New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
ジャマイカのモンテゴベイにうつりました。
ここもタフでおもしろいところです。
のちのちレポートしますが、取り急ぎ高根沢町で「めいちゃんを救う会」のライブを企画した増田さんからメールが来たのでお知らせします。


心臓移植のめいちゃんのことですが、2月9日に渡米し、

先週ドナーが見つかり、無事、手術が成功しました。

デポジットを払おうと思ったら、急な円高で1000万円ぐらい

安くなったり、渡米してすぐドナーが見つかるなど、運を持っている

人だと思います。(以上抜粋)

ライブにきてくれた人も、いっしょに祈ってくれた人も、
ほんとにありがとう!
みんなの想いが、またひとつの命を救いました。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
New 天の邪鬼日記-090220kage

「Get your hends up!」(手を上げろ!)
いきなり3人の黒人警官が襲い掛かってきた。
擦り切れたショットガンを握り締め、黒光りする手錠をぶらさげ、ヘルメットに防弾チョッキのフル装備だ。
黒く野太い指たちがオレのウエストポーチを淡々しくまさぐり、デイパックをこじ開けていく。
一瞬オレはジャンキーだったニューヨーク時代にフラッシュバックした。こうして何度も警官たちにいたぶられたことだろう。
いったい、なにが起こっているんだ?
そうだここはジャマイカだ、世界でもトップレベルの犯罪都市キングストンだ。
わずか1時間前にキューバからジャマイカに入国し、飛行機のとなりの席にいた日本人ケンジュと「アイシャ・ゲストハウス」に宿を決め、ビールと食料を買出しにでたスーパーの前でこの非現実的な事件に巻き込まれているのだ。
New 天の邪鬼日記-090220policejiken警官恐喝事件のあったスーパーマーケット

オレと同じようにすべての荷物をこじ開けられたケンジュもあっけにとられている。
「パスポートを出せ」
オレはたまたまもっていたが、ケンジュは部屋においてきていた。
「はあん、パスポートの不携帯だな。外国人は常時パスポートの携帯を法律で義務付けられている。署まできてもらおう」
「ちょっと待ってください。彼のパスポートはこのすぐ近くのゲストハウスにおいてあります。オレが今すぐとってきますから3分ほど待ってください」
オレは警官たちを興奮させないように、なるべく丁寧な口調で言った。
「動くな!」
ゲストハウスへ歩き出そうとしたオレは凍りつく。
「おまえたちは今、容疑者として警察の管理下にある。さあ、ふたりとも車に乗るんだ」
ポリスカーに押し込まれたオレたちに警官は威嚇するように重々しい手錠を見せた。
「裁判になれば1000ドル以上の罰金で、裁判が終わるまで留置場で拘束される」
あまりにも大仰な脅し文句にオレは警官たちの求めているものがなにかわかった。ゴリラのような警官の薄汚れた耳元でささやく。
「どうか貧乏旅行者にあわれみをくれませんか。20ドルあります」
ゴリラはチラッと金を見ると、静かに首を振った。
「30ドル」
しばしゴリラは考えていたが、また首を振った。
「これが限界です。40ドル」
ゴリラが静かに手を伸ばす。
「おまえたちの罪をみのがしてやったことは、誰にも話すな。もし警察に話したらおまえらの旅は終わるだろう」
これでやつらのシナリオが見えた。
やつらはパトロールしながらカモを探していた。するとドレッドの東洋人が歩いている。確実にガンジャ(マリファナ)をもっているだろう。それを見つけてゆすってやろう。しかしガンジャが見つからない。すると連れの男がパスポートを持っていない。しょうがない、ガンジャを見つければ1000ドルくらいせしめられたが、パスポート不携帯ていどじゃ40ドルがいいところだな。
もうポリスカーはかなり遠くまできている。やつらの意図がわかったので強気に出てみる。
「悪いけど、オレたちをさっきのスーパーまで送ってくれませんか?」
「わかった」
ゴリラははじめて微笑んだ。
帰る途中も歩きながらガンジャを吸ってるジャマイカ人をゆすっていた。きっとジャマイカ人が払うワイロはツーリストのワイロの10分の1くらいだろう。こうして安い給料で凶悪な犯罪都市を守る警官は日銭を稼いでいるのだ。
「キングストンは悪いやつらが多いから、気をつけて旅しろよ」
オレは噴出しそうになりながらも、神妙な顔でポリスカーを降りた。
「悪いやつらはおめーらだろがよう」
ジャマイカと日本の犯罪率を比較(人口100万人あたり)すると、殺人は50倍、銃撃は320倍、強盗は13倍、強姦は17倍という恐ろしい数字がある。
殺人事件による死者が年間1500人を上回り、銃や麻薬の取引で暴利を得るギャングたちの抗争や銃撃戦で一般市民も巻き添えになっている。
すべての家のドアや窓には鉄格子(グリル)がついていて、鍵も何重にもなっている。ゲストハウスにも夜から朝の6時までガードマンが常駐していて、夜の外出はタクシーを必ず使う。
これはジャマイカの洗礼だった。
キューバが南米一治安がよい国なので、平和ボケしていた頭がさめたよ。
ボブ・マーリーの「I shoot a police」(「おれは警官を撃った」)で歌われる世界が今もジャマイカの現実なのである。
トレンチタウンのゲットーで育ち、暗殺者に銃で撃たれたボブは誰よりもリアルにジャマイカを表現していたのだ。

「ボブ・マーリー博物館」へいった。
20ドルもの入場料をとられたが、マイヒーローへの敬意として訪れたかった。
New 天の邪鬼日記-090220uketuke博物館の受付小屋もカラフル

ここはボブが暮らした家である。家の前にはブロンズでできたボブの銅像がある。
New 天の邪鬼日記-090220douzou
ボブと等身大だそうだ。

博物館の中は一切写真が禁じられている。
7,8人がガイドに従って案内してもらうシステムだ。1階はレコーディングスタジオがあり、裏へまわると「The shoot room」というボブと妻のリタが撃たれた部屋がある。壁には今弾痕が残っている。ボブは足などを撃たれた2日後におこなわれたコンサートで、怪我をおして歌っている。
なんという覚悟と勇気だろう。
New 天の邪鬼日記-090220niwaボブがフットボールで遊んだ庭

2階にある部屋からは有名なジャマイカンコーヒーが栽培されるブルーマウンテンが見渡せ、ハンモックが吊ってある。壁にはラスタファリズムという宗教の聖人エチオピアの皇帝ハイラ・セラシエと、「アフリカへ帰ろう」というムーブメントを起こしたジャマイカの英雄マーカス・ガーベイの絵が大きく描かれている。
寝室はボブが使われていたままで、枕元に聖書がおいてあるのが印象的だった。ボブは愛妻リタとのあいだに12人の子供をもうけた。
世界のヒーローであるボブのひとりの生活者としての姿がうかがい知れ、なにかあたたかな気持ちになった。
実際にジャマイカへきて、暴力的な洗礼を受け、ボブの歌がどのような背景から生まれてきたかが身をもってわかった。

すぐれた芸術には、ある種の危険さが必要なのだ。

※ ライブスケジュール
4月18日(土)群馬県沼田にて結婚式ライブ
4月26日(日)宇都宮「ギャラリー悠日」にてソロライブ
4月19日(日)から30日(木)までは関東県内のライブのみ受け付けます。
5月の連休が終わったら(5月7日以降)、遠方ツアーでも連続ライブでもぼんぼん入れてください。ブッキングは早い者勝ちです。今年5月という遅いスタートの分、新曲を引っさげてじゃんじゃん飛びまわります。

5月30日(土)に東京東中野「プリズントーキョー」にてライブ予定
5月26日(火)静岡県伊豆「一枚の板」にてライブ
6月6日(土)~12日(金)まで新潟ツアー予定
7月24日(金)~29日(水)広島ツアー予定
7月25日(木)広島県呉にて命日ライブ
8月10日(月)長野県野尻湖にてライブ予定
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
New 天の邪鬼日記-090216akirakabe

旅のふりだしハバナにもどってきた。
シボネイから車で30分ほどでサンチャゴにもどり、夜10時の夜行バスでハバナにむかった。14時間で着くはずなのが、エンストをおこし、灼熱の高原で立ち往生し、修理に4時間もかかってたどりついたのだ。
New 天の邪鬼日記-090216ensuto

ハバナの我が家ナンシー家にもどり、残り数日のキューバ生活を楽しんだ。
New 天の邪鬼日記-090216nancytaniaハバナの母ナンシーと父タニア

オレの部屋からまん前に見えるビルがテアトロ・アメリカだ。
いつもは通らないテアトロの前をたまたま通ると、オマーラ・ポルチュオンドのポスターが貼ってあるではないか!
ラテン音楽にくわしい人や「ブエナ・ヴィスタ・ソシアル・クラブ」を見た人は知っているだろうが、オマーラはキューバの美空ひばり、いやラテンアメリカ最大のディーヴァ(歌の女神)である。
「ほ、ほんとにオマーラ、ここでやるんですか?」
近くでたむろってる人に聞いた。
「あと5分後にチケットを売り出すわよ。残り少ないからここにならびなさい」
えー、なんというありえないタイミングだ。ハバナにもどってすぐ、しかもチケットを売り出す5分前、家から歩いて30メートルのところででくわすとは。
わずか500円でバルコニーの最前列ど真ん中をゲットした。
きっと死者たちが「おまえの目で本物の歌手を見ておけ」と導いたのだろう。
オマーラは1930年生まれだから、もう79歳である。若いころいっしょに歌っていた仲間の歌手たちがつぎつぎに消え、「ブエナ・ヴィスタ」にでていた盟友コンパイ・セグンドも数年前に亡くなった。
しかしオマーラだけは消えるどころか、ますます世界的な名声を広げ歌いつづけている。
夜8時、コロニアル造りの古い名門劇場には正装したキューバ人たちが集まり、外国人の姿も見られる。1000人以上ははいる会場は満杯である。
ベルベットの幕があがり、歌の女神が登場した。
New 天の邪鬼日記-090216omaraup

白いローブの衣装をまとい、79歳なんて信じられない声量と声の艶に度肝を抜かれる。4人のとてつもないテクニックを持ったバックバンドと15人のダンサーを従え、スクリーンに映された若き日の映像をまじえ、オマーラはユーモラスな語りと、すばらしい歌声で1000人を魅了する。
New 天の邪鬼日記-090216omarazentai

オレがラテン音楽のすごさに気づくまえ、キューバ音楽の過剰な甘さがだめだった。しかしそこに隠されたすさまじいテクニックと深いスピリットに気づくと、この「甘さ」とポップさがかえって恐るべき覚悟だとわかったのだ。
ゴッホが抽象画にいく一歩手前で具象にとどまったように、前回ブログで書いた「セルフィッシュ・メロディー」と「トランス・パーソナル・メロディー」のちがいのように、すべてを呑み込んでなおかつポップにとどまり続けるのは並外れた能力と巨視的な視野が必要なのだ。
なぜなら「ポップ」はこの言葉に置き換えられる。
「普遍」と。
オマーラはサルサ、チャチャチャ、ルンバ、ソン(キューバンポップ)、トローヴァ(キューバの吟遊詩)、ジャズ、すべてをメカゴジラ(敵のエネルギーを吸収して自分の武器にする怪獣)のように消化して自分の世界にしてしまう魔術を知っていた。
オレが目指す「100年後にも古くならない音楽」を具現化していた。
気がつくと、ほほが涙で濡れていた。
こんな風に79歳まで歌いつづけたい。死ぬまで表現しつづけたいと腹の底から思った。
マジ、聖書を超える音楽を創ってやる。

昨日は25周年を迎えたハバナ・インテルナシオナル・ジャズ・フェスティバルにいってきた。
現代ラテンジャズの大御所ホルヘ・レジェス率いるクインテットはすげかった。
New 天の邪鬼日記-090216rayes

野生を秘めた知性というか、頭でっかちでアーティストのエゴに走る先進国のジャズとは対照的にエモーショナルな炎が突き上げてくるような演奏だ。オレはニューヨークでチャールス・ミンガスも生で聴いているが、あのときと同じ熱気がよみがえった。形骸化するニューヨークのジャズシーンよっかラテンジャズ、とくにレジェスは一押しだ。
ドイツから招待されたピアニスト、エドガー・クネヒトは、ヨーロッパの哀愁と軽妙さをあわせもつ。個人的にドイツに移住した天才ハジメくんのピアノを思い出したな。
インド系アメリカ人カシュ・キリアンは、民族楽器とインド音階のボーカルをとりいれ、ジャズやブルースとミックスさせる。敵国アメリカからの参加だからどうなるかと思ったら、キューバ人も大喜びである。やはりいい音楽に国境はないのだ。
トリはキューバの誇る巨漢ボーカリスト・アレクサンデール率いるハバナ・ド・プリメーラで会場はダンスホールと化す。
オレはいちばん前の席に座っていたのだが、ほかのジャズバンドでは退屈そうにしていた女の子たちが一気にステージ前にかけより、お母さんたちまで巨大な尻を並べて踊り狂う。
New 天の邪鬼日記-090216salsa

やっぱこれこそがキューバでしょ。
人間の肉体と魂をいかに熱くさせるかという最も原初的な欲求を形にしたのがキューバ音楽なのだ。

「キューバはまずい」と旅行者は口をそろえて言う。
たしかに20円のボカディージョ(サンドイッチ)には薄いハムがハムカツが一枚はさまってるだけだし、レストランもろくな料理はないし、スーパーもチョー乏しいし、食料を探すのにも一苦労だ。
じゃあ、なぜキューバ人はあんなに太っているか?
さまざまなキューバ人家庭に滞在してその謎が解けた。キューバ人はレストランなんかいかず、家で美味いものをたらふく食っていたのである。
本当に美味いキューバ料理はレストランではなく、家庭に隠されていたのである。 
New 天の邪鬼日記-090216ebi

New 天の邪鬼日記-090216sakana

New 天の邪鬼日記-090216chicken

New 天の邪鬼日記-090216buta

あさっての18日にはジャマイカへ旅立つ。
キューバの旅は大きな実りをもたらした。
彼らは平均月収2000円という貧しい暮らしの中で、人間にとって本当に大切なものはなにかということを、陽気な笑顔と、すばらしい音楽と、あふれる色彩と、美しい自然と、真心のこもったホスピタリティーで教えてくれたんだ。

とくに海辺の町シボネイでの生活は創作の女神が微笑んでくれた。
パパ・ホアンの家に9日間滞在し、8曲も作ってしまったのだ。
New 天の邪鬼日記-090216papaシボネイの兄弟パパ

屋上がオレのお気に入りの場所で、まわりに高い建物が何もないので王様の気分だ。
New 天の邪鬼日記-090216akiraokujouパパ家の屋上で星と話しながら作曲する

毎日、海や夕日や満天の星や満月をながめて暮らした。
こういう自然と一体化した生活をしていると、何かが開かれてくる。
では「シボネイ8部作」の残りを書き留めておこう。

宿主のパパ・ホアンとサンチャゴにいったとき、オレの頭の中ではメロディーが鳴りつづけていた。しかしいつもメロディーとセットで降ってくる詩が浮かんでこない。
「あれがホテル・サンチャゴだ」
ぎゅうぎゅうのコレクティーボ(乗り合いタクシー)の中でパパがサンチャゴを代表するモダンなホテルを指差した。
「ん、ホテル?」
オレは世界70カ国で様々なホテルを泊まり歩いてきた。
もしかするとホテルの数に関しては日本一かもしれない。
ホテルというのは不特定多数の旅人たちが出入りする仮の宿である。旅人は自分本来の家は別にある。
「ああ、オレはホテルAKIRAだ!」
すべての人間は、魂が一時的に滞在するホテルなのだ。
乗り合いタクシーの中で歌詞がどしゃぶりのごとく降り注いできた。
タクシーを降りるとオレは公園のテーブルに走っていった。
「ど、どうしたんだ?」パパはあっけにとられている。
「神の声が聞こえたのさ」オレがウインクする。
「こいつ頭がおかしくなったのか?」と立ちつくすパパをよそに、オレは10分くらいで3番までの歌詞をいっきに書き上げてしまった。
パパにスペイン語で歌詞の内容を翻訳した。
「あのうす汚いタクシーの中でこんな美しい物語がおまえのなかでほろがっていたとは。おまえはいったいどういう頭をしてるんだ?」
オレはおちゃらけながら答えた。
「ポルケ・ミ・カベッサ・エス・シエンプレ・バシオ」(なぜならオレの頭はいつも空っぽだからさ)
頭というホテルだって満室だったら新しい客を入れられないだろう。
聖書には「肉体という器を魂が出入りする」とあったが、あの世という実家からやってきた魂がとりあえず今回は「ホテルAKIRA」に滞在してくれているのだ。
なんもない安宿だがせめて滞在中はもてなしてやろう。
New 天の邪鬼日記-090216akirakage

「ホテル」

人の一生はつかのまの夢
ほんのまばたく刹那消えてく
まるでさなぎに宿った蝶が
体を脱ぐように

君と過ごした海のホテルは
時の岸辺で洗われていた
ぼくらは若く貧しく美しく
なにも怖くなかった

ようこそ我がホテルへ 永遠の旅人よ
遠いところはるばるありがとう
ようこそ我が友よ 永遠の魂よ
きみが旅に出る日まで夢を見てくれ

人は裸でこの世に生まれ
やがて裸で愛を交わして
いつか裸でひとり去ってく
体の宿をはなれ

白いシーツに打ち上げられた
きみは人魚のように身をよじる
きみが海に帰っていかぬよう
毎晩愛を捧げた

ようこそ我がホテルへ 永遠の旅人よ
遠いところはるばるありがとう
ようこそ我が友よ 永遠の魂よ
きみが旅に出る日まで夢を見てくれ


人に帰る家があるように
いつか魂も空へ帰る
古いホテルは朽ち果てていき
やがて土に返る

きみは海の彼方を指さし
そこに永久の家があるという
「探さないで」とホテルから消えた
きみは海へ帰ったのか

ようこそ我がホテルへ 永遠の旅人よ
遠いところはるばるありがとう
ようこそ我が友よ 永遠の魂よ
きみが旅に出る日まで夢を見てくれ

Original Key Em
Em Am B7 Em EmE7 Am B7 Em
Em Am B7 Em EmE7 Am B7EmB7
Am7 D7 GM7 E7 Am7 B7 Em B7
Am7 D7 GM7 E7 Am7 B7 Em

次の曲はまたヤバイのである。
パパと妻バルバラには2人の子供がいる。上の子は12歳、下の子は6歳の男の子だ。
下の子ホセが「ママはどっちをむいているの?」と友達にからかわれたという話を聞いた。
バルバラは斜視なのである。
彼らは何気なく話したつもりが、オレはポロポロ泣き出してしまった。
自分の母親が足を引きずって歩くのを友達にからかわれた記憶を思い出したからである。
子供にとって親の容姿や職業やほんのささいな行動さえコンプレックスになる。
「ちがうことは悪いこと」というこの世で最悪の教育を最低の大嘘を叩きこまれるからだ。(このことを思うと体が怒りに震えるほどだ。オレはこの洗脳からみんなを解き放つために命がけで歌っている)
これは「ハローマイマム」、「Life is beautiful」、「おさない瞳」の母3部作につづくいちばんかわいいメロディーの最終兵器である。
ついにふれてはいけない最後の扉を開いてしまったのだ。
New 天の邪鬼日記-090216cocojuce

「びっこのおかあちゃん」

びっこのおかあちゃんなんていらないよ
みんなに笑われないように歩いてよ
びっこのおかあちゃんなんていらないよ
みんなが見てるからもうあっちへいってよ

おかあちゃんとおとうちゃんは
山で出会った
若いふたりに今
小さな恋が芽生えたんだ
おかあちゃんは熱をだして
急に歩けなくなった
おとうちゃんは約束した
ぼくがおんぶして山にのぼろうって

びっこのおかあちゃんなんていらないよ
みんなに笑われないように歩いてよ
びっこのおかあちゃんなんていらないよ
みんなが見てるからもうあっちへいってよ


ぼくはお空のうえからずっとながめてた
こんなすてきなふたりの子供になりたいなって
ふたりがチュッチュしないから
ぼくが背中を押したんだ
お空からピュッとジャンプして
ぼくはお腹にはいっていったんだ

びっこのおかあちゃんなんていらないよ
みんなに笑われないように歩いてよ
びっこのおかあちゃんなんていらないよ
みんなが見てるからもうあっちへいってよ


ぼくたち家族はとても幸せだったんだ
あふれるよな愛でぼくをつつんでくれたんだ
幼稚園ではじめてほかの親たちを見た
ぼくのおかあちゃんだけが
ぴょこたんぴょこたんカエルみたい

びっこのおかあちゃんなんていらないよ
みんなに笑われないように歩いてよ
びっこのおかあちゃんなんていらないよ
みんなが見てるからもうあっちへいってよ


おとうちゃんは酒をのむと
おかあちゃんをなぐった
おまえはびっこのくせに一人前な口を聞くなって
おかあちゃんはぼくをおいて家をでた
ぴょこたん足をひきずって
ごめんねごめんねって泣いていた

びっこのおかあちゃんなんていわないよ
みんな笑ってもいい
ぼくのおかあちゃんなんだ
びっこのおかあちゃんなんていわないよ
みんなが見ててもいいぼくのそばにいて

びっこのおかあちゃんなんていってごめんね
ほんとはだれよりもおかあちゃんが好きなんだ
びっこのおかあちゃんなんていってごめんね
ほんとは世界一おかあちゃんが大好きだ

カポ2 C-D
C G Am Em F C Dm G7
C G Am Em F C DmG7 CG7
C G F C Am Em F G7
C G F C Am Em F G7

Original Key D
D A Bm F#m G D Dm A7
D A Bm F#m G D DmA7 DA7
D A G D Bm F#m G A7
D A G D Bm F#m G A7

あっはっは、これ以上泣かさないでって感じでしょ?

「アキラさんの歌の根底にあるのは、和解だね」
札幌で心に病気を抱える人たちをサポートしている「のほほん工房」のそういちさんが言った。
「今まで自分から切り捨ててきた家族や社会や傷ついた人や争ってきた人たちともう一度和解したいという強烈な欲求からすべての歌がつくられていると思う」
なるほど、さすが千里眼のそういちさんである。
時代はオレたちに競い合いと争いを強いてきた。
こうやってオレたちをいがみあわせているうちに、うえのやつらは悪事の限りを働き、オレたちを羊の群れのようにコントロールする。
もうその洗脳からも解き放たれなくてはいけない。
オレたちは本来、愛を学ぶために生まれてきた。
愛し合うためにこの世にきたのだ。
確実にこれから時代のテーマは「和解」になるだろう。
国連の平和維持軍や裁判所の調停などの、上から下へ押し付ける和解ではなく、
一人ひとりが身近な人と和解していくことによって、
世界は変わる。
それは国家や宗教や民族の対立を根底からなくしていく唯一の方法は、
「ちがいを許しあう」ことなのだ。
和解せよ。
汝の敵と、
汝の親と、
汝の恋人と、
汝の子供と、
汝の時代と、
汝自身と、
ネットの残り時間、今汝?
New 天の邪鬼日記-090216toiletsutudioあの美しい10曲が録音されたスタジオ・シボネイ

和解の歌

愛する人よ
なぜこんなふうになっちまったんだろう
ふたり愛し合った日々がまるで古い映画のようだ
Oh Darlin出会ってくれてありがとう
いっぱいケンカもしたけどそれ以上
いっぱい笑ったよね

ああこれだけはわかって 今もきみを愛してる
もう一度はじめから出会い直したいんだ

歌え 和解の歌
失われた絆をとりもどす許しあいの歌
歌え 和解の歌
新しい時代を産み落とす許しあいの歌


愛しい子供よ
おれは親になる資格がないのかも
あんな無邪気に笑ってたきみが
今は口もきいてくれない
Oh Baby悩みはなんでも打ち明けてくれ
たとえ世界をぜんぶ敵にまわしても
おれはきみを守るから
ああこれだけは信じて
おれは死んでもきみの味方だ
もう一度はじめから出会い直したいんだ


父よ、母よ
ずいぶん会いにいっていないな
顔を見るとつい昔みたいに
ケンカしちまうから
Oh Daddy親の役割を押しつけたけど
あんたたちもおれと同じひとりの
人間だったんだ
ああこれだけは言わせて
命をくれてありがとう
もう一度はじめから出会い直したいんだ


友よ
おれたちはなぜいがみ合ってんだろう
時代は自分以外ぜんぶ敵だと思いこませてきた
Oh Brotherどこかちがう場所で会ってたら
おれたちはきっと肩を組み
この歌をうたっていただろう
ああこれだけは気づいて
おれたちは同じ痛みを抱える兄弟だ
もう一度はじめから出会い直したいんだ

自分自身よ
おれが自分を愛さなきゃ
いったい誰がおまえを愛してくれるんだ
Oh Myself
どんなにうまくいかないときの自分でも
それで100点満点だと抱きしめてやれ
ああこれだけは確かだ
おれたちは許すことを学ぶために生まれてきた
もう一度はじめから出会い直したいんだ

カポ4 E-C
C G F7 G7 F7 C F7 G7
C G F7 G7 C G F7 G7 C
Am Em F7 G7 C Am Em F7 G7
C G F7 G7 C F7 C F7 G7 C
C G F7 G7 C F7 C F7 G7 C
Original-E
E B A7 B7 A7 E A7 B7
E B A7 B7 E B A7 B7 E
C#m G#m A7 B7 E C#m G#m A7 B7
E B A7 B7 E A7 E A7 B7 E
E B A7 B7 E A7 E A7 B7 E

アディオス、クーバ、ミス・アミーゴ(オレの友だち)たちよ。
つぎはいよいよもうひとつの音楽大国ジャマイカだ。
ラスタの本場に乗りこむぜ。
ジャマイカはキューバとは対照的にラテンアメリカでもっとも危険な国のひとつといわれている。
これからどんな冒険と収穫が待っているか。
キューバよりはネットがつながると思うので、ジャマイカ・レポートをまっててちょ。
New 天の邪鬼日記-090216umitokodomo
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。