大相撲名古屋場所番付発表

テーマ:
4.jpg

4.jpg

4.jpg

2.jpg

来月10日(日曜日)に始まる大相撲名古屋場所の番付が昨日発表され、ふた場所続けて13勝を挙げている稀勢の里は東の大関に座り、悲願の幕内初優勝と横綱昇進を目指します。

稀勢の里は先場所、落ち着いた相撲で下位に取りこぼさず、ふた場所連続で13勝2敗の好成績を挙げました。名古屋場所も東の大関に座り、悲観の幕内初優勝と綱とりに挑みます。稀勢の里は2場所続けて横綱以外には負けておらず、悲願をかなえるためには春場所、夏場所と続けて全勝を止められた横綱・白鵬をどう倒すかが、大きなカギとなります。

東の関脇には先場所、新小結で8勝7敗と勝ち越した魁聖が、西の関脇には平幕で10勝を挙げた栃ノ心がいずれも初めて昇進しました。魁聖はブラジル出身で初めて、栃ノ心はジョージア出身で初めての関脇となりました。

新入幕は29歳の北はり磨だけで、初土俵から14年余り、85場所かかっての新入幕は、史上9位に並ぶスロー昇進です。

またケガで一時は三段目まで落ちていた千代の国が、戦後2番目に低い番付からの幕内復帰を果たしました。

横綱陣は、3場所連続38回目の幕内優勝を狙う白鵬が東の正位に座り、あと13勝で史上3人目の通算1000勝、あと7勝で史上初の幕内900勝に到達です。鶴竜は西、日馬富士は東の2番目です。

稀勢の里以外の大関陣は、琴奨菊が西の正位、豪栄道が東で、2度目の角番の照ノ富士は西です。

小結は、新関脇だった先場所で7勝8敗の琴勇輝が東につき、西には高安が9場所ぶりに返り咲きました。

豊響、輝、佐田の富士、荒鷲も再入幕ですね。

十両は、日体大出身の大輝と近大出身の濱口改め志摩ノ海の2人が新十両、阿武咲、旭大星、琴恵光の3人が再十両です。

名古屋場所は来月10日に愛知県体育館で初日を迎えます。

プロ野球は今日、5試合が行われ、セ・リーグ首位の広島はヤクルトに競り勝ち、22年ぶりに10連勝をマークしました。

広島vsヤクルトは、広島が3対2で勝ちました。広島の先発・野村投手は7回をホームラン2本による2点だけに抑えて、リーグトップの9勝目を挙げました。ヤクルトは連勝が3で止まりました。

巨人vs中日は、中日が5対0で勝ちました。中日先発の大野投手は巨人打線をヒット3本に抑え、今シーズン初完封で5勝目を挙げました。打線は福田選手のスリーランホームランなどで5点を上げて大野投手を援護しました。中日は連敗を4で止めました。

阪神vsDeNAは、阪神が5対3で勝ちました。阪神は3回に西岡選手のタイムリーツーベースヒットなどで2点を先制、4回にもゴメス選手のタイムリーヒットなどで2点を加えました。先発のメッセンジャー投手は7回3失点で7勝目、阪神は連敗3でストップです。

日本ハムvs西武は、日本ハムが3対0で勝ちました。日本ハムは中田選手が腰の張りで先発を外れ、代わりに4番に入った陽選手が先制タイムリーヒットを含む2安打と役割を果たしました。日本ハムは序盤にあげたリードを4人の投手リレーで守りました。日本ハムは今シーズン初の6連勝、敗れた西武は3連敗です。

那覇市で行われたオリックスvs楽天は、オリックスが3対2で勝ちました。オリックスは西投手が7回1失点の好投で4月以来の3勝目を挙げました。オリックスは連敗を6で止めています。試合は、パ・リーグの公式戦としては54年ぶりに沖縄で行われ、地元出身のオリックス・大城選手が犠牲フライを打って、ファンの声援に応えました。

明日の予告先発投手(セ・リーグ)
巨人(高木)-中日(バルデス)
(東京ドーム)
阪神(岩崎)-DeNA(久保康友)
(甲子園)
広島(黒田)-ヤクルト(原樹理)
(マツダスタジアム)

明日の予告先発投手(パ・リーグ)
日本ハム(斎藤)-西武(バンヘッケン)
(札幌ドーム)
オリックス(山田)-楽天(釜田)
(那覇)
ソフトバンク(千賀)-ロッテ(関谷)
(ヤフオクドーム)

大相撲名古屋場所番付の詳しい情報は、大相撲の携帯サイトとパソコンサイト、スマホアプリなどにのってます。

2.jpg

4.jpg

4.jpg

5.jpg

5.jpg
AD
4.jpg

5.jpg

5.jpg

5.jpg

5.jpg

5.jpg

わたしは今日、東京ドームのソフトバンクvsロッテ戦(12回戦)の鷹の祭典の観戦に行きました。

東京都はいい天気でしたが、暑かったです。

今日の東京ドームは、鷹の祭典ということで、ビジター応援席を除くチャンピオンブルーユニフォーム配布と東京限定応援フラッグとルミカライトの配布、ファンファンステージ、光のセレモニー、鷹の祭典オリジナルの先着15000名様のタカガールシュシュ配布&おみやげ、東京限定グッズ販売、チャンピオンリングプレゼント、謎のマスコットのふうさんが東京初進出、声楽家の谷口伸さんによる国家独唱、クラブホークス会員限定の鷹の祭典限定ピンバッチ配布、女優で歌手の西内まりやさんの始球式、フォトスポット設置などのイベントをやってました。

お弁当などの食べ物やビールなどの飲み物、ホークスグッズや鷹の祭典2016グッズやロッテなどのグッズなどを買う人達もいましたが、満員御礼も出てました。

ソフトバンクの選手達も鷹の祭典のチャンピオンブルー2016のユニフォームを着用しての試合でした。

ソフトバンクvsロッテはロッテが9対6で勝ちました。ロッテはナバーロ選手が1回に、先制のタイムリーツーベース、4回には追加点となるツーランホームランと4打点の活躍で、5回までに9対0と大きくリードしました。先発の涌井投手は6点を失いましたが大量リードに守られて完投し、7勝目を挙げました。ソフトバンクは先発の武田投手が3回6失点と打ち込まれました。

ヒーローインタビューは、ロッテのナバーロ選手でした。

プロ野球は今日、パ・リーグの2試合が行われ、日本ハムが逆転勝ちで今シーズン初めての5連勝です。

日本ハムvs西武は日本ハムが8対7で勝ちました。日本ハムは4点を追う7回、今日一軍に上がった代打・大嶋選手の犠牲フライなどで2点差と迫りました。このあと、この日ノーヒットの4番・中田選手の代打・矢野選手がフォアボールを選ぶなど満塁とチャンスを広げ、田中賢介選手とレアード選手の連続タイムリーでこの回5点を挙げ逆転しました。日本ハムは今シーズン初の5連勝です。西武は先発の岸投手が7回にヒット4本を集中され、フォアボール2つにみずからのエラーも重なるなど崩れました。

明日の予告先発投手(セ・リーグ)
巨人(田口)-中日(大野)
(東京ドーム)
阪神(メッセンジャー)-DeNA(山口)
(甲子園)
広島(野村)-ヤクルト(山中)
(三次)

明日の予告先発投手(パ・リーグ)
日本ハム(吉川)-西武(ポーリーノ)
(札幌ドーム)
オリックス(西)-楽天(塩見)
(那覇)

来月行われるプロ野球のオールスターゲームのファン投票の最終結果が今日、発表されました。

パ・リーグは今日、試合日程の追加を発表しました。
9月2日・オリックスvs日本ハム(18:00・ほっともっとフィールド神戸)

以上、東京ドームのソフトバンクvsロッテ戦(12回戦)の鷹の祭典の観戦の様子でした。

4.jpg

4.jpg

5.jpg

4.jpg

5.jpg
AD
プロ野球は今日、6試合が行われ、セ・リーグ首位の広島は逆転サヨナラ勝ちで18年ぶりの9連勝です。

広島vs阪神は、広島が4対3でサヨナラ勝ちしました。広島は、1点を追う9回、ツーアウト満塁から會澤選手のタイムリーヒットで同点とし、続く代打・松山選手の外野フライがエラーを誘い、サヨナラ勝ちしました。広島は18年ぶりの9連勝です。

DeNAvs巨人は、巨人が9対4で勝ちました。巨人は、ギャレット選手が3打席連続でホームランを打ち、7打点を挙げる活躍などで快勝しました。内海投手が9回途中4失点で3勝目を挙げました。

ヤクルトvs中日は、ヤクルトが延長11回、5対4でサヨナラ勝ちしました。ヤクルトは、3点リードの9回、タイムリーヒットにエラーが絡んで同点とされましたが、延長11回、代打・三輪選手のタイムリーヒットでサヨナラ勝ちしました。中日は4連敗です。

西武vsロッテは、ロッテが10対4で勝ちました。ロッテは1回に2点を先制し、その後も田村選手のホームランなどで得点を重ねました。田村選手は9回にも西武を突き放すタイムリーヒットを打ちました。西武は、投手陣がヒット15本を打たれたうえ、フォアボールとデッドボールが合わせて9つと乱調でした。

楽天vsソフトバンクは、ソフトバンクが5対1で勝ちました。ソフトバンクは、1回、長谷川選手のタイムリーヒットなどで2点を先制し、8回には松田選手の16号ツーランホームランで突き放しました。中田投手が5回1失点で3勝目を挙げました。

オリックスvs日本ハムは、日本ハムが6対0で勝ちました。日本ハムは2回、5番に入った大谷投手からの4連続ヒットで2点を先制し、5回には陽選手の2点タイムリーヒットで追加点を奪いました。大谷投手は7回を投げて三振11個を奪い、得点を与えず、自身6連勝で7勝目を挙げました。オリックスは今シーズン初めての6連敗です。

明日の予告先発投手(パ・リーグ)
日本ハム(メンドーサ)-西武(岸)
(札幌ドーム)
ソフトバンク(武田)-ロッテ(涌井)
(東京ドーム)

サッカーJ1の第1ステージは昨日、最終節が行われ、首位の鹿島アントラーズがアビスパ福岡に2対0で勝ち、第1ステージ優勝が決まりました。J1でのタイトルは3連覇を果たした2009年以来7年ぶりで、ステージ優勝は2001年の第2ステージ以来6回目です。

J1第1ステージの順位
①鹿島、②川崎、③浦和、④広島、⑤大宮、⑥G大阪、⑦柏、⑧磐田、⑨FC東京、⑩仙台、⑪横浜FM、⑫神戸、⑬新潟、⑭名古屋、⑮鳥栖、⑯湘南、⑰甲府、⑱福岡

4.jpg

5.jpg

2.jpg

3.jpg

5.jpg

5.jpg

2.jpg
AD

【料理名】
ランチョンミートと野菜の蒸し炒め

【写真】
2016062417550000.jpg

【材料(4人分)】
・ランチョンミート・(小)1缶(約200g)、スナップえんどう・200g、パプリカ(黄)・1個(200g)、ズッキーニ・1本(200g)、エリンギ・1~2本(100g)、にんにく・1かけ、塩・小さじ1/2、こしょう・少々、レモン・1/4個
・オリーブ油

【作り方】
①:ランチョンミートは缶からとり出し、1.5㎝角の棒状に切る。
②:スナップえんどうは筋をとる。パプリカは縦半分に切って種を除き、縦1㎝幅に切る。ズッキーニは1㎝厚さの輪切りにする。エリンギは大きいものは長さを半分に切り、4~6つ割りにする。
③:にんにくはつぶして芯を除く。
④:フライパンにオリーブ油大さじ2を入れて強火で熱し、にんにくを入れてさっと炒める。ランチョンミートと②の野菜を加え、油が全体にまわるまで炒め、塩、こしょうで調味する。さらにふたをして弱めの中火にし、ときどき混ぜながら10~12分蒸し焼きにする。
⑤:器に盛り、くし形に切ったレモンを添え、絞りかけて食べる。

ランチョンミート
沖縄では「ポーク」と呼ばれる缶詰のランチョンミート。肉類の缶詰はあらかじめ加熱調理した肉を缶詰加工することが多いが、ランチョンミートは、豚肉を生の状態で塩やスパイスなどとともに特有の缶に充てんし、加熱殺菌と同時に調理したもの。そのままでも食べられるが、焼いたり炒めたりすると一段とおいしい。ごはんとの相性も良く、おにぎりの具材としても人気。

【ポイント】
ランチョンポークは塩分があるので、たっぷりの野菜(全部で700g)といっしょに炒めるのがバランスポイント。
調理のポイントは、ふたをしてひと蒸ししては混ぜを繰り返して炒め、野菜に火を通すこと(炒めやすくなる)。
沖縄やハワイでよく利用される缶詰のランチョンミートを主材料に、カラフルな野菜をとり合わせた歯ごたえの良い炒めものです。

4.jpg

5.jpg

わたしは今日、西武プリンスドームの西武vsロッテ戦(10回戦)の観戦に行きました。

埼玉県は、曇ってましたが、雨は降らなかったです。

今日と明日の西武プリンスドームで行われる西武vsロッテの2試合は、埼玉vs千葉ライバルシリーズ2016ということで、試合前や試合中のイベントもやってましたが、今日は長い試合になったので、試合終了後のベースランニングでマスコットや選手とハイタッチのイベントは中止となりましたね。今日と明日は来場者全員へ応援アイテムを配布、今日はオリジナルスティックバルーンを配布してました。ライオンズの選手たちはビジターのSaitamaユニフォーム、ロッテの選手たちは赤いCHIBAユニフォームを着用しての試合でしたね。ロッテの球団マスコットのマーくんとリーンちゃんとM☆Splash!!とMCのこなつさんも来場してましたが、レオとライナとブルーレジェンズなどもいたけど、埼玉県のマスコットのコバトンとさいたまっちもSaitamaユニフォームバージョンで来場してました。ライオンズファンやロッテファンもいっぱい来てましたね。

ライオンズグッズやロッテなどのビジターグッズ、お弁当などの食べ物やビールなどの飲み物、チケットを買う人達もいましたが、埼玉クラフトビール&グルメ祭りやサマーグルメなどもやってましたが、長い試合になったので、試合終了まで見たかったけど、帰りの電車のこともあって、わたしは9回裏見終わってから電車で帰ってました。

西武vsロッテは、延長10回、10対9でサヨナラ勝ちしました。西武は、2点を追う8回に代打・上本選手の2点タイムリーヒットで追いつき、延長10回、ツーアウト満塁で代打・坂田選手がプロ8年目で初のサヨナラタイムリーヒットを打ちました。

ヒーローインタビューは、西武の坂田選手と上本選手でした。

プロ野球は今日、6試合が行われ、セ・リーグ首位の広島がルーキーの岡田投手がプロ初勝利を挙げ、チームは15年ぶりの8連勝となりました。

楽天vsソフトバンクは、楽天が4対2で勝ちました。楽天は、7回にウィーラー選手のソロホームランと代打・枡田選手のツーランホームランで逆転しました。2人目の金刃投手が今月11日に続いて僅か1球で勝ち投手となりました。1球での勝利を2回記録するのはプロ野球史上初めてです。ソフトバンクは、連勝が3で止まりました。

オリックスvs日本ハムは、日本ハムが10対8で勝ちました。日本ハムは、陽選手の2打席連続のホームランなどで得点を重ね、打撃戦を制しました。日本ハムは3連勝で、オリックスは今シーズン4回目の5連敗です。

広島vs阪神は、広島が4対2で勝ちました。広島は、3回にルナ選手や下水流選手のタイムリーヒットなどで3点を先制して主導権を握りました。先発のルーキーの岡田投手が7回途中2失点でプロ初勝利を挙げました。広島は、15年ぶりの8連勝です。一方、阪神は、福留選手が日本選手6人目となる日米通算2000本安打を達成しました。

DeNAvs巨人は、DeNAが7対6で勝ちました。DeNAが1点を追う8回にエリアン選手のタイムリーツーベースで追いつき、桑原選手のタイムリーヒットで勝ち越しました。巨人は村田選手が43人目となる通算1000打点を達成しました。

ヤクルトvs中日は、ヤクルトが13対9で勝ちました。ヤクルトがともに今シーズン最多の20安打・13得点で、打ち合いを制しました。山田選手は3試合連続となる25号スリーランを含む3安打4打点の活躍で、打撃3部門でリーグトップに立ちました。中日は3連敗で負け越しが今シーズン最多の5となりました。

明日の予告先発投手(セ・リーグ)
ヤクルト(杉浦)-中日(吉見)
(神宮球場)
DeNA(モスコーソ)-巨人(内海)
(横浜スタジアム)
広島(戸田)-阪神(岩貞)
(マツダスタジアム)

明日の予告先発投手(パ・リーグ)
楽天(戸村)-ソフトバンク(中田)
(コボスタ宮城)
西武(多和田)-ロッテ(スタンリッジ)
(西武プリンスドーム)
オリックス(ディクソン)-日本ハム(大谷)
(京セラドーム大阪)

プロ野球、阪神の福留選手が今日の広島戦で2本のヒットを打ち、日米通算2000本安打を達成しました。

5.jpg

以上、西武プリンスドームの西武vsロッテ戦(10回戦)の観戦の様子でした。

5.jpg

5.jpg

5.jpg

5.jpg

4.jpg

4.jpg

4.jpg
プロ野球は、今日からリーグ戦が再開して5試合が行われ、セ・リーグ首位の広島が阪神に競り勝ち、3年ぶりの7連勝としましたた。

広島vs阪神は広島が9回途中、降雨コールドゲームで4対2で勝ちました。広島は同点の8回、代打の新井選手が決勝の2点タイムリースリーベースを打ちました。広島は3年ぶりの7連勝です。阪神は藤浪投手が7回まで2点に抑えましたが、2人目の藤川投手が打たれました。

DeNAvs巨人はDeNAが12対6で勝ちました。DeNAは5年目の桑原選手が満塁ホームランを含む3安打6打点の活躍でした。巨人は、防御率0点台の菅野投手が3回途中で9失点と打ち込まれました。

ヤクルトvs中日はヤクルトが5対1で勝ちました。ヤクルトの4番・山田選手が1回にツーランホームラン、3回にもタイムリーツーベースを打って4打点と活躍しました。先発の小川投手が7回無失点で4月以来の4勝目を挙げました。

西武vsロッテはロッテが7対6で勝ちました。ロッテは4点を追う6回、ツーアウトから一挙6点を奪って逆転しました。先発の石川投手は5回5失点と苦しみながらも8勝目を挙げました。

楽天vsソフトバンクはソフトバンクが6対3で勝ちました。ソフトバンクの和田投手が7回を投げて3失点で10個の三振を奪い、リーグ単独トップの9勝目を挙げました。ソフトバンクは3連勝です。一方、楽天はエラー3つと守備が乱れ、連勝が3で止まりました。

パ・リーグのオリックスvs日本ハム(ほっともっとフィールド神戸)は雨のため中止となりました。

明日の予告先発投手(セ・リーグ)
ヤクルト(デイビーズ)-中日(ジョーダン)
(神宮球場)
DeNA(石田)-巨人(マイコラス)
(横浜スタジアム)
広島(岡田)-阪神(能見)
(マツダスタジアム)

明日の予告先発投手(パ・リーグ)
楽天(美馬)-ソフトバンク(東浜)
(コボスタ宮城)
西武(野上)-ロッテ(二木)
(西武プリンスドーム)
オリックス(松葉)-日本ハム(有原)
(ほっともっとフィールド神戸)

リーグ戦再開後もヒーローインタビューに出た選手は一応のせる予定です。

5.jpg

4.jpg

4.jpg

4.jpg

5.jpg
明日の予告先発投手(セ・リーグ)
ヤクルト(小川)-中日(若松)
(神宮球場)
DeNA(井納)-巨人(菅野)
(横浜スタジアム)
広島(ジョンソン)-阪神(藤浪)
(マツダスタジアム)

明日の予告先発投手(パ・リーグ)
楽天(則本)-ソフトバンク(和田)
(コボスタ宮城)
西武(高橋光成)-ロッテ(石川)
(前橋)
オリックス(松葉)-日本ハム(有原)
(ほっともっとフィールド神戸)

プロ野球、交流戦のMVP=最優秀選手が、昨日、発表され、12球団トップの打率をマークしたソフトバンクの城所選手が初めて選ばれました。日本生命賞は、セ・リーグが広島の鈴木選手、パ・リーグが日本ハムの大谷投手が選ばれました。

プロ野球は、明日からリーグ戦が再開です。

【料理名】
えびときゅうりの翡翠炒め

【写真】
2016062317560000.jpg

【材料(4人分)】
・えび(無頭)・250g
(塩・少々、こしょう・少々、酒・小さじ2、片栗粉・小さじ2)
・鶏ささ身・2~3本(150g)
塩・少々、酒・大さじ1、水・1カップ
・きゅうり・4本(400g)
・合わせ調味料
鶏の蒸し汁・1/2カップ、塩・小さじ1/3、砂糖・小さじ1/3、片栗粉・小さじ1
・塩、油、ごま油

【作り方】
①:鶏ささ身は筋をとって鍋に入れ、塩、酒、水を加えてふたをし、弱めの中火で7~8分蒸し煮にする。粗熱がとれるまでおき、身は粗くほぐす。蒸し汁はとりおき、合わせ調味料に使う。
②:えびは塩水で洗って殻をむき、背側に包丁を入れて半分に切り、背ワタを除いて塩、こしょう、酒、片栗粉をまぶす。沸騰した湯に塩少々を加えてえびを入れ、色が変わったらザルにとって水気をきる。
③:きゅうりはピーラーで皮をむいて縦半分に切り、種の部分をスプーンで薄くそぎとり、3㎝幅に切る。塩小さじ1/2(きゅうりの正味重量の約1%)をふって10分おいてから水気を絞る。
④:合わせ調味料の材料を混ぜ合わせる。
⑤:フライパンに油、ごま油各大さじ1/2を入れて中火で熱し、きゅうりをさっと炒め、ささ身、えび、合わせ調味料を加えて全体を手早く炒め合わせる。

【ポイント】
きゅうりはピーラーで皮をむき、種をスプーンで薄くそぎとってから使う。さらに塩をして水気を絞ることで調味料がしみやすくなり、さっと炒めるだけで味がつき、色鮮やかに仕上がる。

【アドバイス】
主役はきゅうり、色を活かすこと、食感をよくすることがポイントです!
皮はピーラーできれいにむき、塩をまぶします(味の入りもよくなる)。
塩をまぶして余分な水気を絞っておくと、水っぽくならず色も鮮やかに!
合わせ調味料の鶏肉の蒸し汁は必ずさましてから合わせること。
えびの淡いピンクときゅうりの翡翠色が美しい炒めもの。きゅうりを色鮮やかにおいしく仕上げるコツを紹介しましょう。


【料理名】
鶏胸肉のソテーカプレーゼソース

【写真】
2016062217530000.jpg

【材料(4人分)】
・鶏胸肉(皮なし)・2枚(550g)
(塩・小さじ1、こしょう・少々)
・カプレーゼソース
トマト・(小)2個(300g)、モッツァレラチーズ(フレッシュ)・1袋(100g)、バジル・少々、塩・少々、こしょう・少々、レモン汁・大さじ1、バルサミコ酢・大さじ1、オリーブ油・大さじ2
・小麦粉、油

【作り方】
①:鶏肉はそれぞれ4切れに大きくそぎ切りにし、塩とこしょうをふり、焼く直前に小麦粉を薄くまぶす。
②:カプレーゼソースを作る。トマトはヘタを除いて横半分に切り、一口大のくし形に切る。モッツァレラチーズは汁をきり、2㎝大に切る。バジルは葉をちぎる。以上をボウルに合わせ、塩、こしょう、レモン汁、バルサミコ酢、オリーブ油の順に加えてそのつどさっと混ぜる。
③:フライパンに油大さじ1+1/2を中火で熱し、鶏肉を並べ入れ、両面を焼いて火を通す。器に盛ってカプレーゼソースをのせる。

モッツァレラチーズ
南イタリア原産のやわらかいナチュラルチーズ。本来は水牛の乳で作るが、現在は輸入品、国産品ともに牛乳から作られるものが多く出回っている。フレッシュタイプのものは、いずれもチーズのみずみずしさを保つために水とともに袋詰めされているので、水をきってから使う。前菜やピザに好まれる。

【ポイント】
トマトは完熟を選びます。
ソースは肉を焼く前に混ぜ、冷蔵庫で冷やしておくこと。
鶏肉は火の通りがよくなるように厚みを揃えながらそぎ切りにし、下味の塩、こしょうをきっちりまぶしておくこと(味がボヤけないように)。
小麦粉は焼く直前にまぶします。
鶏肉は表面に軽く焼き色がつくくらいで取り出します(肉は焼きすぎると固くなるので注意)。
バジルは茎を除いて、仕上げに添えましょう。
前菜として人気のイタリア料理のカプレーゼをソースに!鶏肉のソテーと組み合わせてメインディッシュにしました。

広島県の家族旅行④

テーマ:
6月4日に母とわたしで宮島・厳島神社から広島駅に着き、午後4時57分に乗る予定の新幹線の時間がまだあるので、ひろしま美術館に行きました。雨は降ってました。

展示は終わってしまいましたが、4月9日~6月12日までボストン美術館のヴェネツィア展・魅惑の年の500年をやってました。展示室やミュージアムショップもありましたけどね。

2016060415150000.jpg

わたしが美術館に行ったのは、おととし8月に母とわたしで大阪府の家族旅行に行った大阪市阿倍野区にあるあべのハルカス美術館以来でしたね。

わたしも広島電鉄の路面電車は乗りましたが、写真がないので、ごめんなさい。市内循環バスなどもありますけどね。

わたしと母でお土産などを買ったあと、新幹線に乗って帰っていきました。

広島県のお土産やグルメや観光スポットもいろいろたくさんありましたが、機会があったらまた広島県に行ってみたいと思います。

広島県の家族旅行の様子は、以上です。

2016062219570000.jpg

おまけにわたしが買った広島カープの球団マスコットのスライリーのぬいぐるみです。