●悪性リンパ腫 病理診断付かず、宙ぶらりんの状態


母69才悪性リンパ腫になる。

2016年12月14日、悪性リンパ腫の診断を受ける。

2017年1月7日現在、病理検査の結果ガンが見つからず、抗がん剤治療を始められない状態。

私娘が、母の闘病記についてつづっていこうと思います。

--------------------------------------------

2017年1月7日

12月20日に足の付け根からリンパ腫を取り、病理検査をしたものの、結果はがんが見つからず、まだ診断がついていません。


先生によると、悪性リンパ腫で間違えないが、病理検査ではっきり出ないと、抗がん剤治療はできないとのこと。


でも入院したときに行ったステロイドが、かなり効いて、首の腫れ、お腹の腫瘍が小さくなり、血液検査の結果も正常値に近くなっている。


首からは腫瘍は小さすぎるので、取ることはできない、お腹の腫瘍もステロイドが効いて、今取ったとしても死細胞である可能性が高いから、このまま経過観察がよい。


1か月すれば、今の状態が悪化するはずだから、その時にお腹の腫瘍を取って、検査するのが望ましい。


となると、診断がつくのは3月、4月になる可能性。


今は母の状態もいいので、退院許可が出ました。


1週間か2週間に一度、通院して様子を見ることになりました・・・


でもあと早くても、2か月も宙ぶらりんの状態で待てません。


家族で話し合って、次のようにすることを決めました。


・セカンドオピニオンを取る。

・今お腹の腫瘍をとってもちゃんとした結果が出ないとしても、それは0%ではないので、ダメもとでお腹の腫瘍を取って、病理検査をしたいと先生に伝える。



この考えはどう思われますか?

リンパ腫経験者の方、先生方、よろしくお願いします。


AD