日時:2014 年 11 月 8 日(土) [雨天決行]

時間:13:00~21:00

場所:地主神社境内

【主旨】

与論島の伝統文化・芸能と関東や沖縄で活動する民俗文化・芸能との交流

【出演者】

・久保田青年会

・与論島十五夜踊り

・ゆんぬエイサー

・舞弦鼓

・ゆんぬ太鼓

・町舞踊団

・川畑 アキラ

・キャッチ&リリース

・与論バンド

・アイヌ伝統儀式〈カムイノミ〉

・アイヌ伝統舞踊

・新道エイサータコライス

・かみさぎ舞鼓打人

・チャランケ祭楽団


~チャランケ祭とは~ 与論島での開催に向けて

チャランケ祭は、沖縄人とアイヌの東京での出会いがきっかけとなり、東京中野駅北口広場で 1994 年

から始まった祭です。

目的は、都会で日常生活を送りながらも、自分たちの誇りである伝統文化を再確認し、認め合うこと。

また、文化を通して人と人とがふれあい、交流を深めることです。

毎年 1 年に 1 回秋 広場に集い、エイサーやアイヌ伝統舞踊をはじめ東北や九州、朝鮮半島、バリ、モ

ンゴル、また、オーストラリアやロシアの先住民族の芸能など、これまで様々な出会いを経て時代と共

に成長してくることが出来ました。数年前には、東京中野区から文化振興としての感謝状をいただき、

昨年からは全国の小学校の歴史の教科書でも一部取上げられることになりました。その祭も去年 20 周年

を迎え 1 つの折り返し地点を迎えました。

そこで、次の段階として、これまで培ってきた誇りを地元与論島に持ち帰り、確かめ合えればと考え

ました。島を盛り上げる為のささいなきっかけになれればと切に願います。

是非ともご協力賜れば幸いです。

祭りは「カムイノミ」というアイヌの儀式からはじまり、与論島の伝統文化やエイサー、バンド演奏

また、与論島郷土料理の提供で参加者全員が心から楽しめるお祭りになったらと思います。