New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
 朝の5時に起きてサッカーを見たんで眠い。
 いやあ前回準優勝のドイツを相手に高原が2点いれたのにはびっくりしたね。まあ最後は同点にされたけど、これならブラジルを負かしちゃう奇跡もありえんじゃねえの。

 「生き方は星空が教えてくれる」(サンマーク出版)を読んだ。
  著者の木内鶴彦さんは、4つもの彗星を発見した「彗星探索家」であり、天文学者である。
 木内さんが自衛隊で飛行管理の仕事をしていた22歳の時、背骨と動脈の間に十二指腸がはさまれて腸閉塞をおこし、臨死体験をする。
 心臓が停止してから蘇生するまでの30分間で、宇宙のはじまりから生命の発生、人類の歴史まで経験する。
 木内さんによると、宇宙は「膨大な意識」からできていたという。
 宇宙はビッグバンから生まれたのではなく、「膨大な意識」の「ひずみ」からはじまった。「ひずみ」によって生じたエネルギーの流れが渦をつくり、空間を漂うチリが引きよせられて物質が生まれた。
 最初に水素ができ、ガス状の元素が引き合い反発しあいながら大きな塊に成長し、自重が極限に達したとき、ビッグバンを起こした。大爆発によってヘリウムやリチウムが生まれ、成長と爆発をくりかえしながら新たな物質を生み、現在の3次元世界ができあがる。
 木内さんは「急に頭がよくなってきているような感覚」、「わからないことがなにもない、とてつもなく天才になったような気分」と書いているが、このような全能感は臨死体験やサイケデリック体験に共通のものである。
 生命の末裔であるオレたちは、宇宙の誕生から150億年の記憶を全細胞に宿しているはずだ。今回の生で君が体験した記憶は、そっくりそのまま宇宙の記憶の「投影」であり、君が小宇宙そのものなのだ。
 もちろん人間だけでなく、ミジンコからゴキブリ、昆虫や植物、セブンイレブンのビニール袋にいたるまであらゆる生命や物質は、宇宙の細胞であり、「必然」として存在する。
 君がどんなに自分の人生を否定しようと、役割のないものなどこの世に生まれてこない。
 だからといってアインシュタインや宇宙飛行士になる必要はない。
 君が身近な人に笑顔をむけた刹那、宇宙は変わる。
 君は宇宙を変えた調停者となるのだ。

 木内さんが6歳のころ、姉と川に水遊びにいった。川縁を目指して急斜面を降りているときに、上のほうで誰かが「危ない!」と叫んだ。
 前を歩いていた姉を突き飛ばし、反動で木内さんはうしろにひっくり返る。
 その間を大きな落石が通過していったのである。
 危機一髪で命拾いしたものの、上やまわりを探してもひとっこひとりいない。
 臨死体験中に木内さんはあの声の主を確かめたいと思い、過去へと遡行する。
 その場面にもどっていくと、あの瞬間が近づいているのがわかった。
 石が転げ落ちるとき、木内さんは思わず叫んでしまった。
「危ない!」
 幼い自分が(臨死体験中の)自分をパッと向き、姉の背中を押した。
 あのときの声の主はなんと、未来の自分だったのだ。
 「それはいいようのないショックだった」という。
 映画「ターミネーター」が未来からきて、歴史を書き換えるようなSFに聞こえるが、木内さんは過去と未来の壁を通り抜けてしまったらしい。
 ううむ、おもしろいぞ。もしかするとみんな気づかないだけで、こういうことは誰にでも起こっているのかも知れない。
 オレも何度も死にそうな目に遭っているが、未来の自分がやってきて助けてくれたのかあ。
 雪に寝袋が埋もれて凍死しそうになったときも未来の自分が鼻をつまんだり、拳銃をこめかみに突きつけられたときも未来の自分が野犬をけしかけたり、アヤワスカを飲みながらジャングルで断食したときも未来の自分が友人を救助に向かわせたのかも。
 そう思うと、死ぬのが楽しみである。「エライぞ、未来の自分!」と早く未来の自分に会って感謝したい。

 木内さんは臨死体験中(そのときは22歳)にこんな未来も見た。
 中年の男性がお寺でアジアの留学生に星の話をしている。30畳ほどの広間には立派な掛け軸がさがり、人々はコの字になって中年の男性の話を聞いているというものだ。
 臨死体験から38年後、木内さんは60歳になり、「将来世代フォーラム」というのに呼ばれ、高野山の清浄心院で講演をした。
 30畳ほどの広間にはいると臨死体験で見たのとまったく同じ掛け軸がかかっていた。アジアの留学生たちはコの字になって木内さんの星に関する話を聞いていたのだ。

 木内さんの発見したスウィフト・タットル彗星が軌道計算によると、
 2126年の8月14日、日本時間の10時35分頃、インド洋あたりに落ちる可能性がある。
 1994年、京都に64カ国が集まって国際会議を開いたとき、木内さんはこの彗星から地球を守る方法を提案した。
 アメリカが軍事目的で開発したインターネットを一般に開放すること。
 国際協力のもとで宇宙ステーションをつくり、 地球を彗星衝突から守る構想に取り組むこと。
 現在インターネットは開放され、16カ国が参加して宇宙ステーションが建築されている。
 そのときに、ヨーロッパの植物学者がこんなことを言いだした。
 「2126年を待つまでもなく、2011年には植物がいっせいに枯れはじめ、2014年には人類は滅びている」と。
 それは公害ではなく、「光害」と呼ばれる光の害によって起こる。
 人工衛星から見ると地球の夜が年々明るくなっている。人工的な明かりにさらされつづける植物がストレスにより枯れていく。
 植物の葉は二酸化炭素を酸素に変えてくれる。葉の総面積が減りつづけ、増えつづける二酸化炭素の量に追いつけなくなる日がくる。すると2014年には、標高0メートル地帯の酸素量が、標高8000メートルの酸素の量と同じぐらいになるという。二酸化炭素は沈むため、高さ100メートルくらいまでは二酸化炭素でおおわれ、人間はもちろん動物も植物も生きることはできない。
 ちょっと気になるのはマヤ暦が終わる2012年と重なっていることだ。

 しかし未来は完全に決まっているわけではなく、自分で選び取れるようだ。
 臨死体験の中で中年の自分を見た木内さんは、さらに未来を見ようとした。
 不鮮明なビジョンとして浮かびあがってきたのは、初老になった自分が砂漠のように荒れ果てた大地で廃墟の石に腰かけて愕然としている姿だった。
 そのビジョンに重なるように見えてきたのが緑の多い場所で星を見ている自分である。星座の位置と自分の容貌から、2つのビジョンが同時刻の同じ場所であることがわかったという。
 まるでカードを引くように未来は自分たちの選択にかかっているとオレは思う。
 あらゆる瞬間に未来はオレたちに問いつめている。
 おまえはどのような未来を選びたいのか?
 おまえたちは緑の地球を存続させたいのか?
 オレたちのちっぽけな日常のささやかな選択が積み重なって未来がつくられていく。
 今この瞬間に君が迷っているなら、
 「楽なほう」ではなく、
 「楽しいほう」を選ぼう。
 星空をとりもどすために。

 もう一度言う。
 君が身近な人に笑顔をむけた刹那、宇宙は変わる。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 7月1日(土)、今度新潟でコラボレーションライブをやる月乃光司さんがやってくるというので、せっせと部屋を片づけ、料理をつくった。
 午前10時に到着するはずなのに、12時過ぎてもこないので電話してみた。
「もしもし月乃さん、今どのあたりですか?」
「どのあたりって、新潟です」
「まあ、ではあと何時間くらいで日光へこられます?」
「えっ、日光へうかがうのは明日ですよ」
 マンモラホラチンチーン!
「……またやってしまった」
「アキラさんのアルツは有名ですから、だいじょうぶです。1年まちがえられるよりは、1日ですんでよかったです」
 そ、そんな風になぐさめられても……。

 んなわけで、昨日の5月28日(日)、月乃さんは予定通り新潟から到着した。相棒のオズさんが都合でこられなくなったが、東京から「こわれ者の祭典」ファンのミカちゃんがきた。ミカちゃんもリスカやうつを乗り越え、現在獣医の国家試験に挑戦している素敵な女性である。
 月乃さんの人生はすさまじい。
 1965年、上に姉ふたりの長男として生まれ、少年時代は過保護なほど大切に育てられた。
 中学時代からさまざまな強迫観念がでてきて、高校時代から対人恐怖症になる。自分がとても醜いと思いこむ「醜形恐怖」により、学校の休み時間は逃げるように図書館にいき、友人ができない。不登校になり、自宅のベッドでひきこもり生活を4年間ほど過ごす。
 大学は数週間でいかなくなり、リストカットをはじめる。慶応病院の精神科で治療をうけるが、24歳のころから連続酩酊状態になりアルコール依存症になる。
 オーバードーズ(薬物の大量服用)で自殺をはかるが、救急外来で胃洗浄をし、一命をとりとめる。
 2度目の自殺未遂で精神病棟に強制入院となる。そこで出会ったアルコール依存患者の自助グループ「AA(アルコホーリクス・ アノニマス)」に参加し、断酒にふみきる。以後14年間、酒を飲まない生き方をつづけている。
 新潟お笑い集団「NAMARA」代表の江口歩さんと出会い、心身障害者パフォーマンス集団「こわれ者の祭典」を立ち上げる。フジテレビ「スーパーニュース」、日本テレビ「Dの嵐!」、NHK教育「福祉ネットワーク」などでとりあげられ、大きな話題を呼んでいる。
 ほとんどテレビを見ないオレがたまたま「こわれ者の祭典」が出ている番組を見た。
 まさに衝撃の「笑劇」である。
 社会からネガティブなレッテルを貼られた者たちが、ネガティブさを丸ごとさらけ出し、それを武器に笑いの高みにまで昇華させてしまう魔法だった。
 オレは月乃さんの強烈な詩に呆然とし、いつしか涙している自分に気づいた。
 そしたら3月27日に友人の雨宮処凛ちゃんのイベントでいっしょになって、7月2日には新潟に呼ばれコラボレーションライブである。トントン拍子すぎてあせるが、出会うべくして出会う神の陰毛、じゃない陰謀である。
 月乃さんはまえからオレのブログを読んでいて、本やCD、DVDなどで、「アキラ研究家」になっているではないの。
 やっぱ地獄をくぐってきた人の目はやさしくて、なんともいえない慈愛をたたえている。
 せっかくコラボするからには、徹底的にやりましょうと意見が一致し、オレの歌と月乃さんの詩をいろいろ組み合わせて実験する。四角いジャングルならぬ、こたつを囲んでの一騎打ちである。
 月乃さんの「性犯罪者」や「オナニー」など絶叫朗読が、家のまえをとおる観光客や警察署にも聞こえそうだとビビッたが、オレも負けじと「誰かオレを殺してくれー」などと歌う。
 白熱のこたつライブで創作が立ちあがる瞬間に立ち会えたミカちゃんはラッキーだったよな。はっきり言ってステージよりも、この出産シーンのほうがすごい。魔女の鍋のような混沌のなかから原初のエネルギーが火花を散らして立ち現れる瞬間は魔法である。
 オレと月乃さんはさまざまな実験をくりかえし、5曲&5詩を選び出した。このコラボはわざわざ新潟まで出かけても見る価値あるぜ。
 その他にも長岡市と新潟市でソロライブがあるので、「alone」でのしっとり&ディープな世界が堪能できる。新潟市にあるNAMARAの拠点「缶詰めカフェ」では、ゲストに月乃さんとこわれ者の歌姫であるあこがれのアイコちゃんも出てくれるという。マジでわくわくするなあ。
0605月乃

★6月29日(木)新潟県長岡市「クックテール 久保田」ソロライブ
 長岡市殿町2-5-4 5F(長岡駅から徒歩7分 地図)午後7時開演 入場1000円(ドリンク別)
★7月1日(土)新潟県新潟市 「NAMARA缶詰めカフェ」ソロライブ
 午後7時開場 8時開演予定 入場800円(予定)。ゲスト:月乃光司、アイコ
TEL.025-222-1125 新潟市 古町通5番町598番地 新潟駅よりバス8分。「古町十字路」下車(地図
★7月2日(日)新潟県新潟市 新潟市総合福祉会館多目的ホール
 AKIRA & 月乃光司 「どん底からの出発」トーク&コラボレーションライブ。ゲスト:こわれ者の祭典一同。
 午後2時半開場 3時開演 入場1000円

 熱血練習も終わり、大介を呼んで食事タイムだ。
 オレのアルツで「一晩寝かせたクスクス(モロッコ料理)」は絶品になり、「フカヒレの煮こごり」サラダも凝った味に仕上がった。
0605クスクス

 腹いっぱいになった我々はメルモンテの温泉へいき、バドミントンと卓球のダブルスで熱戦を広げた。
 夜は大介の絵の完成パーティーで、ヤスコちゃんお店「カッファ」へいき、中山さん特製のスキヤキをごちそうになる。ミカちゃんは電車で東京へ、月乃さんは車で4時間ドライブの新潟へと帰っていった。
 もしONSENSが武道館とかでライブするようになったら、どんな若手パンクバンドよりオレは月乃さんをゲストに呼びたい。おそらく現在の日本でこれ以上のパンク詩を書ける人間は他にいまい。

 「人生なんでもあり」 詩・月乃光司

今、飢えている人々は幸いである、あなたがたは満たされる
今、泣いている人々は 幸いである、あなたがたは笑うようになる
(新約聖書 ルカによる福音書より)
アル中になってよかった お酒をたくさん飲んで、酒税 をたくさん払い 我が国の経済に貢献した
アル中になってよかった 精神病院に入院して、「あなたの知らない世界」を見ることができた 
この世のどん底は、精神病院か? 刑務所か? それとも、ホームレスか? 
どん底を知ったら、後は 上がっていくだけだ 
あの時に比べたら、今は全然ましだ だから、今はどんな時で も幸福だ 
ハウドュユゥフィールナウ? (アイムファイン・センキュー)
アル中になってよかったぜベイビー 本を出すことができた 新聞に載ることができた
アル中にならなかったら、「性犯罪者」になって新聞に 載ったかも知れない 
アル中になったから、「こわれ者」になることができた
アル中になってよかった 引きこもりになってよかった 
オナニーをたくさんして、 テッシュをたくさん消費して、我が国の経済に貢献することができた
(オナニーアン ドテッシュ)
引きこもりになってよかった 外に出れることができるようになった時に 本当の自由を知ることができた
外を歩ける自由 隔離されない自由 おみあいパーティにも行けるようになった
人生はすばらしい ライフイズビューテフル
たとえ、会社でいじめられてもだ
僕をいじめるのは、渡辺ただし58歳、係長
ただし、死なないかなー、と毎日思ってきた
そのただしも残り1年2ヶ月で定年退職だー
ただしのおかげで、引きこもり出身の甘ちゃんの俺も打たれ強くなった! 
ただしさ ん、どうもありがとう! そして、もっと俺をいじめぬいてくれっ!
いじめられてよかった!
頭がハゲてよかった!
養毛剤をたくさん消費して 我が国の経済に貢献することができた
光り輝く男になることができた いつかはほろびる肉体を知ることができた
ハゲになっても、魂は永遠だ! ハゲになってよかった! 何がなんでも自己肯定だ!
地球はワタクシを中心に回っている!
尾崎豊さん、僕の為に死んでくれてどうもありがとう
どんな人生でも間違った人生はない アル中になってよかった!
引きこもりになってよかった!
ノイローゼ、自殺未 遂、リストカットをしてよかった!
対人恐怖症になってよかった! 
いじめられてよかった!
ぶざまでみっともなく て、よかった!
みんなに笑われてよかった!
家の恥、日本の恥になってよかった!
女の腐ったよ うなやつになってよかった!
仮性包茎でよかったぜ、(ホーケー、ベイビー) 男らしくなくてよかった!
アル中になってよかった! 
引きこもりになってよかった! ハゲになってよかった!
神様、僕をアル中、引きこもりにしてくれて感謝します!
ハレルヤ! アーメン!
人生なんでも、人生なんでもあり!
アル中でありがとう!
引きこもりでありがとう! 
仮性包茎でありがとう!
ブザマでありがとう!
みっともなくてありがとう! 
笑われてありがとう!
措置入院で ありがとう!
リストカットでありがとう! 
自殺未遂でありがとう!
こわれ者でありがとう!
精神病院でありがとう!
ありがとう 神様!
アル中になってよかった!
引きこ もりになってよかった!
神様、ぼくを、アルコール依存症にしてくれて感謝します!

★こわれ者の祭典出演番組
6/13(火)NHK教育「福祉ネットワーク~こわれ者特集」
 放送時間 20:00~20:29(再放送は翌週13:20~13:49)

★月乃光司著書
家の中のホームレス」(新潟日報事業社)
窓の外は青」(新潟日報事業社)
ひきこもりーただ今冬眠中」共著(新潟日報事業社)

PS ところで連日の雨で気になる雨漏りは、どうなったって?
 うおおおぉぉぉーう、も、漏りましたー!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 梅雨がくるまえに「雨漏り撲滅運動」に踏み切った。
 うちは築80年のオンボロ一軒家である。おやじがここで生まれ、オレや妹もここで育った。
 去年は大風の日に友人から「おまえの家の屋根が飛んだぞ」と電話があった。あわてて屋根にのぼると3メートルほどのトタンが2軒先まで吹っ飛ばされている。それを拾ってきてもとの場所にかぶせたのだが、バケツを5個も置くような雨漏りがつづいた。
 家の中に雨が降るというのも風流なことよのう。これぞまさしく自然一体型住宅。借景を庭にとりこむ桂離宮も負けるだろう。
 などと、悦にいっている場合じゃないのである。
 風呂場の電気に水が溜まり、金属製の壁にさわるとビビビビっと痺れ、はじき返されて反対の壁をさわると、またビビビビっと感電する。
 シャワーで濡れているときは、全身に電気が走る。漫画みたく全身の骨が見えるかと思った。素っ裸の男が「ひえええー」と悲鳴をあげながらひとりでエレクトリックパレード(感電踊り)を踊っているのだ。(2004年7月7日の日記を参照)がっはっは、我ながらバカだねー。
 などと、笑ってる場合じゃないのである。  
 しかもタケちゃんに「この居間はコッカスパニエルの臭いがする」と言われ、見ると畳が腐っているではないか。
 そこで去年の8月、ハイビジョン鈴木 といっしょに屋根を修理した。
 居間の雨漏りは直ったが、キッチンのほうはひどくなる一方である。
 そこでオレは先端ハイテクノロジーの粋を集めて、このようなマシーンを開発した。
0605雨どい

 キッチンの天井からもれた雨水がプラスチックトタンから雨どいをつたってシンクに流れるという驚異の発明だ。
 がっはっは、世界広しといえども、家の中に雨どいがあるのはオレんちだけだろう。
 などと、自慢している場合じゃないのである。
 屋根に登ると、去年キッチンの雨漏り防止に貼ったゴムシートが跡形もなく飛ばされているではないか。
 そこで今回オレはキッチンの屋根を直そうともくろんだ。
 しかしタケちゃんもデザインの注文がはいったり、ハイビジョン鈴木も仕事で忙しい。そうだ、ちょうどいいときに飯で釣れる男がいる。
 大介の登場だ。
 オレはせっせと大介にお弁当を運んだり、うちで飯を食わせて恩を売る。たとえばこんなゴージャスなステーキとかを食わせて。
0605ステーキ

 あとで食われるとも知らない豚、じゃない大介は満面に感謝を浮かべ肥え太る。
「大介、悪いんだけど、屋根の修理手伝ってくれない? ちょちょいのちょいっと1時間くらいで終わるから」
 ヤスコちゃん夫妻にホームセンターで「カラートタン・ヒライタ」1580円x5枚と「ポスシールカートリッジ・シリコン」627円X4本を買ってきてもらう。
 材料費は10408円 という超低価格だ。だまされやすい遺伝子をもつ大介のおばあちゃんは悪質リフォーム業者に屋根の修理で100万もだまし取られたという。
 紙製の作業着を着て大介と屋根に登る。
 一足ごとに音を立ててブリキ屋根がへこむので、いつ穴が開いて部屋に落ちるか心配である。それでなくても急角度の屋根から歩道に落ちたら即死である。
 歩道をとおる観光客が怪しい白服を着て屋根に立つオレたちを見る。
「オレたちゃあ見せもんじゃねえ。ジロジロ見ると、撃ち殺すぞ!」
 シリコンガンをかまえてすごんでみる。シリコンで目を直撃すればまばたきもできまい。
「アキラさん、目の前が警察署なんだから捕まりますよ」
0605屋根修理

 古い波板トタンの山の部分に歯磨きのようなシリコンを塗りつけていく。遊んでるうちにシリコンがなくなってしまった。
 ピンチである。
 これから電車で買いにいったら往復2時間はかかってしまう。そこで大介の携帯でヤスコちゃんにSOSする。なんと心やさしい旦那の中山さんがわざわざ車で買いにいってくれた。ううむ、すばらしい旦那をもらってよかったなあ、ヤスコちゃん。タケちゃんでは絶対こうはいくまい。(ほっとけって)
 新しいブリキ板を貼りつけ、屋根用の釘で留める。大介はおやじが建具師なのでハンマーさばきもどうにいっている。
「すばらしいぞ大介、♪you are born to fix roof~♪。君は屋根を直すために~生まれてきたんだ~。ちょっとブリキ鋏とってくるわ」
 大介に働かせ、オレは屋根を降りてジュースを飲み、ハーシーチョコレートを食べる。
「ごめんごめん、ブリキ鋏が見つかんなくてさ」
 せっせと屋根を貼りつづける大介はそろそろオレの陰謀に気づいたようだ。
「アキラさん、1時間とか言っておきながら、もう4時間もかかってますよ。朝からなにも食べてないんで腹へりましたよ~」
 継ぎ目をアルミテープで貼り、すき間をシリコンで埋めて、みごと屋根は完成した。
 雨ょ降れ、風よ吹け、くやしかったらこの完璧な屋根を飛ばしてみろ。
 などと言って、明日玄関を開けると北朝鮮! つーのもやだなあ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。