秋津神龍師こと 2

テーマ:

中国は まだ崩れんぞよ。いましばらくはな。

あれだけ暴動が起きても いましばらくは崩れん。

サウジでもしかり 政府が莫大な資金を抱え、民衆の不満を和らげるからの。

高い経済成長を維持してきた中国政府への国民の支持は まだ高い。


この国家資本主義の参入により 日本は その存在感を薄めておる。


そもそも資源のない日本は 60数年前 大東亜共栄圏なる大義のため

アジアの独立と人種差別の撤廃を求め

誇り高き 世界大戦を戦いよった。


そして戦争には負けたが、目的を達成しよった。

アジアの独立、1941年頃と1952年以降では

アジア、アフリカにおける列強の植民地政策は崩壊し、

独立国が100国以上増えたじゃろ。

有色人種が今では白人に劣ると思っている人類はいなくなったじゃろ。

これら全部 日本が成し遂げたのじゃ。

先の大戦を一国で戦い抜き、戦いに敗れたものの 世界歴史を変えたのじゃ。


そもそも 大東亜共栄圏とは何じゃ。

日本人は この言葉を聞いただけで、すぐ軍国主義だの右翼だの言いよる。

違うぞえ。

日本は資源のない国じゃ。

だからアジアとは仲良くしなきゃいかん。

お互い助け合わんと やっていけないことを 知っているのじゃ。


いくら技術力をつけても、日本は たかだか1億2千万人位しか人口がないじゃろ。

物を作っても1億2千万個売ったら それで終わりじゃ。

莫大な開発費を投じ、1億2千万人対象では あまり勘定があわん。

国だけにとどまるなら それでええ。

経済成長考えるなら 1億2千万人に売るより、10億人、20億人の方が

勘定があうということじゃ。

俗にいう その方が儲かるということじゃ。



ヤマトタケル命 木曾義仲公 織田信長公 高杉晋作公 に対し

二拝二拍手一拝  とほかみ えみため  拍手  m(u_u)m







AD