まえに すすむ チカラ -->>

一歩ずつでも 自分の足で いっしょうけんめい 歩いてゆこうとしている。そんなあなたに”まえにすすむチカラ” となることばをお届けします。「自分に生まれてこれてよかった」あなたにもこんな気持ちを味わってほしいから。


これは、わたくし小林あっこのこれまでを振り返って書いたプロフィール的記事です。

みんなが当たり前に出来ていることが出来なくて、
人一倍がんばっているつもりなのに幸せにはほど遠くって、
普通の日常生活に生きづらさを感じていた私が、

心のことに興味をもち、
ことだま師として自分自身でお仕事をすることをはじめて、
そんな活動をとおして書くことが好きだったことを思い出し、
そして、今に至る・・・までのことを書いています。


その都度目の前のことに向き合ってきたつもりではありますが、
(向き合うことから逃げてるときもあるけど ^^;)
とても不器用で不細工で不恰好なこれまでなもので、

「え?そんな感じでも出来ちゃえるものなの?」
「そんなあっこさんに出来たのなら、私にも出来そう」

そういう風に思ってもらえたらいいなぁ、
私のこれまでが、もし誰かの背中を押すことができたり、誰かの勇気へとつながるのならばいいなぁ、、、

そう思い書きました。


長いので;
お時間のあるときに読んでいただけたらうれしいです ^^



+ + + + + + + + +


もう何年前のことだろう。

とってもとってもしんどくって
私はカウンセリングを受ける決意をしました。
(おそらく7~8年くらい前、かな)



直接のきっかけとなった出来事は、
とってもとっても些細なこと。

でも、
そんな些細なことすらガマンできないくらいに
その頃の私は限界だったんだなぁ、、、って思います。


+ + + +


ある日、
とある不動産会社から
分譲マンションのお知らせDMが私宛に送られてきました。


え、なんで?
DM請求した覚えなんかないんだけど。
それに、なんで住所や名前を知ってるんだろ。イヤだな。
こんなのこれからも送ってこられると迷惑だなぁ。。。


そう思った私は、
そこに明記してあったフリーダイヤルに電話をしました。

「希望もしていないのにDMが届くのは迷惑なので、今後は送らないでほしい。」

そう告げるために。


きっと、

「申し訳ありません。
 では、今後お送りしてご迷惑をかけることのないよう対応させていただきますので、
 宛名に記載されている番号を教えてもらえないでしょうか」

そんな感じで
お客さま番号的なもの(←宛名シールに番号が書いてあったので)
をお伝えしてそれで終わり、だと思っていました。



でも、予想に反して、すぐには終わらず。


「そこに書いてある番号を教えてください。」
「あなたの住所と名前も教えてください。」

と、「すみません」の一言もなく、いろいろな確認作業に。


え?なんで個人情報を言わないといけないんだろ。
絡みたい会社でもないのに。

宛名シールに書かれてある番号を言うから
それをそっちで削除フラグ立てればいいだけなんじゃあないの?

っていうか、そっちとしては必要な対応なのかもしれないけれども、
どうしてもっと申し訳なさそうに言わないの?


そうイライラしました。


たぶん、、、
標準語のイントネーションにも(勝手に;)冷たさを感じ
それで余計にイライラしたんだとも思います。


・・・いや、電話をする前から、
もうすでに私はイライラしてたんだろうな。

だから、どんな対応だろうと、
さらにイライラするだけだったのでしょう。



とにかく、どんどんどんどんイライラし、
それに反して、電話の向こうのオペレーターは杓子定規な対応をする。
(と、その時の私がそう感じただけなんですけどね;)


おそらく私は
「申し訳なさそう」に言ってもらえていたら
気が済んだと思うんです。

でも、そうではなく、淡々と確認をこなす作業。。。

その「こなす」とか「こなされている」って感じが特にイヤで。。。


「あぁ、、、電話なんかするんじゃあなかったな」
「放っておいて、毎回毎回捨てたらよかったんだ」

そう後悔しました。




でも、もう電話しちゃったんだから
この一回でケリをつけておきたい、、、とも思ったので、
言いたくなかったけど、住所を言って。

え?地名の漢字も言わないといけないの?
もうそんなのそっちで調べればいいやん。。。

そんなことを思いながら漢字を説明していたときに、
DMの宛名がふっと目に留まりました。


「・・・あれ?似てるけど、、、違う。。。」

「そういえば、住所も違う、、、うちじゃあないわ。」

「・・・っていうことは、これはただの誤配で、
 この不動産会社には何の落ち度もなかったってこと、、、か。。。;」



そう、私宛てではなく、誤配だったんです。

うちが「○○1丁目~」だとすると、宛名は「○○2丁目~~」で。

偶然、名字も名前の数も一緒のため、
パッと見は自分の名前に見えて。。。



・・・あぁ、これは私のミスだ。
誤配とはいえ、ちゃんと宛名を確認しなかったのは自分だもん。

しかも、
ちゃんと確認せずにクレーム電話を入れてしまうなんて。。。


そんなミス、
完ぺき主義だった私には許しがたいことでした。



そう自分で自分にがっかりしているときに、
郵便番号を聞かれました。


・・・郵便番号なんて、何とでも調べられるやん。
なんで調べたら分かることをわざわざ聞くの?!
しかも、私はそちらのお客さんじゃあないのに。。。!

ってキモチが沸々とわきあがってきて、衝動的に

「そっちで調べたらいいでしょっ!!!」

って言って、電話を切ってしまったんです。。。



・・・いや、違います。

ただ言って、ただ電話を切ったのではなく、
『怒鳴りつけて、電話をガチャ切り』したんです。


・・・もう、逆ギレもいいとこですよね。。。;



自分も迷惑だったとはいえ、
宛名をちゃんと確認せずに電話をしたことは私のミスで、、、

そして、そのことを認めるのがイヤなキモチと
自分を責めるキモチも出てきちゃって、、、

それプラス、
ほんとは言いたくないのに
ほんとはイヤなのに答える・・・ってことをしていたら、、、


要は、ガマンと自責なんかが相まって、
逆ギレして怒鳴ってしまったんですよね。。。;
(これは今だからこその自己分析なのですが)





こんなことをしてしまったのは初めてでした。

イライラすることはしょっちゅうだったけど、
誰かに対して大声で怒鳴るなんて初めてで。。。


しかも、相手は悪くないのに。
自分が悪いのに。


私は一体どうなっちゃったんだろう。。。
アタマがおかしくなっちゃったんだろうか。。。

すごくコワくなりました。


あぁ、もしかしたら私はもうだいぶヤバイのかもしれない、
だいぶ限界まできてるのかもしれない、って思いました。

自分がこわれかけてきている気がしました。


「誰かに助けてほしい」って、そう思いました。



 --->>> 続きはこちら


+ + + + + + + + +


【 振り返りプロフィール記事 : 私のこれまでとこれからと 】

1. きっかけとなった些細なできごと (← このページです)
2. 何ひとつうまくいかなかったこれまで ①
3. 何ひとつうまくいかなかったこれまで ②
4. カウンセリング体験 - 分かってもらえる心地良さ
5. プロスタイル心理分析講座 - 辻耀子さんとの出会い
6. ことだまとの出会い
7. ことだま師としてのスタート
8. メルマガを書くことになった経緯
9. ”順調な自分” と ”ほんとの自分” とのズレ
10. そして、ことだまを終えることに ①
11. そして、ことだまを終えることに ②
12. 本を出したい
13. コトトレ - 吉井春樹さんとの出会い
14. コワがりながらも、これからもこれからも




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

物書きでカウンセラー 小林あっこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。