一応社会人になりました。高校生時代から続けて、だらだらと8年目突入。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
September 26, 2017 00:43:41

(写真)黄色と水色のマイニンニンテンドースイッチ買った。

テーマ:雑言

 

 

まあだいぶ前なんだけどね。

蛍光だけど不思議と悪くないカラー。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
September 25, 2017 13:50:57

曲聴いた感想43 ジョンアダムス ミニマル特集

テーマ:雑言

 

ミニマルの次世代、ジョンアダムス先生。
精緻なミニマルサウンドをベースに、普段は静かなのだが、時には熱いリズムの応酬になったりなど結構いろいろ起こる。
 
「シェイカー・ループス Shaker Loops(弦楽六重奏)」
前に一度書いたが。作者31歳。長く緩急の効いた技ありの一曲。作品としてのまとまり・次元のようなものを感じさせられる。ある意味では完成である。ここからもう1次元上の深みを目指すきっかけになったことだろう。
 
「和声学(ハルモニーレーレ) Harmonielehre」
最初びっくりする。久石譲のハウルの序盤で出てくる雰囲気をさらにリズム押しにした感じ。金管主体になったりしばらくしていろんな楽器になる。無機的な感じもしてなんだかな。こっからさらなる応用が見たいなあという感じ。
 
「中国のニクソン」
作者38歳。オペラ。何コードか知らないが音階の上昇形が木管楽器で出現。
歌と和音も地味に凝っていてなかなか。
中国っぽいなんとも怪しげで無骨なイメージをよく描いているように思った。
 
2つのファンファーレから、
「トロンバ・ロンターナ」
作者39歳。オケなのに4分。なんともファンファーレっぽい音形がずっと続いて、盛り上がって減衰するだけという曲である。
ショート・ライド・イン・ア・ファスト・マシーン」こちらがもう1つのファンファーレ。
先導するウッドブロックがとにかく目立つ。それだけ。
 
「Fearful Symmetries」
41歳。うーんあんまり好きじゃないかな。ひたすらどんちゃっかどんちゃっかやってるだけ。ラピュタのおっさん同士の殴り合いシーンの劣化みたいな。
 
この時期1、2年おきにオケ書いてるからネタ切れになったんじゃね。
 
「エルドラド」
エルドラドとは大航海時代にスペインに伝わったアンデスの奥地に存在するとされた伝説上の土地だそうな。
なんとも独創的な切り口。シャカシャカ打楽器が中心に曲は進行。伝えんとしている雰囲気は伝わってくる。なんというかサークル感も。後半へ途切れずそのままぶっつづけて盛り上がっていくのは徹底してすごい。
 
「室内交響曲」
45歳。
編成も減って引き締まった印象。なかなか禍々しい音関係と複雑なリズムが特徴だが、このウッドブロックで刻んでるのはいるのか・・・と聴き続ける曲。それがなくなるところで何かがおこるという仕掛けがある訳でもない。そういう野暮ったい効果をぶちこむところもこの人の特徴であるのだろうな。わりととっちらかってるが、個人的にはそれほどバランス好きじゃないかな。無理して無調にしないでモード使えばいいのに。
 
「ヴァイオリン協奏曲」
こういう禍々しいスタイルにはまったのかしら。彼らしいリピート感は感じられるとはいえ、これじゃない感も。なんだかんだ聴きやすいほうが好きなんだなあこの人に関しては。
 
「ロードムービー」
これはいい曲なんじゃないでしょうか!
ヴァイオリンとピアノだけでミニマルで、無駄のない楽しさ、あきのこなさ。
難しそうだけど、これは好き。
 
「エルニーニョ」
オケじゃなくて歌じゃん。
この繊細さは派手ではないが好き。歌だけど。
 
My Father Knew Charles Ives」
作者56歳。
おやじはアイブズを知ってる。
何の曲かは謎だけど音が少なくいい感じ。
無調なのか暖かいのか不明な感じも良い。
 
「City Noir」
62歳。
サックス目立つ。途中でビッグバンドっぽくなる。
律動とカオスの皮膜という感じでぐんぐん進んでいく。これは名作だと感じました。ちょっと水野修孝を思い出したけどそれよりきちんとまとまっている。ウッドブロックたんとんはまたちょっと顔をだしてあーすきだなーとなる。
 
Absolute Jest」
2012年、65歳。
なになに第九のオマージュ?的なところが目につく。
素材はそっからとってるんだろうが再構築された音楽はキレッキレの得体のしれないシンボルとなっている。ティンパニ。弦楽器の擦れ方。なんの和音なのか謎、リズムちょっとしたずれ。シュニトケを律動的にしたかんじか。
 
 
 
総合:
純然ミニマルから始まって、途中でなんかドイツ的な無調手法に出てるけど、ダサさの幕を突き破ったのちが一番しっくりくる作品となっている気がする。上記以外も曲はあるんだろうけど、上記の流れだとやはりロードムービーから変わった気がする。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テリーライリー
 
inC(1964)が有名だがこれはもういいっす。
ちなみにinCはメキシコの一人旅で何千キロもキャンピングカーでぐるぐるして発想したという。
 
ライリーはジャズやポピュラーをどちらかというとスタートに勉強し、のちにラーガ等にはまっていった。
ライブ・即興性を重視したが、弦楽四重奏曲の依頼がクロノスカルテットからくるのに従って、記譜もするようになったということらしい。
 
 
「平和のためのサロメダンス」
これは逆に、ミニマル・・・?という作品。ショスタコやシュニトケ等のような鋭いシンボルを感じさせる作品。スケールもインドとかの影響を感じる。めちゃくちゃ長いので全部は聴いてらんないが、奏者にとっても聴衆にとっても力作・大作。
 
 
 
 
 
 
スティーブライヒ
「ニューヨーク・カウンターポイント」
クラリネットとテープ。
1部はエレクトリックカウンターポイントにも見られるおなじみのサウンド。
2部はどなた?と思うゆるい雰囲気に。
3部はどこかトリッキーに。
基本的にはエレクトリックでやってることをそのままやってるだけで新鮮味はない。ちょうど10分。
 
☆「エイト・ラインズ」
拙作にだいぶ近い楽曲。
基本的には同一リズムで貫かれる。ピアノとマリンバ、木管が激しく動きミニマルサウンドを形成、弦楽器隊が背景としてゆらぐ旋律を奏でているのが確認。16分程度。いろいろ楽器があるとやはり素敵。いい曲。リズムの周期が変わるアイデアがべたながらはっとした。
 
「砂漠の音楽」
これまでの作品とは趣が異なっている。
展開もいろいろ、和声もいろいろ。
ただ、基本コンセプトは変えず。
 
いい作品なんだろうけど、声とか使った編成の力にやはり
押されている印象は拭えない。
この編成ならもっとファーニホウみたいな究極に混沌とした世界がどうしても優位に立ってしまう気がする。
 
フィリップグラス
 
「12部からなる音楽」
 
とにかく長い。キーボによる多重。同じフレーズがいろんなリズムで奏される。ひたすらオルガン。5時間くらい。
グラスさんはこの曲でミニマルは終了したと語っている。1974年。
グラスさんはニューヨークでこの曲が初演されたのちも金なくてタクシードライバーやってたらしい。ライヒさんと一緒だね。
 
「浜辺のアインシュタイン」
1976年。
わんつーすりーふぉーが聴こえる最初から、コーラスとキーボード、そしてフィリップグラスアンサンブルの絡みが諸々。音階がでたり、教会音楽っぽいカデンツが出現、リズムが細かく変容したり。プログレっぽさもあり、一辺倒でないところが面白く聴ける。現代音楽には聴こえんな、いろんな意味で。アート作品として名作だと思う。ナレーション入れるのはライヒとおそろ。
 
「サティアグラハ」
オランダからの移植作品。シンセ音は聴こえず、比較的特殊なイメージはない。リピートとわかる練り込みはわかるが。編成も普通。
 
「アクナーテン」
ファラオを題材にした楽曲。
うーん、いつものグラス、以上のことはあまりないかなー。
 
 

「コヤニスカッティ」こっやーにすかっちー。無声映画。ダイナマイトで破壊、都会の姿が早送りなどと組み合わされた作品。こういうコンセプトのものとしては成り立っているのではないか、以外の言葉は見つからない。

 
 
「モダンラブワルツ」
ピアノソロ曲。ABbABb〜という繰り返し。まあ戯れ音楽といえばそれまでだが・・・今となっては別に、という曲。
 
1982年に、CBSマスターワークスが専属作曲家として契約することに。生活が大きく変わる。
 
映画「ミシマ」
三島由紀夫の映画。沢田研二などがちゃんと役をやっているという。演奏はクロノスカルテット。曲はまあよく聴くグラスって感じ。
 
☆1990年「ハイドロゲン・ジュークボックス」
アレン・ギンズバーグという芸術家?語りなどをする人?とのコラボ作。アメリカ文化を表現したものだという。
冒頭はいつもの感じに歌が付いている感じでしかなかった、その後の切り替えが大変秀逸。
打楽器とシンセサウンドに乗った音楽はポップの影響も受けているだろう。というかもうポップでしょ。クラフトワーク的なイメージを強く感じるが、土着感を離さないフィーリング。それに歌とギンズバーグ本人のナレーションが絡み合う。
2番、5番。
 
他にもいろいろ。オペラが多い。
 
「弦楽四重奏4番」1990年。
冒頭の感じはふくらみがあるが、その後はまあいつもの。
「弦楽四重奏5番」1991年。
こちらはリピート感からは離れている感は強い。ちょっとシュニトケみたいじゃない?荒々しくて、割と好き。
 
「美女と野獣」
1993年。
普通のオペラと少し違うのは、ステージ上にオケと歌手を配置し、コクトーの映画を上映しながら歌をかさねるという。なんとも珍妙なアイデアである。元は元で声があるのだから。ニコニコ動画の吹き替えしてみたのごとき行いである。曲だけ聴いたが渋いながらも伸びやかなイメージで作られていて、全然関係ないかもしれないけど、プロコのバレエ「シンデレラ」を思い出した。
 
この文は小沼純一「ミニマル・ミュージック その展開と思考」を元に書いているが、小沼さんは個人的にけっここの作品を久々にマンネリズムを突破したと褒めている。僕は他の作品をそれほど聴いていないのだが、これでマンネリ突破したってどれだけ他の曲マンネリだったんだよと突っ込みたくなる。まあ個人的にはあとこのオルガンサウンドが飽きてくるんだよね。
 
 
フォルマリスム:伝統・格式等を、その形式のみ継承していくという考え方。
シニフィアンとシニフィエ:哲学で教わったやつ。海という言葉と、海というイメージについて。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
July 05, 2017 14:19:57

E32017反省会(答え合わせ)現状の発表状況も含めて。

テーマ:雑言

・スプラトゥーン2

・Arms

・ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

・ファイヤーエムブレム無双

・ゼノブレイド2

・スーパーマリオオデッセイ

は発表済みだったからいいとして、

 

・ポッ拳移植
正解。

・ゼノブレイド1のHD移植

まだ。たぶんない。

・ベヨネッタ2(1も?)の移植

いまのところまだ。ありそうな雰囲気だけど雰囲気あてにならないこともあるしな。

・メトロイドプライム4

正解。だがレトロじゃなかった。タイトルだけと寂しい。

・Wiiスポーツとかそういう系の新作

未発表。あるとは言われてる。はよ。

・スマブラforスイッチ

未発表。だとは思ったけど。ここまできたら新作作って欲しい。

・桃太郎電鉄

未発表。そのうちあると思うんだがな。

・ヴァーチャルコンソールについて

オンラインサービスは発表。過去も実装は半年後とかだし前触れなく9月頃に突如発表されそう。

・ピクミン4

作ってることは判明している。

・どうぶつの森新作

来年でいいよ。

・ポケモンスターズ

書いたけど予想はしてなかったはず。でも予想に反して発表。

これが個人的には一番サプライズ。スターズって名前はまだ出てないけど。

ウルトラも出るし、ペースはやすぎやしませんかね。

 

サードパーティーから

 

・コードヴェインがPS4とのマルチである

出ませんでした。

・モンハンXXHD及びおまけで来年のモンハン5(これもマルチであっても正直文句言えないと思うが)

ワールドでした。

・ソニックとかそういう発表されてるのは置いといて

一応発表されました。

・なんか洋ゲー出ますよ、FIFAとかジャストダンスとかそういうの

これが意外と多かった。

 

 

 

[総括]

ファーストは、64やゲームキューブっぽい良質・快適なソフトを1年目から連発しているのは良い傾向。ゲーマー非ゲーマー問わず楽しめるソフトが多い。ジャンルもばらけている。

あとはいわゆるノンゲームまではいかないけど、というsportsやfit系。これもただ単に続編じゃなくて、例の脈拍計みたいな新しいものが良いと思う。とっつきやすくて適度に役にたって割と楽しめるもの。

 

あと年末に太鼓と桃鉄置いとけば脇はかたいでしょう。

 

サードソフトの誘致はもちろん必要。これはまあやはりインパクトとしてはシリーズものを引っ張ってくるのが一番いいんだよな・・・。同時発売マルチにいくらかしてもらえれば、携帯機にもなるメリットを活かせるとは思う。豪華な映像も楽しめることを考えると、やはりモンハンっぽいゲームが一番相性いい気はするが・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
July 03, 2017 02:04:39

曲聴いた感想x

テーマ:雑言

現代音楽のパサージュの「その他のニューモダリスト達」を制覇せよ。

 

 

・ハンス・オッテ

電気という作品は聴けず、響きの書のみ聴くが、正直誰でも書けそう。

これでも良いのかと安心して生きることにするよ、うん。

 

・ブライヤーズ

イエスの血はまだ私を見捨てたことはない

浮浪者の歌がもとになってるが、べつにミニマルしてなくね?

 

・ハヴィア・ナヴァレテ

「ピアノ独奏」

単音保ったり小さな工夫はあるけど、従来のヴァリエーションにすぎないかな。

 

 

・カルレス・サントス

アルマンディーノ

野蛮できしょいミニマル。きしょい。

まあこれはイメージ違うから面白いかな。好きかと言われれば微妙だけど。

 

https://www.youtube.com/watch?v=bbP8gDwSK8k

これは意外といい曲でわろた。

 

・ローゼンブーム

「ピアノ練習曲1」これはかっこいい曲。

https://www.youtube.com/watch?v=Dc4H4216ENQ

ピアノ曲として普通にかっこいいのと脳波のブチュブチュが次第に混ざっていく。

 

・ラヴェル  Sonata for Violin and 'Cello

https://www.youtube.com/watch?v=vbrVkXBGHU0

2本だけでこれだけいろいろできるものなのかと。やっぱ先生すげえ。

 

ルイアンドリーセン De Stijl

https://www.youtube.com/watch?v=9qJtKiZLUhE&t=961s

これはまたなんともいえぬプログレ感というかなんというか。

 

ジョンアダムス Common tones in simple time

https://www.youtube.com/watch?v=hH2yfw-UkI0

ピアコン?オケ?的なミニマルっぽい曲。

ヒーリングになりそうではあるけど、ちょっとぐちゃっとしすぎかなあ。

もうちょっとパリッとしたテイストのほうが好き。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
June 27, 2017 03:39:36

[速報]スーファミミニ発売決定。マザー2、カービィボウル、スーパーマリオワールドもある。

テーマ:雑言

https://www.gamespark.jp/article/2017/06/27/74290.html

だそうです。

  • 収録タイトル
    ・魂斗羅スピリッツ
    ・スーパードンキーコング
    ・MOTHER2 ギーグの逆襲
    ・ファイナルファンタジーVI
    ・F-ZERO
    ・星のカービィ スーパーデラックス
    ・カービィボウル
    ・ゼルダの伝説 神々のトライフォース
    ・ロックマン X
    ・聖剣伝説2
    ・スターフォックス
    ・スターフォックス2
    ・ストリートファイターIIダッシュターボ
    ・悪魔城ドラキュラ
    ・超魔界村
    ・スーパーマリオカート
    ・スーパーマリオRPG
    ・スーパーマリオワールド
    ・スーパーメトロイド
    ・スーパーパンチアウト!!
    ・スーパーマリオ ヨッシーアイランド

 

順当というかなんというか。

もちろん日本でも出るんだろうけど、また数量限定にするのかな・・・。

ファミコンミニもスイッチも最近品切ればかりで、また品切れ必至グッズを出してきましたね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 26, 2017 10:45:37

ニンテンドースイッチ版モンハンダブルクロス発売決定!!について思うこと

テーマ:雑言

https://www.inside-games.jp/article/2017/05/26/107429.html

 

噂のモンハンスイッチ版正式発表。

 

クロス発売直後にアナウンスするわけにもいかないので、このタイミングでの発表はまったく不自然もない。

WiiUの時みたいにこれでおしまいになってしまわないかが問題で、期待の大きいモンハン5がE3でワールドワイドに発表されてかなんか知らないけど出るのか、それがちゃんとした作りになっているのかが注目されるところだと思う。

クロスベースのある程度ストレスフリーの要素を持ちつつ、ローカルで共同狩りのみならずチームに別れて狩りスピードの競い合いとか、スプラトゥーンに寄せて雰囲気を一新すれば再び人気に火がつくんじゃないかと勝手に思ってます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 19, 2017 11:47:58

有機的ミニマルミュージックを作曲中です。

テーマ:雑言

ヒーリングミュージックってきいて、うさんくさいなーって思いませんか?

 

・シンセサウンドが多い。ぶおーーん。機械音。癒されない。

・作り込みが甘い。飽きる。癒されない。

・環境音がずっと続く。まあわかるのはわかるが飽きる。なら現実の川行くわ。

 

とこういうことに起因すると推察されるんですけども。

 

かといってラヴェルとかでヒーリング効果を味わおうとしても早く終わってしまうか起伏の激しい曲ばかりで落ち着かない。

ドラマのサントラは安っぽい。

なんかいいのないの?とこうなるわけです。

 

 

現在その需要を満たすべく作曲中。

 

「ミニマルミュージックだけど有機的でリラックスできて時にはメロディーも出現する」イメージ。

天然ビタミン剤みたいなイメージ。

 

ヒーリング・メロディー・古風をミニマルに凝縮したイメージとも言える。

 

下記はその際に参考にしている楽曲群。

 

 

○リズム反復タイプ

 

https://www.youtube.com/watch?v=Miu19QHBQiw&t=476s

https://www.youtube.com/watch?v=t5U9577N-dQ

https://www.youtube.com/watch?v=RaYvMwQd3cs&list=PLUtP0Nwkv1-ftsFmMTntYRWWK6oGRIXxn

スティーブライヒ

ミニマルミュージックの礎。リピートするスピリットはここから。

 

https://www.youtube.com/watch?v=69k_Xgj3MzM

アルヴォペルト

これも教科書。俺はダサいと思うけど。

 

https://www.youtube.com/watch?v=dlIY-mbX8cE

あの久石譲のミニマルミュージックによるピアノ曲。

 

https://www.youtube.com/watch?v=KB5rbeqyKo8

インドネシアガムラン。この界隈の音楽界に多大な影響を与え続ける教科書みたいなもの。

雰囲気だけでも。

下のふわふわ系にも通じる。

 

○メロディー系

 

https://www.youtube.com/watch?v=7eeMbv1PN_k

坂本龍一ライブ

映画中心だからここまでメロディアスにはならないけど編成とリラックスさは。

 

○ふわふわリズム定まってない系

 

https://www.youtube.com/watch?v=vNwYtllyt3Q

ブライアンイーノ

環境音楽の礎。ウインドウズのOpつくった人です。音の少なさ、間が大事の精神は参考に。やや古くさいけど。

 

https://www.youtube.com/watch?v=_zq-J-crQDc

雅楽。これも。要はテンポに揺らぎがあるからふわふわする。

 

https://www.youtube.com/watch?v=hJpPXNyM2Kk

吉松隆。平清盛でおなじみ。

https://www.youtube.com/watch?v=whbaUjWPax4

こちらはピアノ曲。こちらはフェルマータやりまくりで間をつくっている。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 18, 2017 19:27:55

[予想]E32017 ニンテンドースイッチ関連発表内容(並びに今年発売されるスイッチ用ソフト予想

テーマ:雑言

たまにはゲームの話も。

 

俄かに盛り上がっているニンテンドースイッチ。

立ち上がりは好調で、この勢いをどこまで維持できるかというところだと思うが、

そのキーとなるのが6月11日前後から各社から発表が始まるE3で

どのような内容が発表されるかであろう。

 

ということで予想してみた。

 

・2017年の内容のみ発表する

・発表形式で行われるであろう「スポットライト」では3DSの発表はなくスイッチのみである。

 

ということで

・スプラトゥーン2

・Arms

・ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

この辺りの発売間近、済み、追加コンテンツ待ちはまあ、あるでしょう。

 

・ファイヤーエムブレム無双

続報来るでしょう。11月発売かな。大化けすることなく、無難に無双をやることでしょう。

 

・ゼノブレイド2

これは個人的には楽しみだけど、不安半分。ゼノブレイドクロスが2015年で、その後ゼルダを手伝ったりもしていたはず。あれだけの大作の続編をこんな短時間できっちり作れるのか。音楽だけのゲームな予感。それを覆せるか。

 

・スーパーマリオオデッセイ

これはまあ順当。新たなPVも出るだろう。ゼルダ並の評価を得られれば年末相当暴れられる。

 

ここからは未発表ソフト。予想。

・ポッ拳移植

忍さんがにおわせてたけど、出すなら8月前半とかのイメージ。ポケモンはポッと発表して出すパターンも多いので良いのでは。

 

・ゼノブレイド1のHD移植

さすがに時間ないか。

 

・ベヨネッタ2(1も?)の移植

普通にやればいいのに、と思うが、こういう痒いところに手がとどく系のことは以外と任天堂はしないので、ないような気もする。少なくともE3ではないな。

 

・メトロイドプライム4

レトロスタジオというところが作っているそうですが、これだけの弾を今年発売するのに隠しておくかなあ。2017年発売にこだわらないなら今発表は大いに納得だが。ただでさえラインナップが少ないんだから、余裕こいてないでゲーマー向けソフトは発表し尽くしてると思うんだよね。こんな序盤から好調とは予想してなかったんだから。

 

・Wiiスポーツとかそういう系の新作

岩田社長時代からなんとなく、QOL計画全体の頓挫が見えていたけど、君島社長になってますますその傾向が高まり、完全に新規ゲームでブルーオーシャンをという勢いは見えない。小泉さんが作ってるって言ってたという記事も読んだ気がするけど、E3で見せるべきかは置いといて、お母さん系にも買ってもらう感じのをどんどん出すべきだと思う。サードパーティの誘致に成功したら、ゲームマニア向けは勝手にいっぱい出てくるんだし。

 

・スマブラforスイッチ

マリオが控えているこの年末に出すのはさすがに供給過多では。早くて来年春。WiiU版の完全版でいいと思います。マリカみたいな感じで。超需要あるでしょう。

 

・桃太郎電鉄

普通にハード性質と合いすぎ。今年ちゃんと出すべきです。

 

・ヴァーチャルコンソールについて

ゲームキューブの、って言ってたやつはどうなったんだ。スマブラDXを外でやる、という個人的には恐ろしいほどの需要があるので、とっととやるべし。

 

・ピクミン4

宮本さんが作っていると言っていたのはHeyピクミンのほうだったのか否か。なんとなく気配は感じないのでないんでしょうな。

 

・どうぶつの森新作

これも来年でしょう。今年は急すぎる。

 

・ポケモンスターズ

これはほぼないでしょう。ポケモンは毎回ハードがある程度普及してから出てますので、1年目には出ない。あとはハードの価格が高すぎるので2万を割る携帯機が出ないと本編はおそらく出ません。

 

ということで、任天堂からの発表としては、未発表はメトロイドプライム4です!以上!でも十分合格ラインだと思う。今年に関しては。

どちらかというとサードパーティーから何が出てくるかの方が重要。

 

サードパーティーからは正直予想が難しいが、

・コードヴェインがPS4とのマルチである

・モンハンXXHD及びおまけで来年のモンハン5(これもマルチであっても正直文句言えないと思うが)

・ソニックとかそういう発表されてるのは置いといて

・なんか洋ゲー出ますよ、FIFAとかジャストダンスとかそういうの

こんな感じなのではないかと思う。

リアルな人殺しゲームがいくら発表されようがそういうのを求める人はPS4買うと思うので

もう少し広い層に好まれそうなゲームがサードから出て来れば

興味を引けるんではないか。

キングダムハーツ3とか。それは無理か。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 09, 2017 19:07:35

cm参考リンク1

テーマ:雑言

CM参考

すっきりんご

https://www.youtube.com/watch?v=tsj8rETl8uo

 

むかつくけどプチミュージカル風ピアノ、まあ面白い。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
January 13, 2017 14:39:31

任天堂スイッチ3月3日発売、29980円に対して、思ったこと。

テーマ:ゲーム日記総合

任天堂スイッチ3月3日発売。29980円。

 

新作ソフトは悪くないが流行るかは未知数。

振動強化は素晴らしいと思う。(プレイ映像やスマホでは真似できない)

ソフトは個人的には好きだった。ゼノブレイド2とかは普通に気になる。

マリオ新作がニューヨークが舞台っていうのは面白そう。オリンピック閉会式のあの感じを狙いたいのかなと思った。

ギミックの入ったパンチゲームなど、wiiの時の任天堂らしさは感じた。

 

株価は下がっているらしいが、3万という価格は個人的には気にならないかな。今の人たち欲しければスマホみたいな感じで高くても買うから、3万は妥当かなとは思った。ほんとに持ち出してみて楽しいのか、DSやWiiのときみたいな、最近だとスプラトゥーンみたいな爆発がどこかで起こせるか否かにかかってるとは思う。

 

あと大事なことは、印象かな。関ジャニとかにやらせるCMを乱発すること。そうすると、流行ってると錯角されるはず。そうなれば、勢いで行けるのでは。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。