一応社会人になりました。高校生時代から続けて、だらだらと8年目突入。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
June 27, 2017 03:39:36

[速報]スーファミミニ発売決定。マザー2、カービィボウル、スーパーマリオワールドもある。

テーマ:雑言

https://www.gamespark.jp/article/2017/06/27/74290.html

だそうです。

  • 収録タイトル
    ・魂斗羅スピリッツ
    ・スーパードンキーコング
    ・MOTHER2 ギーグの逆襲
    ・ファイナルファンタジーVI
    ・F-ZERO
    ・星のカービィ スーパーデラックス
    ・カービィボウル
    ・ゼルダの伝説 神々のトライフォース
    ・ロックマン X
    ・聖剣伝説2
    ・スターフォックス
    ・スターフォックス2
    ・ストリートファイターIIダッシュターボ
    ・悪魔城ドラキュラ
    ・超魔界村
    ・スーパーマリオカート
    ・スーパーマリオRPG
    ・スーパーマリオワールド
    ・スーパーメトロイド
    ・スーパーパンチアウト!!
    ・スーパーマリオ ヨッシーアイランド

 

順当というかなんというか。

もちろん日本でも出るんだろうけど、また数量限定にするのかな・・・。

ファミコンミニもスイッチも最近品切ればかりで、また品切れ必至グッズを出してきましたね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 26, 2017 10:45:37

ニンテンドースイッチ版モンハンダブルクロス発売決定!!について思うこと

テーマ:雑言

https://www.inside-games.jp/article/2017/05/26/107429.html

 

噂のモンハンスイッチ版正式発表。

 

クロス発売直後にアナウンスするわけにもいかないので、このタイミングでの発表はまったく不自然もない。

WiiUの時みたいにこれでおしまいになってしまわないかが問題で、期待の大きいモンハン5がE3でワールドワイドに発表されてかなんか知らないけど出るのか、それがちゃんとした作りになっているのかが注目されるところだと思う。

クロスベースのある程度ストレスフリーの要素を持ちつつ、ローカルで共同狩りのみならずチームに別れて狩りスピードの競い合いとか、スプラトゥーンに寄せて雰囲気を一新すれば再び人気に火がつくんじゃないかと勝手に思ってます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 19, 2017 11:47:58

有機的ミニマルミュージックを作曲中です。

テーマ:雑言

ヒーリングミュージックってきいて、うさんくさいなーって思いませんか?

 

・シンセサウンドが多い。ぶおーーん。機械音。癒されない。

・作り込みが甘い。飽きる。癒されない。

・環境音がずっと続く。まあわかるのはわかるが飽きる。なら現実の川行くわ。

 

とこういうことに起因すると推察されるんですけども。

 

かといってラヴェルとかでヒーリング効果を味わおうとしても早く終わってしまうか起伏の激しい曲ばかりで落ち着かない。

ドラマのサントラは安っぽい。

なんかいいのないの?とこうなるわけです。

 

 

現在その需要を満たすべく作曲中。

 

「ミニマルミュージックだけど有機的でリラックスできて時にはメロディーも出現する」イメージ。

天然ビタミン剤みたいなイメージ。

 

ヒーリング・メロディー・古風をミニマルに凝縮したイメージとも言える。

 

下記はその際に参考にしている楽曲群。

 

 

○リズム反復タイプ

 

https://www.youtube.com/watch?v=Miu19QHBQiw&t=476s

https://www.youtube.com/watch?v=t5U9577N-dQ

https://www.youtube.com/watch?v=RaYvMwQd3cs&list=PLUtP0Nwkv1-ftsFmMTntYRWWK6oGRIXxn

スティーブライヒ

ミニマルミュージックの礎。リピートするスピリットはここから。

 

https://www.youtube.com/watch?v=69k_Xgj3MzM

アルヴォペルト

これも教科書。俺はダサいと思うけど。

 

https://www.youtube.com/watch?v=dlIY-mbX8cE

あの久石譲のミニマルミュージックによるピアノ曲。

 

https://www.youtube.com/watch?v=KB5rbeqyKo8

インドネシアガムラン。この界隈の音楽界に多大な影響を与え続ける教科書みたいなもの。

雰囲気だけでも。

下のふわふわ系にも通じる。

 

○メロディー系

 

https://www.youtube.com/watch?v=7eeMbv1PN_k

坂本龍一ライブ

映画中心だからここまでメロディアスにはならないけど編成とリラックスさは。

 

○ふわふわリズム定まってない系

 

https://www.youtube.com/watch?v=vNwYtllyt3Q

ブライアンイーノ

環境音楽の礎。ウインドウズのOpつくった人です。音の少なさ、間が大事の精神は参考に。やや古くさいけど。

 

https://www.youtube.com/watch?v=_zq-J-crQDc

雅楽。これも。要はテンポに揺らぎがあるからふわふわする。

 

https://www.youtube.com/watch?v=hJpPXNyM2Kk

吉松隆。平清盛でおなじみ。

https://www.youtube.com/watch?v=whbaUjWPax4

こちらはピアノ曲。こちらはフェルマータやりまくりで間をつくっている。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 18, 2017 19:27:55

[予想]E32017 ニンテンドースイッチ関連発表内容(並びに今年発売されるスイッチ用ソフト予想

テーマ:雑言

たまにはゲームの話も。

 

俄かに盛り上がっているニンテンドースイッチ。

立ち上がりは好調で、この勢いをどこまで維持できるかというところだと思うが、

そのキーとなるのが6月11日前後から各社から発表が始まるE3で

どのような内容が発表されるかであろう。

 

ということで予想してみた。

 

・2017年の内容のみ発表する

・発表形式で行われるであろう「スポットライト」では3DSの発表はなくスイッチのみである。

 

ということで

・スプラトゥーン2

・Arms

・ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

この辺りの発売間近、済み、追加コンテンツ待ちはまあ、あるでしょう。

 

・ファイヤーエムブレム無双

続報来るでしょう。11月発売かな。大化けすることなく、無難に無双をやることでしょう。

 

・ゼノブレイド2

これは個人的には楽しみだけど、不安半分。ゼノブレイドクロスが2015年で、その後ゼルダを手伝ったりもしていたはず。あれだけの大作の続編をこんな短時間できっちり作れるのか。音楽だけのゲームな予感。それを覆せるか。

 

・スーパーマリオオデッセイ

これはまあ順当。新たなPVも出るだろう。ゼルダ並の評価を得られれば年末相当暴れられる。

 

ここからは未発表ソフト。予想。

・ポッ拳移植

忍さんがにおわせてたけど、出すなら8月前半とかのイメージ。ポケモンはポッと発表して出すパターンも多いので良いのでは。

 

・ゼノブレイド1のHD移植

さすがに時間ないか。

 

・ベヨネッタ2(1も?)の移植

普通にやればいいのに、と思うが、こういう痒いところに手がとどく系のことは以外と任天堂はしないので、ないような気もする。少なくともE3ではないな。

 

・メトロイドプライム4

レトロスタジオというところが作っているそうですが、これだけの弾を今年発売するのに隠しておくかなあ。2017年発売にこだわらないなら今発表は大いに納得だが。ただでさえラインナップが少ないんだから、余裕こいてないでゲーマー向けソフトは発表し尽くしてると思うんだよね。こんな序盤から好調とは予想してなかったんだから。

 

・Wiiスポーツとかそういう系の新作

岩田社長時代からなんとなく、QOL計画全体の頓挫が見えていたけど、君島社長になってますますその傾向が高まり、完全に新規ゲームでブルーオーシャンをという勢いは見えない。小泉さんが作ってるって言ってたという記事も読んだ気がするけど、E3で見せるべきかは置いといて、お母さん系にも買ってもらう感じのをどんどん出すべきだと思う。サードパーティの誘致に成功したら、ゲームマニア向けは勝手にいっぱい出てくるんだし。

 

・スマブラforスイッチ

マリオが控えているこの年末に出すのはさすがに供給過多では。早くて来年春。WiiU版の完全版でいいと思います。マリカみたいな感じで。超需要あるでしょう。

 

・桃太郎電鉄

普通にハード性質と合いすぎ。今年ちゃんと出すべきです。

 

・ヴァーチャルコンソールについて

ゲームキューブの、って言ってたやつはどうなったんだ。スマブラDXを外でやる、という個人的には恐ろしいほどの需要があるので、とっととやるべし。

 

・ピクミン4

宮本さんが作っていると言っていたのはHeyピクミンのほうだったのか否か。なんとなく気配は感じないのでないんでしょうな。

 

・どうぶつの森新作

これも来年でしょう。今年は急すぎる。

 

・ポケモンスターズ

これはほぼないでしょう。ポケモンは毎回ハードがある程度普及してから出てますので、1年目には出ない。あとはハードの価格が高すぎるので2万を割る携帯機が出ないと本編はおそらく出ません。

 

ということで、任天堂からの発表としては、未発表はメトロイドプライム4です!以上!でも十分合格ラインだと思う。今年に関しては。

どちらかというとサードパーティーから何が出てくるかの方が重要。

 

サードパーティーからは正直予想が難しいが、

・コードヴェインがPS4とのマルチである

・モンハンXXHD及びおまけで来年のモンハン5(これもマルチであっても正直文句言えないと思うが)

・ソニックとかそういう発表されてるのは置いといて

・なんか洋ゲー出ますよ、FIFAとかジャストダンスとかそういうの

こんな感じなのではないかと思う。

リアルな人殺しゲームがいくら発表されようがそういうのを求める人はPS4買うと思うので

もう少し広い層に好まれそうなゲームがサードから出て来れば

興味を引けるんではないか。

キングダムハーツ3とか。それは無理か。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 09, 2017 19:07:35

cm参考リンク1

テーマ:雑言

CM参考

すっきりんご

https://www.youtube.com/watch?v=tsj8rETl8uo

 

むかつくけどプチミュージカル風ピアノ、まあ面白い。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
January 13, 2017 14:39:31

任天堂スイッチ3月3日発売、29980円に対して、思ったこと。

テーマ:ゲーム日記総合

任天堂スイッチ3月3日発売。29980円。

 

新作ソフトは悪くないが流行るかは未知数。

振動強化は素晴らしいと思う。(プレイ映像やスマホでは真似できない)

ソフトは個人的には好きだった。ゼノブレイド2とかは普通に気になる。

マリオ新作がニューヨークが舞台っていうのは面白そう。オリンピック閉会式のあの感じを狙いたいのかなと思った。

ギミックの入ったパンチゲームなど、wiiの時の任天堂らしさは感じた。

 

株価は下がっているらしいが、3万という価格は個人的には気にならないかな。今の人たち欲しければスマホみたいな感じで高くても買うから、3万は妥当かなとは思った。ほんとに持ち出してみて楽しいのか、DSやWiiのときみたいな、最近だとスプラトゥーンみたいな爆発がどこかで起こせるか否かにかかってるとは思う。

 

あと大事なことは、印象かな。関ジャニとかにやらせるCMを乱発すること。そうすると、流行ってると錯角されるはず。そうなれば、勢いで行けるのでは。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
August 02, 2016 16:39:40

代々木公園でカビゴンに走っていくサラリーマンたち

テーマ:【ゲーム】ポケモン
流行り物に珍しくのっているのでちゃんと記事でもかいてやろう。

ポケモンGOをたまにはちゃんとプレイしてみた。
平日8時くらい、公園内にはサラリーマンや大学生が1人か集団でポロポロいる感じ、みんなポケモンGOをやっていた。
レーダーにカビゴンが出てきたのでうろついていたが、突然サラリーマンが複数、ものに憑かれたようにがある1定方向に走っていった。何か、漫画版「風の谷のナウシカ」に出てくる蟲のように、突然本能である地点に集まり始めるサラリーマンたち。これはカビゴンであろうと予測しついていくと、代々木公園をちょっと出て第一体育館付近においてカビゴン出現。そのまま捕獲と相成った。僕はCPが200程度だったが、連れは900あった。周りの大学生は「やっべ1500ww」とかいってたのでそういうのもいるのだろう。ということで、だいたい8時40分くらい?に第一体育館にいくとカビゴンゲットできると思いますよ多分。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 06, 2016 14:25:26

拙作CM音楽公開。手作り感。UMAMI。

テーマ:今日の日記
CM音楽を担当しましたのでひっそり公開します。



とにかく手作り感、生音感。そのへんにありそうなリズムの作り方ではなく、生音音楽の作曲法を学んだ者なりの丁寧さを心がけました。割と先方には褒められたので、まあひとまずは一安心。


ちなみに過去にはこんなのも担当しております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 05, 2016 14:01:45

曲聴いた感想43 現代音楽・ブラジル、エグモントジスモンチ、自作ほか

テーマ:雑言
エグベルトジスモンチが好きすぎてつらい。
また来日しないかなー。
アルバムも買わねば。



サイドバーに自作のリンク貼りました。
とにかくダサくてもいいから絶対聴いたことない(もしくはジャンルがなんだかわからん)音楽が作りたいなあと切に思っております。
まあでもyoutubeに音楽って溢れかえってていくら聴いてもききたりないので僕みたいなどこぞの馬の骨かわからんやつのリンクなんて踏んでくれないとは思うけどねえ・・・。笑



これはだいぶ前の作品なんだけどね。今見ると割と表面的というか、いろいろなジャンルを並べてみたかったんだなあと思う。


こんな曲書いといてなんだけどやっぱMr.Big好きだなあーと思う今日この頃。

20160505
the fat rat "unity"

なんか懐かしい感じするのはなんでだろ?ベースのポルタメント感かな?
意外と今の中学生とか聴いてる人多いみたいです。(僕教員もやってるんで)
和音もメロディーもシンプルだからこういうジャンル好きな人には導入になるよね。


あと、学生の時以来ぶりに自主企画で演奏会やるかもなので、詳しくはまたご案内しますね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
April 25, 2016 19:05:41

曲聴いた感想42

テーマ:今日の日記
・Mathias Spahlinger ~ Extension
マティアス・シュパーリンガー
ドイツの作曲家。問題児だったらしい。1980年ごろ。ラッヘンマンに似ている。入りのノイズな感じはすごいけど、ちょっと荒廃しすぎててあああるよね、という印象。もう少しなんとかならないのかなあ。


・ヘルムント・ラッヘンマン
プレッション(チェロソロのための)

約9分。恐ろしく音が少ない。そしてほぼノイズのみ。
しかしなんというかかっこいい、これが間というものなのかと考えさせられる。これは納得。

クラリネットソロも確か聴いたんだけど、こっちはちょっと冗長で飽きた。
チェロソロのほうがいい曲だった記憶。


・シェーンベルク ピアノ協奏曲

グールドが弾くと妙に説得力があるよね・・・。
かゆいところに手がとどくオーケストレーションも込みで、久々に聴くと割といいと思える曲。

・シュトックハウゼン
シュティムング
セリー時代を終焉させたと噂高いいわゆる「ポストモダン」代表みたいな曲。これは歌だけ?ボーカリストがB durの音階上で、どっかの民謡っぽいことをやり続けるという曲。まあ調整には聴こえるし原始回帰感出てる。

・ルチアーノベリオ

1925年生まれイタリア人。
もともとはバルトーク・ストラヴィンスキーっぽかったという。

室内楽(1953)
ルチアーノベリオ28歳。
歌とハープ?が頭に出てくる。和音の積み方好き。リズム的な均一さを感じるところから確かに上記の影響を感ずる。空気感は薄いブルーでちょっと寒い視界といったところか。

セクエンツァI(フルート)
1958年、ルチアーノベリオ33歳。
有名なセクエンツァシリーズの一つ。古典と言えるし出来はいいのはわかるが面白いかと言われると・・・。杭をイメージさせるズルドイ単音、駆け巡る高速パッセージと研ぎ澄まされた力学的処理が魅力だろう。ソロ楽曲の教科書的立ち位置。

最初は組曲にする予定がなかったという。1990年代に本人が改訂、不確定記譜だったものを確定に書き直してしまったという。時代だなあ。ちなみにベリオ大先生のお言葉を引用。

「なぜなら、不確定性のプロセスに徴収が入っていない以上、それは彼らをだますようなものだからです。聴き手はなにも選択できません。不確定性であろうがなかろうが、なんらかの操作が行われた後にしか聴くことができないわけです。さらに、不確定性は一定の責任を作曲家が放棄することを意味しているのです。(ベリオ1981年、56歳)
70年代をすぎたあたりで不確定性の思想から離れたという。

水のピアノ 1965年、ベリオ40歳。
2分ないくらいの短い曲で、ドビュッシーもびっくりの調性音楽。静謐。

地のピアノ 1969年、ベリオ44歳。
和音は吉松隆っぽくて、強弱の音色が混ざったアルペジオ?旋律?みたいなのが入り乱れる。キャッチーだがひっかかりのある不完全さを残しているところが素敵。

セクエンツァXI 1988年、ベリオ63歳。
おなじみ11作目はギターのためのもの。
63歳でこの気迫はすごい。激しさもそうだし、技巧的に難しそうーっとうイメージがとても強い。同音連打や同じアルペジオ連打などをリズム的な交叉で持っていくのがやや無機的で粗雑な印象を持つ。攻撃表示の現代音楽としての姿である。




フランコ・ドナトーニ。
1927年生まれ。新古典→キュビズム風等の特殊記譜→1967年くらいからは模倣とオリジナルの研究、というふうに作風が変化。
ギターのための「アルゴ」は1977年作曲。
ちょこまかちょこまか。バンバンバン! ちょこまか。ちょこ。ちょこまかちょこまか。
フーム。

アルド・クレメンティ
1925年生まれのイタリア人。
ふら。ふらふらふらふら。 ふら。 じゃんじゃじゃじゃ!!!
これを繰り返す曲。単調すぎることへのフォローがなされてなくてちょっと無責任すぎて好きじゃないなあ。モチーフもそれほど突飛ではない(学生っぽさもある)し。

エグベルト・ジスモンチ
1947年生まれのブラジル人マルチプレーヤー・作曲家。
ポピュラー音楽家でありながら100人のオケなどにも手をつける、もはや唯我独尊な人。ピアノもギターもめっちゃうまい。そしてリリカルでちょっとブラジル風味も感じる音楽が魅力。みためはパイカリ。トリオやギターなど。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。