New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
 さあ、明日から北海道ツアーだ。
 前回は2月だったから雪のうえで滑りまくったが、今回はベストシーズンである。北海道には梅雨がないし、広大な大地がある。果てしない大空、新緑に萌える森、吹きぬける初夏の風が迎えてくれるだろう。
 なにより北海道にはオレを待っていてくれるすばらしい仲間たちがたくさんいる。
 タケちゃんとONSENSアルバムの最終録音を完成させる予定だし、
 とーるはオレの最新アルバム「家族」の編曲に没頭している。
 天才ピアニストhajimeくんとの共演もあるし、
 ジョニーさんやアイヌアートプロジェクトの太田さんや結城さんとの再会も楽しみだ。
 精神障害者施設のほほん工房のそういちさんは昨日日光にきて制作中のCDを聞かせてくれた。もちろんオレも参加する。
 フリースペース黒豆さんはアースデイはじめ、北海道一周ツアーを企画している。
 関西ツアーで運転手を務めてくれたタックもいっしょだ。
 東区民センター大ホールのライブはかなり大きなものになりそうだし、ガンを克服した大潟さんがさまざまな企画を手がけてくれている。
 しかも精進料理や焼き鳥やオーガニックカフェや石の蔵のレストランとか、今回はグルメだなー。新丸ビルのヌーベルエール以来、グルメづいているし、おいしいもんをいっぱい食ってくるぞー。
 これを読んでるみんなも、飛行機は片道1万円ちょっとだし、羽田から1時間半で札幌にいけちゃうんだから、かるい気持ちで北海道ライブにおいでよ。
 いっしょに北の大地をグルメろうぜ。

 去年一年間で50本のライブをこなしたが、今年はオーストラリアへ2ヵ月もいっていたにもかかわらず、すでに55本だ。たぶん今年は100本を越えるだろう。
 アルバム2枚分のレコーディングもあるし、かなりハードなツアーになるだろうが、さらにパワーアップしたオレの歌を北の仲間たちに届けたい。
 前回が「祈り」のツアーだとしたら、今回は「祝福」のツアーになるな。
 オレがどんなにボロボロになってもブログを書き、日本中を飛びまわって歌っているかは、たったひとつの理由しかない。

 きみを祝福したいんだ。

 社会も、きみも、誰もきみ自身を祝福してあげないから、
 オレがやるしかない。
 牧師や僧侶のように地位も品格もないが、
 オレはきみがきみ自身のすばらしさに気づいてくれるまで声が枯れても歌いつづける。
 なぜなら、
 「すべての命は祝福されて、この世界に在る」から。

 んじゃあ、人間の大地アイヌモシリで待つ仲間たち、
 See you tomorrow!

★6月29日 アースデイ屈斜路湖
和琴半島湖畔キャンプ場
北海道川上郡弟子屈町屈斜路和琴半島 TEL. 015-484-2350
問合先: 現地 TEL. 015-484-2350
予約: 宿泊施設、団体のみ要予約 (現地 TEL. 015-484-2350)
http://www.earthday-hokkaido.com/

★7月1日~7日
室蘭、帯広、小樽などで5カ所でライブ予定。

★7月10日 精進レストラン「葉(よう)」
13時半より
中央区南17西7
電話562-7020
チケット1000円
大潟さん企画。

★7月13日 東区民センター 2階大ホール
東区北12条東7丁目(地下鉄東豊線東区役所前駅)
ライブ:20時より
参加費 1.500円          
交流会実行委員会 あいわユニオン原田(℡782-0115)まで
原田さん企画。

★7月19日 「あさかげ生活支援センター」
札幌市東区北33条東14丁目 
地下鉄東豊線 新道東駅 5番出口より徒歩3分
電話 011-733-3808  
18時より
精神障害当事者自助グループメンバーが企画。

★7月20日 フェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」
札幌市北区北14西3東向き
TEL&fax 011-756-3600
http://www.mintaru.com もご

★7月23日 オーガニックカフェ「青い空 流れる雲」
中央区南1西23(円山)
電話623-3887
18時半より
料金 :ライブのみ1000円
食事も希望の方2000円
ライブ終了後AKIRAさんを囲んで食事。
大潟さん企画。

★7月24日 レストラン「のや」
北海道札幌市中央区北2東11-23-14
電話番号 011-210-5105
石造りの美味しいレストラン。ライブスペースにはグランドピアノあり。
石の倉庫の反響でまた新たなAKIRAさんと出逢いましょう。
時間・料金:追って告知します。
ジョニーさん企画。

★7月25日 焼き鳥屋「朴」
手稲本庁1-3
電話691-1008
18時半より
チケット1500円(ワンドリンクつき)
店主のノリで焼き鳥をサービス?
お申し込み大潟まで
TEL/FAX 613-1179
大潟さん企画。

★7月26日 Live&Ber「SLOW HAND」
札幌市中央区南7西4第2北海ビルアバンティ4F
TEL&FAX  011-532-6058
http://homepage2.nifty.com/slowhand/index.html
開場 20:00  開演20:30
料金 \2,500(ワンドリンク付)
とってもCoolでフレンドリーな空間です!
レコーディングにも使用されるGoodな環境でAKIRAさんを体験しましょう!
ジョニーさん企画。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 6月24日(日)ふみちゃん追悼ネアリカ
 うわー、またもや遅刻だあー。
 と思ったら、横須加中央のホームで美雪とでくわす。なんだよ、主催者がふたりとも遅刻かよ。昼の12時半、横須賀汐入にあるふみちゃんの実家にたどり着いた。
 ふみちゃんのお母さんとお父さんが笑顔で迎えてくれる。
「不謹慎かもしれませんが、もう今日が楽しみで、楽しみで」
 2階へ上がると、もうかなりの人が集まっているではないの。 ネアリカに参加した懐かしいメンバーとも3年ぶりの再会を喜び合う。ふみちゃんに会ったことのない人が集まってくれるのもうれしい。なかでもまゆはつい先日お父さんを亡くしたばかりだ。きっとまゆのお父さんも雲のうえからふみちゃんと肩を組んでオレたちを見守っているだろう。
 ふみちゃんはオレがネットで募集したネアリカ(毛糸絵画)のボランティアに11回も参加してくれた。自ら「ひきこもりです」と紹介したのに、いつもみんなと気軽におしゃべりし、和気あいあいとネアリカを貼っていた。
 ふみちゃんが地元の芸術祭にナナオサカキさんを招いたときのことばを美雪がネットでみつけてきて朗読する。

「僕は以前、とあるアーティストの作品製作ボランティアに参加したことがあります。そのアーティストは大きなキャンバスにいろんな色の毛糸を貼り付けて絵を作っていくのですけど、たいへん手間のかかる作業なのでボランティアを募ってみんなでわいわいがやがや毛糸を貼り付けていきます。そこには全国からいろんな人がボランティアとして集まってきていて、行くたびに楽しくて驚きにみちた出会いがありました。この経験を通して僕はアートって個人の思いを表現するだけじゃなく、人と人を結びつける力があるんだなって思いました。今度の芸術祭でもアートを通じてたくさんの人と出会いたいと思います」

 タクヤのディジュリドゥーがオープニングを飾る。アボリジニはディジュリドゥーによって、神と会話する。いわば死者との受話器みたいなもんだ。湖面走るそよ風のような音色が人々の心をやさしくつんんでいく。森を揺らす息づかいは、まさに死者への鎮魂、生者への祝福、慈愛と歓喜に満ちていた。
 微笑みは涙を吸って花咲く。
 演奏が終わったとき、みんなのほほが静かに濡れていた。
「うわーネアリカしたいなー。でもダイさんの写真展でこれからパチカ村でライブなんですよ。わっ、もう遅刻ですよー」
 はっはっは、タクヤはマジ後ろ髪を引かれながらあわただしく去っていった。
 ふみちゃんの両親には「おかまいなく」と言っていたのに、焼き鳥やら枝豆がつぎつぎと運ばれてくる。みんなも「お腹すいてません」とか言っていたくせにハゲタカのごとくふさぼりつく。 ふみちゃんの妹夫婦ヤエちゃん&壮二郎さんの買ってきてくれたハーゲンダーツのアイスクリームまでとどいた。
「冷凍庫にはいりきらないから食べちゃって」
 さすがふみちゃんのお母さんだ。
 ネアリカはムーミンをモチーフにした。 
 ふみちゃんは、「ふーみん」というあだ名で呼ばれていた。なんともいえないほんわかした雰囲気で、ふみちゃんといるとなぜかまわりまでなごんでしまうというムードメーカーだった。
 田口ランディさんにふみちゃんの死を知らせたとき、こんなメールが返ってきたんだ。
「ふみちゃんは静かでにこにこしていて、ムーミンみたいで大好きでした」
 ふみちゃんはオレやランディさんといっしょに北海道浦河にある「べてるの家」にいったし、ランディさんは、かつてふみちゃんが飼っていた犬について書いた文章にぼろぼろ泣いたと言っていた。
 こりゃあもうムーミンでしょう。しまいにはお母さんまで「そういえば似てるわね」と言いはじめている。 
 先日仙台のアーティストスウィックたちと制作したはなびへのネアリカと2班に分かれて貼っていく。最年少10歳の壮一郎(幾何楽堂・小坂さんの息子)も足がしびれた~といいながら黙々と貼り、小坂さんの奥さんまっちゃんもけっこう好きみたいといいながら没頭している。
 ネアリカのいいところは世間話をしながらできるところだ。手だけをせっせと動かし、ひさしぶりの再会に近況を報告しあったり、自己紹介したり、それぞれの会話がつながっていく。やってもやらなくてもいい、職や身分など知らなくても共同で作業することで輪ができていくのがネアリカの醍醐味なのだ。
0706ふみちゃん追悼ネアリカ

 約4時間があっという間にたつ。それぞれのペースで進めていた2つが出来上がったのはなんと同時だった! 大きな拍手が沸き起こり、みんなの顔に満面の笑みが浮かぶ。そうそう、ふみちゃんが見たかったのはみんなのこの笑顔なんだ。
 ジャーン! ムーミン、ふみちゃんにそっくりでしょ。緑の風船はみんなの夢がつまってはち切れそうだ。
0706ふみちゃん追悼ネアリカ

 「レインボーサーペント」最高でしょ! はなび、手術がんばってね。みんなの祈りがこもってるよ。
0706ふみちゃん追悼ネアリカ

 ふみちゃんが好きだったというピザを電話で注文し、「ピザ待ちライブ」をおこなう。

 1 雲の上はいつも晴れだから
 2 存在の歌
 3 Reincanation
 4 もしも僕が死んだら

もしもぼくが死んだら
笑顔で見送ってちょうだい
涙は君に似合わない
泣き顔なんてしまんない
いやでもあの世で会えるから

もしもぼくが死んだら
川にでも流してやってちょうだい
墓石なんていらない
葬式なんてくだんない
墓場は丸ごと地球だから

Say see You again 今世はありがと
Say see You again 来世もよろしく

もしもぼくが死んだら
みんなであざ笑ってちょうだい
最後まで救いようのない
こんなバカ見たことはない
陽気に飲んで歌ってちょうだい

もしもぼくが死んだら
「幸せもん」とねたんでちょうだい
後悔なんてはやんない
未練は鼻クソほどもない
なぜなら君に出会えたから

もしもぼくが死んだら
シカバネ踏み越えてってちょうだい
いけないとこはどこもない
やれないことはなにもない
そのまま 素のまま 我がままに

もしもぼくが死んだら
みんな仲良くやってちょうだい
憎しみなんてつづかない
わかりあえないはずはない
愛し合うために生きてるんだ

Say see You again 今世はありがと
Say see You again 来世もよろしく

Say少納言 春はあけぼの
Say夷大将軍アイヌネノアンアイヌ(アイヌ語で「人間らしい人間」)

Say see You again マジでありがと
Say see You again んじゃまたよろしく

Adios amigos!

 うおー、もう歌の途中でピザが運ばれてくる。みんな目からは涙を流し、鼻はピザの匂いにひくついている。がっはっは、まさに死と生を同時に感じる憎い演出をふみちゃんがやってくれるなあ。
「生きるためには、食えということでしょう」
 オレも歌なんか歌っている場合じゃない。みんな歓声をあげて食らいつく。
 ヨウコがぜひ読みたいと絵本「ブリキの音符」を朗読し、macossaの歌がつづく。
 陶芸家のHACCHIが話しはじめた。
「ふみちゃんには会ったことがないのですが、かつてわたしは弱い立場にあるひとにむかってあなたは逃げてるとか、がんばらなくちゃだめと言ってきたのを思い出しました」
 HACCHIは声をつまらせてつづける。
「だけど本当にそのひとの立場にたって考えていたのかを思うと心が痛みます。みんなそれぞれの痛みを抱えていて、それを社会の基準とかに合わせるのではなく、おたがいに理解し合うところからちがい人と人がつながっていくんだと今日、ふみちゃんから教わった気がします」
 するとふみちゃんのお母さんが口を開いた。
「じつはわたしもはじめは同じ気持ちでした。なかなか学校や職場の輪にとけこめない息子を心配し、うちの息子は人より劣っているんじゃないかと思ったこともあります。しかし息子の接していて少しずつ考えが変わってきたんです。世間の標準とはちがうけれど、わたしたち家族が幸せだと感じられるのならばいいじゃないかと。幸せにはいろいろな形があります。たとえ一定の仕事に就けなくても、こうして毎日息子と顔を合わせていられるなんて、他の家庭じゃなかなかないでしょう」
 ふみちゃんの部屋は一階にあり、自分部屋のドアは開けっ放しで、両親もふつうに出入りしていたという。
 博物館で考古学の学芸員をしていたお父さんが口を開く。
「息子は友達も少なくてなんてかわいそうな子だろうという視点で見ていた気がするけど、お葬式でもたくさんの友達がきてくれたし、今日もこんな友達がいたなんて驚いています」
 白髪に黒縁メガネのお父さんは、誰かに似ていると思ったら、松本清張とそっくりだ(笑)。オレが言う。
「いやいや、コミュニケーションがとれないどころか、ふみちゃんはオレのネアリマスパーティーを主催したり、最高のムードメーカーでした。時間に追われる日常から逃れるように集まってきた仲間のなかでふみちゃんがいるととてもゆったりとしたオーラにつつまれるんです。まるで本当の時間はこんなにゆっくり流れているんだよ、みんなもっとのんびりしていいんだよって無言で教えてくれてるような存在でした」
「そうそう、息子はいつも日光へいってくるって浮き浮きしながら出かけていきました。今日やっと息子の気持ちがわかったような気がします。だってこんなに素敵なお友だちが待ってくれていたんですもの」
 お母さんの言葉にみんなが涙ぐむ。
「今日はわたしまで子供にかえってネアリカを楽しんでしまいました。こんなに楽しいんなら、わたしもいっしょに出かけていけばよかったって」
 今度はみんなが笑った。泣いたり笑ったりいそがしいぞ。
「ふみちゃんの本当の死因を知っていますか?」
 オレが投げかけた謎の言葉にみんなが目をパチクリする。
「なぜふみちゃんがこのタイミングで死を選んだのか本当の理由を教えましょう」
 みんな真顔でオレを見つめる。一呼吸おいて、もったいぶりながらオレは言い放った。
「ここでみんなを出会わせるためです!」
 みんなの顔がにんまりと微笑む。
「死者の仕事は生者たちを見守り、出会わせることなんです。今日もみんなそれどれの事情でここへきたけど、完全にふみちゃんに操られてるね」
 美雪が徹夜でつくったという詩集は、オレの100曲の歌から、ふみちゃんの捧げるフレーズを抜粋したものだ。それを両親にプレゼントする。その詩集のなかからさらにリクエストに応えてオレは歌った。


 6 家族
 7 今日は死ぬのにもってこいの日だ
 8 旅立ちの歌


「死は決して終わりなんかじゃない。ソウルメイトはいやでもまた会えるのだから。また会おうぜって笑顔で見送ろう!」

「今日は死ぬのにもってこいの日」

おまえが生まれるとき
世界は笑い
おまえは泣く
おまえが死ぬとき
世界は泣き
おまえは笑う

Today is a very good day to die
愛する恋人よ
旅立ちの時がきた
Today is a very good day to die
父なる太陽と
母の大地へ返る

What a peaceful mind
空は澄みわたり
What a beautiful world
風が歌いだす

おまえが生まれるとき
世界は笑い
おまえは泣く
おまえが死ぬとき
世界は泣き
おまえは笑う

Today is a very good day to die
愛する友たちよ
見送りの時がきた
Today is a very good day to die
今度も楽しかった
つぎはもっとよくなるさ

What a peaceful mind
命は贈り物
What a beautiful world
おまえにゆずろう

おまえが生まれるとき
世界は笑い
おまえは泣く
おまえが死ぬとき
世界は泣き
おまえは笑う

Today is a very good day to die
愛する子どもたちよ
別れの時がきた
Today is a very good day to die
素敵な夢だった
愛しすぎる夢だった

What a peaceful mind
自分を知るものは
What a beautiful world
死を恐れない

おまえが生まれるとき
世界は笑い
おまえは泣く
おまえが死ぬとき
世界は泣き
おまえは笑う

さよならなんていらない
いつか帰ってくる
ここへ帰ってくる
さよならなんていらない
また憎み合うために
また愛し合うために

おまえが生まれるとき
世界は笑い
おまえは泣く
おまえが死ぬとき
世界は泣き
おまえは笑う

 とびきり素敵なご両親、ふみちゃんのために集まってくれた、タクヤ、MIGIRU、みちちょふ、chie、HACCHI、まみ、まつこ、壮一郎、としひろ、太一、まゆ、macossa、ヨウコ、美雪、
 参加はできなかったけど気持ちを送ってくれたたくさんの人たち、心からイアイライケレ(アイヌ語でありがとう)。
 そしてあの世でもネアリカやろうぜ、ふーみん!
0706ムーミン
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 6月23日(土)大宮オペラ「虹の輪」
 アルカス・カフェは大都会大宮のオアシス的な存在だ。
 オーナーのまーくんはじめスタッフもほんとにいいやつばっかで、大好きな場所である。店のまえにいくと、うおーっ、虹の輪があるではないか!
00706大宮アルカスカフェ右がオーナーのまーくん。

「ありがとう、まーくん。わざわざこんな演出までしてくれて!」オレは感激にむせび泣く。
「えっ、これはまえからありましたよ」 まーくんが言う。
「おほん、そういえば以前のライブでも見たことがあるようじゃな」(急に老人口調になる)
「アルカスという名前自体がアルコ・イリスという虹の意味からきてるんです」
 ううむ、またさらに物忘れが激しくなったなあ。
 とにかくオペラ「虹の輪」を上演するには最高のシンクロであると、我田引水で納得する。
 「虹の輪」は石垣島、東京で上演したが、今回は加蓮が演じ歌うオペラなのだ。あくまでオレは助演である。
 オレがギターの伴奏を弾き、海亀のティムのセリフを担当するが、自分の脚本を人が演じ、自分の歌を女性ボーカルが歌うというのもはじめての体験である。すっげー楽しみ半分、幼稚園の学芸会で我が子を見守る父兄の心境である。
 オレのボーカルぬきで、どこまで歌が伝わるのだろう?
 それが知りたかった。
 加蓮はプロの舞台女優だし、今日の午前中も出演者50人規模のオペラ「MAGAIMON」のリハをすませてきたばかりだという。
 アルカス・カフェのトライバルな雰囲気につつまれて、物語ははじまった。
 闇の大王に破壊された虹の輪をとりもどすため、少年イリスが海亀ティムの背中にのり、7つの島をめぐりながらそれぞれの知恵を学んでいき、虹の戦士に成長したイリスは闇の大王に戦いを挑むという神話の元型だ。

1 雲のうえはいつも晴れだから(歌:AKIRA)
2 家族
3 背中
4 旅立ちの歌(歌:AKIRA)
5 Reincarnation
6 alone
7 ミタクオヤシン
8 Hallo my mom
9 Born to love
10 虹の戦士(歌:AKIRA)
11 Happy birthday(歌:AKIRA、加蓮)

00706大宮アルカスカフェ

 加蓮は老婆を模した語り部の声でストーリーをすすめていく。役によって少年や妖怪の声色を使い分けるすばらしい演技だった。
 歌も予想をはるかに越えた感動を生んだ。オレはリハのとき加蓮にこう歌のアドバイスをした。
「歌い方は自分のスタイルでいいから、ひと言ひと言言葉のくさびを観客の胸に打ちこんでいくように歌うんだ。そうすれば必ず想いは伝わるから」
 観客は固唾を呑んで1時間40分の神話時間に連れていかれる。
 「後半は完全にトランス状態で物語の中にはいってしまいました」、「涙をこらえるのがせいいっぱいでした」、などとお客さんの反応もうれしい。とくに加蓮の歌で好評だったのは、「家族」、「ミタクオヤシン」、「Born to love」だ。
 オレはお客さんに感謝をこめ、オペラ終了後にミニライブをした。なにしろオペラのギターを弾きながら、「うおおー、オレも歌いてえー!」というフラストレーションもたまっていたからね。

1,Traveling man
2,愛を知らない子どもたち
3,祝福の歌
4,祈りの歌

 祈りの歌のまえに、ガン告知から1年を迎えたヨウコにヤスコちゃん(もとタケちゃんの奥さん)からプレゼントが送られた。びっくりしたヨウコがステージにきて、オレがその箱をわたすと大きな拍手がおこった。
 ちょうど前日のミクシ日記でヨウコは「誕生日の1日」という文章を書いているのもシンクロだ。「死にかけた半年&見事なまでによみがえった半年=合計激動の1年を振り返って、ものすごいスピードで何年分もの人生をやり終えたような気持ちがした。よくやったよなあ!!」
 ヨウコが恐る恐る箱を開けると、美しいタイシルクの衣がでてきた。
 ヨウコがガンになった同じ時期に、オレの親友でもある沖縄の女性シャーマン在るさんが乳ガンで亡くなった。在るさんはいつも特注でつくった美しい服を着ていた。タイ在住の服飾デザイナーなおえさんという方の手作りの服だった。
 オレは死んだ在るさんがヨウコを同じ乳ガンから守ってくれると思い、ヤスコちゃんと通じて在るさんの形見である服をヨウコにもらえないかどうか聞いてみた。しかし在るさんの服は失われてしまっていた。
 そこでヤスコちゃんはヨウコの体型に合わせた新品の服をなおえさんに注文してくれたのだ。ヨウコが好きだという紫にシルクを染めるところからなおえさんの服づくりははじまり、蓮の花の刺繍を手で施し、服は完成した。
0706ヨウコ衣2なおえさん作、ヤスコちゃん&あの世の在るさんからの贈り物

 これでまたさらにガンは小さくなるだろう。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。