猫の遠ぼえ『次の世代に残したい日本』

やっと明るい未来を語る政治家が総理大臣になりました。しかし、闘いはまだまだこれから。子や孫が希望を持てる国になることを願うおやじのブログです。


テーマ:
人気ブログランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ

まだ、ヤフー時代の三橋貴明氏のブログで経済に興味を持ち、なんだかわかったような気になって自分のブログでも経済記事を書くようになった。わかりやすい図表を使った素人でも理解しやすい解説のおかげで、経済が分かったような気になっていたのだ。

以前の三橋氏はいまと同じで、国債を発行して公共事業さえ実施すれば日本はデフレから脱却し経済成長が始まると述べ、知識がなかったせいか金融政策にはほとんど触れなかった。非常にシンプルでわかりやすいが、実際に政策として実行するのはそんなに簡単なのかなとは思った。

そのうち、三橋氏は金融政策の重要性にも触れるようになってきて、「安倍総理大臣を求める民間人有志の会」に名前を連ねるころには「財政政策と金融政策のパッケージ」を提唱するようになる。しかし、安倍政権でそれが実行されるにつれ、消費増税や人手不足などの課題が持ち上がる。

当初は「泥の中をかき分ける安倍総理」などと擁護していたが、そのうちパッケージのはずの金融政策まで批判するようになり、政策提言ではなく危機を煽る言説が目立つようになる。浜氏、藤巻氏のような亡国路線への転換である。

そのあたりの事情は本人でないと分からないが、私は三橋経済学とでも呼ぶべき超シンプル経済理論では現実の政策を解説できなくなってきたからだと思う。たとえば、デフレから脱却するとはインフレに転換するということで、当然過渡期というものがある。

氏の経済政策をデフレ対策とインフレ対策の二つにバッサリと分けてしまう考え方はわかりやすいが、実際には、政策によっては着手してから効果が出るまでにかなり時間がかかる。三橋経済学はそういうややこしい現実を無視してきたからわかりやすく感じるのだ。

さて、このあたりで今日の本題に行こう。

最近読んだ高橋洋一氏の『戦後経済史は嘘ばかり 日本の未来を読み解く正しい視点』に次のような記述がある。なお、太字協調はブログ主。


 物理学には、分子の1つひとつの動きをすべて運動方程式で記述できれば、世の中の物事が完璧にわかるという「ラプラスの悪魔」という命題があります。頭の中で考えると実現可能であるかのように思えます
 しかし、現実には計算することが多すぎて、その命題説くことは実行不可能であることが証明されています。どんなに高速のスーパーコンピュータを使っても時間がかかりすぎて計算できないのです。
 また、物理学には「二体問題」というものもあります。2つの問題はうまく解くことができるのです、3つ、4つと増えるにつれて計算がものすごく大変になり、三体問題、多体問題は特別なケースを除いて解けないことがわかっています。
(129ページ)


素人評論家でも、民主党政権時代は「財政政策と金融政策のパッケージ」を提言すれば十分だった。しかし、安倍政権が誕生してそれが実行されるとなると、ことはそんなに単純ではない現実は企業や消費者のデフレマインド、人手不足、財政規律派との戦いなどなどが入り混じった多体問題なのだ。

私が高橋氏の論説を信頼しているのは、氏がこのような視点を持っていることと、論説に行政の現場経験の裏付けがあると感じるからだ。

高橋氏はまた次のように述べる。


 経済を考えるときに、一部分しか見ない人がたくさんいますが、経済行為にはすべて反対側があります。金利を支払う側ともらう側、物を売る側と買う側。税金を支払う側と受け取る側。両方を見ないと全体のことはわかりません
 また、経済はすべてつながっています。たとえば、「実質金利」と「為替」は別個のものではなく、表裏一体のものです。個々の事業だけを見るのではなく、反対側や全体を見て考えることが正しい判断をする際に必要になります。
(200ページ)


三橋氏も「国の借金」を違う視点でみた「国のバランスシート」で同様のことを教えてくれた。いまよりもっと柔軟なものの見方をしていたのだ。ところが、ある時期からは意図的に一方向からしか物事を見ないことにしたとしか思えない言説が増えた。

一方、高橋氏は東大でも財務省の中枢を占拠している法学部ではなく、理学部数学科と経済学部経済学科を卒業し、政策研究で博士号を持つ異色の元官僚だ。つまり、みんなが同じ方向を向いている財務省の中で違う視点を持って仕事をしてきた

戦後経済史は嘘ばかり 』では、「戦後の高度経済成長の要因は一ドル360円の為替だった」「その相場を維持するために政府は常に為替介入していた」「『石油ショックで急激なインフレが起きた』はウソ」など、常識だと思っていたことを覆す話がどんどん出てくる。

また、周りとは違う視点を持って仕事をしてきた筆者だからこそ語れる、興味深い打ち明け話もたくさんある。強硬な構造改革論者だと思っていた竹中平蔵氏と一緒に仕事をしてきた筆者の「本来的にはインフレ目標論者でデフレ克服を最も重視していた」との証言もある。

最近の経済本は店頭で眼立つように過激なタイトルが多く、この本も多少その影響を受けているが、内容は新書とは思えないほど充実している。もちろん、書いていることすべてを鵜呑みにするわけではないが、今後も座右に置いて参照する一冊になりそうだ。

(以上)

人気ブログランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします。

 
人気ブログランキングへ


髙橋 洋一 (著)



戦後経済史は嘘ばかり (PHP新書) 新書
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

akiraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。