あっくん手帖

我が愛息 温公(あつひろ)の超私的成長メモです。


テーマ:

Mちゃんに



私達は繋がっている

生者と死者として繋がっている


『残された者には死の謎を解き明かす権利がある』


「コンセント」が発売当時売れたのは知っていたけれど

どうしてこれがそんなに売れたんだろうというのが読後

かなりスピリチュアルなものなので読者を限定するような気がするが

ああ、そうじゃないんだ

私の様な人がもう既にたくさんいるのだと

突然誰かを失ったり、この世界の構造に疑問を持って何か答えを探そうとしている人が


この3部作はどれも「繋がる」がテーマだと思う

「受信」「送信」そして「ネットワーク」

人と繋がること(体も含めて)を渇望するのにその繋がりは希薄という矛盾

会ったこともない人の方が親密という事実

自分よりも下の世代であればもっと切実なのかもしれない



皆それぞれの方法であなたに近づこうとしているよ



他人と自分が違うのは当たり前のことで

でもそれを認めないのは今の世界で

違うことが存在してはならないことと同義で

それに真面目に正直に真剣になればなるほど苦しむことになる

真剣さと狂気は紙一重になってしまった世界

それはとてもちっぽけなものでしかないのに



あなたは今日どんな気持ちで世界とサヨナラしましたか?

いっそ重苦しい体を捨てられて清々しい気分だったと言ってくれるでしょうか



学生の頃課題でラブレターを書きなさいと言われて

「記憶の人生」という詩を書く

もううろ覚えだけど


『人間は忘れる動物で

人の記憶から消えてしまえば生きていても死んだに等しく

世に名を残そうとする人はそうやって

人の記憶の中ででも生きていたいと思う人なのだろうと


だから私はあなたを覚えている

世界で最後の1人になりたい』



死は記憶化の最終兵器で

そうやってあなたは生き延びることにしたのですね



だから

決して忘れはしません




そしてまた


世界のどこかで会いましょう



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

このメジャー嫌いが珍しく手を出しましたよ

やば

連載読み始めた瞬間に最終回だったんですけど(笑)


『ずっと考えていたんだ

実らなかった恋に意味はあるのかなって

消えてしまったものは

始めからなかったものと

同じなのかなって 』 最終話より


羽海野節全開です

この人は昔から青春ものホントいいですよね

切なくて、でも日々輝いている日常

一生懸命に真剣に彼らなりに生きてる姿に共感します

それはいつかの自分なんだろうなとも


私の好きな言葉は、はぐの

『辿りつきたい場所をもった時

無心の心で描く力を失った

「好きなものを」「楽しんで」という言葉は美しい

でも、その、何とむずかしい事か』 第7巻


自分も絵描きの端くれであった時に

将来職業としての選択を考えるとやっぱり否だったんですよね

↑職業になるほどの才能かどうかは別問題


好きなものを職業とした時にそれは

意にそぐわないものを描かなければならない時もある
楽しいことばかりではない

それでもいいか

と問われればやはり否で

それだけは好きなものだけを楽しくやりたかったから

それだけは守りたかった だからそこから逃げました


もう一つ音楽もあるんだけど

好きなのに楽しむのがむずかしかった

もっと楽しめばよかったのにね


だからはぐの苦しさはよくわかる

この苦しさは表現することを職業とする全ての人の苦しさです

それに立ち向かうことが出来る人だけが人に感動を与えられるのでしょう


あと学校ってやっぱりいいですよね

約束しなくても会えるって

次はいつ会えるんだろうなんて心配しなくてもいい


卒業してしまうとそれぞれの道を歩んで1人になってしまうけれど

学校にいる間は仲間がいて、皆で戦うことができる

だからたまに帰りたくなるんだろうな

学生時代の友人が一番深く付き合ってませんか?

何年も会ってなくても会えばすぐに時間が戻る

「じゃあまたね」の呪文

約束なんかしなくてもいつか必ずまた会えると思える

たとえそれが何年後だとしても


だからもう2度と会えなくなった友を思うと心が痛い

真剣にバカやって、悩んで、遊んで、笑って

「あの時はああだったよね~」って言いたい
思い出の住人になるにはまだ早すぎたよ、ねぇ


ちょっと読み返したので青春スーツ装着しっぱなしになりました・・・_| ̄|○

えぇっ、これ脱げないの?( ・ g・)うそーん(笑)

お後がよろしいようで…


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
五味 太郎 『大人問題 』   
五味 太郎 『そういうことなんだ。

戦う絵本作家、五味太郎節全開の2作品(絵本ではありません、遠まわしでない風刺)

ちょうど続けてブックオフで入手できたので一緒にレビュ


まあまずは中身をちょっとごらんあれ

【大人問題 目次】

 とにもかくにも心穏やかでない大人たち

 もうとっくにすっかり疲れきっている大人たち

 なんだかんだと子どもを試したがる大人たち

 どうしても義務と服従が好きな大人たち

 どんなときでもわかったような顔をしたい大人たち

 他をおとしめても優位を保ちたい大人たち

 いつもそわそわと世間を気にする大人たち

 よせばいいのにいろいろと教えたがる大人たち

 それにしても勉強が足りない大人たち

 いつの間にか人間をやめてしまった大人たち


「要は、子どもが充実して生きてゆけるために、大人の存在がどの程度役に立つか、あるいは一歩下がって、大人の存在の害がどの程度少なくてすむかということです」

「大人の充足のために子どもがどの程度役立つか、あるいは使えるかを問うた時代はもう終わりにしていいと思います」


憲法より義務教育について  の部分を要約

子は「自分の能力に応じた教育を受ける権利を有する」

親は「子にその教育を受けさせる義務を有する」

義務を持っているのは親です。あしからず。


さて、大人問題の目次にいくつあてはまりましたか?

そんな大人になりたくないと思っていたのにまんまとなりましたね(笑)

かくいう私もそうですが

でも気がつけばそれでいいんだと思います

後は理想と現実と自分との戦いだから

それが大人がわの問題

子どもは巻き込んじゃいけないですね


彼らが必要としたときに足りえる大人になっていたいもんです


んで次


『そういうことなんだ』で気に入った箇所以下抜粋

【努力するということ】

 努力するという状態が起きるのは、当人、あまり得意ではないこと、好きではないことをやっている、やらされている、という場合です。得意なこと、好きなことをやっているときは、励んでいる、熱中しているということにはなりますが、努めて力む必要はないのです。「努力賞」なんてものがあるなら、それはかなりレベルの低いコンクールです。


【愛するということ】

 その人が身近にいなくても、何の不足感も焦燥感もなく、ただ充足感に満ちているということが愛するということだと思います。君が好きだ、貴方が必要だ、そばに居てくれ、私を抱いて、などというやつは、こころと体の取り引きですから、愛とは別のジャンルの話です。この世界は愛に満ちていますが、この人間という生き物だけが、愛には不向きなんじゃないかと、ぼくは思います。


【怠けるということ】

 昼間からソファでゴロゴロしているのや、机の前のボーッとしているのは、ゴロゴロするとかボーッとするのをしてるのですから、特に怠けているわけではありません。たとえば、春→桜→花見、としか考えないようなこと、TVで話題のラーメン屋に並ぶこと、まじめに学校に通うこと、上司に言われたことをそのままやること、折り合いをつけて結婚すること、などを怠けるといいます。


と、こんなことがつらつらとたくさん書いてあります

子どもについての話ではありません


もー、努力するについては真理ですね

笑っちゃうくらい真理

自分がよーくわかりました(笑)


怠けるについても、ちょっと考えればどういうことを言ってるのかわかりますよね??

わかってね

何がいけないの??って疑問を持ってくださいね

そういうことなんです



共に1996、97の出版です

あれから10年経ちましたが世の中は変わってきましたかね、太郎。

私は少しは太郎の言ってることが実感できるようになりましたよ。
年取るのも悪くないね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
]
絶望に効くクスリ 1―ONE ON ONE (1) 』 山田 玲司

現在もヤンサンで連載中 


知ったはじめは糸井さんの「ほぼ日

永田農法のところで永田さんの話を描いた話があって→これ

「ふーん、面白そう」と頭にブックマーク

ちなみに永田農法の野菜は食っておいた方がいい→これ

この味を知らずに死ぬのは惜しいよー


えーと戻って戻って

基本は作者と絶望に効くクスリを処方してくれそうな人たちとの1on1のお話

あらゆるジャンルの第1線で活躍する人々のお話(生き様)はガツンとやられること請合い

育児に疲れたら、生きることにも疲れたら…

まあそんな時はたいてい川幅が狭くなってますので

こんなのを読んで世界(川幅)を広げてください

広がればどこかが抜けます


ちなみに作者もとーっても生きずらい人生を送ってきた苦悩の人で

今も死にそうになりながら描いてます。それがいいんだけどさ

頑張れ伝道師!!


私は最初1巻をブックオフで立ち読みして関野吉晴さん(グレートジャーニーの人)の話で

先に逝ってしまった友人を思い出し半泣き、家帰ってからもワンワン泣いた

これ教えてあげたかったなあ

いや、判ってるのに言えなかった自分が情けないんだよね

そういう風にしてちょっと生きずらくなってた子がいたので無理やり貸す(笑)他も読めと ←善意押し売り


自分と誠実に向き合うことは正直シンドイ

かといって目を背けたり、戦った末に死んでしまうのもいかがか?

大丈夫、先人は必ずいる
あなたを見ている人も必ずいる



【私的に好きな話】

みうらじゅん、井上雄彦、関野吉晴(1巻)

忌野清志郎、町田康、荒俣宏(2巻)

五味太郎、加藤登紀子、玄侑宗久(3巻)

富野由悠季、西原由記子、森毅(5巻)

河井隼雄、よしもとばなな、永田照喜治(6巻)


私を知る人は笑うよなー、このラインナップ↑

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

長文です

トレバー・ガン, 由井 寅子
予防接種は果たして有効か?

ホメオパシー の観点から見る予防接種や病気についてのいろいろ

ちょっとでもワクチンや現代医療に対して疑問をもっている方には読んで頂きたい本です


結構ショッキングな事実と、かつ何となく体感していたものが明確になったので私的にはスッキリ=3

特に元ワクチン開発者の告白内容は…

うーんあんまり内容書くと削除対象とかなりかねないのかなあ、やっぱり

知らない(知らされない)ということは恐ろしいことです

知っていれば自分で考えて対処も出来るし、納得したなりの判断も出来る

知らないまま周りが、医師が、国が勧めるからと疑問をもたずに受けてしまう現状はどうなんでしょう?


たかだか一握りの人間の欲望のためだけに、人類は自分達の手で滅びの道を歩んでいる

としか思えない

しかも世界規模だからたちが悪い

世の中ってこんなんばっかなんだろうなあ・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・

紙オムツのポリマー研究者が自分の子供には紙オムツを使わないのも然り

英ブレア首相が自分の子供がワクチン接種しているかどうか公表しないのも然り

まあそういうこと


人間は弱い生き物なのでやっぱり楽したいんです

病気も誰か(何か)のせいにすれば楽なんです

自分を変えるって大変だし、自分を信じることって難しいですよね

病気になるのって怖いことだし

そこにつけこんでいるのが現代医療

製薬会社って何であんなに儲けてるんでしょうね?


いい悪い、信じる信じないは別として

子を持つ親ならばあらゆることを多角的に判断する材料があってしかるべきだと思います

で、こんなのもあるよというレビュでした。長文スマソ


【以下本文より抜粋】( )は補足


・病気を引き起こす微生物は体内に常にある。発症するかどうかは、微生物が感染するかどうかではなく、健康の度合いによる

・ナイチンゲールの言葉「病気を自分とは別のものと捉えるのは間違いだ。特定の病気というのものは何もない。特定の病気を発生させるコンディション、環境、状況だけがある。」

・(免疫力を)抑圧し続けるなら、最終的にはほとんど免疫力がない状態となってしまう。そうなれば、どんな状況でさえも命を奪う可能性がある。ピーナッツでさえ人を殺す原因になりかねない。ピーナッツが50年前より強力になったのではない、50年前より私たちが不健全な、より病気の状態になっているのだ。

・血液中のT細胞の反応を得る(毒を排出する)ためには、体がそれを学ばなくてはならない。…予防接種をするときに、受ける側はまだそれを訓練して学んでいない状態で受け取っている。そういった状況では、ワクチンに対する抗体を作ることはできるが、実際にウイルスを含めた毒物を排泄することはできない。よって抗体=免疫ではない。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本日の収穫 200円(金券で実質100円)也

 林 明子『くつくつあるけ

靴嫌いのあっくんのために靴が主役の本を

あっくんとりあえず履こうとした(笑)

でもやっぱり靴しか出てこないし、色彩もずっと同じなのでちょっと単調かな?

起承転結があるので、少しお話がわかるようになってきた子に

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

全て100円にてゲト ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ


 『おおきなかぶ―ロシア民話

有名本その1

よく見ると大きなかぶができたときのおじいさんは(*^ー゚)b グッジョブ!!のポーズをしている

最後、抜けました おしまい。でそのかぶをどうしたとか描かないあたりが

連ドラでよくある「最後はご想像にお任せします」的ヒットにつながるのだろうか(笑)

その後どうしたかねと親子で話してみるのもまた一興なんだろうな


加古 里子(かこ さとし ←初めて漢字を知った)

だるまちゃんとうさぎちゃん

これも有名シリーズのうちの1冊

途中で思い出したので多分持っていたと思われる

しかし丹下左膳 やら座頭市 の雪だるまが出てくるあたり

今の親子はうさぎちゃんのごとく「何それ?」なんだろうなあ

子供がよろこびそうなちょっとした一芸?がいろいろ載ってて楽しい

鈴木 まもる
まえむき よこむき うしろむき
鈴木まもる好きの母の独断セレクト(でもほるぷ選定らしい)
犬、猫、動物、乗り物、身の回りのすべてのものをまえむき、よこむき、うしろむきにした絵本
ただそれだけ(笑)
でもなんかリズムがあって面白い
最後はおとさんおかさんおじーちゃんおばーちゃんもまえむき、よこむき、うしろむき

長田 鞆絵, 鈴木 まもる

さんぽみちのおきゃくさま

1人暮らしでちょっと淋しいおばあさんが散歩の途中で動物達に出会いお招きして楽しく過ごすお話

鈴木まもるのイラストがとてもやさしくて美しい

皆でごちそうを作る過程のイラストがアニメのように流れてて楽しいし

当然フキダシもないけど見てるだけでいろいろと想像できる

絵本は足りない分だけ想像力で補うのがやはりいいところだと思う

 レオ・レオニ, 谷川 俊太郎 
アレクサンダとぜんまいねずみ―ともだちをみつけたねずみのはなし
スイミー 」で有名なレオ・レオニの作品
この人のコラージュ調の絵はとても好き
お話も大人的には最後よめてしまったのだがほのぼのでいい感じ

母用絵本
ジル バークレム, Jill Barklem, 岸田 衿子
春のピクニック―のばらの村のものがたり〈1〉
ジル バークレム, Jill Barklem, 岸田 衿子
小川のほとりで―のばらの村のものがたり〈2〉
ジル・バークレム, 岸田 衿子
木の実のなるころ
ジル バークレム, Jill Barklem, 岸田 衿子
雪の日のパーティー―のばらの村のものがたり〈4〉
子供の頃大好きだったのに手放してしまった本たちをまた回収
細密画好きにはたまらないこの絵本
かわいらしいネズミたちやきりかぶの家の断面図など大好きだった
こんなとこ住んでみたいなあといつも思うすてきな村の四季のお話
さっき知ったがどうも8巻(残り4冊)あるそうな
是非読んでみたい

西村 伊作

『われ思う』

母の母校「文化学院 」の創設者伊作さんの著作

もうこれをブックオフで見つけたこと自体が奇跡

しかも100円で(笑)

伊作さんの語録集なのだがやっぱりこの人かっこいいなあと思う

あの時代にあって思想を貫くことは多分大変だったと思うけれども

(文化学院自体が彼の長女アヤさんのためにつくった学校)
思想を持たずに生きていくよりなんぼもマシだったんじゃないかなと

文化学院についてもいつか書いておかねばなあ

佐々木 正美
「お母さんがすき、自分がすき」と言える子に―信頼されて子どもは育つ
母のバイブル佐々木正美さん(児童精神科医)の著作
子育てについてのいろいろをインタビュー形式にまとめられている
「(いつかできると)信じて」「待つ」ということ
大人に対しても難しいことだと思う
未熟な子供に対してはなおさら
大人が手を出したり抑圧した方がイライラしないしてっとりばやいのでついやってしまう
それが自律を奪い無気力を育てている…
まずは基本的信頼感を育て、ありのままの子供を受け入れること
「トマトがメロンになろうとするから苦しくなる」とどこかの著作にあったのを思い出す
頑張りすぎてしまうお母さんに是非
この方の言葉にはいつも癒されます
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。