アート心ときめく美術鑑賞のすすめ

美術鑑賞をもっと!身近に楽しむための講座とアートなランチ会を開催しています。


info-orNEW「2017今後の予定」 NEW


3月6日(月)体験アートセッション 草間彌生さん展示会へ 終了
3月7日(火)アートなランチ会@渋谷 終了


大阪開催 クラーナハ展アートセッション
3月12日(日) 詳細&お申し込みは 終了 


春いちばんの女神に会いに「ミュシャ展アートセッション」

3月22日(水)詳細&お申し込みはこちら 残1席
 
3月24日(金)詳細&お申し込みはこちら


ご希望の日程で選べる「ミュシャ展」 (開催中~5/30)
プライベートアートセッション 詳細はこちら

4月6日(木)「アートなランチ会」@HATAKE青山
満席
ブログでの募集はございません。
5月の優先ご案内 お受け取りはこちら


2017年 6月 バラの咲く季節に~芸術の国の豊かさを体験する@Paris
阿川 千晶 初の海外アートセッションです。


メルマガバナー


NEW !
テーマ:

【今日の1枚】

風に舞う、赤と白のリボン。
正面を向いて、花束とリースを持つ、少女たち。


今日はミュシャの晩年の作品から、
《イバンチッツェ地方祭》です。


パリの華やかな時代に描かれた

美しい女性たちは、あちこち視線はバラバラで、

正面を見ている顔は意外と少ないけれど、


50歳で祖国に帰り、
自分のルーツでもある、

スラブ民族や地元の人々を描くようになってからは、


正面を見据えている
登場人物が多く見受けられます。

この作品もそのうちの1枚。

ミュシャの故郷でのお祭りのポスター

街のランドマークでもある、教会の鐘楼。

空高く飛ぶツバメの群れ


風に舞うリボンは
赤と白のボヘミア王国のシンボルカラー


祖国の未来に祝福あれ。

 

 

前を向く少女の姿からも、

ミュシャの故郷へのまっすぐな想いが、
彼女たちの「視線」を通じて、

伝わってくるようです。
 

今、開催中のミュシャ展で出会えますよ。
======

【今日の一枚】No.920
3月23日(木)アルフォンス・ミュシャ
《イヴァンチッツェ地方祭》

======

 

3月 名画に恋するアートセッション★

〇3月24日(金)11:00~開催@リッツカールトン東京 
詳細&お申し込みはこちら残2席


●プライベートアートセッション
ご希望の日程を調整して開催いたします。


詳細&お申し込みはこちら
リッツカールトン東京開催 

5月30日までの間で、ご希望日(第3希望まで)をお知らせください。

(火曜日の休館日を除く)
 

  

 

 

 

4月のアートセッション

info-orNEW「2017今後の予定」 NEW
4月27日(木)28(金)

バラの庭園とともに楽しむ オルセーのナビ派展 へ
アートセッション開催場所:パレスホテル東京 →三菱一号館美術館



詳細は優先ご案内(メルマガ)より近日お届けいたします。
ご希望の方はこちらにご登録くださいませ。↓
メルマガバナー
 

 


 

2017 アートなランチ会

info-orNEW「2017今後の予定」 NEW
3月7日(火)アートなランチ会@渋谷クーカーニョ 満席終了
4月6日(木)@HATAKE AOYAMA 満席
5月上旬「アートなランチ会」

次回の「アートなランチ会」の優先ご案内は、こちらからご登録くださいメール
ブログでの募集は行いません。


パソコンでお受け取りの方はこちら

スマホでお受け取りの方はこちらから


・ランチ会のご案内のみ届きます。
・すでにご登録されている方の再登録は不要です。

 

 

 

 

reader2016

 

 


~ウットリだけじゃない。あなたの感性がよろこぶ、本物の美術鑑賞へ~

 

AKO ART PLUS主宰

 

阿川 千晶



 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

おはようございます。

 

阿川 千晶です。

 

昨日は春二番?

それとも春三番?
 

春颯が吹く、晴天のアートデー!

乃木坂にある、カフェウエストからのスタートでした。

 

 

ご参加いただいたのは書道家の遠藤郁子さま


青山ウエストは、

国立新美術館もすぐそばのオススメ店です。
こちらでもご紹介しています☆☆

 

名物のパンケーキが美味しいことはもちろん、
ホテルラウンジのように
心地がよく、ついつい長居したくなるお店です。
(当日ご参加できなかった方、はやくご体調よくなられますように^^)
 


アートセッション後は徒歩5分の美術館へ。

乃木坂方面のエントランスは

ミュシャの看板は《ヒヤシンス姫》がお出迎え。

六本木方面のエントランスとは、違う趣きを楽しめますよ。
 

 

こんなにミュシャの絵の近くでも写真が撮れるのは
乃木坂口からのエントランスならではのお楽しみハート

ご感想はまたあらためて、ご紹介いたしますね。

 


 

いつも最後に「どの作品が一番、よかったですか?」

と質問させていただくのですが、

 

「あの作品が、一番ですね!!」

 

今回、ミュシャ展に足を運ばれた方は

同じ「ある絵」を選ばれます。

 

 

心に響く絵は、ミュシャの信念がビジュアル化した作品。

想いがこめられた1枚は、
時空を越えて私達の魂を揺さぶります。

 

この春は、史上最高のミュシャ展へ!

本物を味わい尽くす感動をぜひ!
 

迷っていらっしゃる方は
この春の一歩を踏み出して、
感動体験をご一緒してみませんか?



 

3月 名画に恋するアートセッション★

〇3月24日(金)11:00~開催@リッツカールトン東京 
詳細&お申し込みはこちら残2席


●プライベートアートセッション
ご希望の日程を調整して開催いたします。


詳細&お申し込みはこちら
リッツカールトン東京開催 

5月30日までの間で、ご希望日(第3希望まで)をお知らせください。

(火曜日の休館日を除く)
 

  

 

 

 

4月のアートセッション

info-orNEW「2017今後の予定」 NEW
4月27日(木)28(金)

バラの庭園とともに楽しむ オルセーのナビ派展 へ
アートセッション開催場所:パレスホテル東京 →三菱一号館美術館



詳細は優先ご案内(メルマガ)より近日お届けいたします。
ご希望の方はこちらにご登録くださいませ。↓
メルマガバナー
 

 

 

 

reader2016

 

 


~ウットリだけじゃない。あなたの感性がよろこぶ、本物の美術鑑賞へ~

 

AKO ART PLUS主宰

 

阿川 千晶

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【今日の1枚】

ふり始めた雨に、道を急ぐ人々。

重なりあう青のグラデーションが美しい。
今日の1枚はルノワールの≪雨傘≫です。
 

 

カサも持たず、帽子もかぶらずに、
使いの用事を急ぐシンプルな身なりの女性に、

「入りませんか?」と背後から
声をかけてくる優しそうな紳士。


でも彼女はつれなく、
無言でその場を立ち去ろうとする
独特の存在感があります。


また上品に着飾り、帽子をかぶった
貴婦人と子供たちはゆったりと
優雅に歩いている様子。

 

4年の歳月をかけて描いた作品
巨匠ルノワールも印象派に行き詰まりを
感じて模索して描いた時代

 

そんな苦悩の心境は少しも感じさせず、
私たちの目には
雨のドラマチックな一時の
色彩の「夢」をみせてくれるようです。

 

何度か私のブログでも
取り上げておりますが
見る度に新たな「発見」があるならば
それは自分が、成長している証です。

 

新たな週のスタート
新しい発見が、またあるといいですね。

======

【今日の一枚】No.919
3月21日(火)ピーエル・オーギュスト・ルノワール
《雨傘》

=======

 

3月 名画に恋するアートセッション★

今月は4回、ミュシャ展へご案内してまいります。

〇3月22日(水)11:00~開催@ウエスト青山ガーデン 
〇3月24日(金)11:00~開催@リッツカールトン東京 
詳細&お申し込みはこちら

●プライベートアートセッション10:00~
詳細&お申し込みはこちら
リッツカールトン東京開催 


5月30日までの間で、ご希望日(第3希望まで)をお知らせください。

(火曜日の休館日を除く)
 

  

 

 

 

4月のアートセッション

info-orNEW「2017今後の予定」 NEW
4月27日(木)28(金)

バラの庭園とともに楽しむ オルセーのナビ派展 へ
アートセッション開催場所:パレスホテル東京 →三菱一号館美術館


 

 

 

 

reader2016

 

 


~ウットリだけじゃない。あなたの感性がよろこぶ、本物の美術鑑賞へ~

 

AKO ART PLUS主宰

 

阿川 千晶

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)