New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
0801新年皇帝年賀Joe

いやっいやっ! いやと言ったら乳いやなの。
姫、どうかわがままを申さず、初秘乳だけは伝統ですから。
オレは今、ラオスの古都アンパンマン、じゃなくルアンパバーン(「シャー早稲野アリカ」昆虫名由来の土地)で練乳(コンデンスミルク)の沈殿した甘いラオス焦がし豆絞り汁(コーヒー)を飲んでいる。
ううん、やっぱり正月は初秘乳に限るなあ。
って初秘乳がなんだかは謎だが、生きて年を越せたのはありがたいことだ。
ううん、やっぱり正月の初秘乳は姫のに限るなあ。
って初秘乳がなんだかはどーでもいいのだが、町の人々もお坊さんも旅行者もとにかくうれしそうである。
昨日は同じホテルに泊まっている世界中のやつらと新年を祝った。
みんな夜中までべろべろに酔っ払って、ラオビールを頭からかけ合い、ワールドカップで優勝したかのようにはしゃいだ。あんま記憶はないのだが、オレはあやうく真夜中のメコンに飛び込むところだったという。やばいやばい、正月に生きて目覚めてよかった。
まあいつかこんなふうに世界中がハッピーにつながる日がくればいい。
2008年もクレイジーに幕を開けた。

新年の抱負は……ない!
ないって、自分でふっておきながらキッパリと言われても。
まことにないのじゃ。どーせ毎年予想不可能な展開になるし、小ざかしい個人の希望などを述べてもむだなのである。
今年も運命のランドリーに放りこまれ、「あ~れ~殿、ご無体な~」と叫んでいるうちに終わってしまうに決まっておるのだ。
希望もなければ、恐れもない。
武士たるものいさぎよく定めの白波に身をまかせ、戸板滑り(サーフィン)をするものじゃ。(なぜか毎日米国語ばかり話していると、文章が和風になってしまうことよのう)
では新年の格言をのたまうぞ。

「日々のチョイスで迷ったときは、必ずやスッチョイスッチョイするほうをチョイスッチョイしなさい」

ってスッチョイスッチョイがなんだかは謎だが、さすれば拙者のような浪人風情に身を堕とし毎日スッチョイ念仏を舞うて暮らせるというもんじゃ。
ううん、やっぱりスッチョイスッチョイは殿のに限るなあ。
ってスッチョイ念仏がなんだかはどーでもいいのだが、町の人々もスッチョイ、お坊さんもスッチョイ、旅行者もスッチョイ、拙者もおぬしもスッチョイスッチョイしておれば、人類滅亡は食い止められるのである。

新曲が完成するたび、トイレに素っ裸でこもってレコーディングする。
なぜ素っ裸じゃないといけないのか?
答え、バカだから。
ちがーう! 心を裸にするというかだな、赤ん坊のような無垢な心で、ともちがう。
なにしろ熱帯でトイレ閉め切って1時間も歌いつづけるのだから汗びっしょりになる。服を着てるとあとで洗わなくちゃなんねーじゃん。
旅行中は荷物を軽くするために最低限の服しか持ち歩かないから、てめえのパンツを毎日のように洗わなくちゃならない。オレはフローレンスのワイナリーで学んだ、「必殺足踏みランドリー」という荒技をつかう。シャワーに入りながら洗濯物を足て踏みつづけるという合理的な方法で、シャワーと同時に洗濯も終わっているのだ。
なんの話してたんだっけ? あっ「全裸立てこもりレコーディング」だった。トイレの便座を閉めてパソコンを置き、歌詞を見ながら、やはり便座に置いたライターくらいのICレコーダーにむかって吼えつづける。なにしろおぼえたての新曲なんで、100回くらいまちがっては歌いなおすのだ。
録音が完了すると、灼熱酸欠サウナ状態のトイレからふらふらになって飛び出し、メコンでひと泳ぎしてから、よく冷えた「ビヤーラオ」とともに、できたての新曲を聴く。雄大な山に沈む夕日といい、竹製の橋で遊ぶ子供たちといい、至福の時よのう。
0712ラオス子供

そのような深い思索に満ちた詩作を試作に四作、と言いたいところだがふたつお届けしよう。
拙者初の「邪魔いかん!」烈夏会(ジャマイカンレゲエ)作品である。怒烈奴結い(ドレッド)にしておると「レゲエやってんすか?」などと軽佻浮薄な輩によく聞かれるが、あえて今までこの禁断の領域には踏み込まなかったのである。
いざ挑んでみれば、最高に軽佻浮薄(ハッピー)な曲ができた。ヤバイくらいにスッチョイスッチョイなノリである。

「Wake Wake Docking Docking」

アホらしいほど単純でいーんじゃーん
むずかしがっても人生はシンプル
きみが好き!
きみがほしい!
ヤベッ、これってバカまんまじゃーん
まっしょがねーか

走れなくて歩けばいーんじゃーん
笑えなくても微笑めばいーんじゃーん
We are the one love
We are the one life
まあ大げさに言うとこんなもんかな

千の昼も千の夜も
いつもいつもきみを想ってきた
せつなくても くるしくても
もうマジじゃなにも言えないから

魔法の言葉
Wake Wake Docking Docking
う、う、う、運命のドアがあく
魔法の言葉
Wake Wake Docking Docking
き、き、き、きみを愛してる
あっ言っちまった
Woo lalalal
ワクワク生きようぜ Let’s sing together
Woo lalalal
ドキドキ愛そうぜ イェーイェー


子供みたいに無邪気でいーんじゃーん
カッコつけてもヒューマンビーイング
抱きしめて!
キッスして!
ヤベッ、これってエロまんまじゃーん
じゃまあいいか

重い荷物なんて捨てちゃえばいーんじゃーん
だいじなもんなんてひとつしかないじゃーん
We are the one heart
We are the one soul
まあまわりくどく言うとこんなもんかな

千の昼も千の夜も
いつもいつもきみを求めていた
やるせなくても もどかしくても
もうマジじゃなにも言えないから

魔法の言葉
Wake Wake Docking Docking
う、う、う、運命のドアがあく
魔法の言葉
Wake Wake Docking Docking
き、き、き、きみを愛してる
あっ言っちまった
Woo lalalal
ワクワクめざめようぜ Let’s sing together
Woo lalalal
ドキドキつながろうぜ イェーイェー

C F7 C F7 C F7 C F7 C G F7 G7
C F7 C F7 C F7 C F7 C G F7 C E7
Am FM7 C G7 Am FM7 C G7
C G F7 G7 C G F7 C G7
CGAmEm F G7 CGAmEm F7CA♭B♭C

つぎにめでたい「初秘乳いやっ!」(Happy new year)を飾るのは、「Happy end of the world」という曲だ。
「おい、いきなり新年からこの不吉なタイトルとは、なんばしよっとかい!」と叱られそうだが、2007年の最後にできちゃったんだからしょうがない。Bm7とCM7の2コードがえんえんと繰り返されるセリフ語りのチルアウト(静謐な)バラードだ。

「Happy end of the world」

人間の消えた街にも日は昇る。
ぼくたちは中央駅の廃墟に、
手をつないだまま寝転がっている。
割れたドームから降り注ぐガラスの破片が、
ダイヤモンドダストのように煌いて
……綺麗だ。
Happy end of the world
Happy end of the world
It’s over over over over now
もうなにも怖がらなくていいよ
It’s over over over over now
すべて終わったのだから

二度と目覚めることのない眠りについた街は、
在りし日の人の夢でも見てるいのだろうか?
それともこの世界さえ、
何者かによって見られた夢なのか?
ぼくにはわからない。
ただきみの手のぬくもりだけが
ぼくにとって唯一の
……「リアル」だ。
Happy end of the world
Happy end of the world
It’s over over over over now
もうなにも思い出さなくていいよ
It’s over over over over now
ほんとうにすべて終わったのだから

山のてっぺんには約束の地があると教えられてきた。
もっとたくさんのものを持てば自由になれると、
もっとたくさんのお金を持てば幸せになれると。
だけどすべてを手に入れてたどりついた頂上で待っていたものは、
神々が逃げ出した……天国の廃墟だった。
Happy end of the world
Happy end of the world
It’s over over over over now
もうなにも怖がらなくていいよ
It’s over over over over now
すべて終わったのだから

価値観が、宗教が、国家が、家族が、
そして人間が長い間置き去りにしてきた
心が崩壊していた。
「ぼくたちの未来を奪ったのは誰だ?!」
なんていまさら叫ぶつもりはない。
だけどぼくたちはもう
……大人を信じない。
Happy end of the world
Happy end of the world
It’s over over over over now
もうなにも思い出さなくていいよ
It’s over over over over now
ほんとうにすべて終わったのだから

ぼくたちは世界の終わりを見届けるため、
生まれてきたんじゃない。
世界のはじまりを創造するため、今ここにやってきた。
ばらばらになった心のかけらをもう一度探し集めるため
子供たちは手をつないで旅にでた。
さあ……新しい朝がくる。
Happy end of the world

Bm7 CM7 Bm7 CM7
Bm7 CM7 Bm7 CM7

あさってからはいよいよ「アンコールワットと虐殺と地雷」の国カンボジアだ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
0712ラオス風景
2007年現在、アジアでいちばん落ちやすい町、ラオスのバンビエンに沈没してしまった。
川沿いのバンガローでメコン川と雄大な山々をながめながら歌をつくって暮らしている。
いいね、いいねー、この「歌をつくって暮らしている」ってフレーズが、「野菜をつくって暮らしている」とか、「魚をとって暮らしてる」って感じじゃん。

さあ、2007年もおしせまったことだし、恒例の10大ニュースでもふりかえってみるか。

1.3月、早稲田大学卒業制作ネアリカ
オレの頭脳では到底門をくぐれなかった早稲田大学に講師として呼ばれ、ワークショップや公演までさせてもらった。早稲田ネアリカ組のパワーと人柄に圧倒され、学食や学園祭など楽しいキャンパスライフだったことよのう。

2.4~5月、オーストラリア旅行
ついに念願のオーストラリアを一周した。ウルル(エアーズロック)の磁場は強烈だったし、タスマニアでは最後のアボリジニの足跡をたどったし、アーネムランドではディジュリドゥーの神様ジャルーとも生活できた。
「雲の上はいつも晴れだから」、「愛を知らない子供たち」、「レラ」、「終わらないキスをしよう」、「老人と星」、「Travelling man」と、6曲も新曲ができた。

3.5月、「alone 3」リリース
4日間全徹夜で完成させた。録音機材も導入したし、オレにとっては大きな転機となるアルバムとなった。

4.6月、ふみちゃん追悼ネアリカ
ネアリカに何度も参加してくれ、オレのイベントも企画してくれた盟友ふみちゃんが急遽亡くなったので、ふみちゃんの両親とともにみんなで追悼ネアリカをつくった。これだけたくさんの人にふみちゃんが慕われていたことに両親も驚き、悲しみの淵から立ち直る。

5、9月、台湾旅行。
路地の食い物も最高だし、人もやさしいし、先住民もいっぱいいるし、こんなすばらしいところが隣にあったとは知らなかった。沖縄の石垣島からフェリーでわたったのだが、わずか10日間の滞在で、「シャンティー」、「雨ニモ負ケテ」、「ばあちゃんの手」など3曲もつくってしまった。

6、9月「アジアに落ちる」復刊
復刊というのは作家にとって最高の栄誉である。過去に書いたものが時間によって風化されず普遍的な価値を持つということの証だからだ。
「風の子レラ」と「アヤワスカ!」を復刊させるためにも、ぜひ「アジアに落ちる」を読んでちょうだい。

7、9~10月「大ネアリカ展」。
ひさびさの美術展であり、初の40日間個展という大きなイベントだった。しかも灯台下暗しだった地元栃木県でできたことは大きい。毎週日曜のワークショップ&ライブはどんどん参加者が増えてくるし、「栃木県にもこんなにおもしろい人、いっぱいいたのね」と友人も急増したし、日本全国からたくさんの仲間がやってきてくれた。

8.10月、声を失う
これはショックだったね。やっと自分も人間だったと気づいた。なににもまして北海道からサポートに駆けつけてくれたハジメくんとおがわとーるの友情にはもう足を向けて寝られない。ラオスの安宿でも羅針盤で方位を測り、北海道のある北東から足をずらして寝ている。(ウソ)

9.11月ロバート・ハリスさんと対談
ロバートは最高に魅力的なアニキだった。衰えぬ好奇心といい、豊富な体験量といい、なにより人間を愛してる。こんな風にかっこよく世界と遊んで生きたい。

10.東南アジア旅行。
今年はオーストラリア、台湾、東南アジアと3回も海外に出たのね。
アジアの奥深さと心の豊かさを日々思い知らされる。もしきみが初めての海外旅行にビビっているなら、この東南アジアをすすめる。これほど楽しく旅しやすいところは世界中探しても東南アジアしかないだろう。

総括:年間120本ライブ。
1年前の正月は、まさかこんなにライブをやるとは予想だにできなかった。
この数字は人間の限界をはるかに超えていると思う。よく体がもったよな。アンプや本やCDのつまったバックパックを背負い、修行僧のごとく全国を行脚した。
琵琶法師や門付け三味線師、トゥバドールやサドゥー、サーカス団や旅芸人、露天商や富山の薬売り、西行法師や芭蕉や山頭火、ジプシーやボヘミアンなどとまったく同じようなことをしている。
北海道、高知、新潟、東京、神奈川、埼玉、群馬、栃木、静岡、愛知、三重、大阪、京都、神戸、広島、沖縄まで、それぞれの場所でかけがえのない出会いをしてきた。
来年もまた会おう。そしてまだ見ぬきみに会うのを楽しみにしている。
とくにまだいったことのない県のみなさん、ぜひAKIRAライブを企画してください。

2007年よ、最高に素敵な思い出をありがとう。
2008年がきみにとってさらに素敵な年になりますように。
メコン川にタイヤチューブで浮かびながら祈る。
0712ラオス洗濯
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
女陸栗鼠鱒、皆の衆!
そちらは寒いか?
もうこっちはサンタの帽子をかぶったビキニガールたちと毎日ビーチパーティー!
というチョイスもあったが、オレは意外にストイックなのである。
オレは今「メリークリスマス」とまったく関係ない国ラオスにいる。ラオスって言われても、あんまりイメージわかないだろうが、中国やタイやベトナムやカンボジアにはさまれた山岳地帯である。東南アジアでいちばん地味な国と言っていい。
駄菓子菓子、観光産業で海苔海苔のタイやベトナムの喧騒に疲れた旅人には、大自然に囲まれたラオスの素朴さと穏やかさがたまらなく心地いいのである。
子供たちもオレを指差して笑わないし、市場のおばちゃんも生イカをくれないが、さらに珍獣として珍重されるのだ。
ベトナムでは民衆に惜しまれながらもやっと皇帝の座を退官させてもらったが、ラオスでは素朴な村人の熱望により、
蛇使いになってしまった!
0712アキラ蛇

蛇使いといってもここではサーカスの芸人のような道化ではない。人々の吉兆を占い、村の政治をつかさどり、病気を治すシャーマンである。
アヤワスカの精霊に見初められたオレにはぴったりな役職ではないか。(しかしこの蛇はHeavyなんで早く辞めたい)
話は「女陸栗鼠鱒」にもどるが、メリークリスマスにはプレゼントとクリスマスカードがつきものである。
神様からすごいプレゼントをいただいてしまった。
つっても蛇じゃないぞ。(この蛇、重いって)
なんと原稿用紙200枚近くも書いた小説のメモリーカードをなくしてしまったのだ。
バックアップはとってないし、いっしょにカードリーダーもなくなった。
おそらくこれは「金玉満堂」の呪いだろう。(ああ、恐ろしくて発音さえできない)
この金玉野郎はベトナムの首都ハノイでよく見かける金運の神様である。お金の玉が転がりこみ、その人の堂(家)を満たすという意味だ。ハノイの屋根裏部屋みたいなオレの部屋にも陶器でできた金玉様がおいてあった。ふとその袖口を見ると札束がつまっているではないか!
おおおっ、神様の贈り物にちがいない。
おそらくこの部屋に泊まった旅行者が小銭をもてあましておいていったものだろう。20枚ほどの札束を全部合わせると、30円相当になった。たった30円でも金玉様の贈り物だ。ありがたく使わせてもらうか。オレはその金でマンゴシェイクを飲んでしまった。
その翌日にメモリーカードをなくしてしまったのだ。たった30円をネコババしたために、30万部のベストセラーになったかもしれない小説を失うとは。
皆の衆、泥棒はよくないぞ。もと泥棒が言うんだからまちがいない。
それにしても金運の神様のくせして、この金玉野郎め。うれしそうに笑ってんじゃねえ!
0712金玉満堂

思いっきりショックだったが、「あらゆる不幸や不運を学びのチャンスとして受け入れ、さらにそれをポジティブな力に変換する」という修行を30年間もやってきたオレは、あっさりとあきらめた。
「むむむ、何かをもらうということがプレゼントなら、何かをなくすということはこれから新しい何かを見つけるというプレゼントだ」などと、能天気に受け入れた。
まだギターはなくしてないから、歌をつくれってことか。
このパソコンをなくすまえに、またできたての新曲を2曲、アップしとこうっと。
「幸せのアリカ」という曲は軽快なミディアムテンポで、清涼飲料水のCMとかにつかってもいいくらいさわやかなメロディーだ。皆の衆への九里済ますプレゼントとして、この曲の創生秘話をご紹介しよう。
早稲野アリカは美貌と才能に恵まれたが、なぜか幸せには恵まれなかった。ある日東武日光線のガード下で壁打ちテニスをしていたアリカは踏み出したスニーカーの下に蟻を発見し、踏まないようにステップをすらしたとたん、左足首を捻挫してしまった。
翌日から不思議なことが起こる。
玄関を開けると、蟻の行列が芋虫を運んでくるではないか。
「蟻の恩返しなんかいらねーよ、人間は芋虫なんか食わないんだから。ったくあんたのおかげで足をくじいちゃったし、あたしはつくづく幸せに見放されてるんだわ」
アリカは蟻の置いていった気持ち悪い芋虫を割り箸でつまんで捨てようとしたが、あんまり気持ち悪い文様なんで図鑑やネットで調べてみた。しかしどこにもこんな芋虫は載ってなかった。
ので、写真に撮って昆虫マニアのウエブサイトに送ったところ、とんでもない反響がきた。
「これは1892年に東南アジアで発見されて以来、幻の幼虫といわれるシェンクワン・アンパバーンにまちがいありません。マニアの間では最高価格で取引されるでしょう」
アンパバーンだかアンパンマンだか知らないけど、そんなに言わせたいのなら言ってあげましょう。
アリカは玄関先で一言を待っていた蟻にムカつきながら叫んだ。
「おまえは……幸せの蟻か!」
日本の昆虫マニアよりもさらに高値をつけたのが、アラブの石油王シャー・ザハーン・ムハマド氏である。アリカはあまりの高額にビビり、郵送するのをやめた。自分でシェンクワン・アンパバーンを小型金庫に入れ、直接アラブへと飛んだのである。
なんとアリカの美貌に一目ぼれしたシャー・ザハーンは妻と別れ、アリカを妻に娶った。
駄菓子菓子、幸せな新婚生活もつかの間、シャー・ザハーンはバイアグラの飲みすぎで急逝してしまう。喪に服した国民は王の愛した妻を王座につけた。ついにアリカは「シャー」の称号を手に入れたのである。
シャー・ザハーンだか謝辞阿片だか知らないけど、そんなに言わせたいのなら言ってあげましょう。
アリカは王宮広場で一言を待っていた国民にまたもやムカつきながら叫んだ。
「われこそは……シャー早稲野アリカ!」

「幸せのアリカ」

虹を追いかけて
ずっと旅をしたけど
追えば追うほど遠さかってく

きっとすばらしい
天国があるはずと
見知らぬ国さがし歩いた

幸せのアリカ 幸せのアリカ
地図にのってない だれも知ってない
やっと見つけたよ
幸せのアリカ 幸せのアリカ
青い鳥はもうずっと僕らの
胸のなかにいた

君を追いかけて
熱い恋をしたけど
愛しあうほど傷ついていく

きっと完璧な
パートナーになるはずと
理想ばかり押しつけてきた

幸せのアリカ 幸せのアリカ
地図にのってない だれも知ってない
やっと見つけたよ
幸せのアリカ 幸せのアリカ
青い鳥はもうずっと僕らの
胸のなかにいた

青い鳥も空を忘れていた
まるで君が僕を忘れてたように
さあもう一度はじめから思い出すんだ
なえた翼ゆっくりひろげて
そう!

幸せのアリカ 幸せのアリカ
地図にのってない だれも知ってない
やっと見つけたよ
幸せのアリカ 幸せのアリカ
青い鳥はもうずっと僕らの
胸のなかにいた

C Em7 F Fm G7
C Em7 F Fm G7
Em7 Am7 Em7 Am7 Dm Dm6 D7 G7
Em7 Am7 Em7 Am7 Dm Dm6 Fm C

Am /A♭ F G C Am /A♭ F G Am
Am /A♭ F G C F Fm G7

ああこんなにさわやかな曲なのに、「シャー早稲野アリカ」が頭からはなれなくなったらどうしよう。ライブで聴くときにはこのストーリーは完全に忘れるようになっ。
さて今日できたばかりの「Bleeding love」(ブリーディング・ラヴ)は、Blood=血、Bleed=血を流すという意味で、アップテンポのジャジーなメロディーと対照的なサビの情念的なメロディーが合体したチョーかっこいい曲だ。「愛は血を流す」だけなら、恋の痛みを歌うラブソングになってしまうが、数十億年の命をはぐくんできた原初的な大地の母性が裏テーマで隠れている。命と出会うために子宮は毎月血の涙を流しているのだ。

「Bleeding love」

Pappapalappa Bleeding love
Pappapalappa Bleeding love
Pappapalappa Bleeding love
Pappapalappa

ナイフのような言葉が
あたしの胸にグサッと突き刺さる
幼いころ捨てられた
悲しみまでがフラッシュバックする

女はみな血の涙流すマリア
男はみな迷える子羊

嫉妬は千の目をもつ
だけどどの目もみんな盲目
あたしが支配できるのは
自分だけってわかっているけど

女はみな朝日を産む海
男はみな夕日に背を向ける

ひとりぼっちの夜
子宮があんたを呼んでる

Bleeding love Bleeding love
My heart is bleeding bleeding bleeding
Bleeding love Bleeding love
My heart is bleeding bleeding bleeding
愛は血を流す

Pappapalappa Bleeding love
Pappapalappa Bleeding love
Pappapalappa Bleeding love
Pappapalappa

鷹のような鈎爪で
あたしの背中ガッと捕(とら)まえて
あんたのいる荒野まで
黒い翼でパッと連れてって

女はみな慈悲と残酷のカーリー
男はみな気まぐれなシバ神

執着と独占は
愛の衣装で偽装するから
あたしを苦しませるのは
あんたじゃなくあたし自身なの

女はみな神と気づかない神
男はみな神を気取る犬

ひとりぼっちの夜
子宮があんたに泣いてる

Bleeding love Bleeding love
My heart is bleeding bleeding bleeding
Bleeding love Bleeding love
My heart is bleeding bleeding bleeding
愛は血を流す

愛なんて甘い夢じゃない
愛は痛みからしか学べない
だから傷あとさえも愛しなさい
愛なんてきれいごとじゃない
愛は罪を許さなきゃ得られない
だから醜ささえも愛しなさい

Bleeding love Bleeding love
My heart is bleeding bleeding bleeding
Bleeding love Bleeding love
My heart is bleeding bleeding bleeding
愛は血を流す

Em C7 Em C7 Em C7 Em

Em C7 a A7 B7 Em C7 A7 B7
Em C7 A7 B7 Em C7 A7 B7 Em
Em C7 a A7 B7 Em C7 A7 B7
Em C7 A7 B7 Em C7 A7 B7 Em
C G A7 B7 C G B7
Em C7 Em C7 Em C7 B7
Em C7 Em C7 Em C7 B7

EmEm/E♭ Em/DEm/D♭ CM7 D7 E
EmEm/E♭ Em/DEm/D♭ CM7 D7 E
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。