せっしゃ秋津脩と申します

テーマ:

これから秋津脩が日本の歴史を語る訳だが

まず最初に「歴史とは何か」という事を明確にしておかねばならない


日本の歴史を語る以上 日本をとりまく世界情勢

とりわけ古代に至っては 東アジア世界の中で日本を捉えねば

本当の歴史は語れない


日本書紀を代表する歴史書は もちろん日本最古の歴史書であり

無視はできないが これとて日本国内の事にのみ終始しており

その枠を超えていない


日本史を語る以上 日本史も世界史の一部として捉えねばならない

また歴史は事実の記録ではなく 

何かの立場を正当化するために書かれるものだから

その時代背景を的確に把握する必要がある


私はこれから薄れたこの国にささげた武将(もののふ)の魂を訪ね歩き

その魂を集中化させ つなぎ合わせる旅に出る事になる

それがこの国の再生につながる事を信じて・・・・・


日本武尊神 木曽義仲公 織田信長公 高杉晋作公 に対し 二拝二拍手一拝 m(u_u)m