大暇神です。

凄く久しぶりな「大暇神の独り言・考え・経験から得たもの」です。

今回は「毒を撒き散らす自分自身を許してあげてください」と言うテーマで、
あくまでも個人的な考えを書かせて頂くものです。

この記事の最後に、私個人的な「オチ」とも言える本音を書かせて頂きましたので、
そちらも、生ぬるい気持ちで受け止めて頂けると幸いです。

苦手な方がいらっしゃいましたら「読まない」と言う選択もございます、
内容的には前向き、ポジティブな内容になるように書かせて頂きます、
しかしながら、「読む」「読まない」は個人個人の判断でよろしくお願い致します。

では、書かせて頂きます。

生きていれば不平不満は有ります、ストレスと言う名の「毒素」が体内に脳に神経に、
心に、自分自身が気づかない内に、知らず知らずの内に蓄積されて行きます。

実社会でも、ネット社会でもその「ストレスと言う名の毒」を、
誰それかまわず、所かまわず、自分の事は棚に上げて、
一方的に撒き散らしている人がいますね。

「毒舌」なんて言葉が有ります、ですからそれは「毒」なのでしょう、
「口から撒き散らされる言葉の毒」なのです。

その毒は、「自分自身は悪くない」「自分自身に落ち度はない」、
「悪いのは社会」「悪いのは周りの対人関係」などと考えてる以上、
どんどんどんどん自分自身の奥底に蓄積されて行きます。

想像してください。

貴方は「社会への不平不満」「人間関係についての不平不満」と言う名の毒を、
街に出て撒き散らすように、ギャーギャーと叫んだり、独り言のようにブツブツと呟いてみます。

撒き散らしているのは言葉と言う名の「毒」ですから、
みんなが貴方を避けます、貴方には誰も近づいて来ないのです。

「どうしたんですか?」と優しく声をかけてくれる親切な人が居たとしても、
一心不乱に無我夢中で周りが見えなくなっている「毒を吐く貴方」の耳には届きません。

毒を吐けば吐くほど、貴方は孤立して行きます。

周りを見れば、自分自身が吐いた、撒き散らした毒だけが存在していると言う状況。

周りは毒だらけ、貴方は自らが撒き散らした毒により、自らの毒に侵されて行くだけなのです。

貴方が撒き散らした毒にやられてしまう、毒に侵されてしまうリスクを背負ってまで、
貴方に近づき、声をかけたり救いの手を差し伸べようとする他人はもう居ません。

貴方の周りは毒だらけなのですから。

貴方が吐いた毒は、「救いを求める悲鳴」にも聞こえます。

「孤独や孤立から抜け出そうと、もがき苦しむ悲しい叫び」に聞こえてなりません。

実社会やネットの中で状況へ対する不平不満、
実社会やネットの中での人間関係への不平不満、
色々な状況の中で、色々な不平不満がストレスとなって蓄積されて行く。

しかし、その「数々の不平不満」は「貴方がずっと抱えて来たもの」、
「貴方の中に元々存在していたもの」ではないでしょうか?

数々の不平不満は、貴方が抱えて来た、貴方の中にもともと存在していた、
貴方の中の「悪しき部分」や「自分自身の欠点」を不平不満と言う形で投影した物ではないですか?

自分自身の中の「悪しきもの」を具現化し、鼻先に突き付けられたような不快感を感じるからこそ、
その矛先を、自分自身以外の社会や、他人に向けて、ごまかしているだけではないでしょうか?

貴方は「本当は自分自身の中にこそ毒の元となるものが有る」と、とっくに気が付いているはずです。

貴方が吐いた不平不満の言葉の数々や伴う行いは、
「自分自身を責め続けている」と言う事と同じではないですか?

自分を責めるのは止めましょう、それでは自分自身を嫌いに成ってしまいます、
毒を吐き散らす事を極力止めればいいだけなのです。

受け入れましょう、認めましょう、そして、そんな自分自身を許しましょう。

自分自身を許してあげてください。

活き活きと楽しく日々を送っているように見える人は「自分自身を受け入れ許している人」なんです、
そんな人にも「悪しき部分」は有るそうです、その方は言ってました、
「自分自身を、許すのも、憎むのも自分次第」だと。

「許す」と言う事は、「自分自身を甘やかす」と言う事では有りません、
「許す」と言うのは、「素直な気持ちで自分自身の良い所や悪い所すべてを受け入れる」と言う事です。

自分自身を許す事が出来れば、社会や他人への理解が深まるだけでは無く、
自分自身や他人に対しても優しくなれると言う事に繋がります。

自分自身の色々な環境や対人関係も良くなって行きます、
そうなれば、徐々にですが「貴方は毒を吐く必要が無くなって行く」と言う事になるのです。

「自分自身を許す」事が、唯一の「ストレスと言う名の毒を中和させる事が出来る薬」なんですね。

「そんな簡単じゃないよ」「言うのは簡単だけどさ」と言う人も居るかも知れません、
「自分には出来ないと決めつけて、諦めている人」だと私は考えます。

言い直せば・・・

「諦め切れないくせに、諦めたような冷めた態度を取って自分に嘘をついている人」

だと考えます。

自分自身の人生を明るく楽しいものにするには、「良い方向へ変化する事」が大事です。

「自分自身を、許すのも、憎むのも自分次第」、
「人生を明るく楽しくするのも、暗くつまらないものにするのも自分次第」なんです。

「自分自身が吐き散らかした毒は、自分自身の身を滅ぼす」
忘れてはいけない事です。



えっ?「えらそうに書いてるけど、お前はどうなんだよ!」と言う皆様からの声が聞こえてきます(汗)

10代後半から、20代前半ぐらいまでは、それこそ典型的な「毒吐きのクズ野郎」でした、
何に対しても不平不満しか出て来ませんでした、しかし、それは同時に、
「自分自身の未熟さや、人生経験の薄さを含め、散々と恥をかいて来たと言う事」だと受け止めています。

でもつい、分かっていてもつい、他人の前で毒を吐いちゃう時有りますよ、今でもw

「毒」は有りますが、現在は家族や知人友人に支えられ、
「上手に中和する事が出来ている」と思います。

堅苦しい言い回しは抜いて、あくまでも個人的で私らしい言葉で皆さんにお伝えするなら・・・


自分で責任が取れる範囲でよ、法も犯さず、後悔もしねーなら、
散々恥かいて、ガンガン毒吐きまくって、ガンガン嫌われて、
それでも懲りねーで、また繰り返して、他人の助言はシカトして、
失敗を重ねても、わがままに生きれりゃー最高だべ?
他人への迷惑?迷惑かける時も有れば、かけられる時もあんべ?
イラッとする事も有れば、イラッとさせる事もあんべ?そりゃお互いさまじゃんな!
いちいち気にすんなよ!そんな自分自身を笑い飛ばせるような人生の方が、
うんと楽しーに決まってんじゃん!(≧▽≦)


しかし、そーも行かねーか(汗)

(やべ、地元弁が出ちまった(汗))

ではまた!( ̄▽ ̄)

AD