New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
8月18日(水)五島列島福江島「WINDY」ライブ

五島列島って、どこだかわかる人手をあげて?
ハーイ!
なんかイルポンツク(日本海の韓国語)のどこ?
って感じだ。
近いのよ。長崎駅から徒歩5分のジャットホイル乗り場から、わずか1時間半で光降り注ぐ島にいける。
ところがオレが港に降りたらとんでもない豪雨だった!
「AKIRAさん、嵐をつれてきたでしょ?」
主催者のミワン(MWN)が言う。
「きてないよ、沖縄からぜんぶ台風はそれていったし、この豪雨って拒絶なのか歓迎なのかわかんないじゃん」
今年ミワンの母が死に、今回は初盆で故郷にもどってきた。
「きっと浄化の雨ね。島や私の中にわだかまった過去を洗ってくれるんだわ」
「おおーポジティブシンキング!」

雨が上がり、町を歩いていると不思議な郷愁にとらわれる。
石垣や古い家、小学校や商店を見ても胸がきゅんとしてしまうのだ。ついつい写真もたくさん撮ってしまう。なんなんだろう、このなつかしさは?
New 天の邪鬼日記-100818kminato

New 天の邪鬼日記-100818shougakko小学校

New 天の邪鬼日記-100818ie普通の家

「ダウンタウン・ホテル」への道を聞いたら「のってきなさい」と車に乗せてくれるのでびっくりした。あとでミワンに聞いたら、「島では普通のことよ」という。

五島列島といえば、五島うどんだ。
遣唐使が日本を離れる最後と帰りの最初に立ち寄るのがこの島なのだ。だからこの島はもっと早く先端文化がはいってきた日本の玄関だった。
五島列島は日本ではじめて麺文化が伝わり、麺発祥の地と呼ばれている。
日本3大うどんは、香川県の讃岐うどん、秋田県の稲庭うどん、そして五島うどんなのだ。(4大うどんだと群馬県の水沢うどんもはいる)
美しい石垣が残る武家屋敷通りへいった。
New 天の邪鬼日記-100818bukeyasiki

武家屋敷を再現した「ふるさと館」では、本格的な五島うどんが食べられる。椿油を練りこんだ麺は独特の滑らかさとコシがあり、飛び魚のダシが絶品だ。
New 天の邪鬼日記-100818udon

五島米の焼きおにぎりはシソでくるんで食べると最高。デザートのかんころ餅は、サツマイモともち米、砂糖とゴマをいっしょについたもので、これまた美味い!

島の名産は椿油だ。だからって島のアイドルの芸名が五島つばきって!
New 天の邪鬼日記-100818idol

島で唯一人気のラーメン屋は富江にある「ラーメン敏」だ。ここのおすすめは、「海老塩ラーメン」である。ほんのりとした甘みのスープにチンゲン菜と海老がのっている。このとろみと細麺はすばらしい相性だ。
New 天の邪鬼日記-100818ra-men

「バンブー」の苺氷はイチゴの果肉入りで練乳がかかっている。いっさいシロップを使わない大人の味だ。
New 天の邪鬼日記-100818itigo

もと測量士のシゲルさんが五島の島めぐりにつれていってくれた。
堂崎天主堂は海辺に立つレンガ造りの教会だ。
New 天の邪鬼日記-100818tenshu

秀吉、家康から明治初頭まで、250年間の弾圧を受けたクリスチャンの歴史は悲惨なものだ。
キリストやマリアの像を祭ることができないので、マリアに似た観音様に祈りを捧げていた。これが「マリア観音」である。
New 天の邪鬼日記-100818mariakannon

有名な「踏み絵」は、キリストやマリアのブロンズ製レリーフを踏ませられる。泣く泣く踏み絵をしたものは罪の償いとして、足を洗った水を飲んだという。
New 天の邪鬼日記-100818humie

井持浦(いもちうら)教会ルルドは、フランスにあるルルドの泉の水が混入された霊泉として、さまざまな病を治しているという。
New 天の邪鬼日記-100818rurudo

たしかにここは不思議な磁場をもち、教会に入るとかすかに「ブーン」とした耳鳴りが聞こえる。
New 天の邪鬼日記-100818rurudokyoukai

大瀬崎は夕日の絶景スポットで、東シナ海に突出した大瀬崎灯台はじつに美しい眺めだ。
New 天の邪鬼日記-100818toudai

津多羅島は寝ころがったキューピー人形そっくりのシルエットなので、通称「キューピーちゃん」と呼ばれる。
New 天の邪鬼日記-100818qp

福江城跡は三方が海に臨む日本唯一の海城で、黒船(外国船)の来襲にそなえて江戸時代最後に築城された。
New 天の邪鬼日記-100818ohori

お堀には鯉が優雅に泳いでいる。
New 天の邪鬼日記-100818koi

五島列島のお盆はお墓をちょうちんで囲んで飾り付ける。メキシコみたいにいい風習だね。
New 天の邪鬼日記-100818haka

New 天の邪鬼日記-100818choutin

ライブの前に卓球とエアーホッケーで気合を入れる。
New 天の邪鬼日記-100818airhocker

会場の「WINDY」はマスター荒木さんの人柄に惹かれて人が集まり、20年以上も営業している老舗ライブハウス兼スナックだ。
New 天の邪鬼日記-100818windy

五島きっての人気バンド「ベベンコビッチ」のホームグラウンドで、彼らは毎週ライブを開いている。ボーカルのヒサシがPAをやってくれた。
New 天の邪鬼日記-100818hisasi

受付はフーミン、神奈川からスナオとスナハハ、アキヤマヨウコ、東京からキミコさんとカズミ、八王子からモトコさんが母ヨウコさんをつれてやってきた。母ヨウコさんは息子を過労死で亡くして以来ふさぎがちで、後悔や罪悪感をぬぐえないでいた。娘が「AKIRAさんの歌を聞けばなんとかなるかもしれない」とわざわざ五島列島までつれてきたのである。
主催者のミワンからはこうリクエストされていた。
「今日はおばあちゃんが多いので、いっしょに楽しめるような選曲にしてください」
会場が超満員の60人中20人はおばあちゃんである。なんとうれしいことだろう。
New 天の邪鬼日記-100818kankyaku

お盆で死者たちもいっぱい集まっているし、今日は特別なセットリストを組んでみた。

1、 おかえり
2、 ばあちゃんの手
3、 米をとぐ
4、 ウレシパモシリ
5、 だいじょうぶマイフレンド
6、 たったひとつの命
7、 絆
8、 PUZZLE
9、 背中
10、 「神の肉」朗読
11、 Life is Beauteful
12、 家族
13、 Hello my mom!
14、 MOVE! MOVE! MOVE! (アンコール)
15、 ありがとう(アンコール)
16、 Happy Birthday(アンコール)
New 天の邪鬼日記-100818akiup

もうばあちゃんたち、最高! 最初から大のりで手拍子はしてくれるは、つっこみはいれてくれるは、「MOVE! MOVE! MOVE!」で大合唱し、「ありがとう」では全員が手をつなぎウェーブする。
おお、トドメはサプライズの誕生ケーキが登場する。
New 天の邪鬼日記-100818cake

AKIRA歌替え歌グランプリで優勝したスナハハとミワンが「Happy Birthday」の替え歌を披露する。
「AKIRAに会えてよかったよー、腐れ縁は一生つづくぜー」
New 天の邪鬼日記-100818happybd

打ち上げで、親友すなおがTシャツをプレゼントしてくれた。
New 天の邪鬼日記-100818sunao

「バラかってどんな意味?」
スナオじゃなく、ひげの男性が解説してくれた。
「ケンカっぱやいとか、ヤバイくらいすごいやつっていう意味です。この方言のTシャツ、わたしがつくったんです」
おおー、まさか製作者がきてくれていたとは!
五島名物「バラモン」凧って、インドのバラモン教からきてると思っていたが、「バラもん」はケンカっぱやいやつって意味なんだって。凧を空中で戦わせる競技のためだからね。
New 天の邪鬼日記-100818tako

五島の方言はおもしろい。ほかにもこんなTシャツがある。
「げさっか」(スケベ)
「ギラはり」(見栄っ張り)
「どンばら」(メタボ。五島は食い物が美味いので太る)
「びっつん・みじょか」(かわいくなくて、かわいい。顔は悪いが心は美しいというほめ言葉)
ほんと島の人はユーモアにあふれ、あたたかい。
とくにおばあちゃんたちはすばらしいよ。よく笑い、よく泣き、最高に楽しんでくれた。
子供と老人は神様に近い存在だ。
沖縄のことわざに「軒の下はもう後生(ぐしょう=あの世)」と言うくらい、あの世とこの世は隣り合わせにある。そのことを子供と老人は知っているので、過去や未来にとらわれず「今」を生きている。
あの世や死者の世界を信じるかどうかは自由だが、実践的なメリットを考えてみよう。
死んだら真っ暗闇のはいそれま~で~よ~と考えるのは、これは循環を断ち切られた世界観だ。歴史的には非常に浅く、ニュートンの「機械宇宙論」や「科学万能論」など、せいぜい200年くらいの流行にしか過ぎない。
これは近代の病とも言うべきもので、恐怖と不安や孤独感からニヒリズムや自暴自棄に陥り、他者への感謝や生きる喜びが生まれにくい弊害がある。
一方、あの世や死者の世界を信じる歴史は人類史同様2000000年ほどもつづいてきた世界観だ。
「死者は生者を見守り、導いてくれる」と考える「循環する世界観」は、人間だけでなく、動物や植物、世界そのものとつながり、孤独感が消える。他者への感謝が生まれ、生きる喜びを享受できる。
シェルドレイクやボームなど、先端科学、とくに量子物理学などの分野ではこの考え方に近づいているのもおもしろい。
老人たちはやみくもに古い迷信に執着してるのではなく、本能でどの世界観が「現実の生活」に役立つかを知っているのだ。
どう、あなどれないだろ~?
今日は、ミワンのかあちゃんも、ヨウコさんの息子も、新潟DJミーコさんも、うちの両親も、観客の死んだ家族たちも、死者も生者もいっしょににドンちゃん騒ぎをやらかしたすばらしいライブだったなあ。
New 天の邪鬼日記-100818banzai

死者にとっていちばんの喜びは、残された家族が楽しく生きていることだからね。
この島は死者や精霊、見えない世界と生者を隔てる壁が薄い。不思議なノスタルジーを感じさせる「光降る島」五島列島。
「姫はいっぺんで好きになったぞよ」
New 天の邪鬼日記-100818hime

※ライブスケジュール

※9月15日~20日にライブ、またはオペラを企画してくれる人を募集します。

8月19日(木)51歳の誕生日。ベストアルバム「ソウルメイト」発売予定

8月20日(金)長崎県雲仙ネアリカ&ライブ
デイサービス「たすかる」にてネアリカワークショップ
南島原市深江町大野木場
前半10:00~11:30
後半13:00~2:30

午後7時00分~
場所:星のきかんしゃ(長崎県南島原市深江町戊3951-151)
 参加費:大人前売2000円 (当日2500円)
 中高生前売 800円 (当日1000円) 小学生以下無料 ※今回は限定40人!
一筆画アーティストAKKO(東京在住)とのコラボもあり!
 ライブ後は懇親会を行います。宿泊もできますよ~(宿泊費1000円位)
☆翌21日(土)はアート教室を開催♪
講師は、AKIRAさんと一筆描きアーティストAKKO。
AKIRAさんは毛糸で絵を描くネアリカを、AKKOは一筆描きを教えてくれます。
AKKOが描いた大きな一筆画に、みんなで色を付けたり…かなり楽しいことになりそう♪
☆日 程 午前の部 : 10時半~12時半  午後の部 : 13時半~15時半
☆午前、午後、それぞれに教室があります。午前にネアリカ、午後に一筆描きとか、逆もあり。
また、午前午後通してどちらかの体験もOK。
☆参加費  大人 1500円、中 高 生 1000円、小学生以下 500円
※前日のライブ参加者は、大人1000円、高校生以下500円に。
※材料・用具など
☆ネアリカ…毛糸(6~12色)、キャンパス(材木)、はさみ、木工ボンド、好みでビーズやスパンコールなどの貼り付けるもの。
☆一筆描き…色鉛筆、絵の具、クレパスなど)がある人は持参してね。
※材料・用具は、主催者でも多少準備します。(若干、要材料費)
★主  催  STAFF530(ごおさんまる)
○予約・問い合わせ・・・田 原 090-4775-7172singing-heidao@docomo.ne.jp
濱 口 090-8398-4679  mihotarochan@ezweb.ne.jp

8月22日(日)福岡市通所授産施設「ビエント」で「ふれあいライブ」

8月23日(月)広島市「PERCUSSION HOUSE PICO 」にてライブ
広島市中区流川町7-6 第5白菱ビル 4階 電話:090-1183-9095
開場19:30 開演20:00 2000円(1drink)

8月24日(火)広島県呉市「night cafe RAZZ」にてライブ
呉市中通り4丁目3-19-2F左ドア Tel.0823-25-7810
開場20:00 開演21:00 チケット1500円+1ドリンク

New 天の邪鬼日記-100828yokosuka.jpg

8月28日(土)AKIRAライブinヨコスカ
横須賀三浦教育会館ホール
開場14:00 開演14:30~終了16:30予定
料金:一般2000円(前売り1800円) 高校生・中学生1000円 障害者1000円(介助者1000円) 小学生以下無料
「横須賀三浦教育会館」横須賀市日の出町3-19-16
http://ymkk.sakura.ne.jp/
京浜急行県立大学駅下車徒歩10分。バス便もあります。詳しくはHP参照。
出演:AKIRA よろずピースBAND そよかぜバンド
知的障がいを持つ少年4人のメチャクチャハッピーな「そよかぜバンド」
リヤカーにアンプを積み、雨の日も風の日も歩きながら平和への思いを
歌い続けるイカすオヤジバンド「よろすピースBAND」
そして、歌で人と人を結びつける魂の歌手AKIRA
この3組の出逢いがどんな奇跡を起こすのかワクワクドキドキ乞うご期待!
夏の締めくくりはAKIRAライブinヨコスカで決まり! 横須賀へみんな集れ~!!!!!
申し込み問い合せ:すなハハ 09061276962
non-key★s5.dion.ne.jp
★を@に変えて「ライブの件」で送信してね!

8月29日(日)栃木県小山市「ロブレ」にて「ILY10周年記念」会に出演。
午前10時~12時

8月29日(日)栃木県益子にてサダ送別会ライブ
午後6時~

9月1日(水)~13日(月) 小笠原、父島、母島ツアー
9/2(木)来島
まさるさん宅で歓迎会

3(金)フリー、リハーサル
4(土)ネアリカワークショップ14:00~約2時間
大人600円子供300円

19:00~Yankeetown開場
19:30ライブスタート
前座未定
チャージ料金1000円

5日朝7:30母島へ出港
~母島スケジュールは誉さんに~
8日夕方父島到着~リハーサル?

9日(木)
10:00~福祉センター多目的ホールにて無料ライブ
19:00~JーBOY開場
19:30ライブスタート
前座未定
チャージ料金1000円

10日(金)ネアリカワークショップ9:30~約2時間
大人600円子供300円

11日(土)
19:00~Yankeetown開場
19:30ライブスタート
前座未定
チャージ料金1000円

New 天の邪鬼日記-tokachi4thライブフライヤー.jpg

New 天の邪鬼日記-100923ネアリカ.jpg

9月18日(土)東京にてガーナのパーカッショニスト・ユールとコラボライブ

9月23日(木 秋分の日)帯広ネアリカ&ライブ
★ネアリカワークショップ open09:30~ start10:00~
場所:丸美が丘温泉 live booth
住所:音更町宝来本通6丁目12
参加費:1500円 
持参して頂く物:ハサミ 
※準備の都合上、参加希望のかたは事前に申込みをお願いします。

★ライブ open17:30~ start18:00~
場所:丸美が丘温泉 live booth
住所:音更町宝来本通6丁目12
チケット:2500円(前売2000円)、障がい者手帳持参の方は500円割引、高校生500円、子供無料

主催:ウレシパモシリ@十勝   代表・お問い合せ:090-5074-3028(岩城)

New 天の邪鬼日記-100825takao1

New 天の邪鬼日記-100825takao2

9月25日(土)東京高尾ウレシパモシリ祭 出演
【日時】
9月25日(土) 原始回帰への旅    (雨天決行)
9月26日(日) ウーマンズ ティピ   (雨天決行)
≪参加アーティス≫
アシリ・レラ(アイヌの語り部)、ヒビキ(アイヌの踊り)、AKIRA(魂の歌)、ACHICO(ファイアーダンス&出産のお話し)、サヨコ(歌&わらべうた)、アキヒロ(ギター)、中山康直(縄文エネルギーのお話)、LAGO(トライバルサウンド)、マビ・マンジ&ゴンダブワテテメコ(ケニア ギリヤマ族の太鼓と踊り)、虔十の会代表 坂田(高尾山の生物多様性のお話し)、そうや(ジャンべ、バラフォン)、孝輔(ディジュリドゥ)、Jonny(ドラム)、Pikale(歌)、虹の花の遊美(インディアンフルート)、Dai(エチオピアのスライドショー)などなど
 ≪26日のワークショップ≫
★火を囲みアイヌ民族のグランマザー、アシリレラさんによるお話
★炎の舞師ACHICOの自宅出産体験のシェアリング、いのちのお話
★サヨコさん(サヨコオトナラ)の日本のわらべうた
★平山せいこさんの女性の身体の神秘、月経血コントロールのお話
★子宮を癒す、えなヒーリングマッサージ
★世界平和は家庭から、マクロビ&ローフード「食」のワークショプ
★その他、ベリーダンスやフラダンスなどなど
【場所】
日影沢キャンプ場 <http://www.rinya.maff.go.jp/kanto/takao/campzyo/campzyo.html>
東京都八王子市高尾町2181-1
【アクセス】
中央線or京王線の高尾駅北口から京王帝都バス2番のりば 高01『小仏行き』に乗車し、「日影」バス停で下車。バスの進行方向と同じ方向に200m進み、左折して林道に入る。  徒歩10分。 or Taxi
≪注≫・バスは本数が少なく、最終も早いため事前に時刻表をご確認下さい。
・ 駐車場が少ないためお車でのご参加は出来ません。どうしてもの方だけご連絡ください。≪ ↑ ただ今駐車場探し中≫
【時間】
25日  11:00からスタート (10:00から受付開始)朝8:00からカムイノミを行います。
26日  10:00からスタート
 ・25日は参加したい方は7:40までに会場にお越し下さい。
(神様とご先祖様に食べものを捧げますので、出来れば食べものやお酒をご持参下さい)
・両日とも出来るだけお早めにお越しください。(早い時間から盛り上げていきます)
【参加費】
25日  当日 ¥4,000  前売り ¥3,500 。
26日  当日 ¥3,000  前売り ¥2,500
宿泊      ¥1,000  ≪限定200名≫ (テント持ち込みの方のみで貸し出し無し)
・大学生、専門学生は、500円引き (学生証を必ずご持参下さい) ・小、中、高生は、半額 ・小学生未満は無料。 ・障害者割引、妊婦割引として半額にさせて頂きます。(両方とも手帳をご持参下さい)
【予約】⇒ uresipa_takao@yahoo.co.jp (受付担当:大西まで)
(フルネーム、電話番号、メールアドレス、 25日 or 26日 or 2日間、宿泊有無)
≪両日とも前売り券の予約は9月23日(木)18:00まで!≫(それ以降は当日券とさせて頂きます)
【お問い合わせ】⇒ earthtribes33@yahoo.co.jp
・会場は森の中のキャンプ場ですので、雨,防寒対策など野外に相応しい服装でお願い致します。
・キャンプ場周辺にはお店はございません。必要なものがあれば事前にお買い求め下さい。
 (食べもの、飲みもの、お酒類の販売はしております。持ち込みも可)
・キャンプ場は、どの機種ともに携帯の電波は入りません。 
  (バス通りまでお戻りになってお使い下さい)
・会場では貴重品以外の荷物のお預かりも致しております。
[持ち物]マイ皿、マイコップ、マイスプーン、マイ箸、雨具、下に敷くシート(ござ)、キャンプの方はキャンプ道具(キャンプ場での貸し出しは一切致しておりません。照明もございません)
≪注≫ ・詳細とスケジュール等は変更する可能性がございます。その為随時こちらで更新していきますので定期的にご確認下さい
⇒ http://www.watarigarasu.org/(エチオピア フォトグラファーDaiのHP内の日記〈ブログ〉
人が人を繋ぎ出来るだけ多くの人が来てくれることを願っております
《主催:Earth tribes (earthtribes33@yahoo.co.jp)》
《共催: 虔十の会   (kenju_sakata@yahoo.co.jp) 》
★鈴木洋見(Dai)公式ホームページ↓( http://www.watarigarasu.org )
世界放浪の時の写真や文章、スーフィー巡礼からキックボクシング時代の写真なども載っていますので是非覗いてみてください

9月26日(日)札幌「響きの杜クリニック」にてAKIRA with Johnnyライブ
〒064-0802 札幌市中央区南2条西27丁目1-9 TEL:011-632-8331
開場16:30 開演17時~

9月27日(月)昼にラジオ出演

9月28日(火)札幌「NEWパピオン」AKIRA with Johnnyライブ
札幌市東区北43条東7丁目3-13 新光ビル2F (北光線通沿い) (交通:札幌市営地下鉄 東豊線 栄町駅下車で、西方向へ徒歩10分。1Fに「和み」という焼鳥屋さんがあります) TEL: 011-753-3955
交通:・地下鉄東豊線「栄町」駅より徒歩12分
   ・地下鉄東西線「バスセンター」駅、又は地下鉄東豊線東区役所前」駅
    から中央バス北光線[東17]に乗車し「禎心会病院」下車。徒歩1分。
開場 18:00 開演19:00
料金:2000円(1dr付) 又は 3500円(時間無制限飲み放題付)
問合せ:011-753-3955
ライブ終了後はAKIRAさん、Johnnyさんを囲んで飲み会しましょう☆
料金:1500円(無制限飲み放題)フード別料金
※但し、最初に3500円飲み放題で支払いしてる方は料金はかかりません。

9月29日(水)当別「紙ひこうき」AKIRA with Johnnyライブ
石狩郡当別町元町140 電話(0133)23-4005
19時オープン 19時半スタート
参加費:2000円(ワンドリンク付)
主催:北のなごみの里準備会
申し込み先:うえだみゆき
TEL090-6994-0634
メールkitanonagominosato@gmail.com

9月30日(木)紋別「マクロ」AKIRA with Johnnyライブ

10月2日(土)札幌インターナショナル幼稚園にてネアリカとAKIRA with Johnnyライブ

10月3日(日)余市「EMAR140」にてAKIRA with Johnnyライブ
住所:北海道余市郡余市町栄28(アクセス) 電話:0135-48-7870

10月6日(水)札幌レストラン「のや」にてAKIRA with Johnnyライブ
18:00~受付   18:30~開演
札幌市中央区北2東11-23-14.   電話 011-621-5585 菖蒲
メルアド m.sho-bu@ezweb.ne.jp
交通アクセス, JR苗穂駅より北3条通を西へ、苗穂駅前郵便局の手前を左折し、1本目を右折。徒歩5分

10月8日(金)北海道小樽市桂岡小学校PTAにて ライブ&講演「幸せとは」 17:30~

10月10日(日)新潟市にて木村理恵出産オペラ「ありがとう」

10月11日(月。体育の日)新潟市にて古市佳央オペラ「這い上がり」

10月12日(火)新潟市にて脳性まひブラザーズ周佐のオペラ

10月14日(木)新潟市「子育て支援ドリームハウス」にてチャリティーライブ
ゲスト:脳性まひブラザーズ。ミスター・ピーン。
10:00~12:00

10月16日(土)新潟市青陵大学の学園祭ライブ

10月17日(日)茨城県にてリエ「出産オペラ」

10月18日(月)沖縄本島にて古市佳央さんと「這い上がり」オペラ

10月19日(火)沖縄本島にて古市佳央さんと「這い上がり」オペラ予定

10月20日~リエ「出産オペラ」ツアー予定

10月28日(木)福島県喜多方にてライブ

10月29日(金)仙台AKIRA with Johnnyライブ

10月30日(土)山形県鶴岡AKIRA with Johnnyライブ

10月31日(日)山形市やよいオペラ

11月2日(火)秋田県にてAKIRA with Johnnyライブ

11月3日(水 文化の日)岩手県にてライブ予定

11月5日(金)青森県にてライブ予定

11月6日(土)東京福生「UZU」にてライブ

11月四国ツアー予定

11月20日(土)神戸市「BARなんじゃ」
神戸市中央区布引町2-2-10モンラヴィ新神戸1F
開場:17:30、開演:18:30
一般(前売)3,000円、(当日)3,300円
学生(前売)2,500円、(当日)2,800円
(1drinkつき)

11月28日(日)埼玉県上福岡市 ギャラリーライブ居酒屋「でんつくばんつく」にてエツ&トシとライブ 
埼玉県ふじみ野市上福岡5-1-10

12月5日(日)「わかものフェスタ」ライブ
場所:宇都宮市駒生町にあります、とちぎ青少年センター(アミークス)
ゲスト:雨宮処凛

12月18日(土)栃木県宇都宮「キャンドル雷都とちぎ」ライブ
宇都宮オリオンスクエア

12月19日(日)埼玉県大宮か浦和にてクリスマスオペラ「愛する人への手紙」
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。