New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
 9月26日(水)
 重いバックパックを担いで毎日のようにライブをしていたハードデイズも終わり、さすがに不死身のオレも限界にきたのかもしれない。
 5年まえにテニスでくじいた左足首と、3年まえにぎっくり腰をやったところが痛みはじめた。
 もしかして……骨盤か?
 体の中心である骨盤のシンメトリーがゆがむと、ぎっくり腰、肩こり、手足のしびれ、顔のむくみ、頭痛、倦怠感、はては鬱病にまでなるという。
 そうだ、オレには秘密兵器がある。
 3年まえにぎっくり腰をわずか10分で治してしまったゴッドハンド、福井先生がいる。
 東京で「アジアに落ちる」の打ち合わせがあるので、そのまえに「門前仲町関節整体」へいった。門前仲町の駅から川を越えて、セブンイレブンの角を曲がると、なつかしい風景が見えてきた。
 小さななんの変哲もないビルの一階にゴッドハンドはおわしますのだ。
「おっ、あんたかい!」
 おぼえていてくれたのね。まあこのルックスは忘れないわな。
「あれからあんたの知り合いがずいぶんたくさんきたよ」
 オレが日記(2004,5/29)で書いたからだ。なにしろここは回数券なるものが存在しない。みんな一回で治ってしまうからだ。ぎっくり腰を一発で治せる人は日本に3人しかいなくて、今は他のふたりが高齢で引退し、福井先生ひとりになった。3年まえは予約さえいらなかったのに、今では予約がいる。
「肩こりやぎっくり腰は日本だけらしいね。このあいだ日本に長年住んだガイジンがぎっくり腰できて、パニックになってたんで、ギャーギャーわめんくんじゃねえってしかりつけてやった」
 なにしろこの人は口が悪い。しかし愛想がよくて治せない医者よりも、口が悪くても治してしまう医者に人気が集まるのはとうぜんだ。
「うーん、右上がりにねじれてるねえ。足首が痛くなったのもこのバランスがくずれたからだな」
 ゴッドハンドはベッドにあおむけになったオレの足をゆっくりとまわし、ぐいっと引っぱる。
 痛くはない。これだけで骨盤のゆがみは治ってしまう。
「背骨も少しねじれてるから、横向きに寝て」
 ゴッドハンドはひとつずつ背骨を押していく。痛いところが歪んでいるところだそうだ。
「はい、終わり。これでしばらくもつよ」
 わずか15分くらいだろう。あまりにあっけないんで、オレが聞く。
「そうとう体に負担がかかる仕事をしてるんですが、ボロボロになってませんか?」
「いや、もう50近いのにあんたの骨や筋肉は30代前半の体だよ。重労働がいいエクササイズになってんじゃない。なにより楽天的な性格がいいのかもな」
 受付で5000円を払おうとすると、「マッサージを省いたから4000円でいい」という。んもうー、もうける気もないし、やる気なさそうな普段着だし、口も悪いし、それでもゴッドハンドを慕ってつぎつぎに患者がはいってくる。
 あきらかにぎっくり腰の患者にオレは言った。
「だいじょうぶ、10分で治りますから」

 池袋にある「めるくまーる」社から雑司ヶ谷鬼子母神近くの「木菟(みみずく)ラーメン」にいった。
 「アジアに落ちる」出版の労をねぎらうのと今後の販売作戦会議を兼ねている。
 発売元めるくまーる社長の太田さん、発行元ヒマラヤブックスの西くん、写真と装幀をやってくれたフォトグラファーの高橋克明さん、「COTTON100%」の編集者マコト、紀伊国屋書店新宿本店のイクちゃん、めるくで働くアーティストのリオちゃんと大学生の侑美ちゃん、会計士見習いのタマちゃんなどが集まってくれた。
 みみずくラーメン名物の「鬼シュウマイ」やエビがプリプリはいった八宝菜をつまみに、「アジアに落ちる」の完成を祝う。
 やはり1冊の本を世に送り出すということは、子供を出産するくらいたいへんなことなのだ。
 西くんは「この名作が買えないなんて許せない」と立ち上がり、孤軍奮闘してくれた。それを支えてくれたのがめるくまーるの太田さんと和田さんであり、装幀の高橋さんなのだ。販売は新宿紀伊国屋5階のイクちゃんが全面協力してくれるのでたのもしいかぎりである。
 そこで読者であるみんなに最後の援護射撃をたのむ。
 アマゾンコムでレビューも書いてほしいが、地元の本屋へいったら、
「アジアに落ちるはありますか?」
 とたずねてほしい。
 もちろん買ってくれるにこしたことはないが、お金がなければたずねるだけでもいい。このお客さんからのひと言が大きいのだ。本屋さんもプライドがあるから、「むむ、さっそく注文しなければ」ということになるのだ。
 ネットで本を買う時代でも地道に売ってくれる本屋さんは大切な存在だ。とくにオレの本はいつもヴィレッジヴァンガードが大きく取り上げてくれる。青森のヴィレッジヴァンガードに「COTTON100%」が積まれていたときもびっくりしたし、都内では「神の肉」を手書きのポップやディスプレイまでつくって応援してくれた。
 ヴィレッジヴァンガードというのはベストセラーや一発本に媚びないし、「自分がいいと思った本しかおかない」という信念を貫いていて、オレのようなロングセラータイプの作家を応援してくれるのだ。
 ぜひぜひヴィレッジヴァンガードにいったさいは、勇気をふりしぼって店員に「アジアに落ちるはありますか?」とたずねてくれ。
 そこで、もし「ありますよ」と言われたときの対応策を考えよう。
 1,お金があれば買う。
 一冊もっているけど、AKIRAライブへいってサインをもらって、旅にでる友人にプレゼントしてもいい。
 しかし問題は金がないときだ。親切な店員がきみを旅コーナーに案内し、笑顔でこちらですと本を手わたす。むむむ、どうしよう?
 2,パラパラとページをめくって時間を稼ぎ、店員が去ったとたん、さっともどして逃げる。
 この場合、もどすのは棚じゃなく、売れてる本のいちばん上においてから逃げよう。
 しかし店員がなかなか去らない場合はどうしよう?
 3,「この本を友人が薦めてくれたんですが、なかなかいい本らしいですねえ。あなたも読みましたか?」とたずねてみる。
 確率的に読んでない店員が多いので、きみは心理的優位に立ち、堂々と立ち去れる。
 万が一店員が「わたしも感動しました。ぜひ読んでください」と言われたらどうしよう?
 4,「本日はお日柄もよく……あっ宇宙人だ!」とわけのわからないことを言って逃げる。
 この場合、その本屋にいきづらくなるので、
 5,「あっ友達だ!」と言って去るほうがいい。
 まちがっても混乱して、
 6, 「あっ友達の宇宙人だ!」などど言わないように注意すべし。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 9月23日(日)オープニングパーティー

 ネアリカのワークショップは毎週日曜日午後1時からはじまる。
 宇都宮をはじめ、東京などから子供をふくめ14人の人が参加してくれた。この不思議な毛糸絵画がどうできあがるか、みんな興味津々である。
 まずはお手本となる公募作品を全員で見に行く。
 ワークショップで使う8号キャンバス(45,5 X 38cm)と同じ大きさに、それぞれの宇宙観が凝縮されている。1回の来場につき3作まで投票できるシステムなので、毎日かよっても、その都度投票できる。それぞれの作品が個性的なので、投票順位は混戦状態である。投票に公正を期すため名前や住所が伏せられているので誰の作品かわからないが、なかでも上位6作品あたりに人気が集まっている。
 応募してくれたあなた、あなたの作品かもしれませんよ。
 ワークショップの参加者は歓声をあげ、うなり、テクニックを目で盗みながら、じっくりと鑑賞していた。
 ふたたび大ネアリカが展示されているワークショップ会場にもどる。
 オレがネアリカと出会ったいきさつや、ネアリカの歴史、ウイチョル族の宇宙観などを説明する。
 グーパージャンケンでふたつのグループに分ける。なるべく友達や母子も分かれてもらったほうがおもしろい。グループごとに各自直感で浮かんだテーマを出してもらう。
 鳥、月、ハート、あたたかい、木、オレンジ、うず、水、火、太陽などなど。
 その中からひとり三つを選び、上位のものを組み合わせてテーマとする。
 つぎはグループでひとり下絵を描く人を選び、テーマにそいながらも自由に下絵を描いてもらう。Aグループは小坂さんの息子で小学5年生になるそういちろう、Bは新潟から来てくれたアーティスト清水くんが描いてくれた。清水くんとは2週間後の10月6日に新宿ネイキッドロフトでおこなわれるAKIRA & アイコライブでもコラボするのでぜひみなさんお越しください。(くわしくは文末参照)
 真ん中に机を3つおき、ふたつがキャンバス、ひとつには60色の毛糸がおいてある。オレが毛糸の貼り方を実演する。コツは「毛糸と毛糸のすき間をあけない」とことと、「毛糸を置くように貼る」(引っぱるとあとで縮んでしまうから)という2点だけだ。
0709ネアワーク0

 最初はとまどっていた参加者も自発的に色を選び、貼りはじめる。まるで大人の服を脱ぎはじめ、裸の子供に返っていく過程を見るようだ。
 もともとオレたちは自分の人生を「創造」するために生まれてきた。
 つまり誰もがアーティストなんだ。
 子供のころはわくわくドキドキするような瞬間を素直に選んできた。でも現代社会はあたかもそれを悪いことだと教育し、いつのまにかオレたちも誰もがアーティストだということを忘れてしまっている。
 ひとつだけかんちがいしないでほしいことがある。それは絵を描いたり、歌を歌ったりすることだけが創作じゃないってことだ。
 赤鉛筆を耳にはさみながら競馬新聞をにらむおっちゃん、いつも笑顔をくれる八百屋のおばちゃん、美味しいお茶を入れてくれるOL、その人がわくわくドキドキしながら日々を送っていれば、みんなみんなアーティストなんだ。
 「自分の人生という作品を創作すること」、それが本当のアートだからね。
 あっそうだ、これは自分の人生だったんだ!
 ということさえ忘れて生きてるでしょ。
 ネアリカのワークショップはそれに気づくきっかけになる。
 小学校3年生のヤマトをはじめ、14人が力を合わせ、すばらしい2作品が完成した。
0709ネアワーク1

0709ネアワーク2

 何人でも参加できるように人数限定の枠をはずしたんで、どんどん参加してください。
★ネアリカワークショップ
9月30日、10月7日、21日 、28日(いずれも日曜日)の13~17時(参加費1000円)予約なしで突然きてもだいじょうぶですが、できれば「ギャラリー悠日」HPよりメールでご予約ください。

 オープニングパーティーには広いギャラリーがいっぱいになるほどの人がつめかけてくれた。
 オーナーの柏崎さんと小坂さんとオレであいさつと感謝の言葉を述べる。公募したネアリカの作者であるエミさん、なみさん、美雪さんにネアリカをつくるきっかけや制作話を聞かせてもらう。つぎに小坂さんの扉作品が展示してある部屋で、小坂さんによる作品説明を受け、大ネアリカのあるライブ会場に観客は移動した。
 今日のライブは、というか今日もかよ! 北海道からハジメくんととーるがやってくるという豪華メンバーである。またオーブがいっぱい写るかなと思っていたらデジカメのレンズが引っこまなくなって壊れてしまった。うーん、そうとう見えない人たちが来ていたかも。

1.雲のうえはいつも晴だから(AKIRA:ボーカル。ピアノ:hajime。ギター:小川とーる)
2.トラヴェリングマン(AKIRA:ボーカル。ピアノ:hajime。ギター:小川とーる)
3.青空のむこう(ピアノ:hajime。ボーカル:小川とーる)

 ここでオレひとりのリクエストライブだ。壁に貼りだした100曲にお客さんがチェックして、その中から3曲を選んだ。
 北千住で音楽バーを開くコージは石垣島で共演している。UFO型のメロディーパッカッション楽器「ハング」とホーメイを組み合わせてソロ演奏をしてもらい、オレと新曲「シャンティー」を共演した。9月30日(日)のライブにもきてくれるそうだから、摩訶不思議なハングを聴きたい方はぜひ来てください。

4.今日は死ぬのにもってこいの日だ(AKIRA:ギター、ボーカル)
5.祝福の歌(AKIRA:ギター、ボーカル)
6.シャンティー(AKIRA:ギター、ボーカル。ハング:コージ)

7.ソウルメイト(AKIRA:ボーカル。ピアノ:hajime。ギター:小川とーる)
8.Unconditional love(AKIRA:ボーカル。ピアノ:hajime。ギター:小川とーる)
9.Be here now(AKIRA:ボーカル。ピアノ:hajime。ギター:小川とーる)
10.アゲハ(ピアノ:hajime)
11アラビア組曲第二章(ピアノ:hajime)
12..家族(AKIRA:ボーカル。ピアノ:hajime。ギター:小川とーる)
13.マーマレードスカイ(アンコール。AKIRA:ボーカル。ピアノ:hajime。ギター:小川とーる)

 ハジメくんソロのピアノもたっぷり聞けたし、とーるのボーカルは凄みを増しているし、今日のお客さんはお得だわ。雷鳴のようなスタンディングオベーションはつづいたが、「また来週きてください」と、アンコールは「マーマレードスカイ」で幕を引いた。
 観客のほとんどはオレの歌を聴いたことがない人たちだが、「歌を聴いてはじめて泣きました」という人が続出の幸せなライブだった。
 「なんでそんな現象が起こるのか?」疑問に思う人も多いだろうが、こればっかりは言葉で説明できないのよね。やっぱ生で歌を聴いてもらうしかないなあ。
 沖縄や北海道から来てくれた人もいるし、どんなに遠くても直感行動に距離はない。巨大ネアリカにかこまれながらライブを聞ける聴ける奇跡のようなシュチエーションは今しかないよ。
 move! move! move!
 つぎのライブは9月30日(日)18時からです。前売り1800円、当日2000円なので「ギャラリー悠日」HPよりメールでご予約ください。
 ソロライブだからどんどんリクエストに応えられるよ。
 それと東京、益子、江ノ島でもライブがあるのでよろしくです。ライブというのは生き物で、会場の場と観客とミュージシャンがいっしょに共同製作するものだから、毎回ちがったものになるんだ。

★10月6日(土)新宿ネイキッドロフト「いたいのいたいのとんでけライブ」
ミュージシャン、作家のAKIRAとこわれ者の祭典のアイコ、絵描きの清水友裕によるコラボレーションライブ。東京編。死や別れ、手首の傷や薬物、悲しみと向き合ったら命や生きることの意味が見つかった。命のあたたかさを届けます。あなたの心の「いたいのいたいの、とんでけ」
出演:AKIRA(作家、ミュージシャン)、アイコ(こわれ者の祭典)、清水友裕(絵描き)
会場:新宿ネイキッドロフト(東京都新宿区百人町1-5-1百人町ビル1F)
前売り\1,300 当日\1,600 (チケットは8/1よりネイキッドロフト店頭にて発売開始!)
開場18:00 / 開演19:00
問い合わせ:ネイキッドロフト(03-3205-1556)

★10月14日(日)焼き物の里 益子「土空間」ライブ
 http://www.geocities.jp/tsuchikukan/
 18時開場 19時開演 前売り2000円 当日2500円(1ドリンク付き)
 予約お問い合わせ:info_kenmoku@ybb.ne.jp
 電話0285-72-3600(カフェKENMOKU)
 栃木県芳賀郡益子町益子3053-3(見目陶苑内)
アクセスはこちらか、
益子観光情報」を見てください。
宇都宮駅よりバスを利用
JR宇都宮駅西口バス停より
東野バス益子行き・・・約65分
タクシーを利用
東口より乗車・・・約35分
車の場合
 [東北道]栃木都賀JC-北関東道経由-宇都宮上三川IC→真岡→益子
 [常磐道]水戸IC→笠間→益子
電車の場合
真岡鉄道益子駅下車

 土と陶器と創作の空気が凝縮されたむちゃくちゃいい空間です。陶芸の街を見物しながら、ゆったりとした時間に浸ってください。

★11月4日(日)江ノ島「オッパーラ」ライブ
窓の外には「湘南の海」と「江ノ島」そして「富士山」。三拍子そろった大パノラマが見渡せます。和食からアジア、メキシコのFOODにITALYの「ムセッティ・コーヒー」が自慢です。カクテルをはじめアルコール類も各種取り揃えています。

「OPPA-LA」小田急線片瀬江ノ島駅から徒歩3分
藤沢市片瀬海岸1-12-17さまりやビル4F
電話 0466-54-5625
e-mail oppa-la@mta.biglobe.ne.jp
時間やチケットなどの詳細は決まりしだいお知らせします。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 さっそく「アジアに落ちる」のすばらしいレビューをありがとうね!
 新しいレビューもこのブログにアップしていくので、どんどんよろしくです。
 では「本日のレビューコーナー」より。

躍動する人々, 2007/9/20
By おね
復刊おめでとうございます。この本に出会って、人生のつらい時期を救われました。混沌たるアジアの躍動を感じる作品です。人々はありのままに生きて輝く。美しいものも醜いものも生も死も全てひっくるめてそれがこの世界なのだと感じました。そしてこの本は今もなお、私に人々との出逢いを与えてくれています。

人間っていうのは、、、, 2007/9/19
By チヨ
人間っていうのは弱い所やかっこ悪い所を見せて強くかっこよくなって行くものだとAKIRAさんを見て思いました。この本は僕がAKIRAさんと初めて出会った本です。復刊おめでとうございます。いろんな人に読んでほしい!

旅に出ろ!, 2007/9/19
By メロ (北海道)
実はこの本を読んだのはかなり前、手元にあるのは初版本だ。
自分自身もインドに魅せられて何度も旅をしていて、ふとふらふらと近所の書店で時間を潰していたらタイトルが目に飛び込んできた。
「アジアに落ちる」
なんて魅惑的なタイトルなんだろう!
そう思って、中をパラパラとめくることもなく、全く迷わずに購入したのを覚えている。
確かにアジアに行って、そこで何らかの経験をして、そこがとても魅力的だった瞬間に思う。
「あ、私、落ちたな」
って。
私もこれからまだまだインドだけじゃなく旅をする。
まずはアジアから。
徹底的にアジアに落ちるために。
この本はきっと旅に出ようかどうか迷っている人の背中を押してくれる。
旅の上での日常がくっきりと浮かんでくるから。
それから著者のAKIRAさんの全てに対する視線のフラットさ。
先入観にとらわれず、直接接して、直接体験して、そこから出てくる言葉には強烈なパワーがある。
旅が好きなら、旅に出たいと思っているのなら読むべし!

 初版を読んでいる方もどしどしお願いします。
 ミクシのK猫さんのところにもこんな感想が書かれています。

ライブですっかりakiramaniaになっちゃった『フライングキッズ』のママさん、
片っ端から本も読んで「一番面白かった」って!
読まなきゃ♪ (K猫)

『アジアに落ちる』しか読んだことのない私。。
人生でいちばんつらい時期に、この本に救ってもらいました。『アジアに落ちる』はかけがえのない一冊です。この本に出会ってなければAKIRAライブにも行かなかったと思うし、k猫さんにも出会ってなかったかも。 (おね)

0709ネア会場photo by ruriko

 いよいよ40日にもおよぶ「大ネアリカ展」がはじまりました。
 23日のオープニングパーティーを待ちきれず、今日もたくさんの人が見に来てくれたぜい。
 地元はもちろん、北海道と沖縄からってなによー!
 初日からギャラリーオーナーの柏崎さんが38度の高熱を出してぶっ倒れちゃうくらい盛りあがってます。(だいじょうぶかな?)
 上の写真にも「オーブ」と呼ばれる白い球体がいっぱい浮かんでるでしょう? オーブ現象は、「ほこりや水滴の反射」説と「霊魂」説がある。やっぱ霊魂説のほうが夢があっていいんじゃない。
 こっちの写真もすごいでしょ。オレの真上とハジメくんの右上に光の玉がある。
0709ネアオーブ

 同時開催している幾何楽堂・小坂さんの部屋がヤバイくらいにカッコイイのよ。小坂さんの扉作品とネアリカが同時に見られるなんて今後ありえないからね。チョーお得です。
0709小坂

 公募作品が25点も全国からとどき、今日展示しました。
 これがまたすごい。
 いずれも劣らぬ傑作、珍作、迷作ぞろい!
0709ネア公募1

0709ネア公募2

0709ネア公募3

 ギャラリーが用意してくれた金メダル、銀メダル、銅メダルが豪華です。
 さっそくお客さんの投票もはじまりました。
 オレもマジ迷ったけど、やっと一観客として3作を選んだよ。(AKIRA賞はまた最終日に選びます)
 会場にピアノもとどいたし、23日のオープニングパーティーライブにはまたしてもハジメくんととーるが北海道からきてくれちゃうんだぜ。
 ありえねー!
 オープニングパーティーライブにきてくれた人はチョーラッキーです。だって北海道往復3万円を払わずに、北海道限定だった「トラベリングマンバンド」のスーパーセッションが聴けちゃうんだもの。
 たぶんオープニングパーティはいっぱいになるので、プライベート型ソロライブをゆっくり楽しみたい人は、9月30日、10月7日、21日 、28日(クロージングパーティ)に振り替えてもらうとありがたいです。(両方来て!)

ライブは毎週日曜日 18時~20時、 予約1800円 当日2000円(1ドリンク付)
0709アジア330

★9月30日(日)18時~「アジアに落ちる」出版記念パーティー
オープニングパーティーのつぎの日曜日、同じ会場で出版記念パーティーもやることになりました。
出版社の社長や「アジアに落ちる」復刊委員会もきてくれます。ブログじゃ書けない復刊の裏話も聞けますよ。
もちろんサイン会もあるので、新刊や初版本をもってる方もぜひぜひきてください。「アジアに落ちる」に出会ったいきさつもコメントしてもらいます。

★ネアリカワークショップも各ライブの前の13~17時(参加費1000円)にあるのでどんどん参加して。はじめはキャンバスの都合上、限定約10名としたけど、きた人全員が参加できるようにしますので、予約なしで突然きてもだいじょうぶです。
 できれば「ギャラリー悠日」HPよりメールでご予約ください。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。