憧霊感 アコガレイカン

テーマ:
こんにちは照れ
ご覧いただきありがとうございます。
文です。

透かし花びらのケーキ


うちの地域ではお盆は新暦の7月なので、今日からお盆です。

玄関で迎え火を焚いているのを見かけると、あったかい気持ちになります。
仏さま、帰宅ラッシュ中だなぁと思います照れ

私は仏教徒ではないのですが、生まれてから現在まで、お寺さんにご縁を頂いております。
それにお墓が大好きなので、そのご縁でお寺の留守番をしていた頃があります。

住職さんがお留守の時に、電話番をするのですが、私はいつも子機を持って、大好きな墓地をウロウロしていました。

「小島さん、綺麗なお花が上がってるね。」とか( ´∀`)
「伊東さん、今週末法事だね。」とか( ´∀`)

お墓に話しかけながら、不審者が出没していないかをチェックしていました。

自分が一番の不審者だとは気付かずに。

でも、お墓が好きとか能天気な事を言えたのは、私には霊感が皆無だと思っていたからです。
霊感に憧れを抱くほど、私にはその存在が謎だらけでした。

その日までは…



ある日、いつもの様に私は墓地をウロウロしていました。
墓石で焼肉が焼けそうなくらい、暑い日でした。
お肉は無理でも、どこかに座布団を干せないかしら…とか、考えていた時です。

木と木の間に、黄色いシャツを着た、10歳くらいの男の子の背中が見えました。

私は挨拶をしようと、男の子の方に歩いて行きましたが、男の子はいません。

子供が一人でお参りにくる筈はないので、ご家族を探しましたが、誰もいませんでした。

きゃーガーン


その日から、私は墓地に行かなくなりました。
お墓が怖いというよりも、墓石を見られなかったからです。

墓石には、仏さまの情報が刻まれています。
(刻まれていない場合もありますが)
男の子がいたと思われる場所のお墓に、もし男の子の仏さまが納骨されていたら。

きゃーきゃーガーンガーンジタバタもやもや




しかし私のお墓愛は強く、すぐにまたお墓をウロウロするようになりました。
でも霊の…じゃなく、例のお墓は知らんぷりして、通り過ぎていました。

しかし何でもハッキリさせたがりの私は、ある日、思いきって墓石を見てしまいました。

何も。

何も彫ってありません。

つまり、墓石だけのお墓だったのです。

住職さんに確認したら、やはりそこのお墓へは、納骨の記録はないようでした。

寿陵(生前墓)って事ですね。
見間違いってやつですね。



私は本当に霊感がないんだなぁって思うのですが、霊感があるからお墓が好きなんじゃないか?と、言われた事があります。

でも…お寺にいても、不思議な体験はこれ以外にはありませんでしたし…

そういえば…本堂から「ハックション!」って、大きなくしゃみが聞こえた事がありましたが…
ご本尊さまがくしゃみをしたのだろうし。

やっぱり霊感ないですショボーン

憧れの霊感。
憧霊感のお話でした。

ありがとうございましたお願い
文でした。


Instagramこちらから↓

ミンネで透かし花びらのケーキ販売中です↓
AD