プロ野球の話題

テーマ:
プロ野球の各球団は、契約更改、トレードやFA選手、新入団選手などの発表、背番号変更などいろいろなニュースが入ってますが、日本ハムの大谷投手が昨日の契約更改の中で、来シーズンのオフ以降、本人が希望した場合、ポスティングシステムを使った大リーグ挑戦を認めることになったそうです。来シーズンオフなら異例の早さになりますが、大リーグも高い関心もあり、高校生の時から大リーグ挑戦の以降を表明してましたね。日本ハムの島田球団代表も行きたい時期に行かせてあげるべきと話してました。

来年の大谷投手は注目でしょう。
AD

今年の一皿

テーマ:
この1年話題になり、世相を反映した“食”を選ぶ今年の一皿が発表され、独特の香りや味が人気の野菜、パクチーを使ったパクチー料理が選ばれました。

パクチーは主に東南アジアや中国で料理の香りづけや添え物などとして使われてますが、最近では日本でも美容効果があるとして女性を中心に人気を集め、パクチー料理の専門店が登場したり、パクチーを取り扱うスーパーが増え、パクチー味のスナック菓子や調味料の販売も相次いでることや静岡県や岡山県など国内でパクチーの生産が増加傾向にあることから選んだそうです。

ちなみに2014年はジビエ料理、2015年はおにぎらずでしたね。

準大賞には日本ワイン、特別国際賞にはシュラスコ、特別賞にはこうじ甘酒、進化系餃子、ローストビーフ丼が選ばれました。

ちなみにわたしは、パクチー料理は苦手で食べたことはありませんが、みなさんはパクチー料理は好きか嫌いかのどちらでしょう?
AD

サッカーJリーグの情報

テーマ:
サッカーJ2は11月20日、今シーズンの最終節が行われ、優勝を決めたコンサドーレ札幌が5シーズンぶり、2位に入った清水エスパルスが1年でのJ1復帰を決めました。

J1昇格の最後の1枠を争うプレーオフには、松本山雅、セレッソ大阪、京都サンガ、ファジアーノ岡山の4チームが出場することになりました。J1昇格のプレーオフの準決勝は11月27日に行われ、3位の松本山雅は6位のファジアーノ岡山と4位のセレッソ大阪は5位の京都サンガと対戦します。そしてそれぞれの勝者が12月4日にJ1昇格をかけたプレーオフ決勝に臨みます。

一方、J2で最下位となったギラヴァンツ北九州のJ3の初めての降格も決まり、代わってJ3で優勝した大分トリニータが1年でJ2に復帰します。

そして、J2で21位のツエーゲン金沢とJ3で2位の栃木SCが、11月27日と12月4日にホームアンドアウェー方式で争う入れ替え戦に臨み、2試合の合計の勝利数や得失点などで上回ったチームが来シーズンJ2で戦います。

J2順位
①札幌、②清水、③松本、④C大阪、⑤京都、⑥岡山、⑦町田、⑧横浜FC、⑨徳島、⑩愛媛、⑪千葉、⑫山口、⑬水戸、⑭山形、⑮長崎、⑯熊本、⑰群馬、⑱東京V、⑲讃岐、⑳岐阜、21位金沢、22位北九州

J3順位
①大分、②栃木、③長野、④秋田、⑤鹿児島、⑥富山、⑦藤枝、⑧琉球、⑨G大阪U23、⑩FC東京U23、⑪相模原、⑫C大阪U23、⑬盛岡、⑭福島、⑮鳥取、⑯YS横浜

サッカーJ2からJ1へ昇格する最後の1枠をめぐるプレーオフは、11月27日、準決勝の2試合が行われ、リーグ戦4位のセレッソ大阪と6位のファジアーノ岡山が決勝進出を決めました。3位の松本山雅FCと6位のファジアーノ岡山は、ファジアーノ岡山が2対1で勝ちました。4位のセレッソ大阪と5位の京都サンガは、1対1の同点でしたが、リーグ戦で上位のため、規定によりセレッソ大阪が決勝進出を決めました。

サッカーのJ2からJ1へな昇格争うプレーオフは、今日決勝が行われ、リーグ戦4位のセレッソ大阪が6位のファジアーノ岡山に1対0で勝ち、3シーズンぶりのJ1復帰を決めました。来シーズンのJ1への昇格はJ2で優勝したコンサドーレ札幌と2位の清水エスパルスが自動昇格を決めています。

サッカーのJ2・J3入れ替え戦で11月27日に行われ、J2で21位のツエーゲン金沢とJ3で2位の栃木SCが対戦し、第1戦はツエーゲン金沢が1対0で勝ちました。

サッカーのJ2とJ3の入れ替え戦は今日、第2戦が富山市で行われ、J2のツエーゲン金沢がJ3の栃木SCに2対0で逃げ切って第1戦、第2戦ともに勝ち、J2残留を決めました。

サッカーは、天皇杯などが目がはなせません。
AD

ちゃんぽん炒めのレシピ

テーマ:

【料理名】
ちゃんぽん炒め

【写真】
2016120118050001.jpg

【材料(4人分)】
・豚肉(切り落とし)・150g
(塩・少々、酒・大さじ1/2、片栗粉・大さじ1/2)
・キャベツ・3~4枚(300g)、もやし・1袋(200g)、にんじん・1/2本(70g)、かまぼこ(赤)・60g、うずら卵水煮<サラダクラブ>・2袋(12個)、しょうがのせん切り・10g
・合わせ調味料
水・2カップ、鶏ガラスープの素(顆粒)・小さじ1/2、塩・小さじ2/3、砂糖・小さじ1、こしょう・少々、オイスターソース・小さじ1、しょうゆ・小さじ1
・片栗粉・大さじ1+1/2(同量の水で溶く)、ごま油・大さじ1/2
・油

【作り方】
①:豚肉は食べやすい大きさに切り、塩、酒を混ぜ、片栗粉を加えてもみ込む。
②:キャベツは固い葉元の芯を切りとり、ざく切りにする。芯は薄切りにする。もやしはあればひげ根をざっととり、洗って水気をきる。にんじんは4㎝長さの短冊切りにし、かまぼこは2~3㎜厚さに切る。うずら卵は水気をきる。
③:合わせ調味料の材料を混ぜておく。
④:中華鍋に油大さじ1を熱し、①の豚肉を強火で炒める。豚肉の色が変わったらしょうが、にんじん、キャベツ、もやしの順に加えて炒める。合わせ調味料を加え、かまぼこ、うずら卵も加えて煮立て、ふたをしてにんじんがやわらかくなるまで弱めの中火で5分ほど煮る。
⑤:水溶き片栗粉でとろみをつけ、仕上げにごま油をまわし入れる。

【ポイント】
もやしはひげ根をとり、水に放してシャキっとさせます。
具は1種類ずつ順に加えて炒め油をまわします。
'ちゃんぽん'とは「混ぜこぜ」の意味、具はほかにかまぼこの代わりにさつま揚げやちくわなど、野菜は白菜やピーマン、小松菜、ねぎなどおうちにあるものを使うとよいでしょう。
白いごはんにのせて丼にして食べるのがおすすめ。
“ちゃんぽん”は混ぜこぜという意味で、ここではめんなしの炒めものに。キャベツ、にんじん、かまぼこなどを炒め、とろみをつけて仕上げます。


【料理名】
ごぼう、れんこん、鶏肉のごまマヨサラダ

【写真】
2016112818060000.jpg

【材料(4人分)】
・ごぼう・1/2本(150g)、れんこん・1節(150g)
・鶏胸肉・1枚(250g)
(酒・大さじ1、塩・少々)
・ソース
マヨネーズ・大さじ6、レモン汁・小さじ1+1/2、しょうゆ・大さじ1、こしょう・少々、すり白ごま・大さじ2
・サラダ菜・適量
・酢、塩

【作り方】
①:鶏胸肉は耐熱皿にのせて酒と塩をふり、ラップをして電子レンジ(500W)に4分~4分30秒かけて火を通す。ラップをしたまま粗熱がとれるまでおき、皮を除いて手で細く裂く。
②:ごぼうはタワシできれいに洗い、ささがきにし、水に5分ほどさらして水気をきる。れんこんは薄いいちょう切りにし、水にさっと通してザルに上げ、水気をきる。
③:鍋に湯4カップを沸かし、酢大さじ1、塩小さじ1/2を入れて、②のれんこんを2分ほどゆでてとり出す。続いてごぼうを3~4分ゆで、ザルに上げて粗熱をとる。
④:ソースの材料を混ぜ合わせる。
⑤:③のごぼうとれんこん、①の鶏肉をソースであえる。サラダ菜を敷いた器に盛り、好みですり白ごま適量をふる。

【ポイント】
このサラダ、根菜の歯ごたえを活かすことと白く仕上げることもおいしさのキーポイントに!
れんこんはごぼうをゆでる前にゆでること、ゆで時間は1~2分。
ごぼうはれんこんをゆでた後に入れて3~4分ゆで、好みの固さに火を通します。
かくし味はしょうゆ、サンドイッチの具にもおすすめです。
根菜のおいしい季節に味わいたい秋のサラダ。マヨネーズ味のソースは、かくし味にしょうゆを加えるのがポイント。よくかんで召し上がれ。


【料理名】
かぶのピリ辛みそスープ

【写真】
2016113018060000.jpg

【材料(4人分)】
・かぶ(葉つき)・2個(250g)、生椎茸・1パック(100g)、豆板醤・小さじ1/2、だし汁(煮干し)・3カップ、みそ・大さじ2+1/2
・ごま油

【作り方】
①:かぶは葉を切り落とし、皮をむいて6~8つのくし形に切る。かぶの葉の茎は1㎝長さに切り、葉先はざく切りにする。椎茸は石づきを除き、軸は粗く裂き、かさは4等分に切る。
②:鍋にごま油小さじ1を熱し、かぶを強めの中火で炒め、油がまわったら豆板醤を加えてさっと炒める。だし汁を加え、煮立ったらアクを除き、弱火で5~6分煮る。かぶの茎と葉を加え、中火でさっと煮て、みそを溶き入れる。

【ポイント】
栄養たっぷりのかぶの葉も活用。豆板醤をピリッと効かせるスープには、煮干しのだしが合います。


【料理名】
小松菜と油揚げの煮びたし

【写真】
2016040118080000.jpg

【材料(4人分)】
・小松菜・1わ(250g)、油揚げ・1枚
・煮汁
水・1/3カップ、酒・大さじ1、みりん・大さじ1、しょうゆ・大さじ1+1/2
・削りがつお・1パック(3g)

【作り方】
①:小松菜は根元に十文字に切り込みを入れてよく洗い、3㎝長さに切り、茎と葉にざっと分ける。油揚げは熱湯をかけて油抜きし、縦半分に切り、横1㎝幅に切る。
②:鍋に煮汁の水と調味料を入れて煮立て、油揚げと小松菜の茎を入れ、落としぶたをして1分ほど煮る。小松菜の葉を加え、落としぶたをして3分ほど煮る。削りがつおを加え、全体に混ぜながらひと煮する。

【ポイント】
煮びたしは少量の水で煮るので、落としぶたときせぶたをして火を通します。
直に煮てOKの小松菜は煮びたしで。
冬にかけておいしくなる青菜をさっと煮でたっぷり食べます。

サッカーJ1の年間王者を決めるチャンピオンシップ決勝の第2戦が今日の夜、浦和レッズのホーム・埼玉スタジアムで行われ、リーグ戦年間3位の鹿島アントラーズが年間首位の浦和レッズに2対1で勝って逆転で7年ぶり8回目の年間優勝を果たしました。

鹿島アントラーズは1勝1敗として得失点差でも並びましたが、アウェーのゴール数で浦和レッズを上回り、逆転でJ1最多となる7年ぶり8回目の年間優勝を果たしました。

J1は来シーズンからは年間を通して総当たりで戦う1シーズン制に戻ることから、チャンピオンシップは今年が最後になりましたが、浦和レッズは10年ぶり2回目のJリーグチャンピオンはなりませんでした。

鹿島アントラーズの下克上優勝でしたね。

鹿島アントラーズは、8日から開幕するFIFAワールドカップジャパン2016にJ1王者として出場します。

J1リーグ戦年間順位
①鹿島、②浦和、③川崎

プロ野球の話題

テーマ:
プロ野球でFA宣言した選手の移籍先が決まりましたね。

山口投手(DeNA)が巨人、森福投手(ソフトバンク)が巨人、岸投手(西武)が楽天、糸井選手(オリックス)が阪神の移籍が決まりましたが、陽選手(日本ハム)はまだ決まってません。

プロ野球の12球団は契約更改の真っ最中、現役引退した選手などいろいろなニュースが入ってます。

プロ野球の西武は、未成年の選手1人が喫煙していたとして、この選手を厳重注意と当面の間外出禁止の処分とし、陳謝しました。これは、西武の鈴木球団本部長が明らかにしました。昨日の午前10時ごろ、埼玉県所沢市の選手寮で、未成年の選手の部屋の火災報知器が反応したため、寮の職員が駆けつけると、たばこの吸い殻から煙が上がっていたということで、職員が駆けつけた際、この部屋に住んでいる選手は不在だったのですが、球団で確認したところ、喫煙していたことを認めたということです。球団は、選手が未成年であることから名前は公表していません。

プロ野球選手の自覚を持って行動して欲しいです。

今年の新語・流行語大賞

テーマ:
2.jpg

2.jpg

今年話題になった言葉に贈られる新語・流行語大賞が今日、発表され、年間大賞には、プロ野球のセ・リーグで25年ぶりにリーグ優勝を果たした広島の緒方監督が発した言葉で、広島の選手の活躍ぶりを象徴する「神ってる」が選ばれました。

このほかトップ10には、週刊誌にスクープされた不倫騒動を表した「ゲス不倫」、漫画やアニメの舞台になった場所を訪れる「聖地巡礼」、アメリカ大統領選挙で過激な発言で物議を醸しながらも熱狂的な支持を集め大きな現象にもなった「トランプ現象」、ピコ太郎さんのユニークな曲と動画が世界的な人気を集めている「PPAP」、待機児童の問題について大きな議論を引き起こした匿名のブログ「保育園落ちた日本死ね」、サッカーの長友佑都選手が女優の平愛梨さんとの交際を宣言したときの言葉「(僕の)アモーレ」、各地の公園などで熱中する人の姿が見られたスマートフォン向けのゲームアプリ「ポケモンGO」、日銀の大規模緩和による「マイナス金利」、東京の豊洲市場の問題を象徴する「盛り土」、また、選考委員特別賞として、一連の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城を修復するために寄付を募る「復興城主」が選ばれました。

新語・流行語大賞は、1年の間に話題になった出来事や発言、流行などの中から軽妙な表現で世相をついたり強い印象を与えた言葉を選ぶ賞で、今年は30の言葉がノミネートされ、今日、東京都内でトップ10と、その中から選ばれた年間大賞が発表されました。

ちなみに、「神ってる」の言葉を生み出したのは、プロ野球で25年ぶりにセ・リーグ優勝を果たした広島カープの緒方監督で、6月に神がかり的な活躍をした鈴木選手に向けられた言葉で、それ以来、球団の好調ぶりを象徴するものとなりました。

新語・流行語大賞は、年末の風物詩です。