New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
5月28日(土)旭川斉藤牧場の中にある「メゾンドキミコ」ライブ

旭川にある斉藤牧場は日本でも数すくない自然放牧をしている牧場だ。
無農薬の牧草や野の草花を食べて育った牛さんからしぼりたての牛乳をのませてもらった。まるで生クリームのように濃くてあま~い。お日様をいっぱいあびた草の香りがする。
ほとんどの牧場では牛乳をとる牛たちは薄暗くてせまい牛舎に詰め込まれ、少しでもたくさんの乳を出すように運動もできない状態で飼われている。そのためストレスや病気でわずか5年ていどしか生きることができず、使い捨てられていく。
斉藤牧場の牛たちは自然の中でのびのびと暮らしているから病気にもかからず、15年以上も生きて美味しい乳を出してくれるんだって。

今日のライブ会場「メゾンドキミコ」は広大な斉藤僕牧場の敷地内にある。
画家キミコさんの息子で館長のタイヘイさん、奥さんのマミは地元で採れた山菜や野菜で美味しい玄米菜食の食事を用意してくれ、超かわいい娘のサエはガラス玉のように透きとおった目をクリクリさせながら迎えてくれた。

今日は主催者エミーのバースデーライブだ。
New 天の邪鬼日記-110528aemy

20代のときに地球一周を経験し、写真家ダイちゃんと結婚し、息子のちなりと娘のあすわ(明日和)を自宅出産した。その写真や映像とともに「生まれる」をテーマにさまざまなイベントをおこなってきた。
New 天の邪鬼日記-110528avideo

エミーは小学2年生のカナミと交換日記をつけている。
カナミはママのお腹の中にはいる前の記憶を残している。
「神様とビデオを見ながら、あのお母さんがいいって自分で決めたの」
「お友たちとジャンケンで勝ったから、わたしがお母さんを選ぶ権利をもらったの」
「お姉ちゃんと相談して、わたしは後でいきたいからお姉ちゃんに先にお母さんのところにいってもらったの」
「お金持ちのお母さんもいたんだけど、わたしは普通のお母さんがいいなと思ってお母さんを選んだの」
「お母さんは野菜をいっぱいつかったご飯を作っていて、そのご飯がとっても美味しそうだった」
「お父さんも私が選んだの。でもちょっと失敗…。私にはやさしいけど、おうちにいる犬のことを怒るから」
「大きくなったらいっぱい仕事がしたい。ペットショップ、ケーキ屋さん、警察官、お医者さん、学校の先生、ぜんぶの仕事をするの。そしてお金持ちになって貧乏な人を助けるの。それから森のなかで傷ついた人を助ける仕事をする」
New 天の邪鬼日記-110528akanami

カナミの脳はまるで天国の記憶を消し忘れたみたいだ。カナミがふと言う発言がおもしろくて、エミーはカナミと交換日記をはじめた。カナミがはにかみながら二人の交換日記を読んでくれて、その後にオレが歌っていく。
カナミは足が速くていつもマラソン大会で優勝するそうだ。しかしある時のマラソン大会でスタートのピストルが鳴ってもカナミが走りださない。みんなが不思議そうに見ていると、スタートしてから一番後ろを走っていたびりっけつの子の手をとって走りだした。
「子供は人生の先輩」といわれる。
なぜなら自分より先に死んだ祖父母や先祖の魂が生まれ変わるからだという。
New 天の邪鬼日記-110528aakira

1、 ウレシパモシリ
2、 In the name of love
3、 スマイル
4、 The profession
5、 敗北の歌
6、 トゥルーストーリー
7、 PUZZLE
8、 Fin del Mundo
9、 祈りの歌
10、 Hello my mam!
11、 家族
12、 MOVE! MOVE! MOVE!(アンコール)
13、 空の約束(アンコール)
14、 風のきた道(アンコール)
15、 ありがとう(アンコール)

ダイちゃんのリクエストで「祈りの歌」で被災地の人や身近で苦しんでいる人に祈る。子供たちや親たちもいっしょになって祈る。
New 天の邪鬼日記-110528akiraback

それは美しい風景だ。
大人が子供に祈ることを教えるというより、子供の笑顔をとおして大人が祈りの本質を学んでいるように感じた。
突然雨が降り出し、喜ぶ木々の精霊たちが踊りだす。森にかこまれたメゾンドキミコの人たちも踊る。
人と自然が感応し、その境目を超えていく。
New 天の邪鬼日記-110528aemi

今日誕生日だったエミーと昨日誕生日だったユカコを祝い、むっちゃ美味しいビーガン(菜食)料理を食べ、仲間たちがつながっていく。
New 天の邪鬼日記-110528gohan

「アキラさん、ネアリカをみんなに教えて。帯広の全国ネアリカ大会に旭川チーム出展したいの」エミーが言う。
うーむ、こんなサービス残業ははじめてだが、しからずんばなかんずくやらねばなるまい。
みんなに旭川を連想させる言葉を思いつくままに言ってもらう。
「川、山、米、水、う~ん、龍の神様も旭川のシンボルだよね」と言うので、龍に決めた!
龍は架空の生き物である。
しかし聖書のドラゴン、ユダヤ教カバラのウロロボス(全であり、一なる者)、ホピ族の生命の道を示すガラガラヘビ、マヤ族のケツァルコアトル(羽のある蛇)、古代中国神話、奈良県三輪神社の白蛇様などなど、世界中で崇められている。
オレが思うに、龍の原型はシャーマニズムが崇拝する蛇であり、人間の情動をつかさどる「爬虫類の脳」が創りだしたものだと思う。
旭川は川に囲まれた町だし、龍は水を司る神様だ。
オレは龍のからだを螺旋の輪のように書いていく。
旧友ゆかこが龍のうろこを描き、キックダイの家で会ったフンドシ作家のアキコがアイヌ模様で枠のデザインを書いてくれる。
New 天の邪鬼日記-110528shitae

7月23日(土)帯広の北愛国交流センターでおこなわれる「大地の祭」のときに第三回全国ネアリカ大会が開催される。全国のネアリカンたちよ、帯広にネアリカ持って集まってくれ。
7月23日ネアリカ大会にこの完成作品がとどくのがチョー楽しみだ。

New 天の邪鬼日記-110528kinen
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
5月28日(土)紋別ネアリカワークショップ

紋別の芝桜は今が一番の見ごろで大地がピンク色に彩られている。
New 天の邪鬼日記-110528shibazakura

今日は昨日の会場とおなじ「北海道立オホーツク流氷公園・あおぞら交流館」でネアリカワークショップだ。
New 天の邪鬼日記-110528nearikafukei

ママといっしょに子供やおばあちゃんなど総勢30人ものネアリカンが集まってくれ毛糸を貼っていく。にぎやかなこどもたちの声がこだまする風景はいつ見ても幸せになるね~。
ふだん忙しいママさんたちも今日はくつろぎながら自分の作品を貼っている。おばあちゃんはゆっくりと、子供はすごいスピードで仕上げていく。
まるで世代間を受け継がれていく命の糸を見るようだ。
New 天の邪鬼日記-110528nk1

New 天の邪鬼日記-110528nk10

New 天の邪鬼日記-110528nk9

New 天の邪鬼日記-110528nk6

New 天の邪鬼日記-110528nk8

New 天の邪鬼日記-110528nk7

New 天の邪鬼日記-110528nk5

New 天の邪鬼日記-110528nk3

New 天の邪鬼日記-110528nk2

New 天の邪鬼日記-110528n7

New 天の邪鬼日記-110528n6

New 天の邪鬼日記-110528n4

New 天の邪鬼日記-110528n14

New 天の邪鬼日記-110528n13

New 天の邪鬼日記-110528n12

New 天の邪鬼日記-110528n11

New 天の邪鬼日記-110528n9

New 天の邪鬼日記-110528n10

New 天の邪鬼日記-110528n8

New 天の邪鬼日記-110528n5

New 天の邪鬼日記-110528n3

New 天の邪鬼日記-110528n1

New 天の邪鬼日記-110528n2

「おばあちゃんがいっしょに作ってくれたの!」
こどもたちが嬉しそうにはしゃぎ、孫を見つめるおばちゃんもニコニコ笑顔だ。
New 天の邪鬼日記-110528lobachan

おまえら!あまりにもかわいいからサービス残業しちゃうもんね。
New 天の邪鬼日記-110528lakira

1、 光の子供たち
2、 Hello my mom!

New 天の邪鬼日記-110528lkodomo

ヨッキーは息子マクロが亡くなったそのときも「Hello my mom!」を部屋でながしていたそうだ。オレの歌に伴奏するヨッキーの手話が「ママに会えてよかった、ママのこどもでよかった」とうたっている。マクロに見守られながら義理のお母さんの看病をしているヨッキー、忙しいなかオレのライブを主催してくれて本当にありがとう。
New 天の邪鬼日記-110528yokkiakira

またカニ食べさせてくれー!
New 天の邪鬼日記-110527banzaaai

※スケジュール

6月2日(木)札幌ピンチョスにてソロライブ
19:00開場 19:30開演 2000円+1オーダー

6月4日(土)6月4日(土)岩見沢「手をつなごう」
オープニングアクト:Mustard oldies club band
会場:MPホール 岩見沢市大和3条8丁目
Open/Sart 16:30/17:00
料金:前売り¥2,000当日¥2,500 いづれもドリンク別
予約特典:チケット予約先着50名の方にAKIRA with Johnny岩見沢ライブ記念カレンダーをプレゼント
お申込み・お問い合わせ:こよこよまで以下
k_koyo@hotmail.co.jp koyomi-may_honya05@docomo.ne.jp TEL 090-7655-4065
主催:こよこよ
New 天の邪鬼日記-0604岩見沢

6月5日(日) 千歳にて石崎道裕さんセルフストーリーオペラ「アホのチャンピオンベルト」
        
語り:ラーメン「みのり」店主石崎道裕さん 歌:AKIRA 

人生は何度でも逆転できる!!
 地球上が愛に満ち溢れ 笑顔の華で満開になる これが私の「夢」です
心に響くメッセージをお届けいたします
 あなたの魂とのつながり、新たな『絆』が生まれることを願っています 

開場 14:30 開演15:00~17:00
会場 ベルクラシック リアン(旧 千歳平安閣)
住所 千歳市錦町4丁目
電話 0123-26-1163
参加費 大人1500円(当日2000円)、中高生 1000円
懇親会 3500円(同会場にて17:30~)
※プロのベリーダンサーによるショーがあります♪
主催 メッセンジャー北海道 代表・松山和裕(二代目)
kzneoruimicroyuko@i.softbank.jp
共催 夢のかけはし
お問い合わせ 090-1522-8814(松山)090-6269-5111(石崎)
  
6月12日(日)さいたま市東大宮にて☆AKIRAライブ☆
あの伝説のAKIRAが半年ぶりに南米、被災地を経て、さいたまに帰ってくる!
隠さなくて、オープンでいい。
勝たなくて、負けていい。
我慢しなくて、泣いていい。
みんなちがって、みんないい。
AKIRAライブは、未来の地球の姿がかいま見える、
そんなひと時になります♪
AKIRAの魂の歌を藤本ゲンの優しくも力強いピアノが奏でます。
スペシャルゲストに、稲川圭一セブンスローズ登場!
☆ AKIRAライブ with 藤本ゲン in さいたま ☆
◆6月12日(日)
開場13:15~
開演14:00~
第1部
(休憩)
第2部
終了予定16:30
◆出演 
ヴォーカル AKIRA
ピアノ 藤本ゲン
スペシャルゲスト
稲川圭一セブンスローズ
◆東大宮コミュニティーセンター ホール
さいたま市見沼区東大宮4-31-1
TEL 0486675604
◆JR東大宮駅、西口を直進して、埼玉りそな銀行の次の交差点の正面、徒歩2分
◆予約 大人2,000円
家族&夫婦&カップル3,500円(家族は2人目から1,500円)
当日 大人2,200円 子供無料【200席限定】
◆ご予約は
①お名前
②大人人数
③子供人数
を明記の上
takumi724-lamu@ezweb.ne.jp
タクミまでメールください♪

【AKIRA】
http://ameblo.jp/akiramania/
 1959年日光市生まれ。23歳からニューヨーク、アテネ、フィレンツェ、マドリッドなど、10年ものあいだ日本をはなれ、アンディー・ウォーホルから奨学金を受ける。
 アジア、中東、アフリカ、南米など世界100カ国を旅し、小説家、画家、ミュージシャンとして年間150回のライブをこなし、多彩な作品群を 生み出し続ける。
 著者「COTTON100%」がNHKの「わたしの1冊・日本の100冊」に選ばれる。
 AKIRAは、言っている。
 『俺の仕事は、「癒し」や「なぐさめ」ではないだろう。 愛憎劇を、愚かしくも愛しい人間そのものを、そのまま「肯定」し、すべてを「許し」、丸ごと「愛して」いいんだよ。』と伝える。
【藤本ゲン ピアニスト】
http://fu-fu.jimdo.com/
 心優しきピアニスト。4歳からピアノを始める。ピアノ漬けの青春時代を送る。
 数々の合唱団のピアノ伴奏、クラシック界の歌手の伴奏を勤める。「即興演奏」に定評がある。
 彼の、優しく力強い、感覚の研ぎ澄まされた演奏もさることながら、その人柄に誰しもが魅了される。「この人と演奏したい」と思わせる魅力がその演奏と自身の生き方に反映されている。
 また和太鼓奏者としても活動。
 音楽療法、和太鼓など、福祉園、小中学校などで講師として活動中。
【稲川圭一 セブンスローズ】
http://ameblo.jp/seventhrose/
 ミュージシャン、とりわけ「うたうたい」であることは、ボクの人生そのもの。
 それを中心に据えながら、「経営者」をしてみたり、「介護士」として様々な人に触れ合ったり、絵を描いたり、詩を書いたり、写真を撮ったり、色んなものを見聞きしたり、様々なイベント活動に参加したり、美味しい食事に出逢ったり・・・嬉しい繋がりや感謝を肥やしに道を歩いています。
 これらそのものすべてが表現です。
 良い未来、世の中を描き、そしてそれを願いながら、表現者としてそれを伝えていきたいという想いでいるのです。

6月14日(火)宮城県仙台市 にてAKIRAライブ
会場 PARKSQUARE 
電話番号 022-267-0433(会場でもチケットを販売してくれます♪)
18:30開場 19:00開演 
チケット代 3000円

6月15日(水)宮城県牡鹿半島 被災地ライブ予定

6月16日(木)宮城県仙台?

6月17日(金)岩手県陸前高田 被災地ライブ予定

6月18日(土)埼玉県川越エスファールにてMINORU & AKIRA トークライブ
10:00~12:00 

6月18日(土) 埼玉県幸手市にてAKIRA&シマカワコウヂ ライブ
開場13時30分/開演14時00分~
♪会場♪幸手市東公民館 集会室
住所 : 〒340-0125 埼玉県幸手市下宇和田58-6
♪参加費♪大人1,000円 子供無料
♪お申し込み・お問い合わせ♪ 
電話・メールにてお気軽にノーカーズ(沢村)まで連絡下さい。
代表:ノーカーズ(沢村)
電話:090-4423-4465
mail:kanop@hotmail.co.jp
メールにてお申し込みされる際には、お名前(ふりがな)/参加人数(大人○人 子供○人)を記載してください。
主催:ノーカーズ&ジュンコ

6月19日(日)千葉県船橋市にてライブ
昼の部 千葉県船橋市北習志野 14:00~
夜の部 千葉県八千代市大和田新田 18:00~
主催:ミズエ

6月26日(日)宮城県南三陸ふっこう市ライブ?

7月2日(土)宇都宮キャンドル雷都打ち上げライブ

7月3日(日)日光市金谷ホテルにて ぼっちゃん&いいパン結婚ライブ

7月4日(月)~7月10日(日)岐阜県飛騨高山ツアー

7月16日(土)北海道長沼町にて、AKIRA with Johnnyライブ

7月17日(日)札幌にて、AKIRA with Johnnyライブ

7月18日(月。海の日)北海道小樽にて AKIRA with Johnny
AKIRA セルフストーリーオペラ「cotton100%」
15時15分開場、16時開演 
18時から 劇場内にてワンドリンク付き 懇親会
場所 ヲタル座(小樽築港駅直通 ウィングベイ小樽内)
http://www.wingbay-otaru.co.jp/wotaruza/
料金 前売り 大人2500円 子ども(小学生から高校生)1500円
   当日 大人2800円 子ども1800円
   懇親会 500円
申し込み・問い合わせ くじらHOUSE 城谷(しろたに)
 メール shirotani@kotoba-web.com
 ファックス (0134)26-6045
 電話 (090)6208-1961

7月22日(金)大地の祭 前夜祭

7月23日(土)「大地の祭
http://daichinomatsuri.net/
会場:北愛国交流広場 北海道帯広市愛国町10-1
時間:10:00~22:00
入場料
大人 前売り¥3,000(当日¥4,000)
中高生 前売り¥1,500(当日¥2,000)
小学生以下、障がい者手帳をお持ちの方は無料
*遠方よりお越しの方に入場料とホテルパックのご用意が進められています。
 お問い合わせください。
*全国ネアリカ大会
*フリーマーケット
☆問い合わせ彩結の風
New 天の邪鬼日記-だいちのまつり1[1]

New 天の邪鬼日記-だいちのまつり2

7月29日(金)~7月30日(土)栃木県真岡スパリゾートFUJIにて温泉ライブ
ライブは30日 10:00~12:00
一般参加者もOK!
AKIRA&MINORU

7月31日(日)るいるいサンタオペラ

8月1日(月)~8月4日(木)日光にて仮歌レコーディング

8月6日(土)埼玉県にて古市さんオペラ「這い上がり」
主催:タクミ

8月7日(日)浦和にて「倫理塾 愛と感動の1000人卒業式」
主催:ILY代表鈴木稔さん

8月19日(金)福島県山都にて古市さんオペラ「這い上がり」予定
主催:のっぽのトシ

8月20日(土)石巻専修大学にて「Pride of Japan~思いをひとつに」ライブ

8月20日(土)仙台ライブ
主催:しいたけ

8月21日(日)山形にて古市さんオペラ「這い上がり」予定
主催:マチャミ

8月27日(土)栃木県小山にてILY保護者会AKIRA&MINORUトークライブ
主催:ILY代表鈴木稔さん

8月28日(日)栃木県小山市にて志塾イベント
主催:ILY代表鈴木稔さん

9月3日(土)静岡BBQライブ

9月4日(日)静岡にて古市さんオペラ「這い上がり」

9月5日(月)~9月12日(月)札幌にてレコーディング

9月14(水)~9月19日(月) 沖縄本島にて古市さんとオペラ&ライブ

9月20日(火)~ 沖縄離島ツアー

10月5日(水)~10月8日(土)屋久島ライブ

10月9日(日)鹿児島県にて「レイクサイドフェスティバル」出演

10月14日(金)札幌にてAKIRA with Johnnyライブ

10月16日(日)余市?

10月17日(月)札幌にて柴田久美子さん(見取りの家)とコラボ予定
       「命と魂からのメッセージライブ」@札幌

*北海道ライブのブッキングは『彩結の風』saiyuunokazeが窓口となります。またそれ以外でもライブの作り方などお手伝いしますので『彩結の風』saiyuunokaze  
電話 080-6074-3510
メール s-take46@ezweb.ne.jp
までお気軽にご連絡ください。

11月3日(木・文化の日)古市さんオペラ予定

11月4日(金)神戸なんじゃライブ

11月5日(土)大阪京橋にてドリームプラン・ライブ
主催:ドド
13:00~16:00

11月6日(日)奈良県生駒市「高杉助産院」にてライブ

12月18日(日)埼玉県大宮にてクリスマスオペラ
『無条件の愛~愛する人への手紙・第2章』

12月23日(金・祝日)東京池袋 居酒屋「てっぺん」店長ケンタのセルフストーリーオペラ
主催:ケンタ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
5月27日(金)紋別「北海道立オホーツク流氷公園・あおぞら交流館」ライブ
New 天の邪鬼日記-110527tannpopo

前回はバスの網棚にギターを忘れるという大チョンボをやらかした紋別である。
こんどこそ、まちがえてはならない。
どんな小さなまちがいも許されないぞ!
という決死の覚悟で、札幌からジョニー号で6時間、オホーツクに面した北の果てへむかう。
3日前に雪が降ったが今日は絶好の行楽日和だ。
遠くに見えるトムラウシ(紋別にある山)は美しい雪景色で、フキノトウやタンポポの花が咲き、紋別で有名なチューリップ畑や芝桜が一番見頃の季節だ。
New 天の邪鬼日記-110527johnnyyuhi紋別の美しい夕陽。

漁師町紋別といえば魚料理!
オレは到着早々去年カニを食べた「まるとま」食堂に行ってみる。昼時間を過ぎてしまっていたため食堂は閉まっていたので近くにある小料理屋「小雪」ののれんをくぐると優しいママが迎えてくれた。
「ナメタ(カレイ)か桜マスの塩焼き、魚のミックスフライの定食なら用意できますよ」
「それじゃカレイひとつお願いします」
店内にいい匂いがたちこめ10分経って出てきたものに目を疑った。
New 天の邪鬼日記-110527kare

「カ、カレイ?」
小雪のママが言う。
「ですからカレーです」
紋別ではカレイのことを“ナメタ”って言うから、カレーを頼まれたのかと思っちゃったのだ!
まるでドリフのようなベタベタギャグが現実に起こるとは。
「すいません、今すぐナメタカレイを焼きますから」
「お願いします。このカレーも食べますよ~」
そうだ、魚のミックスフライも頼んで魚カツカレーにしよう。
ママはお詫びにと、ルイベ(半解凍にした鮭の刺身)やイシモチ鯛の刺身もサービスで出してくれて、かえって得をした気分だ。
New 天の邪鬼日記-110527kareiこれが本物のナメタカレイ

会場の北海道立オホーツク流氷公園「あおぞら交流館」は二年前にできた市の施設だ。
目の前には海、庭にはカラフルなジャングルジムや大きな滑り台、施設内にはかっこいい木のお城がたっている。今日はこのお城をバックにライブをしようっと。
New 天の邪鬼日記-110527takkyuウォーミングアップ!

音響の長沢さん、伊東さんと打ち合わせながら、リハーサルを進めていく。
New 天の邪鬼日記-110527pa

主催のヨッキーが義理のお母さんを車椅子にのせながら実のお母さんと三人であらわれる。義理のお母さんは痴ほう症と躁鬱病、パニック障害も併発し、ライブ10日前からヨッキーの家で暮らしている。
ライブ直前までヨッキーは発作を起こしたお母さんの手を一晩中にぎりながら看病したり、徘徊するお母さんに付き合いヘトヘトだった。ライブ準備どころじゃない日々の中なんとか今日という日を迎え、「今日はお母さんの調子が良いの!」と一いっしょにライブに来てくれた。
New 天の邪鬼日記-110527okasan

仕事を休んでスタッフをしてくれたトシエ、障がいのある子供たちを育てるトモコ、ヨキコ、ミツエ、ウメコ。みんな様々なドラマを抱えながら今日という一瞬の連続を生きている。そんな主催者やスタッフたちに支えられAKIRAライブはできるんだなあ。
今日は障がいをもった家族連れも多く、オレとジョニーさんは「ブレイブハート」たちへ感謝と尊敬の気持ちをこめてステージにたった。
New 天の邪鬼日記-110527akira

1、 ウレシパモシリ
2、 ばあちゃんの手
3、 きみはきみの舵をとれ
4、 光の子
5、 車椅子のうえの魂
6、 くしゃみをした朝
7、 米をとぐ
8、 PUZZLE
9、 敗北の歌
10、 Fin del mundo
11、 In the name of love
12、 The profession
13、 家族
14、 Hello my mom!
15、 MOVE! MOVE! MOVE! (アンコール)
16、 風のきた道(アンコール)
17、 ありがとう(アンコール)

紋別の人たちは本当にシャイで礼儀正しい。ライブがはじまった直後は静かに遠くの方で遠慮がちに座って聴いていた人たちが少しずつにじり寄ってくるのがわかる。
「くしゃみをした朝」では絶妙のタイミングで「ハックショーン!」とくしゃみをしてくれた男の子がいて爆笑が起きる。
New 天の邪鬼日記-110527kodomotachi

ろうあのカップルが来てくれていたので、後半からはヨッキーが手話でオレの歌に伴奏する。
New 天の邪鬼日記-110527shuwa

「Fin del mundo」ではみんなにコーラス隊になってもらい、びっくりするほどの美しいハーモニーが生まれた。
緊張していた顔は徐々に笑顔にかわり、手拍子でオレを盛り上げてくれ、アンコールではヨッキーのお母さんもおばあちゃんもおじさんも子供たちも一緒になって手をつなぎ大合唱してくれた。
きたねきたねー、初めてのお客さんが多い会場ではこの快感がたらまないのよ。
New 天の邪鬼日記-110527tetsunagi

地元の新聞記者の桑原さんは以前もオレのライブ記事を書いてくれて、今回もまた新聞に載せてくれる。なんと桑原さんは若いころ東京でランディさんの部下として一緒に働いていたそうだ。どこで誰と繋がっているかわからないねー。クワバラクワバラ。
New 天の邪鬼日記-110527shinbun

ライブ終了後、打ち上げ会場に着くと、キターーー!紋別といえばカニ!!
New 天の邪鬼日記-110527kani

トシエが付き合ってる彼氏はバリバリの漁師で、今夜のために捕れたての毛ガニを用意してくれていた。紋別サイッコー!!!オレはお礼に毛ガニの爪に醤油でサインを書いちゃう。
New 天の邪鬼日記-110527kanisignature

やっぱりここにもあった。
New 天の邪鬼日記-110527kaonuki
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。