New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
4月3日(土)高尾「TOUMAI」ライブ
「アキラさんですか」
高尾で電車を降りたとたん、やさしい笑顔に出会った。
今日のライブでコラボするピアニスト重松壮一郎さんである。
New 天の邪鬼日記-100403treehouse.jpgトゥリーハウスで重松さんと

駅を出ると主催のキミコさん夫婦が出迎えてくれる。
ライブは夜だが、昼に「裏高尾」を「虔十(けんじゅう)の会」の坂田昌子さんに案内してもらおうという企画だ。
虔十(けんじゅう)というのは宮沢賢治のお話「虔十公園林」の主人公の名前からとったもので、人々から馬鹿にされながらも虔十は黄を植えつづけ、ひとりで森を作った男だ。
虔十の会は、ツリーハウス作りや、自然と人間の共存を考えながら高尾山の自然を守る環境NGOである。(問い合わせ:kenju_sakata@yahoo.co.jp)

約30人の人々が裏高尾に集まり、坂田さんのガイドで山へ入っていく。
「高尾山て、じつは奇跡の山なんです。都心から1時間足らずでこられるし、年間400万人もハイキングに訪れ、標高たったの599メートルしかありません。フランスのミシュラン・ガイドブックで今年も最高の三ツ星の観光地という評価を受けました。
ところがこの山はイギリス全土と同じ1300を超える種類の植物があるんです。北海道から沖縄までの日本全土で植物は約5300種類だから、その3割もが、ここにあります」
坂田さんは、小さな草花や苔を指しながら、とてもわかりやすく高尾山の小宇宙を説明してくれる。
New 天の邪鬼日記-100403yama1.jpgAll photo by HIDE

「日本の昆虫の三大生息地は、大阪の箕面山、京都の貴船山、そしてここ高尾山です。その数は約5000種にものぼります。昆虫が多いというのは、それを食べる鳥も多い。日本全国で確認されている野鳥は550種類で、高尾には137種類もの野鳥がいるんです」
坂田さんの本業は古本屋だが、その人柄を慕ってさまざまな人がイベントに呼ぶので、なかなか山でゆっくりする時間がとれない。坂田さんにガイドツアーもらうわれわれには奇跡的な幸運である。
「その高尾山が今危機にさらされています。2009年から、高尾山の水環境にもっとも影響を与えるトンネルの本格掘削が開始され、現在150mまで掘られているもようです。200mを超えると高尾山でも最も水を豊富に含む沢の直下に、トンネルがぶつかって大変なことになります。
高尾山は水袋のようなものです。山のおなかの中に、たっぷりと水をたくわえているんです。垂直となった地層に水道(みずみち)が、縦横無尽に走っています。この水袋をトンネルで破ると山自体が枯れてしまうのです」
New 天の邪鬼日記-100403ki.jpg

「高尾山をトンネルで貫く首都圏中央自動車連絡道(通称「圏央道」)は、東京都心より40キロ~60キロを結ぶ全長270キロの環状道路で、1987年に計画が発表されましたが、費用便益を分析してみると、たった3分短縮のために、3861億円かかるというバカげた公共事業なんです。わたしたちはただ反対を叫ぶ政治運動よりも、ガイドツアーなどをとおして高尾山のすばらしさを肌で感じてもらえるよう活動しています」
坂田さんのあとについて、川をわたる。
New 天の邪鬼日記-100403kawa.jpg

「じゃあみなさん川辺に立って目をつぶり、両手を集音機のように、耳にあてて、川や鳥や風の歌を聴いてみてください」
不思議なものである。こうして自然の音に耳を澄ますと、さまざまな音が聞こえてきて、心が洗い流されるようだ。
New 天の邪鬼日記-100403mimi.jpg

ライブ会場である「TOUMAI」(トゥーマイ)とはアフリカのチャドで発見された、人類最古の原始人のニックネームで「生命の希望」という意味である。
手作り雑貨の店「AMAHINA」のよこを降りていくと古民家を改装した素敵な建物がある。世界の雑貨やさまざまなアーティストたちの作品にかこまれながら世界の料理・ビールを楽しめるカフェだ。
今回のライブの主催者キミコさんがベルギーに住んでいたころから、オーナーで画家である白川由紀さんのブログを呼んであこがれていた店である。
くわしくは「TOUMAI誕生物語」を読んでみて。
またスタッフがマジでハートウオームな連中なのよね。
店長のアツとニャン夫婦、イタリアンから転向してきたサク、世界一周したアヤなどなど、沖縄にある高橋歩さんのビーチロックヴィレッジでオレと会っていたり、オレの本やブログを読んでくれている。
オレと重松さんという異色の顔合わせということで、主催のキミコさんは心配していたが、ふたを開ければ70人もの人々がつめかけ、これ以上ははいれないほどの超満員である。
New 天の邪鬼日記-100403kankyaku.jpg

坂田さんにオープニングのあいさつをしていただき、前半はオレの演奏からはじまる。
そうそうレコード会社にたのみこんで発売前に100枚だけ送ってもらえることになったニューアルバム「arigato」が届いた!
New 天の邪鬼日記-100403akiraup.jpg

1、 ウレシパモシリ
2、 世界はたりてる(ジャンベ:モミ)
3、 PUZZLE(ジャンベ:モミ)
4、 和解の歌(ジャンベ:モミ)
5、 愛することをやめないで
6、 MOVE! MOVE! MOVE! (ジャンベ:ヒロ)
7、 ありがとう(ジャンベ:ヒロ)

ジャンベのモミとヒロが参戦してくれ、今日も熱く盛り上がる。
ニューアルバムのサインで追われているうちに後半がはじまる。
重松壮一郎さんはひと言で言うと、「精霊」みたいな人だった。
New 天の邪鬼日記-100403sou.jpg

「重松さんが演奏すると鳥まで集まってくる」という伝説は聞いていたが、人間だけでなく、すべての命と交感するような「開かれた音」なのだ。
重松さんはとつとつとしたMCをまじえながら、やさしくもダイナミックなピアノで、即興演奏とオリジナル曲をくりひろげていく。
とくに20分もの大作「息をして」は今までに体験したことのないような世界に連れていかれた。
空中カメラが滑るように映像が広がっていき、豊かな色彩、森の匂い、風の感触などが体感できる。

フィナーレはオレとのコラボレーションだ。
重松さんのピアノに、パーカッションのモミ、ダンスのマミが加わり、オレは「COTTON100%」と「だいじょうぶマイフレンド」の詩を朗読する。
New 天の邪鬼日記-100403corabo.JPG

8、 だいじょうぶマイフレンド


これはおもしろかったなあ。AKIRAファンも重松ファンもびっくりの大傑作コラビができた。
懇親会では主催者キミコさんの誕生日を祝って、「Happy birthday」を歌う。そこに重松さんの即興ピアニカがくわわり、またもやすばらしいコラボができた。

9、 Happy birthday

聖地高尾の自然に触れたことによって、演奏にも奥行きが出たように感じる。
人が心地よいと感じる芸術は「自然の雛形」である。
自然というマクロコスモスを、作品とおいミクロコスモスに凝縮する。
心地よい音楽、感動する言葉も、まったく同じ原理が働いていると思う。
ダビンチは「人間の師匠なんかにつかず、自然を師匠にして直接学べ」と言った。
「えー、そんなこと言っても、自然は言葉を話さないし、教科書も書かないし、教えてくれないじゃん」と文句を言うかもしれない。
謙虚に心と耳を澄まし、自我とボーダーを消しゴムで消していく。
ほら、風は木々の弦を弾き、川は五線譜となり、鳥や虫が歌っているだろう。青空のキャンバスに雲が描く絵も、落ち葉に描かれた秘密の言葉が読めてくる。
君の心が開くと同時に自然の教科書も開けてくる。
人も自然ももともと同じ愛から生まれたのだから。

※ライブスケジュール

4月17日(土)、18日(日)長野県「境内アート小布施」にてライブ&アート参加。
長野県上高井郡小布施町大島90 玄照寺(アクセス
町内観光は周遊バス「おぶせ浪漫号」
●JR等ご利用の場合
東京方面から 東京→(1時間20分)→長野→(長野電鉄乗り換え)→長野→(20分)→小布施駅
関西方面から 大阪→(4時間)→長野→(長野電鉄乗り換え)→長野→(20分)→小布施駅
中京方面から 名古屋→(3時間)→長野→(長野電鉄乗り換え)→長野→(20分)→小布施駅
北陸方面から 金沢→(3時間)→長野→(長野電鉄乗り換え)→長野→(20分)→小布施駅
新潟方面から 新潟→(2時間)→長野→(長野電鉄乗り換え)→長野→(20分)→小布施駅
小布施駅から徒歩15分

4月24日(土)東京台東区「声を上げよう!憲法下町のつどい」にてライブ。
1時30分開始(1時00分開場)
1:35 お話(インタビュー形式)城戸久枝さん(ジャーナリスト「あの戦争から遠く離れて」著者)「残留孤児」当事者の方のお話
15:15 AKIRAライブ
15:45 憲法情勢の報告
16:05 つどいのアピール
16:20 閉会
16:30 平和パレード

4月25日(日)東京田町「Studio Cube 326」にて「オープンハートの会の8周年記念」オペラライブ
http://www.openheart.tv/haiagari.html
OPEN  11:30~  START  12:00~
TICKET ¥3300(当日一般) ¥2800(一般前売) ¥2300(会員価格)
会場 Studio Cube 326 (定員100名)
〒108-0022 東京都港区海岸3-2-6
Access:JR田町駅東口から徒歩10分、ゆりかもめ芝浦ふ頭駅から徒歩5分。お台場方面よりレインボーブリッジから車で5分。都営バス潮路橋停留所より徒歩2分(潮路橋停留所の時刻表1、時刻表2)
Phone:03-5439-9199(総合案内)Fax:03-5439-9198
URL:http://www.studiocube326.com
E-Mail:info@studiocube326.com

4月29日(木・昭和の日)新潟市にて脳性まひブラザーズのダイゴ・ソロオペラ。

5月4日(火。みどりの日)「ファインフィールド・フェスティバル
「悠日カフェ」にて、15:00~田口ランディさん講演会 17:00~AKIRAライブ。チケット1000円

5日(水。こどもの日)宇都宮文化会館展示室にて、10:00~12:00 ネアリカワークショップ 参加費1000円
「悠日カフェ」にて、18:00~20:00 AKIRAフィナーレ・ライブ。チケット1000円

5月15日(土)伊豆「一枚の板」にてアシリ・レラさんとトーク&ライブ。

5月21日(土)北海道当別にて孝勝寺にてライブ。

5月22日(土)北海道帯広にてネアリカワークショップ&AKIRA with Johnnyライブ

5月23日(日)北海道余市にてAKIRA with Johnnyライブ

5月25日(火)札幌フェアトレードレストラン「みんたる」にて「ニューアルバムありがとう発売記念プレミアムライブ」AKIRA with Johnny
開演19:30 料金2000円(1ドリンクつき)終演後懇親会(別途参加費)

5月29日(土)「茨城県県西生涯学習センター」にてライブ
開場18:00 開演18:30
県西生涯学習センター 〒 308-0843 筑西市野殿1371  TEL 0296-24-1151
アクセス◆ JR水戸線下館駅下車 タクシー10分 ◆ 関東鉄道常総線大田郷駅下車 徒歩8分

6月5日・6日(土・日)神奈川県カフェギャラリー「Earth tribes」 (キックDaiの家)にてオールナイト・トラヴェルシェアリング&ライブ
横浜市青葉区 田園都市線「田奈」駅 徒歩13分
≪予約、お問い合わせ≫ earthtribes33@yahoo.co.jp

7月3日(土)栃木県気球イベントライブ。

7月19日(月・海の日)神奈川県江ノ島 南瑠衣 絵画個展『環境と家族(子供)』にてライブ

7月25日(日)るいるいサンタライブ

8月28日(土)横須賀ライブ
午後3時~5時
横須賀市内のホール予定

9月中旬ごろ日光にて「ウレシパモシリーはぐくみあう大地」祭予定。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。