New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
 「Born to love~落ちろ!そして目覚めろ!」が上映された。
 ミノルは8日の明け方、編集中のマックがフリーズしてデータがすっ飛んでしまい、5時間分のテープを再入力し、9日の朝までかかって編集を終えた。ADのユキちゃんともども4日間にもおよぶ徹夜である。
 その甲斐あって、素晴らしい作品に仕上がった。
 おしゃれで、ユーモラスで、エモーショナルで、胸キュンな傑作である。ミノルのエンターテイメント性とオレの個性が化学反応を起こし、ひとつに結実した幸福なコラボレーションだ。
 主演ながらも冷静に観られた。画面に映っている作品化された自分とそれを観客として観ている自分は別人なのである。
 「……いい歌だなあ。誰がつくったんだろう」と感動の涙を流してしまう(マジ)。
 エキストラで出演してくれたトシ、ジュンヤ、ジャーP、マコ&リコ、まゆ、ち-ぼう、~さん(メール記録がないんで連絡してください)、みいなどが見に来てくれ、画面に映る自分にとまどいつつも満足げな顔をしてる。まゆちゃんからきた感想メールをのせちゃう。

《今日はおつかれさま~♪でした。
AKIRAさんすんごいカッチョよかったですo(^-^)o
んー?元藤さんがカッチョいいのか!
撮り方とか、超素人ですからよくわかんないけど…
その素人がみて凄くかっこいい~とマジおもったんでやっぱり元藤さんはカッチョいいんですね♪
ちーぼーちゃんと「身内びいき目を引いてもgood」というので一致しました。
映像の力ってすごいですね~
受け取る側の思いもありますが 今回の映画は元藤さんのakiraさんに対する愛情(笑)をビシビシ感じました!
まっすぐさがかっこいいと ストンと心に落ち、
とても気持ちのいい夜です。(まゆ)

 アマチュアの映画祭とちがって、他の出品作品もクオリティーが高かった。ドラマあり、お笑いあり、ドキュメントあり、SFあり、アートありと、バラエティーに富んでいてあっというまに3時間がすぎた。
 焼き肉屋の打ち上げで、プロデューサーの藤井さん、女優荻野目姉妹の兄KENさん、いろんな監督や出演者やスタッフたちと話せてこの上なく楽しい一夜だった。
 そのあと泊めてもらった麺工房「遊」の大森ファミリーにも感謝。

 この1週間で3回も東京に通ったんでさすがに疲れたが、新たな快感に目覚めたぞ。
 「マテリアル・ボーイ」、素材になる快感である。
 今までは自分がなにかの素材をつかい創作してきた。これはサドの喜びである。
 誰かの創作の素材に自分がなる。これはマゾの喜びである。
 今高知ではコズとジュンイチがオレの作品をつかって「AKIRA展」を「ピースカフェ」というところで開くべく知恵をしぼってる。べつにたのんでもないのに、勝手にやってくれるところがうれしい。
 ONSENSのライブもしかりだが、AKIRAという素材をつかってそれぞれが創造的な時間を楽しみ、自分の創造性に気づくきっかけになれば最高だ。
 誰々に「利用された」とか悪い意味に教えこまれてきたが、
 オレは「利用される」ような人間になりたい。
 いや~ん、もっといじって、あは~ん、もっと激しく、そっそのリモコンを!
 リモコンってなんだよ(ツッコミ)。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AKIRAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。