2011-03-16 13:15:47

今こそ「普通の生活」を

テーマ:プライベート
今回の地震で被害に遭われた方々には、心からお悔やみを申し上げます。
また、今も救助を待っておられる方々には、一刻も早く救助の手が届き、
困難な状況から回復されることを祈ります。

現在、地域によって違いはあるようだが、一部の地域では
商品の買い占めによりスーパーからものがなくなるといった
ことが起きているようだ。こういうことは、いたずらに
お互いがお互いの不安心をかき立てるだけなので、ぜひ止めてもらいたい。

災害があったとき、その災害による直接的被害はもちろん大きいが、
その後のパニックなど副次的な作用もそれと同じぐらい怖い。

年間1000万トンの食料を廃棄している日本において、
食料が何日も手に入らなくなるような事態は絶対に起きない。
なぜかこういう時はトイレットペーパーが恐ろしく売れるが、
そもそもトイレットペーパーも市場からは無くならないし、
仮になくなったとしてもトイレットペーパーに替わるような
ものは家中いくらでもあるのだから、そんなものを買いだめても仕方がない。

トイレットペーパーを山ほど抱えた人が町中を歩いているのを見る。
普通の買い物をしにスーパーに行ったら棚から商品が消えてい見る。
その光景を周りの人間が見て、不安な気持ちが徐々に徐々に拡大し、
「じゃあ自分も買いだめしよう」という気持ちになる人がどんどん増加していく。

こうやって不安の連鎖がどんどん大きくなっていくのことは非常に大きな問題だ。

今幸いにも被災を免れた僕たちに求められているのは、過剰な反応をせず、
いつも通り普通の生活をすることだ。
パニックを起こさず、いつも通り経済活動を行う。
それで手に入ったお金で、寄付などを行い、出来うる限り早く
被災地が復興することを後押しする。

こういう時こそ、冷静で、周りを見る目を持った日本人の
底力を発揮する時だと思う。

ちなみに、その観点から、フジがバラエティ番組を再開するというのに僕は賛成だ。
慣れない報道番組で大きなミスをしたが、やはり人間得意なことで
人の役に立つというのが一番だと思う。
僕自身はバラエティ番組は見ない方だが、テレビを付けたらいつもと
同じ番組がやっている、というので安心感を持つ人も多いだろうし、
被災地でもしテレビが付くなら、一時でも現実を忘れて笑える時間を
提供することには大きな価値があると思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

akiran(あきらん)社長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD





ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。