アート心ときめく美術鑑賞のすすめ

ウットリだけじゃない。あなたの感性がよろこぶ、
ホンモノの美術鑑賞へ
都内ラグジュアリー空間にて「名画に恋するアートセッション」を開催しています。

NEWS取材記事⇒「美術鑑賞の楽しさを伝えたくて、アートナビゲーターに」

info-orNEW2016「今後の予定」NEW 

 
・「メアリー・カサット展」アートセッション@横浜

7/11満席キャンセルにつき1名さま受付します満席 

・7月20日(水)アートランチ会 満席
南仏ニースの風を感じるフレンチレストラン・KEISUKE MATSUSHIMAにて

・7月26日、27日 モネ展アートセッション@新潟へ 2日程ともに満席です

・8月小学生向け・夏休みの宿題もおまかせ☆シリーズ

 親子でアートセッション「ルノワール展」へ (すべてアートブック付き)
 親子でアートセッション「メアリーカサット展」へ
 親子でアートセッション「ヴェネツィアルネサンス展」へ

・8月22日(月)五感で味わい尽くす「ヴェネツィアルネサンスの巨匠たち展」
@六本木ミッドタウン内 イタリアンレストラン

・8月29日(月)アートなランチ会

・9月30日(金) メアリーカサットアートセッション@京都へ


・スペシャル<完全プライベート制>ルノワールアートセッション
 8月の新日程・詳細はメルマガのみご案内しております。


〇メルマガご登録はこちら⇒

〇スマホでお受け取りの方はこちら→

エッフェル塔
1月17(木)、18(金) アートセッションで巡る、パリの美術館 2日間
日程変更しました。
詳細は直接お会いする方々に、ご案内いたします。
翼ひろげて。
ブログでの募集はございません。

テーマ:

【今日の1枚】

今では笑ってしまうけど、
幼い頃の私は、顔が描かれてない絵を、
「コワイ」と思っていた時期がありました。。



今日の1枚は、国立西洋美術館の
コレクションから、モネの≪舟遊び≫です。


白い夏ドレスを着た2人のお嬢様は

モネののちの再婚相手の連れ子。
ブランシュとシュザンヌ。


絵の中でボートが少しずつ
動いているような気がしてしまうのは、


浮世絵の手法を取り入れた
構図を用いているからでしょうか。

いやそれだけでない。

水面に映し出される、
光の反射、雲の色、木々の影、


鏡写しとなる2人の姿。


揺らめく「光」が、私たちを、この今「ココ」の場所へ
誘うからなのでしょうね。

======

【今日の一枚】No.763
7月25日(月)≪舟遊び≫1887
クロード・モネ

======

7/26、27日は新潟にてモネ展アートセッションへ

地元の方々にお会いするのを
今からとっても!楽しみにしています~ハート

 

 

●追加開催 名画に恋するアートセッション

海のみえるホテルラウンジからはじまる、アートセッション
あふれる愛とエレガンス~「メアリーカサット展」へ


お天気がよければ美術展・鑑賞後に、
サンセットクルーズご一緒しましょ。(希望者のみ)

〇8月3日(水) 残2席
〇8月の他の日程詳細&お申し込みはこちら


アートセッションは女性限定の講座ですはーと


 

●8月 名画に恋するアートセッション

8月の名画に恋するアートセッション
美食とともに味わい尽くす!
「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち展」へ
8月22日(月)開催 六本木ミッドタウン内 ボタニカ

〇詳細&お申し込みはこちら 残2
 



●夏休みの宿題はお任せ おやこでアートセッション 人気の美術展へ

〇おやこでアートセッション「ルノワール展」 残2
7、8月の日程詳細&お申し込みはこちら

〇おやこでアートセッション「メアリーカサット展」
8月の日程詳細&お申し込みはこちら


〇おやこでアートセッション カワイイだけじゃない天使の視点から学ぶ!
「ヴェネツィアルネサンスの巨匠たち展」へ 残2

8月の日程詳細&お申し込みはこちら

すべてにアートブック、テキストが付きます。ハート

1日おやこ1組様限定、
お子様の目線、スピードにあわせてご案内いたします。


完全プライベートルノワールアートセッションは、
ブログでは募集しておりません。

 

メルマガ読者さまのみのご案内ですので、

ご興味ある方は、こちらにご登録くださいね メール
ただ今、8月の新日程を配信中です。

〇メルマガご登録はこちら⇒

〇スマホでお受け取りの方はこちら→

 

reader2016


~ウットリだけじゃない。あなたの感性がよろこぶ、ホンモノの美術鑑賞へ~

Open the window of ART!

AKO ART PLUS主宰

阿川 千晶

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

阿川 千晶です。

先日、完全プライベートアートセッションルノワール編を
艶プロデューサーのKazueさんにご受講いただきました。

 

 

場所はリッツカールトン東京45階にあるロビーラウンジにて。

波動の高い、もぅ大好きな空間です♡
 

 

1:1のプライベートアートセッションは

PCでスライドを映しながら、いつもよりゆったりと進行~

ブランチもいただきながら、
贅沢なアート時間です。
 

Kazueさんは、もともとアートに
精通していらっしゃる方なので、

1枚の絵をみながら、関連する画家の名前が出てきたり、

建築家のお話になったり、、

全体の話の流れに寄り道しながらも、

ルノーワールの生きている19世紀末フランス時代へ、

トリップしていくのです。


早速、ご感想をいただいておりますので、ご紹介いたしますね。
 

【ご感想】

千晶さんのアートセッションを受けるのは今年にはいってから、すでに4回目。

 

すっかり癖になるくらい千晶さんのアートセッションが気に入ってしまって、
その理由はやはり千晶さんの講義にあります。

 

事前に膨大な資料から構築された千晶さんのセッションはわかりやすく、
楽しく、必要のあるものだけでミニマルに作り上げている。
それはお勉強ではありません。



 

私が千晶さんのアートセッションを好きな理由は
それが教養のためのお勉強ではないところです。

 

それは、頭で知識を蓄えるためではなく、
展覧会に足を踏み入れた時に芸術家の息遣いや筆使い、
そしてモデルの体温や時代背景の波がに肌で感じられるためのものです。

 

私にとってはそうなのです。

 

だから、今までもただの絵画鑑賞とは違う感動をたくさん体験してきました。
 

でも、今度のルノワールは特別でした。
 

まず、
 

そもそも私はルノワールが好きじゃなかったんです。

ルノワールに限らず印象派が苦手でした。

 

いいと思ったこと一度もないんです。

 

それでも、来日したルノワールの作品は全て見ましたし、
印象派の展覧会にもほとんど行きました。

 

パリのオルセーもオランジュリーも行きました。

 

だって、やっぱり、とりあえず教養としてね。

知っておきたいし、見ておきたいですもの。

 

その結果私はすっかり印象派が苦手、ルノワールが嫌いになってしまったんです。

 

それでも今回行こうと思ったのは、
やはりそれが千晶さんのセッションだから。

もしかして何か新しい発見があるかもしれないと思って。。。

 

題して、都会のダンス そして田舎のダンス。
 


これはルノワールのダンス三部作の二枚です。

この二枚が合わせて見られるというのも今回の展覧会の注目でした。

 

 

まず、私はこの二枚が放つ美しいエネルギーに最初近づくことができなかったんです。

 

近づく必要がないくらい、
私はこの二枚の絵から強く放出される美しいエネルギーを感じたんです。

 

いつもでしたらすぐ近くによってあれこれ絵を鑑賞するのですが、
そんな気が全く起こらなかったのです。

 

見るのではなく、感じるだけ、受け取るだけで十分。

そんな絵でした。

 

その美しいエネルギーは生のエネルギー。

 

若い命の輝き。

人生のある一瞬ほとばしる純粋な美のエネルギー。

それは生命力の輝くエネルギー。

 

綺麗な二人の女性。

まだ17、8歳かと思われるふたりの女性の本当に美しい生の煌めき。

その瞬間をギュッと永遠に閉じこめたかのような美しいエネルギーでした。

 

私はほとんど泣きそうでした。

いや、泣いてしまいました。

 

絵を見て泣くなんて、どれくらいぶりでしょう。。。

 

すべての作品を見終わって、私が受け取ったのは命の輝き。

 

 

命の輝きは愛そのもの。

 

それが表面に現れる時、艶となる。

 

ルノワールの女性たちの肌は本当に美しく、

生の喜び、エネルギーに溢れていて艶めいているのです。

 

なんて愛にあふれているのでしょう。

 

「もし夫人の乳房と尻がなかったら、私は絵を描かなかったかもしれない」

 

「風景なら その中を散歩したくなるような、
女性なら その人を抱きしめたくなるような、そんな絵を私は描きたい」

 

byルノワール

 

 

絵が放つ命のエネルギー。

ルノワールの愛をたくさん受け取りました。

会期中に何度かあの風景に、あの女性たちに、あの少女たちに会いに行く。

 

そんな気がします。

 

私にとって、ルノワール開眼の1日となりました。

 


アートセッションご受講後は徒歩でルノワール展へ

ハイライトのダンス作品はもちろん

こちらの作品をじっとご覧になられていたのが、私には印象的でした。
 

 


≪ガブリエルとジャン≫1895
17才の乳母とはみえないほど

艶っぽく、また母としての貫録も感じる、ガブリエル。

長男ジャンの口元からは

甘酸っぱい母乳の香りが漂ってそうです~

やわらかな肌質感。。
永遠の母性が、封じ込められた1枚キラキラ
 

 



絵ハガキもたくさん、購入されていらっしゃいました~
郵便としての絵ハガキでなく、
実物の絵を思い出す、「手がかり」として
気に入られたものは何枚あっても、
いいと思うんですハート

 

 

 

ルノワール展鑑賞後にはコラボスイーツをご一緒に~

ご感想をシェアしました。ハート

こちらのスイーツ、ルノワールの
≪田舎のダンス≫のイメージ!

 


ネックレースのバラも
ルノワール作品のイメージで選んでみたり♡

 

こんな風にトータルで「アートデー」を楽しむのって、
とても贅沢なことだけれど、
とても大切な時間~( ´艸`)

 

 

 

美術鑑賞って、どんな楽しみ方が

あってもよいと思いますが、

 

 

知らないことをリアルに<体験する>って

まさにそれが人生の豊かさ、

 

 

そっちをチョイスした方だけに訪れる、

絵画鑑賞の醍醐味だと思います。 


 


〇艶かおる50代、艶プロデューサーKazueさんのブログはこちら☆☆
「ほとばしる命の輝き、アートセッションとルノワール展。」



完全プライベートルノワールアートセッションは、
ブログでは募集しておりません。

 

メルマガ読者さまのみのご案内ですので、

ご興味ある方は、こちらにご登録くださいね メール
ただ今、8月の新日程を配信中です。

〇メルマガご登録はこちら⇒

〇スマホでお受け取りの方はこちら→

 

 

●追加開催 名画に恋するアートセッション

海のみえるホテルラウンジからはじまる、アートセッション
あふれる愛とエレガンス~「メアリーカサット展」へ


お天気がよければ美術展・鑑賞後に、
サンセットクルーズご一緒しましょ。(希望者のみ)

〇8月3日(水) 残2席
〇8月の他の日程詳細&お申し込みはこちら


アートセッションは女性限定の講座ですはーと


 

●8月 名画に恋するアートセッション

8月の名画に恋するアートセッション
美食とともに味わい尽くす!
「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち展」へ
8月22日(月)開催 六本木ミッドタウン内 ボタニカ

〇詳細&お申し込みはこちら 残2
 



●夏休みの宿題はお任せ おやこでアートセッション 人気の美術展へ

〇おやこでアートセッション「ルノワール展」 残2
7、8月の日程詳細&お申し込みはこちら

〇おやこでアートセッション「メアリーカサット展」
8月の日程詳細&お申し込みはこちら


〇おやこでアートセッション カワイイだけじゃない天使の視点から学ぶ!
「ヴェネツィアルネサンスの巨匠たち展」へ 残2

8月の日程詳細&お申し込みはこちら

すべてにアートブック、テキストが付きます。ハート

1日おやこ1組様限定、
お子様の目線、スピードにあわせてご案内いたします。

 

reader2016


~ウットリだけじゃない。あなたの感性がよろこぶ、ホンモノの美術鑑賞へ~

Open the window of ART!

AKO ART PLUS主宰

阿川 千晶

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【今日の1枚】

今週の美術ニュースは
フランスの建築家ル・コルビジェの作品
国立西洋美術館が、世界遺産に登録されたことで、
話題が持ちきりですね。

 


誇らしい気持ちと同時に、
土日に行っても、ガラガラで、

超オススメだった常設展は、
もうここしばらくゆったり見ることは
できないと思うと残念です。。

 


今日の1枚はそんな国立西洋美術館の
コレクションから、コローの≪ナポリの浜の思い出≫です。

 

森の中から聞こえてくる、何やら楽しそうな笑い声。


チリリンと響くタンバリンの音

ステップを踏み小躍りしている女性。

 

彼の描く森は、いつも幻想的でポエティック。


森の向こうに浮かび上がるのは、
碧きナポリ湾の景色。

 

これはひとときの夢のよう。


風景みつめる画家の静かな息遣いを
感じるようにみていると、


心の雑念もこの森に溶けて
いつの間にか、デトックスされる気分。

そんな開放感を憶える1枚です。

======
【今日の一枚】No.762
7月23日(土)ジャン・バティスト・カミーユ・コロー
≪ナポリの浜の思い出≫1870-72
======


南仏マルセイユに行った時、

コルビジェが建築した集合住宅
18階建て、337戸の日本でいうところの団地。
ユニテ・ダビタシオンに寄りました。

コルビジェ=国立西洋美術館という、美術館というイメージが強かった
私の頭の中が、ガラリと変わるような衝撃でした☆
現地にて、新しい世界を体験するって、知るを越える、
感動がありますね。




 

●8月 名画に恋するアートセッション

8月の名画に恋するアートセッション
美食とともに味わい尽くす!
「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち展」へ
8月22日(月)開催 六本木ミッドタウン内 ボタニカ

〇詳細&お申し込みはこちら 残2
 

 

●追加開催 名画に恋するアートセッション

海のみえるホテルラウンジからはじまる、アートセッション
あふれる愛とエレガンス~「メアリーカサット展」へ

お天気がよければ美術展・鑑賞後に、
サンセットクルーズご一緒しましょ。(希望者のみ)

〇8月の日程&お申し込みはこちら

 



●夏休みの宿題はお任せ おやこでアートセッション 人気の美術展へ

〇おやこでアートセッション「ルノワール展」 残2
7、8月の日程詳細&お申し込みはこちら

〇おやこでアートセッション「メアリーカサット展」
8月の日程詳細&お申し込みはこちら


〇おやこでアートセッション カワイイだけじゃない天使の視点から学ぶ!
「ヴェネツィアルネサンスの巨匠たち展」へ 残2

8月の日程詳細&お申し込みはこちら

すべてにアートブック、テキストが付きます。ハート

1日おやこ1組様限定、
お子様の目線、スピードにあわせてご案内いたします。




 

8月のアートなランチ会は8月29日(月)に

今回と同じKEISUKE MATSUSHIMAのレストランで開催します。
 

7月29日(金)のメルマガにて、優先ごご案内いたします。
こちらにご登録になり、お待ちくださいね。

〇メルマガご登録はこちら⇒

〇スマホでお受け取りの方はこちら→

 

 

reader2016


~ウットリだけじゃない。あなたの感性がよろこぶ、ホンモノの美術鑑賞へ~

Open the window of ART!

AKO ART PLUS主宰

阿川 千晶

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)