New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:

毎回バケーションから帰ってくるたび、この家では何かが起こる。

キッチンの水道が凍って爆発しベルサイユ宮殿の噴水になったり、

屋根が強風ではがされて歩道にぶらさがり、警察から通報があったり、

風呂の金属の壁が漏電してさわったオレは弾き飛ばされ人間ピンボールになったり、

雨漏りで腐った畳に謎のキノコが生えていたり、

アトリエのキャンバスの間に猫が子供を産んでいたり、

去年は狸の親子が床下に住みつき、市役所役員と大捕り物帖を演じたり、

狸が出入りしていた床下

今回はいったいどんな事件が待っているのだろう?

成田から今までなかった日光行の直行バスが出ていて、ラッキーと飛び乗った。

自宅の玄関を恐る恐る開けてみる。

むんとした湿気が漂い、そこらじゅうがカビだらけだ。

今回はカビのジャングルでアナコンダでもでてくるのかと思いきや、意外にたいした被害はない。

四方の窓を開け放って空気を入れ替え、革じゃんやテーブルについたカビをティッシュで拭き取れば終わりである。

翌日に2000枚のCDが業者からとどき、20個の段ボールを玄関からいちばん遠いアトリエの奥まで運ぶときに腰を痛めた。

今回はぎっくり腰事件かと思いきや、立てないほどではない。

さらに翌日がん検診に車で送ってくれる妹から驚愕の事件を聞かされた。

「あの家に危険生物が住みついているって近隣から電話があったの」

「なに、風呂にサメとか、床をやぶってクマでもあらわれたか?」

人間にとってもっとも危険な生物はサメやクマじゃなく、、、

スズメバチよ!」

「ええっ!」

「だって栃木県那須烏山市で77歳のおばあさんはがスズメバチに刺されて死亡した事件があったでしょ。おばあさんは神社の境内でミョウガを採っていたときスズメバチに襲われ、頭を中心に91箇所も刺されていたんだって。

業者さんの話によると、スズメバチは毒針と強烈なアゴを武器にして獲物を襲い、コガネムシ、セミ、バッタ、ヘビやカエルの死体、哺乳類の死体などからも肉を巣に持ち帰る。

スズメバチに刺されて死ぬ人は年間平均で34名。多いときは70人を超す。これはクマによる死亡事故の10倍以上なんだって」

「そ、そんな危ないハチなんか、スンズメー!」(死んじめえー)

「冗談じゃなくて、うちの裏手に住むHさんは子供を外で遊ばせることができなくて、車に乗るときも急いで飛び乗っていたそうよ」

「家にいないオレだけが気づかず、そんな殺人兵器の発射基地がうちだったなんて。で、どうなったの?」

「あたしが業者をたのんで見にいくと、家の屋根の隙間に巣をつくっていて、そこから何匹も飛び立つのを見たわ。業者さんはスズメバチが夕方巣に帰る習性を利用して一気に駆除してくれたの」

ふぅ~なによりも被害者が出るまえに駆除してもらってよかった。

だってうちから飛び立ったスズメバチで誰か死んだら、まるで自分が刺殺事件を起こしたような罪悪感に一生苦しむことになる。

オレには『ネタの神様』が憑いていて、毎回奇想天外なネタを提供してくれるのだが、

あんたちょっとヤリすぎ。

そこまで危ないネタは求めてないから。

ジャンキー時代からがんの余命宣告まで十分に危ないネタはいただいたんで、これからはちょっとお手柔らかにつーか、笑えるていどのネタを与えたも~れ。

スズメバチの話を聞いてすぐがんセンターで採血した。

注射針が毒針に思えて緊張したら、看護師さんが血管外してかきまわされた。

とほほ、泣きっ面にハチ。

 

ライブスケジュール

こちらのYouTubeでNHK「あさイチ」の「アジアに落ちる」紹介部分が見られます。

書籍版AKIRA名言&写真集「Will」(2500円)、電子書籍写真集(500円) 販売ページ。

AKIRA語録

AKIRAアルバム全曲解説

(曲名をクリックするとYouTubeに飛ぶようにしてあります)

AKIRA全書籍紹介

著作ページ

CDページ

AKIRAライブの作り方

★ たくさんの自殺志願者を救ってきた「COTTON100%」がNHK日本の100冊に選ばれました。

★動画ページ  【 1.Shino Tanaka 】 【 2.Toshi 】 【 3.Mr.ピーン

AKIRA歌ギターコードつき

AKIRA歌のれん分けプロジェクト

AKIRA歌のれん分けプロジェクト~楽譜・譜面共有~≪facebook page≫

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01


お盆に休みをとれたのは、10年ぶりくらいだ。
夏休みのこの時期にはフェスやらライブが目白押しなのだ。
今回は2週間近い休みの間に悠日ライブや新聞社のインタビューはあったが、残りは家の改修に費やした。
ひどい雨漏りで畳が腐葉土となり、怪しいキノコまで生えていた部屋だ。
photo:02


業者さんにきちんと屋根を直してもらい、廃墟だった家屋の半分をタカシといっしょに床や天井をつくった。
photo:03


おかげで使える部屋が4部屋も増えた。
photo:04


きっと祖先たちがオレに鞭打って、思い出を修復させたんだろうな。
photo:05


部屋というのは心とシンクロしていて、
部屋が片付けば、心もすっきりする。
部屋が増えれば、心に余裕も生まれる。
photo:06

(ついでに靴箱まで作った)
ここからまた新しい創作が生まれていくのだろう。
photo:07



※ライブスケジュール

href="http://stat.ameba.jp/user_images/20130713/12/akiramania/83/49/j/o0500070712607935591.jpg">New 天の邪鬼日記-130819福井ライブ

8月19日(月 AKIRA誕生日)福井県敦賀市にてライブ
会場:さみどり保育園 本町
開場18:00 開演18:30
チケット:大人前売り2000円 当日2500円 中高生1000円 小学生500円 3才~5才200円
チケット取扱い店 キトテノワ、おやじの家魚(とと)、ヴーヴレイ、(有)さくら不動産、ヘアーサロンタカギ、Love Hearts OHANA、Fwat、八百季みやもと、maruco(順不同)
お問合せ;pinkyswan222@gmail.com
09094407169
※午前中、同保育園にてミニミニライブ(一般非公開)

New 天の邪鬼日記-taya

8月21日(水)石川県野々市市ボヘミアンにて「AKIRA LIVE KANAZAWA 」
野々市市ボヘミアン
石川県野々市市白山町10-23木野ビル1F 「 ボヘミアン」.
TEL : 076-246-5670.
E-mail : bohemian-live@hinotori-yume.com.
19:30 ~
ゲスト;ソーセージ
企画;田谷船長

8月23日(金)金沢にてライブ
開場 18:30 開演 19:00
会場 : 金澤町屋 Gallery & Cafe 椋 ( 金沢市東山2丁目1-7)
料金 : ¥2000
申し込み先 : 076-255-6106 (Gallery & Cafe  椋) 090-7434-6238 (後藤)
※ 駐車場が少ないので、なるべく乗り合わせてお越しいただけると助かります。 よろしくお願いします。

8月24日(土)富山県にて演劇祭「スコット」観劇

8月25日(日)富山県高岡市にてライブ
OPEN13:00 START14:00 
会場 : 城東音楽院ホール
(富山県高岡市城東2丁目993-1 TEL:0766-22-6522)
http://www.joto-ongakuin.com/
前売り2500円(当日3000円)
チケット限定 70名/小学生以下無料
主催: ゆりえさん

8月26日(月) 富山県 砺波市
AKIRAセルフストーリーオペラ「COTTON100%」
OPEN18:00 START18:30
会場: 天然素材の家 ヤマヒデホーム「秀夢木楽館」
(富山県南砺市山斐184-2 TEL0763-82-5585)
http://www.yamahidehome.co.jp/top/
予定前売り2500円 (当日3000円) チケット限定:30名
主催: ゆりえさん ヤマヒデホーム

9月2日~12日北海道札幌市にてレコーディング

9月13日(金)、14日(土)北海道札幌市にてライブ予定
主催;酒井嘉子さん

9月15日(日)札幌「Hells Kitchen LUST EMPEROR」でライブ
18:30 Open 19:00 Start
¥2500ワンドリンク付
Hells Kitchen LUST EMPEROR
北海道札幌市中央区南5条西4クリスタルビル5F
011-522-9884
プロデュース SHINGO
主催 彩結の風

9月20日(金)岐阜県池田町「ナマステ」にてうさと展ライブ
開場 18:30 開演 19:00
会場 : 自由空間 ナマステ (岐阜県揖斐郡池田町八幡2579-3 清水ビル)
料金 : ¥2000
申し込み先 :090-8861-3188(清水)
090-7434-6238 (後藤)
090-5639-8317(中城)

9月21日(土)静岡県浜松市にてAKIRAXしょうへいトークライブ
人力車で日本一周をしたしょうへいのおもしろトークにAKIRAが歌を添えます。
主催;たえこさん

9月22日(日)愛知県豊橋にてネアリカ&ライブ
昼;ネアリカ
夜;ライブ
主催;ヒサコさん

9月23日(月。敬老の日)岐阜県関市「カフェぷらな」にてライブ
岐阜県関市肥田瀬310-1

9月25日(水)がん検診

9月27日(金)古市佳央バースディ企画
古市佳央X佐藤誠司セルフストーリーオペラ「奇跡の出会い」

別々の場所で、別々の人生を歩んできた。
社会に反発し、家族を恨み、仲間と恋人だけが支えだった。
青春を謳歌していた21歳の誠司と16歳の佳央は、
突然、地獄へ突き落とされる。
笑顔も、健康な体も、生きる希望さえ奪われた二人を、
待ちかまえていたのは、想像を絶する試練だった。
「生きてる意味がない」
「生きる価値がない」
「死んでしまおう」
生きる希望を失った二人に用意されていたのは、

~奇跡の出会い~

本当に人を救えるのは、
医療でも神でもない。
「出会い」それはまさに奇跡そのものなのだ。

古市佳央と佐藤誠司が半生を自ら語り、AKIRAが魂をふるわす歌を融合させ、新たなセルフストーリーオペラが誕生した。今年7月沖縄で初演をむかえる と、観客は佳央と誠司の気迫あふれる語りとストーリーに衝撃をうけ、AKIRAの歌に歓喜の涙をながし、最後は会場全員でカチャーシーを踊りまくるという 愛に包まれた。
これは佳央と誠司それぞれのセルフストーリーオペラとは全く別の新しいオペラだ。しかも新たに、ピアニスト藤本ゲンの参加が決まった貴重な東京公演は見逃せない。
この日はスペシャル企画として<古市佳央の誕生日>をお祝いします!!! 
佳央と出会い、生きる喜び、楽しみをともに過ごしたあなた!
いっしょに出会いを祝福しよう!

原作・語り : 古市佳央 佐藤誠司
脚本・歌  : AKIRA
ピアノ : 藤本ゲン
日時: 9月27日(金) 18:30開場 19:15開演 21:00終演
会場: 竹ノ塚地域学習センター 4F 大ホール(足立区竹ノ塚2-25-17) 
※竹ノ塚駅東口より徒歩5分 地図はコチラ
http://www.kousya.jp/manabi/institution/02takenotsuka/summary.phtml
料金: 前売2500円、 当日3000円、 学生1500円、 未就学児無料
お振込み先
前売りチケットの料金は下記銀行口座までお振込み下さい。
三菱東京UFJ銀行
戸塚支店
0120784
ビッグチェンジ
振込票を持ってご来場下さい。

主催: ビッグチェンジ
ご予約・お問合せ
Mail:  2012@bigchange.gmail.com
Tel : 090-8496-5383 安西

出演者プロフィール

★古市佳央・語り★
1971年東京都生まれ。「やんちゃ」な少年だった高校一年の春、バイク事故で、重度熱傷41%という生死をさまよう大やけどを負うが、奇跡的に命を取り留める。
自らの変わり果てた姿に絶望し、真剣に自殺を考えるが、その後3年間に渡る治療を通じて、さまざまな入院患者とのふれあいを経験し、再び生きる希望を取り 戻す。退院後は、一般社会の人々の好奇と嫌悪、同情の視線にさらされ、逆に精神的な強さがつちかわれる。現在は障害者と健常 者の垣根をなくし「生活の質」の向上を目指す、『オープンハートの会』の運営をおこなう。東日本大震災後は、「友達づくり」のために足しげく東北へ通い、 信頼と心のつながりをもった支援を継続させている。自己の体験を通じて得た命の大切さ、出逢いのすばらしさ、当たり前に感謝する心を伝えつづけ、全国各地 の小中学校や高校、大学、企業、施設に招かれて講演活動をおこなっている。
全国講師オーディション2013ではグランプリを受賞し日本一の講師となる。
目標は「この世の中を温かい心を持った人で埋め尽くすこと」
古市佳央 ホームページ http://www.furuichiyoshio.com/
メルマガ「宝物の一言」 http://merumo.ne.jp/00577607.html
ブログ http://ameblo.jp/f440440/
著書「這い上がり」「君の力になりたい」

★佐藤誠司・語り★
昭和 41 年生まれ。ツッパリ全盛期の時代、2000人の暴走族のリーダーとして恐れられ、雑誌やテレビでも取り上げられるほどのワルだった。青年になった誠司は恋人を幸せにするため、真面目になろうと結婚を決めた直後、仕事中に上司のミスで 全身の50%に大やけどを負う。50回に及ぶ移植手術を受け、絶望のどん底にいたとき、同じ病室に運ばれてきた大やけどをおった16歳の少年、古市佳央と運命的な出会いをはたす。
誠司は社会を、家族を、人を恨むことしかできなったが、古市少年の懸命に生きる姿に自分自身を重ね生きる気力を取り戻していく。同士となった古市少年と病院の中で、「いつかやけどをして良かったと言える人生にしよう」約束し、それから25年もの歳月が経った。
東日本大震災後、 AKIRAの歌を被災地に届けるために何十回も 避難所や仮設住宅に通った。ライブ中、人前で話す ことを勧められ話し始めると、誠司の姿と話に共感を得た被災地の方々から、「生きる勇 気をもらった」と沢山の感想をもらい、自分の使命に気づく。北海道、沖縄、東北など全国で「佐藤誠司セルフストーリーオペラ」をおこない、感動と出会いを広げている。

★AKIRA・歌★
1959年日光市生まれ。世界130か国を旅し、10年間アメリカ、ヨーロッパで美術活動をする。NYアカデミーではアンディ・ウォーホルから奨学金を得 てアートを学ぶ。旅で出会った先住民やシャーマンから独自の死生観を学び、帰国後に母親を目の前10センチで看取り「アジアに落ちる」、父親の死後メキシ コで家族の自伝「神の肉」を執筆。20代で書いた処女作「COTTON100%」はNHK日本の100冊に選ばれ、今年8月単行本として出版された(幻冬 舎出版)。東日本大震災後は被災地ライブを精力的におこない、2012年1月ライブ中に吐血、同年3月に胃癌摘出手術を受ける。病いを完全復活させ、現在 は音楽活動を中心に執筆、絵画製作をおこない、日本でもっとも多くのライブに呼ばれるミュージシャンとして活躍中。
古市佳央、佐藤誠司をはじめ30人以上ものセルフストーリーオペラの脚本を手がけ、様々な人間にスポットライトを当て世の中に広めている。
AKIRA ホームページ http://www.akiramania.com/ (アキラマニアで検索)

★藤本ゲン・ピアノ★
4歳からピアノを始め、 ピアノ漬けの青春時代を送る。 数々の合唱団のピアノ伴奏、クラシック界の歌手の伴奏を勤める。経歴からは珍しく「即興演奏」にもかなりの定評がある。和太鼓奏者としても活動。1998年にブラジル公演を行う。妻、日野原希美と「fufu」という夫婦ユニットとしても活躍し、ピアノ、和太鼓などでライブ、コンサートをおこない、音楽療法で福祉園、小中学校などで講師としても活動中。 彼の優しく力強い、感覚の研ぎ澄まされた演奏もさることながら、その柔らかな人柄に「彼と共演したい」という演奏家は多い。古市佳央と佐藤誠司のセルフストーリーオペラをはじめAKIRAライブの伴奏は「藤本ゲンが一番歌いやすい」と言わしめる。
fufuホームページ http://fu-fu.jimdo.com/

9月29日(日)野田市木間ケ瀬にてライブ
午前10時開演
主催;千葉久美

10月。1ヶ月間、海外で執筆旅行予定。

10月27日(日)岐阜市「グランデール岐山」にて名古屋志塾卒塾式

11月2日(土)栃木県にて志塾卒塾式
MINORU & AKIRA トークライブ

11月8日(金)宇都宮市ギャラリー悠日にて「AKIRA塾 其の四」完全生声ライブ
開場17;00 18;00開演
電話予約;2500円 当日2800円
〒320-0838栃木県宇都宮市吉野1丁目7番10号(地図。http://www.yujitsu.com/?page_id=389東部宇都宮線、南宇都宮駅より徒歩1分)
電話予約;028-633-6285 【FAX】03-6745-8932 ( eFaxです)
11時~18時まで 毎週水曜・第一火曜定休 個展開催中は営業することがございます。

11月9日(土)三重県鈴鹿市にて「宮紋音楽祭」
主催;アパッチ宮原

11月10日(日)三重県鈴鹿市にて「宮紋音楽祭」
主催;アパッチ宮原

11月14日(木)大分県大分市にて柴田久美子セルフストーリーオペラ「ありがとうの贈り物」
主催;ミキ&エミ

11月15日(金)大分県大分市にてAKIRAライブ
主催;ミキ&エミ

11月16日(土)福岡にて「太志塾」ライブ

※前後11/12,13,17,18に九州ライブ募集。

11月23日(土)東京青山にてマサ結婚披露宴ライブ
16;00~

11月30日(土)栃木県高根沢にて「熱気球ふれあい in 高根沢」にてライブ
12;00~13;00

12月1日(日)栃木県足利市にて栃木志塾卒塾式 MINORU & AKIRA トークライブ

12月4日~13日ホノルルマラソン参加(8日本番)

12月14日(土)東大宮にて「愛する人への手紙 第三章」

12月17日(火)栃木県西那須野町にてMINORU & AKIRA トークライブ

12月20日(金)札幌「響きの杜クリニック」にてライブ

12月21日(土) 北海道帯広にてライブ
ゲストミュージシャン;fufu。ダブルげんさん(ウッドベース&ピアノ)

12月22日(日) 北海道恵庭にてライブ

12月23日(月 天皇誕生日)札幌にてライブ予定

12月24日(火)札幌にて看取り士 柴田久美子オペラ
主催;鈴木りえ

12月25日(水)北海道千歳にて大将&のりちゃんオペラ

12月29日(日)神戸「なんじゃ」にてライブ
主催;としこママ

12月30日(月)神戸「わんちあランド」にてライブ

2014年2月2日(日) にぽぽオペラ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アキラ屋敷は、お化け屋敷と呼ばれていた。
photo:01


なんと築100年近い歴史を持つ。
祖父松吉と祖母とよが、1920年代に建てた家だ。
当時日光でミニ万博みたいなもんが開かれ、その廃材を使って、腕のいい大工タケちゃんが建てたという。
たしかに木造建築で100年住めるなんて、法隆寺なみじゃん。
ここで親父文夫が生まれ、オレと妹が生まれ、父母、両親、兄弟の6人家族とニューヨークから連れ帰った猫2匹とで暮らしていた。
今はオレの一人暮らしだが、死んだ家族や猫に守られているようで世界一落ち着くスイートホームだ。
雨漏りがひどくて毎年屋根のブルーシートを張り替えていたが、今回初めて業者さんにたのんで完璧に直った。
そこで廃墟と化した家の半分をリフォームする大作戦を敢行した。
相棒は大工経験もあるタカシだ。
photo:02


タカシも最近落ち込みぎみだったので、いいリハビリになるだろう。
photo:03


たった3日間で4畳半、4畳半、6畳の3部屋を直すという無謀な計画だ。
ボロボロの天井、
photo:05


穴だらけの床をまえに愕然となる。
photo:04


本当にこんなお化け屋敷をリフォームできるのだろうか。
photo:06


いやいや、何事も自分で行動しなきゃ始まらない。
ホームセンターで材料を買い込み、
photo:07


壁をとっぱらい、畳をはがし、ゴミを床に埋め、天井にベニヤ板を張り、廃材で床下のさんを組み、コンパネを張る。
photo:08


朝から晩までタカシといっしょに泥まみれ、汗まみれになりながら、
photo:09


ついにドリームハウスが完成した!
photo:10


すごいでしょう?
素人大工でもこんなすごい家ができちゃうのよね。
photo:11


何かにチャレンジするとき、人はいつでもできない理由を探し始める。
ところがどんな人にも無限のポテンシャル(潜在能力)が眠っているのよ。
だから大切なのは最初の一方踏み出すこと。
さぁ失敗を恐れず、なんでもチャレンジしていこうぜ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。