2005-06-27 01:34:34

たまには日記風味

テーマ:ブログ
ネタを考えるのに時間がかかってしまい、更新を怠りすぎなのでたまには日記。

今日は10時に起きて、風呂に入る。金曜日に徹夜で仕事をしてしまい、結局土曜日の7時まで会社にいたせいか、かなり体がだるい。

風呂に入った後、PSXに取りためたビデオを消化。今週のガイアの夜明けはおもしろかった!ちなみに僕は去年の春頃からHDDレコーダを使い始めたのだが、これは本当に便利。生活におけるテレビの関与度がかなりあがった。ビデオなんかとは全然使い勝手が違う。テープを入れ替えなくても番組の録りだめができるのがやっぱりいいね。


PSX

メーカー: ソニー
商品名: SONY PSX DESR-5000 160GB HDD搭載DVDレコーダー

その後近所をぶらぶら。まずはドンキホーテへ。その後電気屋に行き、液晶テレビを見回す。あー32型くらいあると迫力が違いそうだな。欲しい!


その後、ニトリに行き生活雑貨を物色。とりあえず何も買わずに買える。


夜飯は、久々にびっくり寿司へ。気のせいかもしれないが、前よりもおいしくなくなった。

早く麻布あたりの高級寿司店に気軽に行けるようになりたいものだ。


最後に不動産の話し。


僕が営業をしているときに参考にしていた書籍。

この本はいい!


マイホーム

著者: 山崎 隆
タイトル: マイホームは「貸せる物件」を買いなさい!―後悔しないマンション・一戸建ての選び方・買い方・考え方


僕の営業トークはほとんどこの本からの引用です。

説得力があります。これから買おうとしている方、新築マンションの駆け出し営業の皆様是非ご一読を!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-06-07 23:32:52

できる営業マン

テーマ:営業手法

「できる営業マンは他の人と何が違うのですか?」


僕はよく上司に聞いていた。

 とある上司はこう言った。


 「いろんな引き出しを持っている人だよ」

「もしくは役者になれることだね。」


 細かく言うと、

 いろんな引き出しを持っているというのは、

当然ながら何を言われても適切な返答ができる応酬話法がうまい人。


 役者になれるというのは、

いろんなタイプに適応できるということだ。


 大きな声で元気よくしゃべれる人が好きな人もいれば、

理路整然と論理的に物事を語れる人が好きな人もいる。

フレンドリーに接してくれる話やすい人が好きな人もいる。


 お客様の好きなタイプを瞬時に判断し、そのタイプになれるということだ。


 これができる営業マンは強い。

 実践しようとしてもなかなか難しい。


間違えると逆効果にもなりかねないからね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-06 23:18:38

理想のクロージング

テーマ:営業手法

僕が理想とするマンション販売のクロージング。

最後、お客様に


「申込書を書きたいので、是非お願いします。」


と言わせることだ。


ここでのポイントは、お客様が自分に頭を下げていることである。
僕はいつも申込書に記入してもらう前に、必ず言う台詞がある。


「迷ってたり、もしかしたら申し込んでも断るかもと思っているのであれば、
 今日申し込まないで下さい。他にほしい方に迷惑がかかるので。」


しかも相当強くいいます。


「本当にほしいのであれば、なんとか僕が努力して部屋を押さえます。
 今営業に出ている人間には、この部屋を勧めないよう根回しをします。
 だから断られると、その営業マンとお客様にも迷惑がかかります。」


「どうしますか?」

この流れで、最後お客様から「お願いします」といわれると、
かなりの確立で、断りが来る確立を落とせる。


更に追い討ちをかけるように、申込書を書いた瞬間に、
僕はいつも携帯電話を取り出し、嘘の電話をかける。


「あ、●●さんですか? 403号室ですが、私のお客様に今
 申込を頂いているところです。もし今接客されてるお客様が
 検討されているようであれば、お断りしてください。」

といった感じだ。


なんかわざとらしくて、本当に効果があるかどうかこの文面だと
わかりずらいが、本当にこれは効果的だし、やらないと心配になる。


営業マンとして、断りが来るのを防ぐことは絶対に必要だし、
ほんのささいなことで、お客様の心変わりを防ぐことができるのだ。


いろいろ気を使うことが、他人と差をつけるコツなのである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-05 22:29:30

経験

テーマ:営業

僕が個人的に思っていることだが、経験豊富な営業マンには勝てない。

もちろん成績など、下の社員が先輩社員よりも成績を上げることは多々ある。

だが窮地に立ったとき、経験の差で自分が乗り切れないことも、先輩社員なら乗り切る。


営業をする上で大切なのは、


「いろいろな引き出しを持っていること」


だと思う。


この引き出しだけは、経験しないと自分には追加されないのだ。

もしくはその経験を教えてもらうしかない。


僕が一番嫌いな営業マン。


自分の力を過信しすぎて、先輩を敬うことをおろそかにしているやつ。


僕は絶対にそうならないように努めてきたつもりだ。


いらない自信が成長のスピードをとめてしまう。


よく考えてもらいたい。


例えば僕は営業を5年しか経験していない。


かたや10年以上経験している。


そんな人に自分が勝てるのは若さと勢いだけだ。


その若さと勢いによってたまたま成果を上げたとしても、

僕は絶対にうぬぼれない。


これだけは新卒の時から気をつけてきたことだ。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。