こんにちは。トミザワです。

 

今日は、映画「母 小林多喜二の母の物語」の感想です。

 

母 小林多喜二の母の物語

原作:三浦綾子

監督:山田火砂子

 

※ネタバレとまではいきませんが、まっさらな状態で映画を見たい方は、この記事はチラシ画像までで終えてください!


なぜこの映画を?と言いますと『蟹工船』で有名な小林多喜二さんは大館生まれなんです。


多喜二さんの母、セキさんが大館生まれです。


私がいま住んでいる町にいたのかと思うとなんだかロマンを感じるものですね。


ではいざ、白うさぎのてっぴーがいる御成座へ!

 


この話は、戦前、戦後を生きたごく普通の人々のくらしを見つめているようでした。


スクリーンの中で懸命に生きる彼らを通して、その時代を生きた人々に終始心の中で手を合わせていました。


寺島しのぶさん演じる母、セキさんの生き方を見ると、母なるものとはその人の心そのものなのだと思いました。


小林多喜二さんは小説の内容から危険思想とみなされ、特別高等警察、いわゆる特高に連行された後、亡くなりました。


遺体は腫れ上がり拷問を受けた痕があったそうです。 

 

そしてどの病院も解剖を受けてくれなかったそうです。


セキさんの「(天国で)多喜二に会えますか?」という問いに、牧師さんが「会えますよ」と答えるシーンがあるのですが、その瞬間のセキさん(寺島しのぶさん)の心の底からの嬉しさ、安堵、喜びにあふれた何とも言えない笑顔が印象的でした。


何十年経っても、望みは一目でいいから会って触れて声を聞きたい、お互いの生きている温かさを感じたいということだと思います。


それは叶わない願いです。


天国で会えることが救いです。


胸が締め付けられました。


映画館を出て、私の手からてっぴーにタンポポの葉っぱをむしゃむしゃ食べてもらい帰って来ました。


「母 小林多喜二の母の物語」は現在も上映中です!


上映スケジュールはこちらをご覧ください。


御成座

http://onariza.oodate.or.jp/

0186-59-4974

秋田県大館市御成町1-11-22
AD

こんにちは。トミザワです。

 

5月3日(水)の秋田犬保存会本部展が近づいています。

 

今年は、なんと181頭の秋田犬が展覧会に出るそうです!

 

秋田犬に囲まれたい・・・。

 

さて、今日は大館市のお土産、犬用おやつをご紹介します。

 

大館駅のお土産コーナーに置いてあります。

 

わんちゃんつながりのお友だちにオススメです。

 

ハチ公のふるさと大館に行ってきたよ!と手渡すのにぴったり。

 

犬用おやつと言いながら、原料はすべて人間用のものを使って作ってあるんです。

 

飛鳥とあこも食べています。

 

ちなみに私も食べました。

 

人間でも十分おやつとして食べられる美味しさです。

 

ただし犬用なので、硬くて薄味ではあります。

 

素材そのものの美味しさという感じですかね。

 

優しい味です。

 

犬用ビスケット きりたんぽビス 788円(税込)

 

軽くてクラッカーのようにサクサクしています。

 

さっぱり味です。

 

比内地鶏のガラを4時間もかけて煮込むそうです。

 

 

内容量 15本

 

原材料名 小麦粉、秋田県産、あきたこまち米粉、比内地鶏スープ、ナノ型乳酸菌、卵、無塩バター、ベーキングパウダー

 

原材料、これだけです。

 

初めて見たとき驚きました。

 

犬用ビスケット うんちにおワンビス 788円(税込)

 

しっとりしていて硬めのビスケットです。

 

ふんわりとりんごの香りがして甘さを感じます。

 

 

内容量 15本

 

原材料名 秋田県産りんご「ふじ」、小麦粉、ナノ型乳酸菌、牛乳、無塩バター、卵

 

こちらも原材料、これだけです。

 

やっぱり驚きます。

 

大館駅のお土産コーナーに置いてあります。

 

わんちゃんが気に入って、また食べたくなったときはオンラインショップもあります。

 

ハチの里、ホームページをご覧ください。

 

【お問い合わせ先】

株式会社ハチの里

〒018-5606

秋田県大館市葛原字瓜畑15番地2

電話 0186-57-8087

FAX 0186-57-8587

HP http://www.hachinosato.co.jp/

 

 

AD

大館・山の芋を食す

テーマ:

こんにちは。

 

秋田犬ふれあい隊、富澤です。

 

虎の飛鳥(あすか)と暮らしています。

 

飛鳥は、シャイで甘えん坊な女の子です。

 

姉妹のあこちゃんのことが大好きです。

 

姉妹で仲が良いのを見ると、私も嬉しくなります。

 

さてさて、大館は地元産の新鮮な旬の野菜が手に入ります。

 

これが安くておいしい。

 

飛鳥チームは、JAグリーン中央店「とれたて旬菜館」に行き、夢のスーパーマーケットと呼んでいます。

 

そこで、うわさの山の芋を買いました。

 

 

大館市産の山の芋、Lサイズ1個350円。

 

私にしては高価な買い物です。

 

ちなみに発音は、や(→)ま(→)の(↑)い(↓)も(→)です。

 

一般には、つくねいもと呼ばれているらしい。

 

 

食べたら力がつきそう。

 

とても大きいので、まずは半分にして、とろろとお味噌汁にします。

 

サイズがわかるように隣においたこの卵も、とれたて旬菜館で買いました。

 

この卵は甘くて味が濃く「幸せの卵」と呼んでいます。

 

山の芋は、包丁で皮をむくと、皮がペリペリとはがれるような感覚。

 

すりおろすと、粘りが強くかたまりになって、たれてきません。

 

昆布・椎茸だし、卵、醤油を入れて混ぜます。

 

 

 

この粘り。

 

お味噌汁は、とれたて旬菜館で手に入れた野菜をたくさん入れてあります。

 

大根、にんじん、かぼちゃ、白菜、長ネギなど。

 

毎日、お味噌汁ですが飽きません。

 

山の芋を適当な大きさに切って、お味噌汁に入れます。

 

山の芋メニューの完成。

 

 

とろろは、粘りが強く、トゥルトゥルした食感でした。

 

炊きたてのお米に合います。

 

おいしくてあっという間にお腹に入り、思わずおかわりしてしまいそうです。

 

お味噌汁の山の芋は、和風の味を想像していたのですが、ポテトの味が濃かったです。

 

じゃがいもではなく、ただの芋でもなく、ポテトです。

 

おかしな説明しかできず、山の芋の生産者さん、山の芋を愛している皆様、申し訳ありません。

 

山の芋メニューで、なんだか元気になった気がします!

 

 

夢のスーパーマーケットこと「JAあきた北とれたて旬菜館」は発送もできます。

 

新鮮で豊富な種類の野菜を買うなら、午前中が狙い目だと思いますよ!

 

営業時間・アクセスマップはこちら!

 

ではまた!
 
MOFU!MOFU!

 

AD

手作りたんぽ会

こんにちは!
秋田犬ふれあい隊の西山です。

今回は10月に行われた【手作りたんぽ会】のことをお話ししたいと思います。

みなさん、きりたんぽ鍋は食べたことがありますか?
私は大館に来てから初めて食べたんですが、すっかりたんぽファンです!
ここ大館はきりたんぽの本場です。
使っていい食材に決まりがあって
比内地鶏、ごぼう、まいたけ、長ねぎ、せりのみです。
スープも比内地鶏のガラと塩、醤油のみで作られます。


ではたんぽの作り方です!

まずはあきたこまちを半殺し(※)にします
※7割潰して3割粒のままが半殺し状態
{F6052567-CB05-42F3-9E5C-8A0C708777AA}
これがとても難しいのです!
すりこぎにごはんがくっついて全然まとまっていきません。力仕事です。
でも陽気な母さんがされると、あれよあれよと言う間に半殺しにされてまとまっていきます。
半殺しのプロです!

次に半殺しにしたあきたこまちを100gの丸型にしていきます
{61FBAC0E-88EE-441F-AEBA-0EB4D4218282}

それをたんぽ串に刺して
{D04D030C-B409-4787-BF3F-2ACFB03E59D9}

棒状に押さえながら伸ばしていきます
{C2561F09-E8C0-45F8-B704-D16B512C0180}

仕上げはコロコロと転がして形を整えます
{1D5E18B5-B841-4FEC-A3C7-D4150DD0A7C6}
以外とたんぽ串に付けていくのは簡単でした。
やっぱりポイントは半殺し過程!

これはたんぽを焼く専用のマシーン
{6A53203E-2BBC-465D-8811-F06730435948}
真ん中の筒に炭火を入れて焼きます
表面が全体的に乾いてきて、指で触ってもベタベタしなければいいそうです
しっかりと焼き色をつけるのは焼きすぎらしい

これを串から抜いて切れば「きりたんぽ」
鍋に入れてスープを染みさせます


味噌たんぽで食べたい場合は味噌を塗ってもう一度焼きます
{75394B86-B336-47D6-8C5D-D1FE1B026A4B}
味噌は甘辛い感じ♡
味噌が温まれば食べごろとのこと

おいしいね〜😍
{5E3EEC05-AB39-4247-AF16-C71FEA85188A}
地元の参加者さんは、子どもの頃たんぽづくりを手伝ったら味噌たんぽを作ってもらえて嬉しかったと話されてました♫
思い出の味ですね!


きりたんぽ鍋も出来上がり乾杯!
{746FDA27-23D2-420F-8FC2-E23CEAD08499}
スープがしっかりとしていて、きりたんぽによく合います!あったまるし、食べ応えもあるし、具材も全て地元のものを使うからどれもおいしい♫
2日目のさらに味が染みたきりたんぽ鍋が最高らしいですが、それはまだ食べたことはありません。

時代の流れで、たんぽから我が家で作る家庭はそうないと聞きますが、地元の方はみんな「うちのきりたんぽ鍋が一番!」とおっしゃいます!
こういうのいいですよね^ ^
我が家の食べ慣れた味が一番おいしい、とてもあったかい感じがします。

今回お世話になったのは
【陽気な母さんの店】です↓
この時はハチ公小径にある【NOSHO館大町フレッシュハチ】の向かいに特設会場を作ってたんぽ会をしていただきました!

そして、このたんぽ会を企画してくださったのは、大館市移住交流課の地域おこし協力隊の塩崎さんと佐々木さんです。

毎月【大館びとの会】という移住者交流会を開催して下さってます。
地元の方や先輩移住者と情報交換できる場となっています。
興味のある方はこちら↓


ではまた!
MOFU!MOFU!

忠犬ハチ公像

テーマ:
こんにちは。
秋田犬ふれあい隊の西山です。

このブログでは、大館での移住生活がどんな感じなのかお伝えしていけたらと思っています。
すでに飛鳥&あこ(http://odate-akita-dog.tumblr.com/)のファンになって下さっている方も、初めて【秋田犬ふれあい隊】の名前を聞いた方も大館ってこんなところなんだって知っていただけるきっかけになってもらえればうれしいです♫

では、初回は大館を語るに外せないこちらの話題から!
{27C9B770-155B-47CE-BEC9-33B0A821EB4B}
ここは大館駅前です。
ハチ公像がお出迎えしてくれます。

ハチ公像といえば渋谷駅が有名ですが、大館駅にもあります。
それはなぜかというと、ここ大館市がハチ公の生まれたところだからです。

みなさん知っていましたか?
私は知りませんでした。ハチ公が秋田犬ということも...^^;
でもあこと暮らすようになって、秋田犬の愛情深さや賢さを感じられると、ハチ公は秋田犬の代表だ!と深く納得できました。

そんなハチ公の生まれたところ、大館には秋田犬保存会の本部もあります。
{A57E6F06-34C6-4557-8C33-7BC74339549E}
ここにもハチ公像があります。
(この門の前方にハチ公像が建てられています)

ここでは秋田犬の成犬と会うことができますよ!3階には秋田犬博物館があり、秋田犬グッズも置いてあります。

私のおすすめは秋田犬マグネット!
{D4FEE569-28BE-419A-BFE6-3769CB1F8501}
赤毛・虎毛・白毛のセットで100円です。
手作り感が溢れています!
ホールド能力はありませんが、職場のロッカーとかに貼っておきたい感じです。癒しですね。

あと余談ですが、日本にはもう1ヶ所、ハチ公の銅像があります。
それは東京大学の農学部です。ハチ公の愛した上野博士の職場だったところです。ここの銅像は、ハチ公と博士が抱き合おうとしている瞬間のもので写真で見てもグッときます。いつか現地に見に行きたいです。

ハチ公の愛情深い物語は日本人だけでなく、世界中の方に感動を与えています。そんなハチ公が生まれた大館で、秋田犬のあこと暮らせる幸せを感じながら生活しています^ ^

ではまた〜
もふもふ!