アクサの雑記

思いついたことを書いてみます。


テーマ:

今度、現在乗っています車、初代E11系ノート15Gを売りたいと考えています。

なにしろ、日産のコンパクトカー『ノートe-POWER』が絶好調で、ニューモデルが記録的なヒットを飛ばしており、2016年11月には日産車としては約30年ぶりとなる月間販売台数1位に輝き、その後も順調に販売されているようです。


そのことからも、この人気ある新たなパワートレイン、e-POWER 搭載車の、『ノートe-POWER』に乗り換えたいなぁと思っています。

 

100%をモーター駆動ならではの、力強くレスポンスのいい、加速フィールを実現し、同クラスのモデルでは決して味わえない、ワンペダルドライブが嬉しいです。

 

車両感覚がつかみやすく、安心した運転のしやすさがいいですね。
運転席周りはシンプルなデザインで、操作性はもちろん視認性に優れ、ドライブをしっかりとサポートしてくれます。
 

さて、みなさんは中古車を売りたいとき、どのような方法を使って売りますか?
・ネットで個人売買のケース
・友人、知人に譲るなどのケース
・専門業者を使うケース
がありますが、よほどの知識がない場合には、中古車業者に、中古車査定を依頼することがいいのではないでしょうか。

 

ではどの業者に依頼するするのかということです。
ちょっとでも高く車を売るコツとしても、中古車業者選びは大切なポイントです。

中古車査定額はどの業者も同じではありませんし、同じ車でも買い取り価格がずいぶん変わってくる場合もあるのです。

 

どの業者が一番、高く買ってくれるか、その時、その時で違うと思いますので、高く売りたければ、オンライン一括査定などで、いくつかの業者に中古車査定をしてもらうことがコツです。
そこのところをよく考えて、初代E11系ノート15Gの買取査定を、依頼したいものです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
strong>世界に通じるトヨタ自動車は、日本を代表する自動車メーカーです。

トヨタ自動車の創立は1937年で、本社は愛知県豊田市にあります。

そんなトヨタ自動車は自動車の生産台数、販売台数共に世界第1位に返り咲き、世界的にも評価が高い会社なのです。

トヨタのノウハウは他社では真似できないとされ、優良企業として名高い評価を得ている会社なのです。
トヨタの理念として80点主義のと呼ばれていますが、現状を見ていると常に80点じゃなくて、100点を目指している感じがします。

更に壊れにくくて、安心して乗れる、経済的な車としても評価が高いのです。
また、今ではエコカーも当たり前として、ハイブリッドカーとして登場させたのもトヨタ車ですから、トヨタの技術は凄いのだなと感じますよね。

そんなトヨタの車で人気があるのが、コンパクトワゴンのカローラフィールダーです。
3代目カローラフィールダーはカローラのワゴンタイプで、コンパクトで手軽に購入できる価格なのに、機能的であり大人気です。

2代目カローラフィールダーE140系所有の方なら乗り換えたくなりますね。

こうした手軽に手に入る車から、グレードも機能も飛び抜けた高級車まで、幅広い年齢層に受ける車を製作している、それがトヨタ自動車で製作されている車なのです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

カローラフィールダーとは、トヨタが製造するステーションワゴン型の車です。

初代カローラのワゴンボディを源流とし、4代目カローラでワゴンボディをカローラワゴンとして独立車種にしてからは、現在で6代目となります。

 

現行型カローラフィールダーは、5代目がプレミオ・アリオンが属するミドルクラス車の下限サイズにまでボディが拡大してしまったため、小型車本来のボディサイズを取り戻すようシャーシーをヴィッツと共用しました。

 

これにより全長が60mm短縮されましたが、ボディデザイン見直しにより室内空間、ラゲッジスペースは拡大しました。


スタイルはラゲッジスペース長が拡大したものの、リアオーバーハングが短縮されたためショートワゴン風となりました。

 

「関連記事」
 トヨタ自動車とカローラ
 ノート15Gを売りたい

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2015年3月に、カローラ フィールダーのマイナーチェンジが行われています。

これまでのカローラのイメージが、一新されましたね。
それも大胆な変身となっています。

顔つきも精悍で、内装の質感も大きく向上しています。

  ・アグレッシブな、フロント周りの造形
  ・予防安全装備が、格段に強化
  ・ガソリンエンジン車は、クラストップの低燃費

フットワークの進化もあきらかで、必要にして十分なパワーのものになっております。

「関連記事」
トヨタ自動車とカローラ
ノート15Gを売りたい
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
SUVの本場であるアメリカ
アメリカでは、SUVの試乗は、色んなコースが用意されている。

例えば、急こう配のクライムアップ&ダウン。その後、傾斜路を走破し、約60cmの池を横切り、不整地も疾走する。

なかなか、日常では走れないアドベンチャーコースなので、1度は走ってみたいですね。


「同じテーマの記事」
トヨタ自動車とカローラ
車の査定には大切な専門業者選び
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。