New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
 五木寛之氏の「風の王国」(新潮文庫)を読んだ。
 引き締まった文体とスピード感があふれるストーリーがぐんぐん物語へと引きこんでいき、孤高の作家五木さんの人間観や社会観が凝縮されている傑作である。
 これは近代の闇に消えた謎の漂白民「山窩(サンカ)」をめぐる小説だ。オレも日本人のルーツであるアイヌ民族の小説「風の子レラ」を書いたから、歴史と現代を融合させる五木さんの苦労と喜びが痛いほど伝わってきた。
 勝手にオレはサンカの末裔だと思っている。
 サンカというのは、日本のジプシーである。
 五木さんの本にでてくるサンカのモットーは、こうだ。
  「一畝不耕(農耕せず)、一所不在(定住せず)、一生無籍(戸籍をつくらず=政治権力に服従しない)、一心無私(他者のためにつくす)」
 サンカという呼び名は権力側がつけた名称で、当人たちはショケンシ(世間師)、ケンシ(間師)、ヤコモン(テント生活の小屋者)など、さまざまな呼び名をつかっている。日本の山地を移住し、狩猟採集、河川漁労(マタギ)、山林労働、竹細工などで生計を立てていたノマド(放浪民族)である。
 何しろ記録に残すことを極端に嫌っていた人たちなので、サンカのルーツは研究者によってさまざまなのよね。
 1、縄文人の流れをくむ原日本人説。
 2、朝鮮半島渡来説。
 朝鮮半島にも白丁(ペクチョン)と呼ばれる山間漂白民族がいて、同じように竹細工などをつくっては移動をくりかえしていた。ペクチョンのルーツは中国からインドまで遡れるという。もちろんヨーロッパ系ジプシーのルーツもインドだ。
 3、古代日本人説。
 民俗学のカリスマ柳田国男は、中央集権「ヤマト」によって迫害された民族としている。
 4、戦乱の室町時代(南北朝、戦国時代)に山間部に避難した中世難民説。
 南北朝時代に破れた阿多隼人(あたはやと。南風「ハヤ=黒潮」に乗って九州南部から移動した民族)の血を引く人たちが山へ逃れたとき、サンカたちが彼らを助けるために箕作りを教えたという伝承が被差別部落に残っている。
 5、江戸時代末期の飢饉から明治維新の混乱期に山間部に避難した近世難民説。
 サンカは権力に敗れた弱者たちに食物を分け与え、世間から見捨てられたライ病患者たちを薬草治療した。
 明治政府は戸籍登録を全国民に課し、非定住民を強制労働にかり出した。戸籍をもたぬものは犯罪者とされ、山賊や山に逃げた罪人を丸ごとサンカと呼んだんで、「サンカ=犯罪集団」という汚名を着せられる。
 やがて被差別部落や都市労働者層に「トケコミ」(サンカの隠語)、戦時中は徴兵され、現代ではそのルーツをたどるのは困難だ。
 忍者や山伏のルーツはもちろん、ヤクザや裏政治団体、朝鮮系ペクチョンの流れをくむ芸能人のルーツもサンカにあると言われている。
 オレは当然アイヌの末裔だと思うね。土蜘蛛、国栖、蝦夷と呼ばれた反逆者たちだ。
 はっきり言って家系図ではサンカの血はたどれない。
 だけどさ、その人の生き方を見れば「こいつサンカだ」ってわかるのよ。(大風呂敷)
 旅の好きなやつ、物作りが好きなやつ、権力や常識に縛られないやつ、金を貯められないやつ、集団行動の苦手なやつ、依存しないやつなどなど、天の邪鬼なやつだな。
 人間にも地層がある。
 それをオレは「血層」と呼ぶ。
 原日本人、縄文、アイヌ、サンカ、部落、革命家……
 それは膨大な祖先の時間をCTスキャンで切りとったカルテ名にしかすぎない。
 ラスタ、パンク、ラップ、トランス、不登校、ひきこもり、変態、アーティスト……
 反逆者という人種は永遠に滅びない。
 サンカのスラングに「メンメシノギ」という言葉がある。めいめいのやり方でその場をしのぎながら生きていくという意味だ。英語で言えば「インディペンデント=独立」、いやいやコジキ聖者の哲学「BE HERE NOW」かな。
 「国にも群れにも依存せず、支配も干渉も受けつけない。自然や仲間を大切にしながらも、自由奔放に今を生きる!」
 これってサンカという過去の遺物じゃなく、オレたちの未来で待ち受けてるいちばん古くていちばん新しい知恵でしょ。
 ほうら、こんな文章を喜々として読んでる君も、
 サンカにかぶれて酸化して、
 サンカといっしょに参加して、
 サンカをたたえて讃歌する、
 サンカの末裔だ。

ぼくの後をくるな ぼくは導かない
ぼくの前をゆくな ぼくは従わない
ぼくとともに歩め 同じ大地踏みしめ
ぼくたちはひとつだ alone is not lonely(「alone」より)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 俳優の丹波哲郎さん(84歳)が24日、肺炎で死去した。
 おもしろかったのは、レポーターが「丹波さんは霊界の研究家でもあり、自身を『霊界の宣伝マン』と自称していました」などと、ふつうに「霊界」という言葉をつかっていたことだ。
 丹波さんは2度の臨死体験から「大霊界」という映画もつくっているし、霊界関係の本を70冊も書いている。
 日本に「霊界」という言葉を定着させた功労者でもあるし、逆に科学的な臨死研究に「いっちゃってる人」みたいなギャグの印象を与えてしまった元凶でもある。
 まあテレビしか見ない人に死後の世界を伝えるには、ああいうギャグ的方法でしかむりなことを丹波さんはわかっていたのかも知れない。科学的な臨死研究に少しでも興味のある人はakiramaniaの「おすすめ集」にある「臨死の科学」本を読んでみてくれ。
 霊界というか死後の世界の存在は、古代において「常識」だった。ギリシャ神話、ケルト神話、ヒンドゥー教、仏教、キリスト教も死後の世界を認めていた。
 しかしキリスト教では553年の第二回コンスタンチノープル会議においてユスティアヌス大帝により否定され、現在に至る。
 仏教では、ブッダ自身死後の世界がはっきりあるとは言ってない。現代日本では真言宗以外は死後の世界を否定している。
 近代科学が確立されたあとも、死後の世界に対する研究は、1882年にイギリスにケンブリッジ大学のグループが設立した「心霊調査協会(SPR)」、ブラバツキー婦人やアニー・ベサントの神智学協会、シュタイナーの人智学協会、ロシアの神秘主義者グルジェフ、現代ではシャーリー・マックレーンなどに受けつがれている。
 1856年にフランスで書かれたアラン・カルデックの「霊の書」には、現代の臨死研究とまったく同じシステムが描き出されている。

 霊は死後、霊界でしばらく時をすごしたのち、地上か、別の世界に転生する。地上生活の目的は、進化の機会を得ることだ。また霊は、つぎの人生で受ける試練をある程度、自分で選択することができる。となると、運命を嘆いてもしかたがない。それはわれわれ自身で選んだものなのだ。 (「来世体験」コリン・ウイルソン)

 これらの法則は1960年代から集められた膨大なデータとも合致するので認めるにしても、オレは「運命を嘆いてもしかたがない。それはわれわれ自身で選んだものなのだ」という部分が気に入らない。
 たとえばあるチャネリング(チャネラーが高次存在からのメッセージを伝える)のイベントで、重度の身体障害者が「どうしてぼくはこんな体に生まれてきたんですか?」と質問する。
 するとチャネラーは「あなたが自分で選んできたから」と答える。
 なによ、この思いやりのなさって感じ。
 チャネラーやヒーラーやシャーマンというのは高次からのメッセージを生者に伝える翻訳者にしかすぎない。だからどんなにすばらしいメッセージも翻訳者の器が小さかったり、ボキャブラリーが少なかったらきちんと伝わらないんだ。
 シュタイナーもシャーリー・マックレーンも、ヒンドゥー教も仏教も、なんでもかんでも「カルマ」で片づけようとする。
 カルマというのは「親の因果が子に報い」などと言われるように、前世や祖先が犯した悪事の罰として自分に降りかかってくるという「因果応報」の考え方だ。
 前世をふくめて他人が犯した罪なのになんで自分が罰せられなきゃなんないの?
 という理不尽な無力感にオレたちを突き落とす。
 ニューエージの思想では「罰としてカルマ」という古い迷信を超える宇宙観を示せない。新しい時代に本当に必要なのは、まったく正反対の宇宙観なんだ。
 オレの中にある魔女の鍋では、旅の経験やサイケデリック体験や先住民の知恵や先端科学のデータがごっちゃに煮込まれ、独自の信念が醸造された。
 名づけて「くたばれカルマ野郎!仮説」。
 ううむ、これじゃ長いし、わけわかんないんで「ブレーブハート仮説」とでも呼んでおく。
 まあこれはオレの全作品の主題になっているのでおなじみの人は多いが、いちおうかんたんにまとめておく。
 人は生まれるまえに自分で越えていくハードルを自分で設定する。(ここまではカルマ野郎といっしょだ。)
物質的に恵まれた人生は幼稚園レベルのハードル。
平穏無事な人生は小学生レベルのハードル。
そこそこの苦労がある人生は中学生レベルのハードル。
波瀾万丈の人生は高校生レベルのハードル。
すげー災難や事件や病気に見舞われる人生は大学生レベルのハードル。
もっとも困難な大学院卒業レベルのハードルを課して生まれてくるのが精神や身体に重い障害をもった「ブレーブハート(勇者)」である。
 試練やカルマを「罰」と受けとるのと、勇者に与えられた「栄誉」と考えるのでは地獄と天国ほどのひらきがあるんだ。
 困難に立ちむかう人たちを「かわいそうな人」と同情するより、「ブレーブハート」とリスペクトすることは、自分をとりかこむ世界が180度がちがってくる。
 オレのなかの法律は「同情」と「批判」を禁じている。「同情=かわいそう」は上から下に流れる優越感の裏返しだし、「批判=だめ」は自由な視点の移動を固定させてしまうからだ。
 リスペクト(敬う、思いやる)というのは、むやみやたらに「崇める」のとちがい、自分と同じ痛みを抱える仲間として「平等」に見ることでもある。よく言うように、おもちゃを取り上げられた赤ちゃんと、人生とは不可解なりと自殺する哲学者の悲しみは、本人しかわからない。平等なんだ。

 抗ガン剤で弱っているヨウコが、いろんな人からメールや贈り物をもらい、「自分のひどい状態をわかってくれないでみんなメールしてくる」と嘆いたことがある。そこでオレは叱った。

たかがガンになったくらいで文句を言うな。
たかが死ぬくらいで人を批判するな。
ヨウコにメールをくれた人も、生まれたての赤ちゃんも、死を背負っていない人はだれもいない。
物質にとらわれず、そのうしろにある「想い」を見ることだ。
と、わざといじめてみる(笑)。
なぜヨウコが人より辛い苦しみをくぐらされてるのか?
それは他人の気持ちがわかる人になるために選ばれたから。
今までヨウコは相談する側だったけど、この修行を乗り越えてこれからは相談される側になるんだ。
ツルちゃん(宮古島のシャーマン根間ツル子さん)側にね。
つまり今ヨウコはシャーマンの修行中。
これからはみんなの我がままも大きな気持ちで受けとめてあげよう。
オレもそうやってきたんだ。(以上AKIRA)

 さてさて今日から2週間ヨウコの抗ガン剤治療が再開される。ヨウコから送られてきた乳ガンの写真をのせようかどうか迷った。オレはこの写真をプリントアウトし、仏壇に飾り、祈りのターゲットにしている。この写真を見ながらうちの死んだ猫(コマ&チビ)がガン細胞をペロペロなめて小さくしていくイメージトレーニングをする。悲惨な写真だけど、具体的にイメージできるので治療効果も上がると思う。
 どう、ヨウコ、のせてもいい?
0609ヨウコのガン

 もうひとり、新潟のはなびが今日入院した。明日卵巣腫瘍摘出手術を受けるためだ。(はなびの話は23日のブログ参照)
 オレははなびにこうアドバイスした。「特別な意味のある手術なので、大きなビジョンをもってのぞむように。絶対すばらしい誕生日になるよ。」ってね。
0609はなび

 ヨウコもはなびも「カルマ」なんかしなやかに飛び越えていくね。オレたちはカルマ・オリンピックの表彰台に立った彼女たちの笑顔を月桂樹の冠で飾るだろう。勇者は国際カルマ・オリンピック委員会の古狸たちに中指を突き立ててシャウトする。
「くたばれカルマ野郎!」
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 いってきましたわよ、187歳のカップル。
 宮古島のたまみちゃんから「祖父母の絵を描いて」とたのまれ、わくわくしながら訪ねていった。
 妹の車で上戸祭(宇都宮市)にある住所を探すとすぐにわかった。なにしろバス停の真ん前なのだ。このエリアはオレの両親が別居中のとき、母親が「園芸センター」というドライブインで「喫茶ガーベラ」をやっていたんで、小学生のオレには庭のようなもんだった。
 なんか当時の記憶がいろいろよみがえってくる。
 ……ケチャップ味のナポリタン、
 辛子マヨネーズのハムサンド、
 コンデンスミルクが渦を巻くコーヒー、
 温室育ちの植物たち、
 小学生のくせに熱中していたピンボールマシン、
 6歳でやったパチンコ、
 ひげもじゃだったアイヌの木彫り屋さん、
 48手を描いたガマ口を売るおみやげ屋さん、(当時は相撲の決まり手だと思ってた)
 禁断のセックス博物館「性神の館」、
 オレの記憶が正しければ、少年時代は毎日が祭だった。
 「戸祭」という地名は「Door of festival」か。

 斉藤家の表札を確かめていると、チャリンコにのった男がとおりすぎざまに止まった。
「アキラさん!」
「おおっ、顔はおぼえているけど、誰だっけ?」
「ぼくですよ、『ななこばあや』っていう美容室をやっていた小池です」
 10年くらい前に1度だけ会ったことのある美容師さんだ。自転車から降りると膝を押さえている。
「いやー、奇遇ですね。あの……足の具合が悪いんですか?」
「入院10ヵ月の大やけどしまして、立ち仕事ができないんで美容室は閉店しました。これから居酒屋でもはじめようと思っているんです」
「そうですか……たいへんでしたね」
 ここまでならよかったんだが、オレはまたなにも考えずに言ってしまう。
「これはチャンスですよ。過去を焼き払って、新しいチャレンジをしろというゴーサインかも」
 小池さんは火傷で重傷を負った左足を引きずりながら考えこんだ。
「かなーり迷っていたんですが、アキラさんにそう言われると、ちょっとやる気が起きてきました。居酒屋のおやじに転向します!」
「あれ、小池さん、アキラさんのお友だち?」
 ふりむくと、斉藤家の奥さんが玄関からでてきた。
「はじめまして、アキラともうします。というか、なぜわかったんです?」
「だって約束の時間だし、たまみからさんざん変なかっこうの人がきても驚かないでって言われてたんですもん」
「こちらの小池さんともお知り合いで?」オレが訊く。
「うちのかかりつけの美容師さんなんですよ」
 自分の怪しいルックスはじゅうぶん承知してるので、いきなり押し売りみたいに押しかけていってもヤバイなあとビビっていたんだ。そこへ第2の証人小池さんがあらわれたことで助かった。
 ともだちのともだちはともだちだ
 そのまたともだちのともだちもみなともだちだ

 ついでに8ヵ月の赤ちゃんを抱える斉藤家のお嫁さんまで出てきて、彼女も小池さんとは仲良しだった。おおー、なんだかわからないけど、階段を3歩ずつ飛び越しているような展開に、オレはすんなりと斉藤家に受け入れられたのだった。
 しかも玄関をくぐると、どっかで聞いたような歌が流れている。
 ひえー、「ぬちどう宝」じゃん! なによこの完璧な演出。
「おじいちゃん、おばあちゃん、こんにちはー!」
 アマゾンの村でもまずは長老に敬意を表して捧げものを出す。
「これ沖縄の黒糖をつかったおまんじゅうです」
「あらあら、ありがとさん。今日はよろしくおねがいします」
 亮三97歳&しま90歳と聞いて、「日本語つうじるかな?」と心配していたのに、ふたりとも若っー!
 どう見ても20年はサバよんでる。77歳&70歳のルックスだ。
「ナイストゥミチュー」
 明治生まれのおじいちゃんは耳は遠いが、英語を話す。進駐軍の通訳もやっていたという。
 187歳のカップルになれそめを訊く。
「おじいちゃんはあたしの兄の友人だったんですよ。頭もいいし、顔もそこそこかっこよかったんで、兄にこの人を押しつけられて、気がついたら70年たってたの、あっはっは」
 おばあちゃん、ちょっと、ちょっとー。なによこのユーモアセンス。
「いまだに近くに寄りたくないけど、絵を描いていただくんならならしょうがないわねー」
 おばあちゃんはニコニコしたおじいちゃんのよこにならぶ。
「じゃあ写真撮りますよー、おじいちゃん、笑って笑って」
 おじいちゃんはほとんど耳が聞こえないので、むすっとしたままだ。
 そこで最終兵器、ひい孫の登場である。
 斉藤家のお嫁さんが8ヵ月のひい孫をカメラのうしろであやし、おじいちゃんは満面の笑みをこちらにむける。
 その笑顔がまた、たまらんのよ。
0609斉藤夫妻

 30枚ほど撮った写真を今見返しているのだが、ついつい「むふふう」と笑ってしまう。
 もし「笑顔オリンピック」とかあったら、赤ちゃんと老人に勝てる選手はいないぜ。
 松吉(オレのおじいちゃん)の介護で苦しむババチョフ(母)を見てきたが、画家の視点はすべてを見通し、やっぱ笑ってしまう。
 おじいちゃんは、1909年に生まれた。その年はアメリカ陸軍が最初の飛行機をライト兄弟から購入とか、イギリスの探検隊が南極にいったり、伊藤博文が暗殺された年だ。今上野でやってるダリのシュールレアリズムも第二次世界大戦も10年後だし、戦争や高度成長、学生運動やヒッピームーブメント、現代のパラダイムシフト(時代の転換)まで、ここ1000年でもっとも激動の時代だ。
 それを亮三としまは、樹齢100年近い大木のごとく目撃してきた。
 もういるだけで、存在してるだけで、なんだかすごいのだ。
 オレは明日死んでもいいと思って生きてるが、
 「明日死んでもいいと思いながら、100歳まで生きたい」と思った。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。