New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
8月31日(水)
New 天の邪鬼日記-1108308huku.jpg

朝からCDや本の発送に追われた。
AKIRAライブ史上もっとも過酷な移動がつづく。

9月3日に日光―静岡(約300km。車で4時間)
5日に静岡―東京(約300km。車で4時間)
東京―北海道(約1000km)
13日に北海道―東京(約1000km)
14日に東京―沖縄(約1000km)
20日に沖縄―東京(約1000km)
22日に東京―小笠原(約1000km。フェリーで25時間)
10月4日に小笠原―東京(約1000km。フェリーで25時間)
6日に東京―鹿児島、屋久島(約1000km)
11日に鹿児島―東京(約1000km)
13日に東京―北海道(約1000km)
19日に北海道―東京(約1000km)
合計10600kmというぐあいだ。(地球半周)

1万キロというのは、地球の赤道から北極点までの子午線弧長(元々のメートルの定義の基礎)であり、地球の外気圏の外側の高度までいけちゃうのである。
こんな移動したら、天まで昇っちゃう。
つーか、空気吸えないじゃん。
毎年ライブの移動距離を計算すると、オレは地球を半周(2万キロ)くらいまわっている。
New 天の邪鬼日記-地球.jpg

オレはグーグルの人工衛星か!
具体的には東京からニューヨークくらいの距離(10,855 km)である。
ギターやアンプのライブセットは2種類あるので、ひとつは静岡にとっておいて、札幌のレコーディングはライブセットがいらないので、沖縄のワシントンホテルに送った。
問題は物販(CDや本)と衣装である。
現地でのライブの本数と気候に合わせて選ばねばならない。
ダンボールもすごい数になる。
北海道の札幌、帯広、沖縄、小笠原、屋久島など、8個の荷物(2万円)だ。
今日は久々の晴天なので洗濯も3回まわしながらバタバタしていると、オレのホームページの管理人半蔵から電話がかかってきた。
「アキラさん、今日忙しい?」
「忙しいに決まってるじゃん。今日はどこにも出られねーぞ」
「そうか、おととい群馬にできたコストコに、でかいテントを買いにいくんで手伝ってもらいたかったんだけど」
「なに、コストコ?」
「コストコ」とはアメリカのホールセール(業務用卸し)専門のスーパーだ。
New 天の邪鬼日記-1108305costco.jpg

ついにコストコが日本に上陸したのか!
一石二鳥のアイデアがひらめいた。
半蔵の車でヤマトに荷物を運び、そのあとコストコいこっ!
「よろしい、わたしは誰の挑戦でも受ける」
New 天の邪鬼日記-1108301nimotu.jpg

ということで、半蔵に荷物運びを手伝わし、一路群馬へ。
「虹だ!」
雲の切れ間から一点だけの虹が現れる。これもめずらしい。
New 天の邪鬼日記-1108304niji.jpg

なにか、神様からの祝福か!
オレがもってきた「ラーメンマップ群馬」で、手延べラーメンを出す店があるではないか。中国とかで麺を切らずに手で伸ばしていく見せはいったことがあるが、日本のラーメン屋では初耳である。
さっそく群馬県みどり市にある「手延べラーメン北山」へいった。
すると入り口にこんな看板がある。
New 天の邪鬼日記-1108303sonosuji.jpg

「その筋」ってなんだよ? ヤクザじゃなくて保健所だろ! と突っ込みたくなる。
手延べラーメンは太さがそうめんクラスからうどんクラスまであり、絹のようなのどごしで、あっさりスープとよくあう。これはけっこうすごいかも。
New 天の邪鬼日記-1108302ramen.jpg

コストコはアメリカ並みの巨大倉庫のようだ。
目の高さに商品が並び、天井まで在庫が積み上げられている。
New 天の邪鬼日記カートコバン鮫状態の半蔵

「うわっ、ペリエ(フランスの炭酸水)カフェで飲むと500円もするのに、1本60円!」
オレは5リットル入りの白ワインとイタリアの生ハムを買った。
New 天の邪鬼日記-1108301nimotu.jpg

半蔵がほしかったテントは売り切れていたので、古着をあさりに前橋のセカンドストリートと高崎の万代書店へいった。
ここで狩猟民族であるオレと半蔵に火がついてしまい、伊勢崎や宇都宮の古着屋をまわった。
まったく知らなかったが、たまたま今日がバーゲンの最終日で、ほとんど半額でステージ衣装を買えた。
一点だけ現れた虹はやはりはやり神様からの祝福だったのである。
なにしろ「今日まで半額」なので、驚きの安さでいっぱい買ってしまった。
古着屋が24時間営業だったので、日光へ帰り着いたのは日の明けた早朝6時である。
コストコの5リットルで2000円のワインを飲みながらハンティングでゲットした獲物をめでる。
至福のひと時だ。
New 天の邪鬼日記-1108309huku.jpg

やばっ、もう朝の8時じゃん!
もう2日後には、地球の外気圏までいくロケットが発射する。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
8月28日(日)東大宮コミュニティーセンター「志塾2期生卒業式」
New 天の邪鬼日記-110828tatemono.jpg

昨日にひきつづき、感動請負人、MINORU & AKIRAコンビである。
鈴木稔さんが塾長を勤める「志塾(しじゅく)」は、月1回、8ヶ月にわたって徹底的に人間力を鍛えあげる。そこでみんな人生観が変わり、かけがえのない仲間たちを得る。
オレは志塾の1期生からかかわり、今回は2期生たち12人の卒業式だ。
New 天の邪鬼日記-110828gasshou.jpg

ほとんどが自分で会社を経営し、それぞれが家族や人間関係などの悩みをもっている。
2期生たちは観客100人のまえでスピーチしなければならない。
New 天の邪鬼日記-110828kaijou.jpg

オレはスピーチの相談を受けたとき、こんなメールをした。
「スピーチのテクニックや自我なんかぜんぶ捨てちまえ。自分の弱さも醜さもすべてさらけだす覚悟のない者に人を感動させることはできない」
2期生たちのスピーチはすげかった。
「母が病気になり、わたしは看病と仕事で忙殺されていました。子供のころから母との関係がうまくいってなかったこともあり、わたしはこう思ったことを告白します。
母が死ねば楽になるのにと。
この場を借りてあやまらせてください。お母さん、ごめんなさい!
塾長からお母さんとのスキンシップをしてみればとのアドバイスを受け、いっしょにお風呂に入りました。
お母さんのやせ細った背中を流しながら、この背中が生まれたわたしをおんぶし、ずっと育ててくれたんだ。
今度は母が私の背中を洗ってくれました。やさしくいたわるように背中をこすってくれる母に涙がとめどなくあふれ、わたしはありがとうと叫びながら号泣してしまいました」
もうだめ。
12人の感動攻撃にこっちが打ちのめされる。
New 天の邪鬼日記-110828thai2.jpg

オレも司会者も会場も出しっぱなしの水道のように泣いていた。
第2部は鈴木さんが進行をつとめ、スピーチの後にオレの歌がはいる。
親に感謝する者、
New 天の邪鬼日記-110828hahamusume.jpg

奥さんに感謝する者、
New 天の邪鬼日記-110828hanataba.jpg

子供に感謝する者、
New 天の邪鬼日記-110828naku.jpg

兄弟に感謝する者、
New 天の邪鬼日記-110828sakebi.jpg

同僚に感謝する者、
New 天の邪鬼日記-110828tomy.jpg

またもや涙の大洪水である。

1、 白井さん 「Hallo my mom!」
2、 落合さん 「きみを讃える歌」
3、 阿久津さん 「ソウルメイト」
4、 桑原さん 「ありがとう」
5、 筒井さん 「あなたは大切な人です」
6、 会場全員 「家族」
7、 富島さん 「PUZZLE」
8、 アンコール 「Happy wedding」
9、 アンコール 「MOVE! MOVE! MOVE!」
10、 アンコール 「fin del mundo」
11、 アンコール 「なんくるないさ」
New 天の邪鬼日記-110828akira.jpg

「感謝できる人」とは、強い人だ。
自分に自信がない人は、感謝できない。
自分を肯定できない人は、感謝できない。
自分を許せない人は、感謝できない。
自分を愛せない人は、感謝できない。
心の底からほとばしるような感謝を経験するために、
オレたちは「感謝の腹筋」を鍛えねばならない。
New 天の邪鬼日記-110828kodomobackpack.jpg

※ユーストリームで8月19日福島県山都でのライブが見られます。
http://www.ustream.tv/recorded/16749135

※スケジュール
New 天の邪鬼日記-110904sizuoka.jpg

こんにちは9月4日に焼津市でオペラを主催させていただく佐藤です
主催者と言っても栃木県に住んでいるので静岡の人に力を借り、開催できることができました
語り手古市佳央とは23年前病院で知り合い、私がまた前に歩き出すきっかけをくれた恩人です。
彼は16才の時にバイク事故で全身41%の火傷おい醜い姿をさらけ出し日本全土で学校中心に講演を行っています
歌い手アキラさんとは被災地に歌を届けに何十箇所廻らせてもらています。
被災者の人がアキラさんの歌を聞いて涙を流し、最後に元気になって皆さん私達の車が見えなくなるまで大きく手を振ってくださります
そんな二人が一緒にやるオペラ?と聞いてもよくわからないかも知れませんが
私が初めて見た時に涙が止まりませんでした。
古市君の人生なのですが自分の人生と当てはまる箇所があり今も見るとダメです
私は数回静岡で講演のお手伝いをさせていただい時に皆さんに優しくしていただいてお礼にこのオペラ見せたいと思ったのです。
きっと見た後で意味がわかるはずです
大切な人に見せてあげてください
今回はピアノ演奏付きのスペシャルです

9月3日(土)静岡県藤枝市バーベキューライブ&セルフストーリーオペラ「這い上がり」前日祭
時間:11時から16時半頃終了予定【途中参加・退場可】
会費:2000円(子供無料)飲み物込
場所:藤の瀬会館10時30分待ち合わせ
駅に迎えの希望の方は焼津駅10時集合
14時から15時AKIRAライブ
主催:佐藤セイジ

9月4日【日】セルフストーリーオペラ「這い上がり」
古市佳央&AKIRA&藤本ゲン
14時半開演 開場14時 17時終了
場所:焼津公民館 大集会室 定員200名
焼津市本町5-6-1
入場料:前売り一般2000円 シニア(65歳以上)1000円 中高生 500円 小学生以下無料
当日は1000円増しになります。
申し込み:furuichi@openheart.tv 河野 090-1412-4372
必要事項:お名前・連絡先・人数・アドレス

9月5日(月)~9月12日(月)札幌にてレコーディング

9月14日(水)~9月19日(月) 沖縄本島にて古市さんとオペラ&ライブツアー
9月15日(木)倫理法人会にて講演ライブ 少年院にて講演ライブ
9月16日(金)倫理法人会にて講演ライブ フリースクールにて講演ライブ
9月17日(土)「COTTON100%」オペラ
9月18日(日)交流会
9月19日(月。敬老の日)「てだこ大ホール(1000人)」にてオペラ「這い上がり」

9月22日(火)~10月3日(月)小笠原ツアー
9月23日(金)父島到着 夜「J-BOY」にてライブ
9月24日(土)1400~ 小港「USKコーヒー」野外にてネアリカ&ライブ 
夜 「ヤンキータウン」にてライブ
9月27日(火)夜「山ロック」にてライブ
9月28日(水)昼 「福祉センター」にてチャリティーライブ
9月29日(木)夜 BBQパーティー
9月30日(金)母島へ移動

10月6日(水)~10月8日(土)屋久島ライブ
主催:キックダイ

10月9日(日)鹿児島県にてライブ予定

10月14日(金)札幌にてAKIRAセルフストーリーオペラ「COTTON100%」
開演19時~21時
ゲスト:hajime(ピアノ)
主催:みゆき(ぽかぽか笑いヨガ)

10月15日(土)帯広にてAKIRA with Johnnyプライベートライブ

New 天の邪鬼日記-柴田さん.JPG

New 天の邪鬼日記-柴田さん_b.JPG

10月16日(日)札幌にて
魂からのメッセージライブ~あなたに逢えてよかった~
トーク: 柴田久美子・AKIRA  歌:AKIRA

高齢者を幸齢者と呼び、最期を抱きしめて看取る生き方をしている柴田久美子さん
世界100カ国を旅行し、降りてくる魂のメッセージを歌い上げるアーティストAKIRA
この二人が初めて語る魂からのメッセージ
この世にいながら、あの世へいざないます
本気で聴きたい方だけご参加ください。


日時:2011年10月16日(日)
開場:13時半 開演:14時 (終了16時)
会場:札幌市北区北7条西6丁目 TEL011-736-3388
   北海道クリスチャンセンター 5Fチャペル
出演者: 柴田久美子さん 一般社団法人 なごみの里 代表
      AKIRA アーティスト
参加費: 一般3000円(当日3500円)学生1500円/高校生以下無料
     *ペア割引500円引き  
     *10/14の半券お持ちの方500円引き
  *終了後交流会あり。(16時半~17時半)参加費1000円
お申し込み先:要予約(定員70名)
    お名前・連絡先・参加人数・交流会参加明記のうえ
    メール yumeironotane@gmail.com FAX0133-22-1236
TEL080-5585-6763 (うえだみゆき)
主催:笑ってつながる魂の仲間たち♪

【柴田久美子さんプロフィール】
神の国、出雲に生まれる。昭和47年マクドナルド入社。店長や海外経験もするが、
父の死の場面の清らかな空気を再体験したいと看取りの世界に。
特別養護老人ホームの寮母・介護スタッフ・ヘルパーなどを経て、平成10年隠岐諸島の知夫村に
わたる。
平成14年、病院も特別養護老人ホームもない知夫村に、お年寄りが望む場所で自然な死に寄り添いたい全国でも珍しい「看取りの家」なごみの里を設立。
お年寄りを「幸齢者」を呼び、最期を抱きしめておくる。平成22年に活動の拠点を本土に移し、
現在は鳥取県米子市で新たな終末期介護のモデルを作ろう活動中。
看取りの現場で学んだ死の尊さ「死の文化」を人々に伝えたいと、全国各地を講演に歩いている。
『「ありがとう」は祈りの言葉』佼成出版社)抱きしめておくりたい』(西日本新聞社)著書多数
介護支援専門員・吉備国際大学短期大学部非常勤講師・神戸看護専門学校非常勤講師
*ホームページ http://nagominosato.org/ (介護日記も公開中)
  twitter [@ShibataKumiko] メールstaff@nagominosato.org
*看取りスペシャリスト養成研修・内観研修も定期的に行っている。  

10月17日(月)札幌「みんたる」AKIRA with Johnnyライブ

*北海道ライブのブッキングは『彩結の風』saiyuunokazeが窓口となります。
電話 080-6074-3510
メール s-take46@ezweb.ne.jp

New 天の邪鬼日記-111022鎌ヶ谷.jpg

10月22日(土)千葉県鎌ヶ谷にてライブ
主催:サミー

10月23日(日)埼玉吉川にて古市オペラ
主催:レイヤ姫

10月28日(金)三重県鈴鹿入り
10月29日(土)~三重県鈴鹿にて第三回宮紋音楽祭
主催;あぱっち http://ameblo.jp/apatche-miyahara/
10月30日(日)三重県鈴鹿にてAKIRAセルフストーリーオペラ「COTTON100%」予定

11月1日新潟市「ドリームハウス」にてチャリティーライブ
東日本大震災チャリティ&ドリームハウス12周年記念
《料金》「参加費無料(別途運営協力費500円)※当日、震災募金ご協力お願いします」
《対象》今回はドリームハウスの人向けだけの宣伝にしましょう。当日は被災者も来る予定。(会場の都合上、一般の方はご遠慮して頂きます。)
開始時間 午前十時半
主催 聴け魂のうた

11月2日(水)新潟市にて古市さんオペラ

11月3日(木。文化の日)新潟市にてライブ

11月4日(金)神戸なんじゃライブ
主催:敏子

New 天の邪鬼日記-いのち輝かせイベント チラシ1.jpg

11月5日(土 いい親子の日)大阪京橋にて「親子の絆を育む いのち輝かせイベント」
①映画「うまれる」上映会(午前)
http://www.umareru.jp/everycinema-schedule.html
②いのち輝かせドリプラ(午後 前半)
http://drepla.com/
③魂の本質を実感し、ありのままの自分を生きる勇気が湧く
「AKIRAライブ」(午後 後半)
http://profile.ameba.jp/akiramania/
場所はクレオ大阪東(京橋)です。
http://www.creo-osaka.or.jp/east/access.html
【申し込み・お問い合わせ】
いのち輝かせプロジェクト
HP:現在作成途中 http://www.iioyako.com/
いのち輝かせ屋 国際助産師どど☆(小川圭子)
inochikagayakidodo@yahoo.co.jp

11月6日(日)奈良県生駒市「高杉助産院」にてライブ
主催:ちよこねーね

11月10日(木)群馬県桐生市にてPTAライブ
主催:リンダ

11月12日(土)仙台入り
11月13日(日)仙台にて石巻復興イベント
ライブ:AKIRA with Johnny
ネアリカワークショップもあります。

11月19日(土)千葉県佐倉市&八千代市(昼・夜)にてライブ

11月20日(日)栃木県宇都宮「ギャラリー悠日」にてライブ
17:00~

12月3日(土)東京アトムタワー(予定)
昼;もりセルフストーリーオペラ
夜;佐藤誠二セルフストーリーオペラ

12月4日(日)山形にてAKIRAセルフストーリーオペラ「cotton100%」
出演:AKIRA with Johnny
主催;タカ

12月8日(木)栃木県足利市小学校にてMINORU&AKIRAトークライブ

12月10日(土)東京吉祥寺 るいるいサンタ「レインボークリスマス2011」 
会場:武蔵野公会堂大ホール
http://www.musashino-culture.or.jp/koukaido/index.html
時間:19時予定 ライブ
主催:るいるいサンタ

12月11日(日)埼玉県大宮にてクリスマスオペラ
『無条件の愛~愛する人への手紙・第2章』
主催:タクミ

12月17日(土)愛知県清須市「カルチバ新川ホール」(旧新川町)にてオペラ「這い上がり」
主催;みねじい

12月18日東京にて「大河原岳史」オペラ予定

12月23日(金・祝日)東京池袋 パワースポット居酒屋「魚串炙縁」にて店長ケンタのセルフストーリーオペラ
主催:ケンタ

2012年2月6日~4月末まで海外旅行予定

5月~7月末までるいるいサンタと47都道府県ツアー予定
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
8月27日(土)東京西新井 デイサービス「わかばケアセンター」

最近、このコンビがやばい。
New 天の邪鬼日記-110827akiminoup

人気お笑いコンビのようにさまざまな場所に笑いを、いや、感動を出前にいく。
地元栃木はもちろん、埼玉、東京、新潟、福島の被災地まで出前する。
「はい、塩ラーメンにチャーシュー、あっ餃子もですね」
塩ラーメンは涙。チャーシューは笑い。餃子までつけると、人生を変えられてしまう。
実際「感動合宿」に参加した引きこもりサカエは、目の前で「旅立ちの歌」を歌われ、埼玉の1000人卒業式に出かけ、今日聞いたら、親元をはなれ静岡に就職してしまったという(笑)。
ジョニーさんをはじめ、ミュージシャンとのコラボはあたりまえだが、カウンセラーとミュージシャンのお笑いならぬ「お泣かせ」コンビとは世界初だろう。
西新井の駅に着くと、鈴木さんと「志塾」の筒井くんが改札に立っていた。
「うわーすごい荷物ですね! ぼくが持ちます!」
50代のオレがいつも背負っている40キロの「ライブセット」を30代の筒井くんがもつと、よろよろよろーん島!
New 天の邪鬼日記-110827tutuibackpack

わかばの社長初江さんが車で迎えにきてくれる。
初江さんはまさに肝っ玉母さんというか、おおらかな笑いをふりまく大地の母だ。
New 天の邪鬼日記-110827kaichou会長と社長夫婦

初江さんの夫である北爪会長が、またいいのよ。
白いフレームのやくざメガネで、「やっぱ昔はワルだったのね」って感じだ。
「わかばをはじめるまえはどんな仕事をしてたんです?」
「おやじから引き継いだ水道や配管をやってたよ。おやじは戦時中フィリピンで抑留されて、敗戦のときは木に縛りつけられて、村人から復讐されたんだ。体中に刺し傷や切り傷が残ってる」
「よく生きて帰ってきましたね」
「アメリカ人の牧師さんに助けられたそうだ。ボロボロになって日本に帰り、3年後に母と結婚して、おれが生まれた。おやじは必死で生き延びていくために配管の仕事をはじめた。大学で学生運動をやっていたおれは20年もおやじの会社で働いたが、いつもおやじとケンカしていた。それを止めるおふくろは泣いていたよ。おれはずっと悩んでた。人を悲しませるようなことはしたくないって」
外の喫煙場所で、北爪さんは遠い目をしてタバコをふかした。
「人を喜ばせる仕事をずっとしたかった。親父から引き継いだ配管会社をたたみ、30人もいた職員たちにはちゃんとした退職金をはらい、おれと初江は無一文からわかばをはじめたんだ」
「わかばケアセンター」は高齢者の訪問介護をしている。
「ブッダが言ったように、人は誰でも病にかかる、老いる、そして死んでいくんだ。人生が苦そのものだったら、せめて笑おうよ。ちょっとでも笑えるような人生にしてあげようよ」
北爪さんはワルの笑顔でにいっと笑った。
New 天の邪鬼日記-110827kanban

都内に数箇所ある会社から60名もの職員が参加してくれた。
スタッフが「おバカ」で、「わかってるなあ」ってやつらなんだ。
おバカ代表ちあきはコンプレックスのかたまりだったが、北爪会長から「おまえは類を見ない人間力がある。好きなようにやれ!」と、言われて所長を任された。
New 天の邪鬼日記-110827stuff

本部のハマちゃんは、素敵な笑顔で家族まで連れてきてくれた。
New 天の邪鬼日記-110827hamachan

職員はいつも自分の限界まで精一杯やっている。
それでも苦情を受けたり、人間関係でいきづまったり、自分を肯定できなかったり、家族とすれちがったり、人に言えないそれぞれの悩みをかかえている。
今日は職員として参加しているし、「個」の顔を職場である「公」の場所でさらけだすのにはとてつもない勇気がいるのだ。
カウンセラーMINORUの講演とミュージシャンAKIRAの歌が波状攻撃でたたみかける。
New 天の邪鬼日記-110827akiminoru

きみは本当にがんばってきたね
誰も気づかないところで
子供のようにひたむきな瞳をぼくは見てる
(「H 叡智」)


1、Hello my mom!
2、H
3、きみを讃える歌
4、祝福の歌
5、Happy birthday
6、ぬちどぅ宝
7、Fin del mundo
8、雲のうえはいつも晴れだから(ピアノ)
New 天の邪鬼日記-110827piano

9、ありがとう
10、家族
11、PUZZLE
12、MOVE! MOVE! MOVE!(アンコール)
13、なんくるないさ(アンコール)
14、空の約束(アンコール)

311は人間に二つの分かれ道を選ばせた。
不条理な運命に対して
「悲しみ」つづけるか?
「喜び」を自分の手でつかむか?
ここにいたみんなも、同じ決断を迫られた。
さて、どうなっちゃうんだろう?
もうMINORU & AKIRAは「ドS」でんな。
もう会場が嗚咽してるのに、涙の一滴まで搾りとる。
塩ラーメンだけではあきまへんで。
ちゃんとチャーシューのように搾りとった涙を、餃子のような「カラスの足跡」笑顔に変えるサービスも忘れまへんで。
アンコールで歌い、踊り、手をつなぎ、
というのは今までのパターンだったが、わかばはさらに上をいっていた。
二つの分かれ道をつきつけられ、彼らひとりひとりはぎりぎりで「喜び」を選んだのだ。
ついにでたかー!
「青春スクラム」!!
New 天の邪鬼日記-110827katakumi

ライブのラストで手をつなぐのは定番となっていたが、いつか誰かがやると思っていたんだよねえ―。
大の大人が「青春スクラム」って、
チョー恥ずかしい、
青臭い、
暑苦しい、
やつらは、いややつ、ひとりひとりが運命の壁を突破したのだ。
New 天の邪鬼日記-110827hakushu

カッコワルイことをできるって、
なんてカッコイイことだろう

お願いだから「青春スクラム」が、
「青春ディープキス」とかに発展しないことを祈る。
New 天の邪鬼日記-110827mikosiわっしょい!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。