ひさしぶりにお花アップ




380円の花束を2つ280円のユリ一つ購入しました。
少しだけクリスマスッぽく、

さらに葉ボタンで少し正月も意識しています(笑)


花や葉っぱの扱いですが

大きな葉っぱが一つだけある場合は

途中から切って分けて活けるとボリュームが増しますよ。

ついでにスプレーバラなど小花が沢山ある場合も枝分かれした部分で

切って量を増やします。

切り口は全然目立たないですよ。


さらに葉っぱは持ちますからそれを活けておくと

葉っぱだけ再利用できるし

根っこが生えてきたら

観葉植物として育てられます。






AD

おひさしぶりです!


スタッフ細胞残念でしたね。

ちょっとがっかりでしたが、
今日知人から面白い話を聞きました。

小保方さんが言う、

スタッフ細胞は普通の細胞が何かのストレスによって

幹細胞になって、

それは万能細胞になりうるという夢のような細胞なのです。

体の中には、普通の細胞が幹細胞になる場合があるそうです。

それは生物科学の分野では割と良く知られた現象なんだとか。


そう言う事があるから、

理研の笹井さんもシャーレ上で再現できるという

小保方さんの話を信じたのかもしれません。

体内の現象をシャーレ上で再現できることが大切になってくるのです。


小保方さんは酸や細かな条件を設定することによって

通常細胞が幹細胞になると言っています。


こういう症例が全くないというわけではない。

だけど小保方さんのやり方では再現ができない。

それをできたと言ってしまったから

小保方さんの科学者としての責任が問われてしまったのです。


一般細胞が幹細胞になる可能性が否定されたわけではない。

発想としては、お金も技術革新も盛大に生み出すアイデアですから


同じ発想で、別条件で一般細胞から幹細胞を作り出そうとする

科学者は居るそうです。


もちろん騒動で綾が付いてしまったスタッフ細胞ですから

それはできたとしてもスタッフ細胞という名前では呼ばれない。


それでもこのアイデアは、引き継がれて

いつか本当に万能細胞が出来上がるとそう思いたいですね。

AD

別所温泉・花屋

テーマ:

さてさて最終日の宿泊地は別所温泉。



創業96年ですと、

ほとんどの部屋が指定文化財の大正ロマンあふれる宿です。



各部屋は回廊によって結ばれています。



お風呂は源泉かけ流し、

暑めのお湯にのんびりつかりながら

暑くなったら窓辺からの風に涼んで良い気分♪




風呂上がりには、ラムネが用意されていて(1本100円)

しばし火照った体を冷まします。



御部屋はこんな感じ。

欄間、帆掛け船の意匠がなかなか可愛い。




良いお湯、良い雰囲気、そしておいしい夕ご飯でした。

AD