「豊かである自分達が失った大切なもの」パドマ・サーラ

「世界は愛であふれています」私は日本人はこれから世界の中で大切な独自の役割を担っていくと感じています。シータヒーリングを通じて、自分の心を旅し、自分の魂が本当に望む生き方を発見して下さい。

世界へ世界へという気持ちを抱きつつも、やはり自分の周りの人達を元気にし、その人の今回の人生での使命を思い出してもらい、その方向へ前進するお手伝いをする。そして共に同じ志を持ち、協力し合って前進していく。それが私のやりたいことです。



私はシータヒーリングのセッションはクライアントさんとの心の旅だと感じています。
潜在意識の、そして時空を超えた過去生や先祖のDNAまで一緒に心を携えて旅をします。

そして、どこかの領域にネガティブなクライアントさんの自分を損なう思考パターン
を見つけ、それを置き換えてポジティブなエネルギーに変換することは、私がヒーリングをするというのではなく、クライアントさん・創造主・そして私の共同創造なのだと感じます。

よくヒーリングをして負のエネルギーをもらいませんか?と聞かれますが、クライアントさんが本来持つ魂の美しい輝きを垣間見せていただき、心のもやが晴れてその本来の輝きが放たれる時、同時に自分も癒され、心から喜びで満たされます。

物理的な旅と心の旅の共通点を伝えていきます。愛と感謝を込めて

三反田明子(さんたんだあきこ)

テーマ:

{EB7CF7BA-2256-4152-8199-832421197D38:01}

「精神医療の闇の部分」

25日の土曜日、姫路で開催された

日本臨床心理学会シンポジウム


「こころの"医療化"を問う

公認心理師に未来はあるか?」


に参加しました。


{81567834-9D5F-43A9-97D6-C44F17B2128C:01}


「公認心理師」が昨年9月に国家資格となりました。


この日を待ちわびていた関係者もたくさんおられる反面、


わが国の医療体制の利害が、


心の癒しを呑み込むのではないかという恐れを抱いている方もおられるようです。



{1C85A081-4FB2-4B50-AA44-CA7BDA7EA108:01}


そんなシンポジウムの議論の中、


精神病患者会の方の言葉が胸に突き刺さりました。


「心理師が国家資格になろうと、


専門性が向上しようと、


より正確な診断がされようと、


私達患者には全く関係のないことだ。


むしろ、強制入院、投薬、四肢拘束、電気ショックが


より正当化されるだけだ。」



私にとっては、衝撃的な言葉でした


確かに、公認心理師が国家資格になって、


心理師の社会的地位や収入が変わろうと、


患者さんには関係のないことです。



むしろ、患者サイドにとっては、


害を及ぼす可能性もあるとの訴えなのでした。


精神科病棟に強制入院させられた方々の生の声を聞いて、


また、精神疾患を持つ人達をサポートされている方のお話を聞いて、


テレビなどで観るいわゆる「精神病院」のイメージは誇張されたものではなく、


現実に近いものだということを知り、


とてもショックを受けました。



また、シンポジウムでは、


発達障害の子ども達の現状も報告されました。


学校に馴染めない子ども達に、


どんどん発達障害のレッテルが貼られ、


効果が疑わしく副作用の多い薬の大量投与が起こっている現状を聞き、


強い危機感を感じました。



私の息子は、小5の時にADHDだと診断され、


医師から、コンサータという薬を飲むように言われました。


成長期の子どもにきつい薬を飲ませることに抵抗はありましたが、


平穏な日々を送れるのならと


藁にもすがる思いで服用することを決めました。



息子はその薬を飲むと、


食欲がまったくなくなり、


夜は神経が冴えて眠れず、


朝は起きれなくなりました。


その様子を見ていて、


やっぱりこんな薬を飲ませるべきではないと思い、すぐにやめました。


医師からは、「息子さんのようなタイプは、思春期になったら非行に走る傾向が極めて強い。


思春期の間、薬を飲ませておとなしく過ごさせた方が良いですよ。」


と言われました。



でも、私は、「息子が非行に走ってもいい。


苦しくてもあるがままの息子を受け止め生きていく。」と決意しました。


医師やカウンセラーからは、


勝手に薬をやめないようにと何度も言われましたが、


私の意思は変わりませんでした。



そして、息子は意志やカウンセラーが言った通り、


中2の頃から非行に走り、手が付けられなくなりました。



私達夫婦、そして息子共々、


随分と苦しい思いをしましたが、


その過程としっかり向き合い、


家族で乗り越えてきたことで今があると感じています。


その過程は、私達家族にとって必要なものでした。



カウンセラーの先生からは、


息子が手をつけられない状態に陥った時、


精神病院に入院させるようにと言われました。


その時、それは絶対に違うと感じ、


2年以上通ったカウンセリングをやめました。



もし、あの時カウンセラーの先生の言う通りにしていたら、


息子は強制的に大量の投薬をされ、


反抗的な態度を取ったり暴れたら、


ベッドに拘束されたり、


場合によっては電気ショックを与えられていたのかも知れないと、


この日のシンポジウムでの患者さんの話を聞いて、改めて恐ろしくなりました。



あの時、息子を精神病院に入れていたら、


息子に恨まれ、親子の関係は崩壊し、一生修復できなかったと思います。


そして、息子の人生はどうなっていたのかと思います。



私は、カウンセリングを受けるのをやめて、


シータヒーリングで自分の心の在り方を変えていきました。


母親としての罪悪感、加害者意識、被害者意識、自分の親との関係など


様々なことがありました。


この過程は、また別の機会に書いていきたいと思います。



薬でどうにもならない、


カウンセリングでもどうにもならない。



そんなところをヒーリングは救えると感じています。


ヒーリングが、


従来の方法で解決できない分野に広がり、


救われる人が増えて欲しいと心から願います虹

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{B5E3360F-26CE-4F36-8C6F-744D1491D80D:01}

「糖尿病とヒーリング」

昨夜は、福島から来られた齋藤先生と、


大阪駅で関西風のうどんすきをいただきながら


8月20日のヒーリングフォーラムの打ち合わせをしました。


{6B60683A-09FB-4B13-A78F-DAE5B77C2F1C:01}


齋藤先生は、


糖尿病患者さんに10年間心理カウンセリングを行ってこられました。


ですが、時間ばかりがかかり、


大きな結果は得られなかったそうです。



ある時に、変性意識状態で潜在意識に働きかける方法があると知り、


その後、シータヒーリングと出会われ、


シータヒーリングを学ばれました。



シータヒーリングを学んだことをきっかけに、


その後、NLPメディックス、マトリックス・リインプリンティング、EFTなどを学ばれ、


現在、日々の診療に様々な手法を取り入れ、


大きな成果を出されています。



齋藤先生は、とても気さくな方で、


先生の今までの事例をお聞きしながら、


おおいに盛り上がりました。



愛のあるとても素敵な方だなあと感じました。



「糖尿病は単なる生活習慣病ではなく、その背後に心理的問題がある」をテーマに、


事例を交えながら、


どのようにヒーリングを診療に取り入れ効果をあげているのかを講演していただきます。


また、齋藤先生のデモセッションや、


実際の診療現場で活用されているテクニックを体験していただいたり、


フラッシュバックした時のセルフの対応方法などについてのワークショップを行います。


ご興味のある方、是非ご参加下さい虹



クローバー8月20日(土)ヒーリングフォーラムの詳細はこちら


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
女性性、開花、シータヒーリング、パドマサーラ


「開いた女性性」


先日、去年の10月にシータヒーリングのセッションを受けて下ったNさんが

2回目のセッションを受けに来られました。


去年初めてお会いした時の印象は、

「ボーイッシュなできる女性」でした。


でも、先日お会いした時は、

「可愛い女性」という雰囲気で、

何回見ても私には、小泉今日子にしか見えませんでした。


「雰囲気がすごく変わられましたね~!」とお伝えすると

「女性に対する嫌悪感がなくなりました。」とのことでした。




1回目のセッションを振り返ってみます。



お悩みは、

「言葉が厳しいと言われる。」

「目力が強すぎると言われる。」

「男っぽい」

でした。


Nさんの潜在意識には、

「女は腹黒い。」

「女はせこい。」
という女性に対して強い嫌悪感と、


「私は女としての価値はない。」

「私は男として生まれてくるべきだった。」

「女性に復讐しなければならない。」


などの思考パターンがありました。


それらの思考パターンは、

親子関係から生じたもの、

過去生から持ち越してきたものです。


それらの思考パターンを

「女性は、優しく強く包み込む大きな愛を持っている。」

「私は、女性として人として価値がある。」

「私は、自分の女性性を開花させ、女性と自然体で最高の関係を築くことができる。」


に置換え、


女性や自分に対する嫌悪感を開放し、

女性性を肯定する様々な感情・感覚を呼び覚ましました。


Nさんは、潜在意識の変化を

現実の生活の中の変化として感じられるようになられました。







ご自分の女性性に嫌悪感を抱いていたり、

封印していたりする方は多いと感じます。


そこには必ず何らかの原因があります。


あなたも、その原因を見つけて手放せますよ虹




今回のNさんのセッションは、

「気分にムラがある男性への嫌悪感」についてでした。


子どもの頃の親との関係が原因でした。


今後Nさんが、現実の生活の中でどのように変化していかれるかが楽しみです。


あじさいシータヒーリングセッションの詳細はこちら

ブーケ2シータヒーリングセッションのご予約可能日時はこちら
 


■シータヒーリング 今後のスケジュール■

虹掘り下げが苦手な人の実践会
 ★6月19日(日)
 詳細とお申込みはこちら
 



■メディカルアロマ 今後のスケジュール■
 メディカルアロマを教えられるようになる1Day講座
虹セルフケアセラピスト講師育成講座
 ★6月17日(金)
 詳細とお申込みはこちら











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
シータヒーリング,実践会,掘り下げ,ヒーリングフォーラム


6月19日(日)
「シータヒーリング 掘り下げを楽しくやろう♪実践会」を開催します。



シータヒーリングのワークの中で、「掘り下げ」が苦手という方は多いと思います。


現在の問題を作りだしている原因となる

潜在意識の中に積み木のように積みあがっている

思考パターンの土台を見つけることはとても大切です。


できるだけ深い土台を見つけて、

それをより良いものに置き換えることで、

大きな変化がもたらされます。



ここがシータヒーリングの最大の醍醐味です。


「掘り下げ」は何より楽しみながら進めていくことが大切です。


でも、こんな風に感じていませんか?



✔「掘り下げ」をするのが、苦手

✔「掘り下げ」をされるのも、苦手

✔「掘り下げ」のやり方が、よく分からない

✔どのあたりまで「掘り下げ」が進んでいるのか、よく分からない

✔「掘り下げ」の結果行き着いた土台が本当に土台なのかが、よく分からない

✔どうすれば、最短距離で適確な「掘り下げ」ができるのか?



「掘り下げ」のポイントを理解し、練習することで、

そして、土台の思考パターンを見つけるコツがわかれば、


「掘り下げ」が楽しくなってきます。




実践会で学ぶと、

宝石緑「掘り下げ」の本質が分かり、苦手意識がなくなる

宝石緑「掘り下げ」のやり方が、すっきり整理されて分かる

宝石緑どのあたりまで「掘り下げ」が進んでいるのかが、分かるようになる

宝石緑「掘り下げ」の結果行き着いた土台が本当に土台なのか、見極めがつくようになる

宝石緑最短距離で適確な「掘り下げ」ができるようになる



今回は、

「恐れ」について集中して掘り下げていきます。


シータの授業で学ばない「堀り下げのコツ」をお教えします。



1日、掘り下げをがっつり楽しく練習しましょう音譜





「シータヒーリング 掘り下げを楽しくやろう♪実践会」

◆日 程: 2016年6月19日(日)

◆時 間: 10:00-16:00

◆参加費: 4,000円
            
◆場 所: 心と身体のヒーリングサロン パドマサーラ

      アクセスはこちら
      
◆住 所: 兵庫県西宮市本町10-11-302

◆最寄駅: 阪神西宮駅から徒歩5分 または
      JR神戸線さくら夙川駅から徒歩10分

◆駐車場: 近隣にいくつか有料駐車場があります


ベルお申込みはこちらからどうぞ




■メディカルアロマ 今後のスケジュール■
 メディカルアロマを教えられるようになる1Day講座
虹セルフケアセラピスト講師育成講座
 ★6月17日(金)
 詳細とお申込みはこちら

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
心,現実のカタチ,三反田明子,パドマ・サーラ


「潜在意識の変化から現実の変化へ」


シータヒーリングのセッションやセミナーをしていていつも感じること。


それは、クライアントさんや受講生さんが

「本当に自分は変わりたいと思っているのかどうか。」ということです。


ヒーリングをして、

セラピストが一方的にクライアントさんを変えるのではありません。


クライアントさんの現在の問題や苦しい状況を引き起こしている

潜在意識の中にある原因を一緒に見つけ、解決していく。


セラピストはサポートに徹しますが、

その方を、セラピストの力で変えるのではありません。


シータヒーリングでは、

確かに潜在意識下にあるネガティブな思考パターンをより良いものに変化させますが、

そのエネルギー的変化を現実の変化に起こしていくのは、

クライアントさんご自身です。



ヒーリングを受けた後は、

今までと違う感覚になり、

今までと違う行動をとりやすくなっています。


そこを、どれだけ現実の生活の中で

カタチにしていくかは、クライアントさんご自身の力なのです。



「変えてほしい」という考えでは、

正直いって、難しいです。


「絶対に自分は変わっていく!」という気持ちが何よりも大切です。



シータヒーリングのセッションを4回受けて下さったクライアントさんから

うれしいメッセージをいただきました。


この方は、セッションで変化したエネルギーを

現実の世界の変化に日々繋げていっておられます。


素敵なSさんの笑顔がもっともっと増えて、

透明感のある美しさが益々輝いていかれることを

心から願っています虹






あきこさんこんばんは。

お元気ですか?

わたしは、木を見て森を見ずになりがちになりながらも、

親や友人、仕事仲間に目を覚まさせてもらいながら頑張っています。


最近誰かを通して、

あきこさんとのセッションで言われたことの本当の意味を

初めて理解する場面によく遭遇します。


そこから自分は頭で理解しつつ、

気持ちは理解してなかったんだなぁと。

そんなことを繰り返すなかで周囲の暖かみに気付き、

よく感動して泣きそうになっています(笑)


だからなのか、嬉しい出来事がよく自分の身に起こるようになってきました。

自分でも引き寄せに興味がでて、

引き寄せの法則って本を買ってまたあきこさんの言う事を思い出したりしています。


本当にありがとう。

あきこさんの愛と光が、自分に強く影響を与えています!

ありがとう!

どうしてもあきこさんにお伝えしたかったのでした。

ありがとうございます*(^o^)/*


昨日母に元に戻ることもあるんやけど、

変わってきたと思うと言われました。

1つのことに強くこだわるところがマシになってきたと。


人からいい意味で変化を指摘されると、

自分で変わってきたと思うよりもずっと説得力があるなぁとめちゃ嬉しかったです。


他人からどう思われるかばかり考えてしんどくなって、

いつも自分を置いてきぼりにしていたので、

最近は自分との対話を意識するように心がけています。


たくさん頑張ってきたのに、

いつも自分を責めたり追い詰めてごめんって問いかけると涙が出ます。

知らないうちにいっぱい自分を置いてきぼりにしていたんですね。


そんなときは我慢せず、涙が止まるまでそのままにして、毒だしをしています。

少しずつでもいらないもの出ていってくれてますよね(*´∇`*)


実は今日はいらない情報を聞いてしまい👂

前向きに捉えながらも聞きたくなかったなぁ、

ちくしょ~!って気持ちがあったなか

あきこさんから愛情いっぱいのメッセージをもらったのです。

引き寄せたかな🎶


いつもありがとうございます( *˘ ³˘)♡♡♡( *˘ ³˘)♡♡♡



  大阪府堺市 S・Jさま




ブーケ2シータヒーリング6月のセッションのご予約はこちら



■メディカルアロマ 今後のスケジュール■
虹セルフケアセラピスト講師育成1Day講座
 ★6月17日(金)
 詳細とお申込みはこちら
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)