あくび@TOKYO

ながーい海外生活を経て2011年末ニッポンへ。食、アート、ランニングなどなど、「ハクション大魔王」あくびムスメ似主婦のよくばりな生活。


テーマ:

またまたご無沙汰しております。

先々週の日曜は、静岡マラソン走ってきました。

毎年参加していますが、初回、2回めは暴風雨。3回めは曇りのち雨…。

そして今年、4回めにしてようやく晴れましたーー!

雲一つない極上のお天気で、ゲストの増田明美さんも「給食では静岡おでん、

いちご、安倍川餅も出ますからね、皆さん今日は遠足気分ですね!」といつになく

テンション高め。

 

8時20分にスタート!

スタートが駿府公園前、フィニッシュは清水駅というのは例年と同じですが、今年

はコースが一部リニューアルされました。

リニューアルポイント、その1は序盤の折り返し地点2か所が1か所になったこと

と、葵区周辺を大回りするコースになったこと。

その2は、海沿いでの折り返し2回がなくなったこと。

4回あった折り返しが1回に減り、また序盤の渋滞が緩和されて、走りやすく、

タイムも出やすくなりました。

 

今年は目の前に富士山、右側に穏やかな海を見ながら走れたのも大きかった。

去年までは雨風にあおられながらの修行ランだったので、嬉しさもひとしおです。

 

個人的には走り込みが足りず、タイムは3時間40分くらいかなぁと思いながら

走りました。大会の2週間前に4時間走をこなしていたおかげで、1月末の館山

若潮に比べるとタイムはほぼ同じくらいですが、脚にも気持ちにもちょっと余裕を

持って走れたのは収穫だったかな。

 

静岡マラソンは給水ポイントが多い上、テーブルが十分に長いので、あせらずに

給水できるのがありがたいです。

給食ではさすがにおでんや安倍川餅は食べられませんでしたが、32キロのエイド

ではいちごで元気注入! 30キロ地点で取り損ねたいちごを32キロ地点で再び

発見、「これ持ってきな」とカップを渡していただくと、中にはツヤツヤの大粒

いちごが3つも! ジューシーでさっぱりした甘さが喉を滑るように美味しかった。

 

盛大な応援に励まされ、フィニッシュの手前ではハイタッチ隊の笑顔に迎えられ、

応援に来てくれた妹に声をかけてもらって、ゴーール。

ネットで3時間40分でした。

 

会場にいたゆるキャラ、「みきゃん」。

メダルもフィニッシャーズタオルも静岡らしくみかん色でしたw。

 

和太鼓のパフォーマンスや屋台もたくさんあって、アフターレースも充実。

 

走ったご褒美はクラフトビールでした♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とある日曜日。

午前中、砧公園くるくる4時間走をした後に静嘉堂文庫美術館へ。

目指すは、山田五郎さんの博覧強記っぷりが面白くてよく見ている「ぶらぶら美術館

・博物館」で先日紹介されていた「超 日本刀入門」。

 

美術工芸品の国宝の半分以上を占めるのが日本刀なのだそうで、その比類のない

美しさの味わい方を基本から学ぼうというのがこの展示の趣旨です。

そもそも日本刀と太刀は違うということすら知らなかった私にとっては目から

うろこの発見がたくさん!でした。

 

日本刀鑑賞のキーワードは「姿」、「刃文」、そして「鍛え肌」。

刀の由来などに加え、この3つのキーワードに沿って解説されています。

姿。これはまあわかりますよね。

全体の佇まいや、バランスの良さを見ます。

お次は刃を焼き付ける時にできる銀色の文様、「刃文」。

波のような文様やまっすぐだけでなく、丁子や小乱などなど。

さらに、難しいのが「鍛え肌」。

刀を鍛錬した時、刃に浮き出る模様のことです。

見る角度や光によって、木板みたいな板目肌、綾杉、梨子などの模様が、水に

浮いた油が光を反射するようにうっすら浮き上がって見える…のですが、どう

がんばっても何も見えないことも結構あったw。

でもそれは置いといても刀の美しさの読み解き方がちょっとだけでもわかって、

いい勉強になりました。

今度日本刀の解説本も読んでみようかな。

 

アクセスがいささか不便にもかかわらず、この日の静嘉堂文庫はお客さんで

いっぱい。若い女子を中心に今日本刀ブームと言われるけれどほんとなんだ!

と人気っぷりを実感しました。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
行ってきましたよ、マリー・アントワネット展@森アートギャラリー。
 
先週の土曜、昼下がりに出向いたところ、まさかの2時間待ち!
すごすごと帰ってきました。
会期が今月末までなので、水曜、終業時刻になった途端会社を飛び出して六本木へ。
会場入り口で5分待っただけでなんとか入れました、ふう。
 
お客さんの9割以上が女性。
私は「ベルばら」世代なのでなんとなく懐かしくて前売り券を買っちゃった口なの
ですが、皆さん説明の一字一句見逃さない熱心さがすごかったです。
 
波乱万丈すぎたアントワネットの生涯が幼少の頃から処刑にいたるまで、絵画や
身の回りの品々、ベルサイユ宮殿の部屋の再現などで展示されて、彼女の人となりが
イメージしやすい構成でした。
 
アントワネットと言えばお金に糸目をつけないゴージャスなファッションの代名詞。
実際、「ファッション」のセクションで展示されていたスケッチのドレスとヘア
スタイルは、まるでバースデーケーキみたいにこてこて、もりもり。
けれどもアントワネットの居室のインテリアや、彼女がセーヴル窯にオーダーした
食器には、パンジーや矢車草のような季節の小さな花々への愛情や繊細な美意識
が息づいていて、こんな一面もあったんだなーと新鮮でした。
 
こちらは唯一撮影が可能だった、アントワネットの居室。
せっかくなので私も一枚撮ってみたの図。
このグレーがかったグリーンも素敵ですよね。
 
革命後、牢獄に幽閉されてから処刑されるまで毅然とした態度を崩さなかった
アントワネットの手紙や肖像画からも、ただのおバカで軽薄だけじゃなかったん
だろうなと思わせる気高さを感じました。命をかけて逃亡を助けたフェルゼンとの
愛もきっと彼女の気持ちを支えたんでしょうね。
 
これまでのアントワネットのステレオタイプなイメージを変える、すごく面白い
展示会でした。
あと、ショップの人だかりとラデュレの商魂のたくましさにたまげましたw。
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
タイトルを見て「まーなんて大げさな…」と思った方もいたかもしれませんが、
本気ですw。
 
乾燥肌で手荒れの悩みに加えて、1年前から皮膚炎にも悩んでいました。
冬はとくに大変です。
かゆーい!と寝ている間に無意識に掻いてしまうと、ぽつぽつと湿疹ができて
なかなか治らない。一つ治っても、別のところにまた一つ。
皮膚科に行ってステロイドを処方されても効果がなく、結構ストレスたまって
ました。
 
そんな時、マドンナが愛用しているなどの評判を聞いて買ってみたのがこの
「エジプシャン・マジック」。
あやしい感じの容器だし、そもそもネーミングからしてちょっとヘンw。
 
ところがっ! 使ってみたらしっとり感がハンパじゃない。
クリームというよりバームに近く、体温でするっと伸びて肌の水分を逃しません。
原材料はオリーブオイル、ミツロウ、ハチミツ、プロポリス、ロイヤルゼリー、
花粉のみ。顔、全身の保湿用はもちろん、切り傷やリップケアにも使えます。
長年のハンドクリームジプシーだった私も、ようやくこれで落ち着くことが
できました。ありがとう、エジプシャン・マジック!
小分けにして、どこに行くにも持ち歩いている今日この頃です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ふと気づいたら1月末の館山若潮フルもまだアップしていませんでした、汗。
 
あわびは昨年に続き2回めの参加ですが、私は昨年急な仕事になってしまって涙のDNSだったので、初参加。
 
この日体調がいまいち万全でなかったため、3時間45分以内の完走が目標。
3時間30分〜4時間のスタートブロックに並んでスタートを待ちました。
周囲はがつがつした感じがぜんぜんなくて、リラックスしたムード。
 
10時にスタート、スタートロスはきっちり3分でした。
2キロはあわびと一緒に走り、そこから一人旅。
あわびから聞いてはいたものの序盤からアップダウンが続いて、かなり走りがい
あり。
 
気温が高くて脚がむくみやすかったのか、履き慣らしたシューズとソックスだった
のに小指の脇の骨がシューズに当たって16キロあたりからちりちりぢりぢりと
痛い…。気にしない、気にしないと自分に言い聞かせれば言い聞かせるほど
かえって気になるw。大会が終わってからソックスを脱いでみると、両足とも立派
な血豆ができてました。
 
ハーフが終わった時点でグロスタイム1時間53分。
幸い小指脇の痛みに慣れてきて、痛みをかばわないで少し走れるようになって
きました。前半ペースが遅めで脚を使い果していなかったことが幸いして、少し
だけペースを上げられるように。
 
次の1キロを走りきることだけを考えて、どうにか終盤の坂もこなして、あと
4キロ。このあたりで3時間45分のペースグループを抜いて、「このまま走れば
グロスでも45分切れる!」と思えて俄然、元気に。
 
大きなフィニッシュゲート目指してダッシュ、ゴーーール!
ネットで3時間40分。
嬉しいことに苦手のロードで年代別入賞に滑り込めました。
ちなみに昨年よりもタイムを落としたものの、あわびも完走しました。
 
豚汁をふるまっていただいて、菜の花の無料配布サービスもあって、走った後も
楽しかったです。
唯一残念だったのは、会場でビールが一切売ってなかったことかなーw。
ほぼ同じタイムでゴールしたラン友と乾杯のビールを求めて会場の売店をさまよい
歩いてしまいましたよ。
 
お次は、先週末のイセエビオーシャンカップ10マイル。
今回は私一人でさくっと行ってきました。
館山もそうでしたが、今回の会場御宿も日差しがぽかぽかで気持ちいい!
 
月の砂漠をはーるーばるばるとー、な像もあり。
 
ゲストの鏑木さんによる開会式の後、10時スタート。
里山を10マイル、つまり16キロ走るコースなので、ビギナーも参加しやすい大会
ですが、スタート/フィニッシュの砂浜ランがきっつい!のであります。
 
中盤からペースを上げられて、ああもうこのままずっと走っててもいい、と思う
くらい楽しかったのですが、最後の砂浜の数百メートルの長いこと長いこと。
懸命に脚を動かしてもフィニッシュゲートがぜんぜん近づいてこなくて、
もどかしいことこのうえありませんでした。疲れたーー。
どうにか年代別入賞できて、表彰状をいただきました。
 
無料でふるまっていただいた「するもん汁」、ふっくらしたつみれのお出汁が
よくきいていました。
 
駅前のまつよしというお店でいただいた、ご褒美のあじふりゃーもほっこりの身と
さくさくの衣で美味。
おいしいご褒美があるから、やっぱりランニングはやめられません♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。