粛を緩和した本来の目的である日本代表の応援以外は慎むのが筋ですよね。参加者としては主催者の決定に従うしかありませんが、実際に観光が行われるのか、期間中はホテルに缶詰めになるのか、無事に帰国したら報告します。


 また、経済産業省からも輸出入禁止につき、お土産の持ち出し、持ち込みができない旨、お知らせが届きました。


koのブログ

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。