「豊かである自分達が失った大切なもの」パドマ・サーラ

「世界は愛であふれています」私は日本人はこれから世界の中で大切な独自の役割を担っていくと感じています。シータヒーリングを通じて、自分の心を旅し、自分の魂が本当に望む生き方を発見して下さい。


テーマ:
ヒーリングフォーラム


「第3のアプローチとしてのヒーリング」


近頃、様々な研究会やシンポジウムに参加して感じることがあります。

それは、病気は心と密接に関連しているとの意識が高まり、

心からアプローチする必要性がクローズアップしている
ことと、


従来の心理カウンセリングでもボディーワークでもない

第3の方法を模索する動きが出始めている
ことです。



現在、第3の方法として、ヒーリングが注目されています。


実際に医療や教育の現場にヒーリングを取入れ、

大きな成果を上げている方が増えてきています。



8月20日(土)の第5回ヒーリングフォーラムでは、


福島県から、

「さいとう内科クリニック」院長の齋藤幾重医師をお招きして

講演会ととワークショップを開催します。


クリニックHPはこちら



斎藤先生は、開院以来、主に糖尿病患者様を診察する中

(1998年開院以来の定期通院の糖尿病患者様の数は1200名)

「糖尿病は、単なる生活習慣病でなく、その背後に心理的問題がある」という確信のもと、

心理カウンセリングを取り入れていらっしゃいましたが、

患者様の状態は一向に改善せず、模索する中、

変性意識状態(深い瞑想状態)でヒーリング等を行う「シータヒーリング」に行き着かれました。


その後も、他のエネルギーヒーリングを次々と試され、

現在では、以下の数種のヒーリングを、

糖尿病患者様の軽症うつ、パニック障害、トラウマ等に活用され成果を上げておられます。

(その成果は論文等で発表)。

・シータヒーリング
・EFT(>Emotional Freedom Technique)
・マトリックス・リインプリンティング
・BodyTalk
・清水気功





クローバー第5回ヒーリングフォーラムクローバー


◆ 西洋医学の投薬中心のアプローチに限界を感じる
  医療従事者の皆様

◆ 言語主体の心理的アプローチに限界を感じる
  心理職の皆様



限界を感じる本当の原因は、

「人間存在の捉え方」にあります。


その詳細を知り、

限界を突破する方法やその有効性を知って、さらに、

その方法の一部をご自身で実際に体験してみませんか。


◆ 医療現場における病気の方への
  心理的アプローチの実際とその有効性について
  ご興味をお持ちのヒーラーの皆様


現場の医師による

病気の方に対する心理的アプローチの実際と、

その有効性について知る絶好の機会です。




<第5回ヒーリングフォーラムプログラム>

◆午前の部(10:00-11:30)
・シータヒーリング説明・体験会(参加無料)
※主催者より、「シータヒーリング」の概要説明の後、限定1名様にデモセッションをさせて頂きます。

◆第1部(13:00-14:30) *質疑応答30分を含む
・講 演:『糖尿病患者における心理的問題~単なる生活習慣病ではない!~』

◆第2部(15:00-17:00)
・変性意識・エネルギーを用いたヒーリング系テクニックの理論とその効果
・事例のご紹介
・ワークショップ(軽い「フラッシュバック」に対処できる技法をご体験頂けます)

ベル第5回ヒーリングフォーラムの詳細とお申込みはこちらをご覧下さい




ヒーリングフォーラム事務局
三反田明子
清水 啓子


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

「豊かである自分達が失った大切なもの」 パドマ・サーラさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります