無駄をなくし経済的な〝身の丈ハウス〟のヒント

大阪市東住吉区の家づくり相談室&ギャラリーからおかしな不動産&住宅業界のことを気まぐれに3年日記を楽しんでお伝えしたいと思います。

経済的な〝身の丈ハウス〟づくりのブログをご覧いただきありがとうございます。

30年以上住宅業界におりますが、相変わらず高度成長期の時代のままの家づくりが続けられていて、買主でありながらも弱い立場である建て主に少しも思いやりもなく、私利私欲まるだしでやりたい放題の住宅&不動産業界なので、世の中に一人ぐらいこの業界の体質や姿勢に苦言する業界人もいてもいいかな?という感じで、この家づくりブログを通じて、できるだけ日々感じた事を書くようにしております。

なお 時代と共に情報の質は変わりますので、こちらのブログで書いた古い日記は、随時消していっておりますので、ご理解の程よろしくおねがいします。



大阪市東住吉区田辺5-5-7 家づくりサポート&相談室

家づくりのご相談は     http://housenet.jp
原価が見える家づくりは  http://www.ie-par.jp
NEW !
テーマ:

 

昨日の会を終え ただ今新幹線の中

東京に向かっております

 

昨日の会は 複雑な心境でした

でも まぁ いいか・・・です

 

新幹線の中で 1本書いておきます

 

私は、いまだに海外に行ったことがない

というかなり貴重な存在

 

でも あと数年内に 海外の住宅を視察してきたい
と強く思っております。


その海外では 日本のようなモデルハウス
というものは存在しないようです


映画のシーンでも 見たことがありますが 
実際に見れるものは すぐに買えるもので 
これは 正解であり 無駄がない と言えます。 

 

 

ところが日本の家づくり 

 

特に建て替えや新築を考えはじめたら
まず行ってみるのが 今の時代でも住宅展示場

 

その 住宅展示場というのは 
まず集客するための目的にものであり

場所が とても大切

 

大阪市内なら 代表はなんば。

 

これでは モデルハウスの建築費や維持費も
当然ながら高くかかるはず。

 

 

ちなみにあの場所代=家賃は 一体いくらなんでしょう

 

 

でも 集客がポイントであるはずの住宅展示場に
今の時代 肝心な人が来ない。。。

 

 

しかも そこにあるモデルハウスといえば 

ほぼ予算とあっていないし 

 

大阪人の私が考えるなら 玄関だけで

もうひと部屋取れて 十分に寝れるだろう

馬鹿でかい空間の家。

 


 そう 現実的でない 

 

 

こんなモデルハウスが意味あるとは思えないのだが

これがないと彼らは営業ができない

 

でも 現実的でないのが 集客が減った
大きな理由かと思います

 

そこで ハウスメーカーが考えるのが
街かど展示場

 

現実的な家を建て のちには売却

 

ここ数年の動きとすれば いずれは
こんな形になっていくでしょう。

 

で 馬鹿な会社などは 街かどでも
現実的でない家を建てたりしています(笑)

 

 

住宅展示場のモデルハウスは オプションだらけ
というのは 既に皆さん感じているところで

 

おそらく 建築費にすれば ほとんどがきっと
5000万以上もするだろうと思われ

 

見栄えをよくしている家具やインテリア用品などを
入れると おそろしい額。

 

それは、平均の家の2倍以上。


平均的な生活レベルを希望する人にすれば
是非モデルハウスの家具は イケアやニトリで
上手に見せてほしいものです。

 

 

しかも中にある設備は キッチンもシステムバスも
家具も内装も ほとんどが最高級ランクの見世物

いわゆる 〝オプション〟が使われています。


ホームエレベーターも 屋上庭園もあったりして
間口も異常に広い。。。

 

大阪市内などは、ほとんどの住宅地に間口は 
長方形なので現実的ではない。

 

つまり 住宅展示場はテーマパークと割り切って
ご覧いただければ 皆さんも納得できるかと思います。

 

ですから 見に行かれた際には 

ご家族で大いにはしゃいでください(笑)

 

ついでに 少なくなった観覧車や
ジェットコースターもあればいいのに。。。


つまり 住宅展示場には、私達の平均の家族が
住むための家は 存在しないことをご承知の上見に行けばいいのです。

 

 

それでも プランなどで参考になる部分は
何かと多いかと思います

 

 

  なるほど! この発想もらおう!

 

 

そんな感覚でいいと思います。

 

数年前にハウスメーカーがしていた見学会を
最近では 工務店がおこなっておりますが

 

その見学会がいいからとか モデルハウスがいいからで 
安易に依頼先はそこと決めないことです


ポイントは 候補の一つ程度にとどめることです

 

住まい手であるあなたが 本気であるならば
実際 建てようとする家の構造段階と完成を
参考までに ぜひ見せてもらってください。

 

そのほうがきっと現実。

 

でも くれぐれも洗脳される場所とならないように。

ちなみに見学会は 間違いなく選び抜かれた物件を見せるでしょう。

 

ただ 注意点はモデルハウスと同じで

あなたのご家族と同じ予算とは限らない

 

という点もよく理解されることです。

 

 

用意された物件よりも 是非あなたの近くで
している現場を抜き打ちで見てください。

 

 

現場のきれいさなどは 日頃の職人さんたちへの教育

または 現場監督者の意識なので
それだけで会社の姿勢がよくわかるはずです。

 

しかし ハウスメーカーなどの場合は
たまたまその現場担当の工務店のできがいいだけかも…

 

そんな場合は いい施工ならば 

その工務店を指定すればいいのです

 

そこに漬け込んで また高くするでしょうけど・・・

 

でも 建て主であるあなたのご家族に
それぐらいの権利はあるでしょう!

 

大きな有名なブランドの会社や不動産会社の建売でも
掃除すら行き届いていないそんな会社にあなたの一生の家をたくせますか・・・? 

 

 

くれぐれも洗脳されないで
淡白にドライに判断されるように。

 

 

いいね!(0)  |  リブログ(0)