SRB36

こんにちは( ´∀`)さくらんぼ
ご覧いただきありがとうございます。
文です。




今日は、さくらんぼの作り方をご紹介致します。

たくさん作って保存しておけば、アイスやケーキを作った時に一緒に飾ったり出来て便利です。

お弁当にプチトマトを入れるみたいに、ぐっと華やかになってオススメです。

それでは作り方スタートですニコニコ



実の部分を作ります。
粘土を薄い黄色に着色し、丸めて楊枝で少し穴を開け、カッターで半分だけ筋を付けます。

乾いたら赤の絵の具、ニスを塗ります。
この時、穴に楊枝を刺すと作業がやりやすいです。

もちろん初めから赤色に着色した粘土で作っても大丈夫です。
なのにどうして上記のような作り方をするのかと言いますと、私は樹脂粘土を使っていますので、樹脂粘土で作る場合は、透明感が出るからです。
光が当たると赤い絵の具が透けて、ほんのり黄色が見えてきれいです。

それから、実際のさくらんぼに近いものを作りたいという思いもあります。


軸(茎)の部分は、薄い黄緑色に着色した粘土を細く伸ばし、まだやわらかいうちに楊枝に巻き付けてカールさせます。

もし細く伸ばすのが難しいようでしたら、造花用のワイヤーや糸でも代用可能です。
糸の場合はやわらかいので、木工用接着剤やニスを塗って、ハリを出します。


たくさん出来ました。

軸は短くカットしておきます。


実の楊枝で開けた穴に軸を刺して接着します。

軸の先に木工用接着剤をつけ、少しボリュームを出します。

乾いたら接着剤との境を隠す為に黄緑色の絵の具を塗り、先の部分には茶色の絵の具を塗ります。

出来上がりウインク


ケーキに乗せましょう


ありがとうございました(´-ω-`)
文でした。


Instagram

minne


AD