New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
 ついにソロアルバム「alone」が完成したぞー!

aloneジャケット

 弥勒のように微笑むジャケット

 身も心もボロボロだけど、大満足である。
 「想いを形にする」って、やっぱ大切だわさ。
 自分で絵を描いたり曲を作ったりするだけじゃ作品とは呼べない。
 みんなに受けとってもらえてはじめて作品になるのだ。
 そこに至るまでにはたくさんのプロセスがある。時代が自分に伝えたメッセージを詞と曲に翻訳し、歌いこみ、納得がいくまで録音し、ノイズや音圧を調整し、歌詞カードをつくり、ジャケットを撮影し、全体をデザインする。
 今回は全行程をひとりでやったので、「AKIRA100%」作品に仕上がった。
 全10曲51分、イントロや間奏はほとんどなし、歌のみの濃密な世界である。
 テーマは、ずばり「愛」。
 現在の心理状態を反映してか、ラブソングを中心に構成されている。
1 Born to love
 「オレはこの歌を歌うために生まれてきたんじゃないか」と思うほど、オレにとっては人生最大の曲である。12時間も歌いつづけ、ついに納得がいくテイクが録れた。大げさに歌いあげるのをやめてさらりとしていているが、「スルメ効果」がサブリミナルであとあと沁みてくる。
2 Unconditional love
 まだライブでも発表していない最新曲である。しかし「愛」をテーマとした以上、どうしてもみんなに聴いてほしかった。ここまで愛の最深部に降りていった歌は歴史上存在しなかった。
 「Born to love」でも歌われているように「ぼくらは愛するために生まれてきたんだ」。しかしさらに究極まで人生の目的を突きつめていくと、オレたちは「Unconditional love(無条件の愛)」を学ぶために生まれてきたんだ。何度でもくりかえし聴いてみてくれ。無限の奥行きをもつ詩は、たとえ10年後に聴きかえしても、君の成長に合わせて新たな発見があるだろう。
3 Beautiful
 ライブでは何度か歌ったが、今回丹念に吟味して、この歌の恐ろしさが身にしみた。危険なドラッグのごとく陶酔感に満ちたメロディーとともに、人間存在を完全肯定したときにはじめて立ち現れてくる「美」が描かれている。まさに裸の美、そのものにむきあう至福の歌である。
4 旅立ちの歌
 数々の新曲が生まれても無敵の王座をゆずらないこの曲はいつもライブを最高潮に盛り上げる。今回オレはこの歌の命である「ノリ」をいっさいとりはらい、ゆったりとしたスローバラードで演奏してみた。すると不思議な現象が起こった。たとえて言うなら、今まで直線を走るぬけていた子どもたちが、手をつなぎ輪になって踊りはじめたのである。この感覚はうまく説明できないので、曲を聴かなければわからないだろう。
5 落涙
 この曲もセカンドアルバムやライブでは疾走するパンクアレンジで演奏されていた。「タケ・マジック」と呼ばれるタケちゃんの魔法のアレンジは原曲に対極にあるアレンジをぶつけ予想をはるかに越えた奇跡を産みだす。しかし今回は原曲の核になる部分だけを抽出した。いわばウイスキーのピュアモルトである。大和言葉で書かれた詩は万葉集のように一語一語凝縮され、恋愛と大自然の交歓が壮大なスケールで歌いあげられる。
6 リストカッター
 CDやDVDで発表されているにもかかわらず、あえて言葉のニュアンスに挑戦したかった。なぜこの歌が死の淵にいる者や孤独の闇に追い込まれた者を救えるのか? 不思議でならなかった。何度も何度もかみしめるように歌いこむたび、その答えがわかった気がした。なぜなら自分がこの歌に救われたからである。
7 流し雛
 なんとオレが中学3年生のときつくった歌である。劣等生を絵に描いたようなオレはいっさい授業など聴かず、かくれてノートに詩を書きつづっていた。今読み返すと笑えるくらいませた内容である。しかし16歳のオレは30年後をデジャブして書いたんじゃないかと思えるくらい現在の心境とシンクロする。繊細で透明なメロディーもこれが原点だったんだなあとあらためて思った。
8 テオナナカトル
 これは完全未発表のヤバイ曲である。「神の肉」や「オラ!メヒコ」でも書いた幻覚キノコの狂気が描かれている。言葉遊びの奥に隠された「NO WHERE~NOW HERE」(どこにもない~今ここにある)魔法が明かされる。
9 ミタクオヤシン
 1984年にアメリカインディアンのリーダー・デニス・バンクスの家に訪ねていったとき聞いた「あなたが花を見つめるとき、花もあなたを見つめている」、アイヌ民族の肝っ玉母さんアシリ・レラさんから聞いた「誰もひとりぼっちじゃない」という言葉をもとに書かれた歌である。人類滅亡にむかって爆走する世界を地球のネイティブたちの壮大な宇宙観がつつみこむ。たとえ「この世界が滅んでも」オレは君のために歌う。
10Happy birthday
 ライブアンコールの定番となったこの曲の原形はやさしいスローバラードである。365分の1で誕生日があるんじゃない。
 なにかに気づいた瞬間、
 なにかをなくした瞬間、
 なにかを許した瞬間、
 それが君の誕生日となる。

※ 全歌詞集はこちら
※明日のクリスマスイブから発売を開始します。休日を抜かした3日以内に郵送します。
※ 年内(12月31日深夜0時0分0秒)までにメール注文された人のみ、送料無料!(残高0のオレがsweat & tearで負担サービっす)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AKIRAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。