あくび@TOKYO

ながーい海外生活を経て2011年末ニッポンへ。食、アート、ランニングなどなど、「ハクション大魔王」あくびムスメ似主婦のよくばりな生活。


テーマ:

おむすびエイドを出てすぐ、長い上りが始まる40キロ地点で半鯖のランナーと合流。

おいしいおむすび食べて元気出たー!と思ったのもつかの間、上り坂を前に足がぜんぜん

前に進みません。もう無理…と歩き始めた私の傍を、スタートしたてで足がフレッシュな

ランナー達ががんがん抜いていきます。「がんばってくださーい」と女子ランナーさんに

爽やかに声をかけられて、自分の走れなさを痛感。

 

なんとか450メートルの上りをこなし、下って、上って、また下った先の最後の56キロ

の山場がまた長くて。今回のコースは高低図のイメージにほぼ近かったのですが、ここ

だけは偽ピークに何度も泣かされました。我慢に我慢して着いたてっぺんにエイドが

あって救われたー。「上りはもう終わりやで、残念やろ、悲しやろ〜」と声をかけて

くれたブルーのアフロのお兄さんに「ぜんぜん悲しくないです!」と満面の笑顔で答えて

長い下りに突入! なんせ私、下りだけのレースがあればいいのにと真剣に思うくらい

の下り好きなのでw。

 

しかーし。鯖はまだまだ厳しかった…w。

山を下ってからは細かいアップダウンが続きます。

下りでつま先がシューズに当たり続けたためか、右の母指球に痛みが発生。

3、4歩に1回の割合でぴきーっと骨に痛みが走るので、着地にも蹴り出しにも力が

入りません。

 

しかもこの日は夏日で、気温は30度超え。高度が下がるにつれて汗だくです。

鞍馬から抜いたり抜かされたりしていた女子ランナーに突き放され、遠ざかっていく

のを追おうにもどうにもならない…。

 

ところが、賀茂川の河川敷に入ったところで因縁の(?)女子ランナー発見!

明らかにペースが落ちています。

勝負をかけてみるか!と力を振り絞って抜きました。

いくらペースが落ち気味だったとはいえ、そこは抜きつ抜かれつした相手だけに彼女も

猛然と追ってくる。

実は私、河川敷の距離はずっと短いと記憶違いしておりまして、抜いた勢いで走って

そのままフィニッシュできるだろうと思っていたら、大間違い。

ボラさんに「あと5キロ!」と声をかけられて倒れそうになりましたw。

ここまでがんばったんだから抜き返されるのはいやだーという思いで、もう必死。

後ろを振り向く気力も体力もないのに。

 

「フィニッシュ地点は橋を渡ってすぐだよ」と男性が声をかけてくれ、それからは

橋、橋、橋ーーーっと心に念じながら走りました。実は橋を渡ってからもまだしばらく

距離があって本当につろうございましたが、河川敷に集っていた、フィニッシュした

ランナーやその家族、仲間が迎えてくれてのゴールはそれだけに嬉しかった。

 

フィニッシュ後は、1時間近く疲労でぼーぜんとしていました。

その後いただいたふるまいの豚汁は、体に染み渡る美味しさでした。

 

参加賞はベストと、焼き鯖。

 

きつかったけれど、エイドもボラさんも、山の緑、渓流、山ツツジ、満開の藤が満喫

できるコースも、ふつうに歩いている町の人が通りすがりに「がんばれー」と声をかけて

くれる気安くてあったかい雰囲気も、みーんな最高。

この大会が長年愛されてきた秘密がわかったような気がします。

 

ちなみにあわびも完走しましたー。

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

鯖街道レース、当日編。

この大会は今年で22回め。鯖の産地であった小浜市から京都の出町柳までかつて一昼夜

かけて鯖を運んだ鯖街道の77キロを走ります。

累積標高1,800メートル、標高差860メートル。ロード率67%で制限時間は12時間。

77キロのAコースが「本鯖」、その半分のBコースは「半鯖」と呼ばれて親しまれていて、どちらもエントリー開始受付日に売り切れる人気ぶり。

 

コースプロフィールは、10キロから20キロにかけて800メートル以上上り、そこから

がーっと下って、40キロから56キロまでは小刻みなアップダウンが続きます。

そこからは下り基調、最後の数キロは賀茂川河川敷を走って出町柳がフィニッシュです。

 

さて、朝は4時に起床。

今回泊まったせくみやさんからスタート会場まではたった20メートル(これまでのレースで最短!)、朝とても楽でした。宿を出たのは5時30分過ぎ、荷物を預けて鯖街道の起点となる商店街のスタートラインに並びます。名簿で私たちが出るのを知ったお友達が私たちを探してくれて、思いがけない出会いにびっくりしたり喜んだり。この大会のカラーなのか、女子率が高いせいか、まわりの雰囲気がぱっと明るい。

 

シルバーの「My鯖」をザックに括りつけたお兄さんを発見、写真を撮らせてもらいました。鍛えたボディと鯖がベストマッチ♪ 

 

6時、「完走するぞーっ、エイエイオーッ」とみんなで気合を入れて6時に出発。

ふだんのトレイルレースだと、トレイルの入り口までの渋滞を避けようと序盤の3キロ

くらいを皆さんガチで走りますが、鯖は舗装路区間が長いのでゆるっとペース。

 

フラット基調の10キロを過ぎたあたりで徐々に勾配がきつくなってきて、20キロまでの

10キロで800メートルアップ。そこから40キロ地点手前までは下り基調。

ここまでは順調でした。トレイルはガレてなくて走りやすいし、上りもきつかったけど

まだ大丈夫。まわりのランナーさんも楽しい方ばかりでした。高槻のおじさまランナー

(今年UTMBを走られるそうです)と中盤まで、上りではおじさま、下りでは私が先行しながら抜きつ抜かれつして、「あっあんたか! また下りで抜いてや〜」と何度も声をかけていただいたのにも元気をもらいました。

 

エイドのお素麺やじゃこのおむすび(さすが京都。実山椒がきいていて、エイドのおむすびからして一味違うわ)をいただき、私設エイド(何年も姉妹でやってくれていたそうですが、今年はお姉ちゃんが遠くの高校に通うようになったか何かで、妹さんがお友達

(かな?)とがんばって開いてくれていました)では冷たいジュースを2杯いただき、エネルギー補給もばっちり。

 

…しかしウルトラはやっぱり、甘くなかった。

後編に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週日曜、鯖街道ウルトラマラソン77K走ってまいりましたー。

 

大好きな京都、走るだけじゃもったいない!

土曜日は朝7時前の新幹線で向かった先は、京都国立近代美術館。

 

ヴァン クリーフ & アーペルと、日本の工芸の粋を対比させた展示です。

「一流」や「本物」ってこういうことを言うんだなぁ。

きらきらした雨の雫をそのまま閉じ込めたようなジュエリーや、光を放っているような

ジュエリーは、思わず声をあげてしまうくらいの美しさ。

日本の工芸では、上画像の花瓶などを製作した並河靖之の七宝や、微妙な色合いの

テキスタイルが素敵でした。四季の移ろいや自然の造形美が作品ひとつひとつに息づいて

いる感じ。

 

アートの後は、カーボローディングランチ@殿田。

生姜たっぷりのあんかけたぬき(京都では油揚げは、きつねではなくたぬきらしい)、

おだしの旨みがじゅわーっ♪

 

その後14時発の大会バスで、京都駅前から一路スタート地点の福井県小浜市へ。

車中のお供はShizuyaのあんぱん(黒豆入りがしっとりしていておいしい)と、中村藤吉

のゼリー。ふだん甘いものはあまり食べないんですが、大会前後はなんのかんの盛大に

食べてますw。

 

夕方、小浜着。

受付後、焼き鯖の試食あり。

しっとりして美味。

 

小浜のゆるキャラ、ナナちゃん。

実在の猫がモデルだそうですが、ご本人はお出かけ中。

写真のナナちゃんはおいしい鯖を食べつけているだけに毛並みつやっつやっ。

 

小浜と言えば、「オバマ」!

 

宿泊先のせくみやさんには、↑こんな展示や、先端を着色した楊枝で制作したオバマさん

の壁画がありました。

 

夕食後は宿のまわりをちょっと散歩してから早めに就寝。

次回は猛暑の大会の様子を報告します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

豊橋のスイーツたち。

前回チョコレートを買った久遠では、ネーミングに惹かれて「至高のアイス」を食べてみました。

いちご、ミルクなどのアイスクリームに、自分でチョコレートを浸していただきます。

アイスクリームの冷たさでクリーミーなチョコレートはすぐにパリパリに。

チョココーティングしたアイスって、チョコがぺらっと申し訳程度のものが多くてちと物足り

ない気がしていましたが、これはしっかり厚みがあって、コクがある!

さっぱりしたアイスクリームとのマッチングがすばらしく、まさに「至高」でした。

 

完走のご褒美はボンとらやの「ピレーネ」。

前回一つ買ってみて、ふわっとかるーい食感がとてもおいしかったので、今回も。

本店は8時開店なので、新幹線に乗る前にあわびと買いに走りましたw。

 

カスタードと生クリームのWクリームです。

スポンジケーキもクリームもふわっふわっでかるーい。

本店限定のクリームチーズとクリームのピレーネもおいしゅうございました。

 

さて、明日から京都にまたまた走りに行ってきます!

走りますのは小浜から出町柳までの「鯖街道ウルトラマラソン」77キロ(これを人は「本鯖」と呼ぶ)。江戸時代に産地から京都まで鯖を運んだ街道を辿ります。

参加賞は焼き鯖ですw。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

レース終盤、残るは12.8キロ。

制限時間までの余裕は3時間20分ちょっと。

1番苦しんだAS3〜AS4までの11キロで2時間45分だったので、下り基調のコースを考えたら完走できる筈…てか、ここまで来たんだから完走するしかない。

 

後半のそれまでに比べると多少走れるコースではあったのですが、この区間の山場「鳳来寺山」のピークにぜんぜん行き着かないw。細かいアップダウンが多くて今度こそ頂上かと期待しては

がっかり、の繰り返し。ようやく着いた頂上は、苦労した割にふつーでしたw。

 

ここからは下り基調とスタッフに教えてもらい、がぜん元気に。

「このペースだと12時間切りは難しいかもしれませんね」と男子ランナーに声をかけられ

ました。正直フィニッシュのタイムにまで気がまわっていなかったのですが、がんばってみましょうと二人で走り出します。

 

13時間以内の完走はほぼ確実、残すところあとわずかと思うと気持ちもぐーんと軽くなって

「どこにこんなに足が残ってたんだろう」と自分でも不思議なくらい走れ、ここだけごぼう抜き。男子ランナーさんといろいろ話して、偶然来月の鯖街道ウルトラでご一緒することがわかったり、楽しいひと時でした。だんだん薄暗くなってきましたが、ライトは点けずにすみました。

 

いよいよ湯谷温泉街、すでにフィニッシュしたランナーさんが笑顔で迎えてくれます。

ところが。よーし、あと100メートル!と思ったら最後にちっちゃい上り坂があってそこで足が終わったw。男子ランナーさんに先に行ってもらい、よろよろと坂を上ってゴーーーール。

12時間は切れませんでした。

 

第二関門でリタイアしたあわびが迎えてくれました。石川さんにメダルをかけてもらえて

嬉しかったー。小心者でなにも言えなかったけど、「お守りのおかげで走りきれました」とか「きつかったけど楽しかった」とかほんとは言いたかったです。

 

先にゴールした男子ランナーさんと健闘をたたえあって、さあ、ビール! 屋台のおじさんがよくがんばった、とサービスしてくれたお肉の串といただいたビールがもうほんとうにおいしかった。

 

完走率は49%。

今回はなんとか完走できた私も、制限時間のプレッシャーはハンパなかったです。

しかも暑かったので、体調が悪くなってしまった人も多かったと思います。私も豊橋に戻ってからの夕食は、疲労でほとんど食べられませんでした。

 

きつかったけれど、スピードレースと我慢のアップダウンの二つの局面を体験できたのはいい勉強になりました。今だから言えることですけどw。

眺望や、カタクリ、山ツツジ、すみれの花も素敵でしたよ。

 

参加賞は地元名産のお酒。

 

そして後日、年代別入賞のご褒美でお米とバーをいただきました、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。