まえに すすむ チカラ -->>

一歩ずつでも 自分の足で いっしょうけんめい 歩いてゆこうとしている。そんなあなたに”まえにすすむチカラ” となることばをお届けします。「自分に生まれてこれてよかった」あなたにもこんな気持ちを味わってほしいから。


【 振り返りプロフィール記事 : 私のこれまでとこれからと 】

1. きっかけとなった些細なできごと
2. 何ひとつうまくいかなかったこれまで ①
3. 何ひとつうまくいかなかったこれまで ②
4. カウンセリング体験 - 分かってもらえる心地良さ
5. プロスタイル心理分析講座 - 辻耀子さんとの出会い
6. ことだまとの出会い
7. ことだま師としてのスタート
8. メルマガを書くことになった経緯
9. ”順調な自分” と ”ほんとの自分” とのズレ
10. そして、ことだまを終えることに ①
11. そして、ことだまを終えることに ②
12. 本を出したい (← このページです)
13. コトトレ - 吉井春樹さんとの出会い
14. コワがりながらも、これからもこれからも


+ + + + + + + + +


その「自分のやりたいこと」って何だろう?
それをこれから見つけてゆかないと。。。


・・・ではなくって、
実は、ことだま師としての活動をしていたときから見えはじめていたことでした。




それは、「本を出すこと」。




そういえば、子供の頃から
文章や物語を読むのが好きだった。

本を読むのが好きだった。

新聞も好きだし、電車の中吊り広告を読むのも好きで。

気がつけば、目は文字を追っていた。


そして、自分でなんかちょこちょこ書くのも好きだった。


・・・あぁ、そういえば、
小学生の頃の私は、「じゆう帳」にネコ漫画を描いてたんだった。

それを楽しみにしてくれている同級生の子たちもいて。


他にも漫画を描いてる子たもいたんだけど、
連載(笑)が長く続いたのは私だけだったんだ。
楽しみにしてくれている人がいちばん多かったのは私だったんだ。


そうして、
小学校卒業のときに描いてたネコ漫画を処分しようとしたら、
欲しいと言ってくれる人がたくさんいて
取り合いになったんだった。


そういえば、
交換日記も、複数グループ掛け持ちしてたっけ。

「(私が書いたのを)読みたいから入って」って
さして仲良しでもないグループからも誘われて。

(たいして仲良しではないグループの交換日記に私はいったい何を書いてたんだろ。
 今となってはもうまったく思い出せません。。。;)



そう、「何か書く」のが好きだったんだな。。。


これは、ことだまをはじめた時に思いだしたことでもあります。


(前にも書いたけど)
mixiの日記とか書くのが苦手で
他のみんなは上手に書いてるのに
私はぜんぜん出来ないな。。。;

そんな風に思っていた自分がいたのに、
ことだまのことだといろいろと書くことができた。
書こうという気持ちになった。

ことだまのおかげで
私は書く機会を得ることも出来たし、
書く楽しさを思い出させてもらえたし、
なにより、誰かに向けて書いて伝えることを学び、
そのよろこびを体感することができた。



そしてもちろん、本自体も好きで。

「本を書く側の人」への憧れももっていた。


でも、作家さんなんて
数少ない一握りの特別な人にしかなれないだろうし、
才能がないとなれないだろうし、
普通の私になんて無理なことだし・・・と
何のチャレンジもしないままにあきらめていた。

何もしないまま。。。


+ + + + + + + + +


そう、元々私は「表現」に関心があったんです。


だって、
あのセミナーの後の懇親会で、
酔った私(酔っぱらってはいない)はこんな一言を言ったんです。
自分でも今も覚えている一言です。

「私、未だに、アーティストになりたい、ってそう思っているんです。」


みんなは、

「なったらいいやん」
「目指したらいいやん」
「なれるよー」

そう言ってくれていたと思います。

※そのセミナーとは、ここで書いたセミナーです。
  7.ことだま師としてのスタート



そのときのことがふわっと思い出されてきました。
いろんなたくさんのことの中から浮かび上がるように。



あぁ、
私は、書くという表現をしたいんだ。

本を出したいんだ。


それは、心に関することで。
自分が教えてもらえて、それでホッとできたこと。
そうして、自分に生まれてこれてよかった、と思えるようなもの。


そしてそれは、
ブログを書いていたときに、
「これが仕事だったらいいのになぁ、、、」にぴったりで。





実は、
この気持ちは、
ことだま師をしていたときに
芽生えはじめていたものでした。


だから、
平行してがんばろって、そう思ってました。

だって、平行してできることですもんね。
どっちかしかできない、ってわけではなく。




でも、
こっちだけが残りました。


しょうじき、

「こっちに専念できたらなぁ。。。
 時間があんまり取れないなぁ。。。」

そう思っちゃってた時もあったんですよ。


そしたら、、、そのとおりになっちゃいました。
自分でそうしようと動いたわけでもなく。





そしてね、
ふっと気づくと、
私の周りには
出版経験のある人や作家さん・・・がいました。



 --->>> 続きはこちら


+ + + + + + + + +


【 振り返りプロフィール記事 : 私のこれまでとこれからと 】

1. きっかけとなった些細なできごと
2. 何ひとつうまくいかなかったこれまで ①
3. 何ひとつうまくいかなかったこれまで ②
4. カウンセリング体験 - 分かってもらえる心地良さ
5. プロスタイル心理分析講座 - 辻耀子さんとの出会い
6. ことだまとの出会い
7. ことだま師としてのスタート
8. メルマガを書くことになった経緯
9. ”順調な自分” と ”ほんとの自分” とのズレ
10. そして、ことだまを終えることに ①
11. そして、ことだまを終えることに ②
12. 本を出したい (← このページです)
13. コトトレ - 吉井春樹さんとの出会い
14. コワがりながらも、これからもこれからも




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

物書きでカウンセラー 小林あっこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。