New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
2月25日(金)トリニダード・トバゴの首都ポート・オブ・スペイン
New 天の邪鬼日記-110225steelpanmusishan

ガイアナからベネズエラにむかうため、トリニダード・トバゴを経由した。
トリニダード・トバゴは第二のジャマイカと呼ばれるほど、ミュージシャンにとってあこがれの島だ。
首都であるポートオブスペインの空港に降り立ったはいいものの、
……じつはオレ、ビザもってないのよ。
クリスマスとニューイヤーをはさんでたし、ブラジルのビザで時間がかかってトリニダード・トバゴのビザはあきらめた。
英語とスペイン語を駆使していろいろ調べたんだけど、たとえトランジット(乗り継ぎ)でも入国するにはビザがいる。日本で取るにはイギリス大使館をとおして、一回パスポートをトリニダード・トバゴに送るので3週間くらい、6000円くらいかかったと思う。
飛行機は26日の午後4時に着いて、翌日の朝7時に出る。空港で一晩明かすか。
ダメモトでいちおう入国の列に並んでみる。
「日本のミュージシャンなんですけど」
オレはパスポートといっしょに「堂々とまちがえろ」のフライヤーを見せる。
黒人系おねえちゃんの審査官はそれをしげしげと見つめる。
「じつはビザもってなくて」
「あんたミュージシャンでしょ、せっかくカーニバルの期間中にきたんだから、見ていかないとだめよ!」
New 天の邪鬼日記-110225kuukoumanekin

「へっ? い、いいんですか!」
入国スタンプ、ポーン!
おおー、「堂々とまちがえろ」フライヤーはイギリス大使館より、3週間を、6000円を、いっきにすっとばすワールドワイド水戸黄門印籠だったのか!

いちおうオレは昨日トリニダード・トバゴのホテルを検索してみた。しかしもともと物価が高い上にカーニバル期間中で1.5倍くらいする。一番安くて1万5千円くらいからだ。
またもや英語とスペイン語で検索すると、「バックパッカーズ・プラネット」http://jp.backpackers-planet.com/というサイトが引っかかってきた。これはかなりコアな情報源で、世界中の安宿情報が集められている。
えっ、マジ? 「Bernie’s Home Hostal」1000円って、ウソでしょ!?
オレは空港のツーリストインフォメーションに、安い順から5件くらい書き出したリストを見せた。
「あっ、ここ、あいつがオーナーだよ」
インフォメーション係りは、空港のポーター(荷物運び)で働いている一人の男をを指差した。
なにがどうなっているんだか、わからないが、とりあえずその男に聞いてみる。
「おおー、おまえよく見つけたなあ。ここのオーナーのアンソニーだ。明日の朝の飛行機に間に合うようにすべて手配してやるからうちに泊まれ」
あれよあれよというまに、プロレスラーみたいな運転手のタクシーにのせられ、「Bernie’s Home Hostal」のあるダウンタウン(中心街)、セント・ジェームスへむかう。
New 天の邪鬼日記-110225taxi1

プロレスラー運転手は、町の全景が見渡せる絶景ポイントや、
New 天の邪鬼日記-110225huukeibil

カーニバルのおこなわれる公園や、
New 天の邪鬼日記-110225kouen

由緒ある教会や、
New 天の邪鬼日記-110225kyoukai

街や、
New 天の邪鬼日記-110225hennaie

超モダンなシティーセンターを案内してくれる。
New 天の邪鬼日記-110225simincenta-

もう先進国と並ぶ大都会じゃん、トリトバ!

いちおうアンソニーはタクシー代2000円(40分かかるので、これは正規料金)と言っていたが、あとで案内料とかいってボラれるんだろうな。外務省の危険情報でこの国は「まあまあ安全」と書いてあったし、英語も通じるからあとでケンカすればいいや。
ダウンタウンのセントジェームスはごちゃごちゃとした活気があって、ちょっと危ない臭いもする。
「ここだ」とプロレスラーは車を止める。
えっ、ここだって、ただの家じゃん。「Bernie’s Home Hostal」どころか、表札さえない。
New 天の邪鬼日記-110225hotel

またさらに悪役レスラーみたいなリチャードという男が髭剃り途中の泡を顔中につけて迎えに出た。
ああ、プロレスラーたちにここへ連れ込まれて、拳銃をこめかみに押しつけられて、身ぐるみはがされんだろうな。
オレは旅するたびに危険な目に遭うのが通常状態なので、それが今かといつも心の準備をしている。
するとひとりめのプロレスラー運転手は正規料金を受け取ると笑顔で帰ってしまった。
ふたりめの悪役レスラーは1000円なのにドミトリーじゃなく一人部屋に案内してくれた。
えっ、いいのオレ、襲われなくて?
なんかせっかく役者がそろったのに、申し訳ない感じである。
そうか、ここでオレの人生や旅は終わらなくていいんだ!
熱もまだ下がらないのに、乾杯しようと、ビールを買いに出かけた。
わずか2ブロック(徒歩3分)にあるショッピングモールへいく。すげえ、なんでも売ってる本格的なモールじゃん!
カーニバルの巨人、竹馬に乗った少年たちが出迎えてくれる。
New 天の邪鬼日記-110225takeuma

モールの中にはいると、ライブで盛り上がってる。
New 天の邪鬼日記-110225malllive

おおー、人生終わるどころか、なんてラッキーなんだオレ。てきとうに日にちを決めて移動してるのに、行く先々で幸運に当たる。
去年カナダですごい占い師に言われた「あんたにはまれにみる最強の守護霊軍団がついてるわ。神様もいっしょに遊んでくれているからなにがあってもだいじょうぶ」という言葉がよみがえる。
トリニダード・トバゴは、カリブ海のトリニダード島とトバゴ島からなる共和制国家である。イギリス連邦加盟国なので英語を話す。
ほらなんとなく名前は聞いたことがあるでしょ?
リンボーダンスやスティールパンで有名な国である。
リンボーダンスって走り高跳びの棒をしたからくぐるアレですよ。体を後ろにそらして、だんだん棒を低くしていくやつ。これもねえ、悲惨な歴史があって、英語の limberは体を柔軟にするって意味だが、奴隷船にぎっしりと詰め込まれた彼らは体の柔らかい者ほど生き延びたという。
この国は西インド諸島唯一の石油と天然ガスに恵まれた島であり、ドラム缶から作られたスティールパンは「20世最大のアコースティック楽器発明」と言われている。1992年の独立記念日には正式に「国民楽器」として認められた。
New 天の邪鬼日記-110225kookousteelpan

音楽ではカリプソとソカが世界的に有名だ。
1920年代に成立したカリプソは、社会風刺や家庭のことを甘いメロディとゆるいリズムに乗せて歌いあげる。
ソカはジャマイカのスカと混同されがちだが、トリニダード・トバゴの発祥の現代ポップミュージックである。ソカは、インド音楽の要素を取り込み、ヒップホップと融合しながら新しいジャンルとして世界から注目されている。
代表的なミュージシャンとしては、アッティラ・ザ・フン、ロード・キチナー、エドムンド・ロスなどがいる。
首都ポートオブスペインで3月からおこなわれるカーニバルも有名で、ブラジルのリオのカーニバル、イタリアのヴェネツィアのカーニバルとともに世界の三大カーニバルに数えられている。
New 天の邪鬼日記-110225carnavalonna

大掛かりな衣装を身にまとった仮面舞踏会や、カリプソやソカ、スティールパンのコンテストもあり、日本からのツアーもあるという。
おもしろい風習は、デュベ(Jouvert)と呼ばれ、カーニバルマンデーの早朝から道や会場でチョコレートソースなどをかけあい、DJのソカミュージックにあわせて野外で踊ったあと、日の出ととも泥のかけあいがはじまるという。
New 天の邪鬼日記-110225kodomo

オーナーのアンソニーが空港の仕事を終え帰ってきたので、いろいろ質問した。
「オレはシャーマンおたくで、世界中のシャーマニズムを見てきてるんですけど、トリニダード・トバゴのカーニバルでも、いろんな扮装の者がでてきますね」
「ああ、おれが子供のころにはもっといっぱいたんだ。まあ年とともに人気がすたれてかなり減ってきたけど、Blue Devil(青い悪魔)、
New 天の邪鬼日記-1102251bluedevil

The MidnightRobber(真夜中の泥棒)、
New 天の邪鬼日記-1102252robber

Pierrot Gnenad(鞭をもったピエロ)、
New 天の邪鬼日記-1102253pirrot

Fancy Sailor(おしゃれな水夫)、
New 天の邪鬼日記-1102254sailar

Dame Lorrenne(黒人の貴婦人)とか、
New 天の邪鬼日記-1102255dame

やつらがでてくると盛り上がるんだよ」
ここは重要なポイントだと思う。
カーニバル(祭)というのは、「非日常」空間である。
「日常」で抑圧されていたものが唯一解き放たれる大舞台だ。
「社会的動物」として生きている人類は、「日常」という表層の下で膨大な闇(非日常、無意識)を抱えている。それを毎年祭りという形で昇華させないと、フラストレーションで大爆発して自滅してしまう。
人間を突き動かす主役は、人類史2000万年間の歴史でつねに「闇」なのだ。
New 天の邪鬼日記-110225kentakkydevil

アンソニーはさりげなく、おもしろい事件を言ってくれた。
「去年の11月に奇妙な事件が起こったよ。学校のランチタイムに女子生徒17人が頭痛と吐き気を訴え、床の上をゴロゴロと転がったり、床に体を打ちつけたり、手すりを越えて身を投げようとする。
生徒たちは力が異常に強くなり、拘束しようとした教師や生徒たちは顔などを蹴られ多くがアザを作った。
彼女たちは奇妙な言葉を発し、男子生徒が何がほしいんだと聞くと、命が欲しいと答えたんだ」
教師は、悪魔が乗り移ったと考え、救急車のほかにカトリック教会から数人の神父を呼び寄せた。神父は女子生徒たちに聖水を振りかけ、拘束を手伝った生徒らと共に祈りを捧げ、女子生徒らは病院に搬送された。
ある教師の1人は、「2週間前に地元の古代宗教信仰者と学校側にトラブルがあった」と言った。
オレはこの事件に興味をもっていろいろ調べた。
「古代宗教信仰者」とはシャーマンだろう。
シャーマンに呪いをかけられたのか?
たぶんそうだろう。
ショッピングモールや近代的なビルが立ち並ぶトリニダード・トバゴにも、ちゃんと「人間の闇」は生き残っている。
健康だ。
「人間の闇」が生き残れない社会、
……それは破滅への道だ。
New 天の邪鬼日記-110225akicarten
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2月23日(水)ガイアナ
New 天の邪鬼日記-110222akira

朝5時にスリナムのホテルをでて、ガイアナにむかう。
無理な移動が重なったせいか、熱と咳がでる。マラリアとかでなければいいが。
しかもこれからいくガイアナは南米ナンバー2に危ない国といわれている。
国境の川をフェリーで渡ると、南米で唯一英語を話す国ガイアナだ。
New 天の邪鬼日記-110222ferry

ブラジル人家族と知り合い、彼らは英語がわからないので、オレのブロークン・ポルトガル語で国境審査官とのやりとりを通訳し、入国カードを書いてあげた。
ギアナ3国はヨーロッパ人が勝手に分割したから、ガイアナはイギリス語、スリナムはオランダ語、フランス領ギアナはフランス語を話す。文化的背景も統治した国の影響を強く受けるから、それぞれまったくちがう個性が出ておもしろい。
ガイアナとは「水の多い土地」を意味する現地語で、湿地帯がどこまでも広がっている。
ということは蚊が多いということである。
なぜか現地の人は刺されないのに、旅行者や新参者が刺されるのは、たぶん蚊も新しい料理が好きなのだ。
ならば解決法はひとつ。
「どーだ、美味しくなくなってやる!」作戦である。
いっぱい刺されて、血液中の成分を現地人に似せてしまうのだ。
それって「作戦」じゃなく、「降服」じゃん。
イギリスの植民地はなぜか、治安が悪いなあ。
New 天の邪鬼日記-110222jitenshaotoko

ジャマイカでは到着して30分後に完全武装した警官たちにライフルを突きつけられ、カツアゲされたから気をつけねば。
首都ジョージタウンは、一見胸がキュンとなるようなノスタルジックな町並みだ。
New 天の邪鬼日記-110222ie1

New 天の邪鬼日記-110222hukuya

木造建築で世界一の高さを誇るカテドラル(大聖堂)や
New 天の邪鬼日記-110222kyoukai2

美しい教会もある。
New 天の邪鬼日記-110222kyoukai1

スラムにはギャングたちもいるし、
New 天の邪鬼日記-110222cocacola

New 天の邪鬼日記-110222baiten

放火された家もあるし、
New 天の邪鬼日記-110222kaji

ゴミを拾って暮らしている人たちもいる。
New 天の邪鬼日記-110222gomihiroi

ホテルは「Rima Guest House」(92 Middle street)にとった。
トイレシャワー共同のシングル2500円とちょっと高めだが、ロンリープラネットいわく、ジョージタウンでは一番お勧めの宿だ。
New 天の邪鬼日記-110222rimaguesthouse

日本領事館が同じ建物に入っている「オアシス・カフェ」はコーヒーも美味いし、落ち着くなあ。
New 天の邪鬼日記-110222oasis

インド軽食の50年以上もの老舗「Shantas」何を食っても安くて美味い!
マトンカレー300円、
New 天の邪鬼日記-110222curry

パンやコロッケも安くていろいろあるし、とくにタラをマヨネーズであえたサンドイッチは絶品(150円)!
New 天の邪鬼日記-110222pan

この街で一番美味い中華は「New Thriving」。
テイクアウトでこの量!
New 天の邪鬼日記-110222chuuka

巨大スピーカーを積み込んだトラックが大音響でとおりすぎる。
New 天の邪鬼日記-110222apeakertorack

またしても神様ありがとう! なんとオレが着いた23日はカーニバルだって、ラッキー!
New 天の邪鬼日記-110222parade1

ダンサーを乗せる山車(だし)もあるし、街中をパレードがおこなわれていた。
New 天の邪鬼日記-110222parade

なんだよガイアナ、楽しそうじゃん。
というのには、わけがある。
オレはギアナ3国のうち、このガイアナだけは昔から知っていたのだ。
しかも世界最悪の集団自殺が起こった土地として。
1950年代、アメリカのインディアナ州にジム・ジョーンズというカリスマが現れた。
New 天の邪鬼日記-110223jimjones

ジョーンズbは「ピープルズ・テンプル(人民寺院)」という新興宗教をはじめ、農業を中心とした愛と平和の理想郷を唱え、多くの人々をひきつけていった。
60年代にヒッピーの都サンフランシスコに移ってからはカルト色を強め、ここガイアナの北西に200キロある熱帯雨林に「ジョーンズタウン」を開いた。
1977年、脱走した信者たちから、ジョーンズの狂気が暴かれる。ジャーナリストレオ・ライアンは何人かの信者を連れて逃げようとしたがカルト信者によって撃ち殺される。
1978年11月18日、完全にパラノイア(被害妄想)状態と化した教祖ジム・ジョーンズは、信者全員に猛毒入りのフルーツポンチを飲ませる。
「地上で実現できなかったユートピアを天国で実現しよう!」
270人の子供たちをふくむ、913人が集団自殺したのだ。
New 天の邪鬼日記-110223jisatu

沖縄の集団自決はチビチリガマでおこなわれた84人だが、沖縄全土をふくむと人民寺院の913人よりも多い。
しかし集団「自殺」や「自決」は、「殺人」、もしくは「虐殺」にほかならない。
「群れ」となった瞬間、人間は「怪物」に変わる。群れの一員となることは、理性も判断もその集団に預けることだ。
麻原やジム・ジョーンズのように教祖が狂えば、群れも狂う。
今はまともな宗教団体でも「群れ」に属しているかぎり、そのことを肝に銘じておいたほうがいい。
同じように国家、会社、学校も「群れ」だということを忘れてはいけない。軍部という教祖にすべてをゆだねたことによって戦争という「集団自殺」は生まれた。
そしてこれは過去のことではなく、体ではなく心を殺す戦争「マインドウォーズ」は現代日本で今おこなわれている。
New 天の邪鬼日記-110221sindatori

オレたちは「自分で考えるのは悪いことだ」、「自分を信じて行動することは悪いことだ」と洗脳されてきた。
しかしそれぞれがちがった考えや価値観で行動することが、「多様化」を生み、多様化によってのみ生命は35億年の歴史を生き延びてきたのだ。
エゴこそ力だ。
我がままになりなさい。
もっと自由に生きていいんだよ。
世界の多様さを実感するため旅しなさい。
花を~咲かそうよ~
New 天の邪鬼日記-110222akihana

さあ明日からトリニダード・トバコを経由して南米ナンバー1に危ないベネズエラへむかう。
New 天の邪鬼日記-110222jitenshaonna
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
New 天の邪鬼日記-110221akibeer

2月20日(日)フランス領ギアナ
スリナムの首都パラマリボからミニバスで東国境のアルビーノへいくと、ものすごい勢いでボートの客引きたちが群がってくる。
スリナムのイミグレーション(移民局)で出国スタンプをもらい、モーターボートで10分くらいの川を渡る。
New 天の邪鬼日記-110220kawaimigration

フランス領ギアナの平均気温は27度だが、今日は珍しく快晴できらめく川面を涼しい風がなでていく。
New 天の邪鬼日記-110220kawamukou

ギアナのイミグレーションはたたみ2畳くらいのプレハブじゃん。
フレンチ・ギアナは南米の中でもっとも小さな国(日本の4分の1)だ。南米に残されたフランス唯一の植民地で、通貨もユーロである。
このセントローレンスから首都のカイエンヌまでの乗り合いタクシー料金(3時間)を聞いてびっくりした。
50ユーロ! ってこたあ、50ユーロX 120円=6000円じゃん。
ぜってーボラれてるよと思ってベテランの旅人はすかさず現地人に値段の調査をするが、現地の人もこの値段を払っているのである。
「南米で一番物価の高い国」という噂は本物だった。
女性のカミカゼドライバーが自足30キロで舗装されてない道をぶっ飛ばす。両側は熱帯のジャングルだ。
New 天の邪鬼日記-110220jungle

途中休憩した町でトラック屋台のチキン煮込みとナシゴレン(ジャワ風チャーハン)を食ったが、その美味さに度肝を抜かれた。
New 天の邪鬼日記-110220chikenmesiobachan

ベトナム、モロッコ、セネガルなどフランスの植民地はどこもハイレベルの食文化を生み出したがここギニアもまたそうだったのか。
スーパーマーケットにはいってまた腰を抜かしそうになる。
ヨーロッパ並みの品揃えではないか。こんなに物にあふれたスーパーは南米じゅう探してもフレンチ・ギアナしかない。
物価の高さはフランスからほとんどのものを輸入しているからだが、安いものもある。
「死刑前夜の食べ物は?」
と聞かれれば、迷わず「ハモン・セラーノ(スペイン製生ハム)」と答える生ハム研究家のオレだが、フランス製生ハムが4枚150円で売ってる! これはフランス本国でも500円、日本では1000円以上するので、さっそく3パック買い込む。
パンも本格的なフランスパンが食べられるってすごいよー。
New 天の邪鬼日記-110220hamon

カイエンヌNo1の名店「Les Pyramides」へいく。小麦粉を手のひらでパラパラにしたモロッコ料理クスクスはオレの得意料理でもあるし、たとえ1500円でもクスクス研究家としては食わずんばなるまい。それにしても3人前くらいの量だわ。
New 天の邪鬼日記-110221cuscus

南米旅行の必需品は冷蔵庫用のパックだ。レストランで半分を食べ、残りはパックに入れてもってかえり、夜に食う。これで高い外食代も半額になる。
ギアナはホテルもバカ高い。南米ではシングル平均1000円~1500円だが、カイエンヌで一番安いビジネスホテル「Ket Tai」(ケットタイ)で5000円くらいする。こんなけったいなとこ泊まれるかい!
天邪鬼なオレは「Les Amandiers」(アマンディエルス。Place Auguste Horn)へいく。
New 天の邪鬼日記-110221hotelamandiers

カードがつかえたので7200円を奮発しちゃう。おおー美しい公園が目の前だし、
New 天の邪鬼日記-110221kouen

上の階(残念ながら満室)からは海もながめられる。
おおー、冷蔵庫がある! 便座がある! シャワーのお湯がでるー! おフランス独特のビデもある!
New 天の邪鬼日記-110221bide

なんとトレビアーンなトイレビアーンだろう。
フランスを代表するエスプレッソ「Segafredo」も150円で飲めちゃうって幸せ。
New 天の邪鬼日記-110221cofeesegafredo

町の建物はフランス風であるが、極彩色に彩られたアフリカンカラーが町中にあふれている。
New 天の邪鬼日記-110220ekyodaikabe

New 天の邪鬼日記-110220jitenshamise

New 天の邪鬼日記-110220iehukuya

New 天の邪鬼日記-110220africanuno

New 天の邪鬼日記-110220niwatorizou

New 天の邪鬼日記-110220ienami

New 天の邪鬼日記-110220eie

New 天の邪鬼日記-110220cabatet

New 天の邪鬼日記-110220carnavalishouya

17,8世紀にかけて「赤道直下のフランス」を建設しようと、ギアナにやってきた人々はマラリアなどに苦しめられた。
New 天の邪鬼日記-110220choukumo

オレのもっとも敬愛するフランスの作家ジャン・ジュネは「泥棒日記」か「花のノートルダム」(どっちも日本語の文庫になってる)でギアナのことを夢見るように語っていた。
天才詩人ジャン・コクトーをひざまずかせ、サルトルに膨大な「ジュネ論」を書かせた。泥棒で、オカマで、裏切り者のジュネは、世間の常識を全部ひっくり返してしまうような文章を書く。
実際に当時のギニアは、「緑の地獄」、「呪われた土地」として犯罪者達を震え上がらせていたのだ。
New 天の邪鬼日記-110220doubutuomocha

フランス革命直後から20世紀までここへ終身刑の囚人たちが送られてきた。政治犯を中心に8万人も流刑地のロワイヤル島に送られ、過酷な労働と風土病によってほとんどの囚人はフランスへ帰れなかったという。
1959~1900年にはゴールドラッシュのために2万人もの人々がやってきたので、さらにさまざまな人種が混在している。
クレオール系黒人が66%を占め、フランス人、インドネシア人、インド人、レバノン人、シリア人、中国人も共存している。
New 天の邪鬼日記-110220hitootoko

New 天の邪鬼日記-110220hitoonnanoko

New 天の邪鬼日記-110220hitopinkobasan

New 天の邪鬼日記-110220hitobagobachan

New 天の邪鬼日記-110221kakyou

話は華僑じゃない、佳境にはいる。
フランスは自分の国に邪魔な囚人を島流しにしたつもりが、最高の人材を送り込んでしまった。
囚人たちは、フランスとはまったくちがった風土に放りこまれる。
New 天の邪鬼日記-110220eflamingo

彼らは体力もある、政治犯は頭もいい、なにより世界を外側から眺められる「アウトサイダーの視点」をもっていた。
New 天の邪鬼日記-110220madokodomo

囚人というのは当時の法律や政治形態に外側からゆすぶりをかけたアウトサイダーだ。
日本でも西郷どん、日蓮、親鸞など、島流しにあったアウトサイダーたちが新しい時代を作っている。
インサイダーというのは目隠しされた羊の群れである。柵の中から出たことがないので、自分の住む世界が唯一絶対と思いこまされている。
だから群れからはなれようとする者を、「嫉妬の重力」でつなぎとめる。
「みんなと同じことしようよ、そとは危ないよ、ここにいれば飢え死にしないよ」と懐柔し、しまいには「おまえは生きる価値のない人間だ、必要のない人間だ、裏切り者だ!」と罵倒する。
社会に順応できない者たちよ、おめでとう。
New 天の邪鬼日記-110220carnaval

きみたちはアウトサイダーのパスポートを持っている。
時代が何万年に一度の大きなパラダイムシフト(方向転換)を迎えている今、何の疑問も持たないで群れに従っている者たちは新しい時代に取り残されてしまう。
教育や常識など全部捨て去り、自分の頭で考え、自分の体で世界を感じていくんだ。
それでもどうしたらいいかわからないときは、そうだ、宇宙ロボット・ピロンちゃんを呼ぼう。
New 天の邪鬼日記-110221uchurpbot

「ねーピロンちゃん、ぼく、どうやって生きていけばいいかなあ?」
「オコタエシマス」
あっ、あんた宇宙ロボット・ピロンちゃんじゃなくて、ピローちゃんだから。
New 天の邪鬼日記-110221akimakura

およびでない? こりゃまたー赤面!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。