New 天の邪鬼日記

小説家、画家、ミュージシャンとして活躍するAKIRAの言葉が、君の人生を変える。


テーマ:
 今年はオレにとってすげえ年だったなあ。
 こんなに想定外の年ははじめてだぜ。
 そこで恒例のマイ10大ニュースを考えてみた。(順不同)

1,タイのバンコク、プーケット、ピピ島、インドネシアのバリ島に旅行。
 なんか2年くらいまえのように感じるが、わずか半年ちょっとまえのことなんだなあ。バリ島は本当に素晴らしいところだった。たくさんの友だちができ、たまたまオレがいったときに2大祭がかさなったんで地元民といっしょに参加した。バリ島はシャーマニズムのメッカでたくさん不思議な話を収集し、小説にしようとしていたが、いつになるかなあ。どんなに疲れたときも「いざとなったら、オレにはバリがある」オレにとって第4? くらいのふるさとになった。今すぐにでもいきたいなあ。
 津波のあとのプーケットやピピ島もいろんなドラマを見ることができた。ピピ島のビーチでアイヌの祈りカムイノミを捧げていると、すごく美しい太陽のまわりに虹が架かったっけ。

2,愛猫コマの死。
 オレがバリ島でバイク事故を起こしたとき、日本にいるコマが身代わりになって死んでくれたと本気で思っている。そして今もいっしょにいて、オレを守ってくれていると信じている。毎朝仏壇を明け、死んだ両親と愛猫チビ&コマの遺影に祈るのを欠かさない。イエーイ!

3,田口ランディ氏との共著メキシコ旅行記「オラ!メヒコ」(角川文庫)発売。
 これも大きなできごとだったなあ。3万人の人に読んでもらえるなんてランディさんのおかげだ。来年の春くらいには新刊「ケチャップ」も出るだろう。

4,デニス・バンクス、クライド・ベルコートのスエットロッジに参加
 旧友というかデニスはオレの師匠である。エロじじいと聖人とギャグマシーンが一体となった「愛のかたまり」なのだ。

5,キラキラレコードよりONSENSプロデビュー。
 今年はオレにとって大きな転換期だった。いつのまにかミュージシャンになってしまったのだ。まあ、作家のときもいつのまにかなってしまったんだけどね。あまりにも運命が激動するんで、将来計画なんか立てられない。運命の波に逆らわず、どんどん流される。まさに「ディスティニー・サーファー」、オレの人生波まかせっていう感じだ。
 じつはキラキラレコードをけった。はるかに大きなプロジェクトが水面下で進行中なので、時期がきたら発表します。

6,東京中野ZEROホール「映画民族」映画祭にてAKIRA主演、元藤稔監督「Born to love」上映。
 若手テレビディレクター実力ナンバーワンのミノルとの出会いが今後のオレの人生を大きく変えていくかも知れない。オレにとって初のプロモーションビデオであるこの作品は、その後日光滝尾神社で撮影した分と会わせて現在DVDに編集中である。来年の頭には発表できると思うので、お楽しみに。

7,群馬前橋にて「ONSENSデビュー記念ライブ」。
 これがすべてのはじまりだった。天衣無縫なパーカッションのリエちゃん、骨太なベースのリュウが加わり、ONSENSサウンドに厚みがます。5月にあったこのライブがきっかけでいきなり音楽人生が動き出し、残りの半年はもう音楽一本の生活だ。するとおもしろいように曲がつぎつぎと浮かんできて、詩の内容もどんどん深まっていく。

8.東京青山coZmo'sカフェ、江古田倶楽部にて連続ライブ
 ここで天才ドラマーヤオさんが加わる。ブレイクしたダチャンボで超多忙にもかかわらず、ヤオさんはONSENSライブを心から楽しみにしてくれる。ヤオさんによってサウンドが跳躍的に進化し、魔力のような力が出てきたように感じる。目に見えない磁場に惹きつけられるように日本全国からONSENSファミリーが集まりだしたのもこの頃だ。
    
9,札幌市開明小学校にてONSENSライブ
  アイヌモシリ一万年祭にてONSENSライブ。
  室内温度46度、照明によるミュージシャンの体感温度70度という灼熱地獄のなかでおこなわれたライブは文字どおり最高の熱気をはらんでいた。北海道という遠隔地にさらに全国から人々が集まり、ノマド(流浪民)のように生活をともにした。ほかのバンドがもちたくても持ち得ない強力な求心力がはっきりと確立された真夏の北海道だった。

10,高知県四万十市「オープン・ヘンプ・ギャザリング」にてソロライブ。
   高知県高知市BB cafeにてONSENSライブ
 観客と演奏者とスタッフが至福のエクスタシーを体験した未曾有の体験だった。タケちゃんは人生最大の試練を乗り越え、最高の演奏を届けてくれる。オレたちをサポートしてくれた人々の強い想いがひとつに束ねられ、「人間の尊さ」に何度も涙した。

11,群馬県高崎市新島短期大学学園祭にてONSENSライブ
 10大ニュース超えてるジャン! でもどれもこれも切り捨てられないんだからしょうがないじゃん。
 初のテレビ出演や初の学園祭、初の巨大体育館、新曲「ぼくの居場所」が発表されたのもここだ。

12,名古屋市DAY TRIPにてONSENSライブ
   名古屋市KDハポンにてONSENSライブ
   名古屋市ANGELOにて講演会。
 2日間で1曲もだぶらない全28曲のマラソンライブ。最後にほとんどの観客が泣き出すという奇跡にオレたち自身がいちばん驚いた。今までどんなミュージシャンも踏みこむことのできなかったトランスパーソナルナ領域に突入したような気がする。
 これからのONSENSがどう進化していくのか、みんな歴史の証人になってほしい。

13,ソロアルバム「alone」リリース。
 こんなに大きな反響があるとは予想しなかった分、うれしさも何倍だ。全国に散らばる仲間の宛名を書くたび、物理的距離を超えた太い絆を感じる。来年はこの全員に会うことができるように祈ろう。
 蝶の羽ばたきのようにほんのささやかな行動が波紋を広げ、地球の天候を変えるなら、
 オレは絶対君に出会える。
 来年はさらに、
 MOVE ! MOVE ! MOVE !
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 おととい買ってきたばかりなのに、想定外でプリント用紙が切れ、CDメディアが切れ、CDケースが切れ、それをいれるクリアケースが切れ、封筒が切れ、宇都宮まで買い出しにいってきた。
 なぜ隣町のショッピングモールじゃなく、わざわざ宇都宮にいったかというと……
 電車で「alone」を聴きたかったのさ。
 JR日光線はお見合い座席なので人々の顔がよく見える。愛用のiPodは 1G(5年くらいまえのファースト・ジェネレーション)である。いまだにでっかい 1Gってのがしぶいのよ。
 老若男女(ろうにゃくなんにょ)の顔をながめながら「ぼくらは愛するために生まれてきたんだ」と無言でテレパを送る。
 たまたまとなりに座った女の子が携帯メールをずっと見つめていて、ちらっと見たら泣きそうじゃん。おおーちょうど「Unconditional love」がはじまってたので、聴かせてえー!
 「なにかになる必要はない、キミは愛そのものだから」と歌ってる。
 思わずイヤホンを彼女の耳に突っこみたくなったが、
 むむ、むむう、犯罪の一歩手前で断念する。
 堂々と化粧している女子高生には、「You are so beautiful.君がただ在るだけでいい 君のまま在るだけでいい」と聴かせてやりたかった。
 バックパックを背負った外人さんには、「見知らぬ街 見知らぬ人 見知らぬ自分」とかね。
 「alone」の感想もどんどんとどいている。

「いやぁ、弾き語りいいね~♪
自宅にいながらにして、こたつライブ感」(規加)

「CD、すげー!うちのスピーカーが、AKIRAさんちのこたつに早変わりだよ!
超臨場感!すばらしい!」(ヒロユキ)

 うんうん、「alone」の基本使用方法は「こたつライブ」だ。こたつから一歩も出ないで済むようにミカンやお茶のポット、またはビールを入れたアイスボックスを用意して、できれば電気を消しアロマキャンドルだけというのもいいだろう。
 そのとき……こたつの向かい側の闇に浮かびあがる妖しい微笑み。

「こわいくらいの 微笑みに
おもわず 懺悔しそうになりました」(mayu)

 そう、「alone」にはもれなくオレのモノクロ「微笑み写真」がついてくるのだ。
0512セルフポートレイト2「たのむから、引くな!!」

一枚一枚手書きで「alone is not lonely.AKIRA」、「to 誰々」とひとりひとりの名前を書いた。

「ほんと、怖いくらいの微笑みですよね。
この写真には何かの魔力が宿っていそう。
そしてあて字の文面に大笑い。
最初何かの暗号かと思いました。(笑)」(高知娘)

 郵便振込先を書いた紙片(詩編)には、こう書いてある。よく入れ忘れるんでここに書いておこっと。

「この旅はCDを御快揚げ句だサリー、
誠、near Lee、Gato、言左右衛門、真下。
郵便振り込み先
10730-8442161 杉山明」

 日本語訳は、「このたびは、CDをお買いあげくださり、まことにありがとうございました。」(「真下」はリュウの名字「ましも」じゃねえぞ)
 いつもコメントを書いてくれる奈良の亀亀さんからこんなメールがきた。

「 昨日25歳のTさんというお客さんが来てました。亀はブテックをしてまして商売が終わり、雑談しているとき「alone」が届き一緒に聞こうかと、聞き出したのです。Tさん曰く。
「家でくよくよしていた」
「賛美歌みたい」
「教会でききたい」
「教会で十字架を持って聞きたい」
「全部うちのことやん、ぜったいうちのことやん……」
「ああ耳が痛い!笑」
「めちゃ感動やわ」
「自然に口ずさみそうやわ、全部うちの歌やわ」
「まじで会いたい!」
「神さまの歌が肩に乗ってくるようやわ」
などなど、Tさんの呟きでした。」(亀亀)

 うれしいねえ。なんも知らない人がいきなり「alone」を聴かされて、「全部うちのことやん」なんて言ってくれるのは。しかしなんで十字架なんだあー!! って(微笑)。
 こういうこともあるから気をつけて。

「さっそく聞いてみました…ら。
どうも途中から音データが壊れてる? っぽいです。
最初の方は普通に聞けましたが、リストカッターくらいから音がブツブツと切れだして
聞き取りにくい状態に。。。
テオナナカトル以降は全く聞き取れませんでした(泣)
別のCDは普通に再生できたので、オーディオ側の問題ではなさそうです。
そういえば最初PCで聞こうとしたら、データが読み込めなかったのでした。」(マサキ)

 マサシにはさっそく今日、送り直した。不良品は即、別の送るから言ってね。
 救援物資で手作りのクリスマスケーキを送ってくれた石垣島のヨウコ(「霊界相談1」「霊界相談2」参照)のもとにも「alone」が届く。

「うちのポストは、割とさびついていてボロボロっす。
開けるとき、ぎぃぃいいいーーって、音が鳴る。
きょうも、鳴りましたよ!
そこには、見覚えのある肉筆が!
はじめて、その人が書いた字を見たとき、
「この人の字、好きだな~っ」って
思った、その”字”ですよ。
「ロ~ンリー」じゃなくって、
「alone」です。AKIRAさんですよ。
うれしかったですよ。
中のものを出して、眺めたら、
またもや、落涙…。
じわっと、きましたよ。
うれしかったですよ。
そして、ひととひとってなにもちがわない、
て思ったですよ。 」

 どんなにはなれていようと、あの世とこの世まではなれていようと、まったくちがう人生を歩んでいようと、人と人は「なにもちがわない」。
 年の瀬に走りまわり、恋をしたり恋をなくしたり、歌ったり踊ったり2日酔いになったり、「今年って人生最高の一年だよな」とか「今年って人生最悪の一年だよな」とか言い(「今年の風邪はたちが悪い」って……毎年言ってるじゃん!)、またもやありえない奇跡で来年を迎える。
 「わたしはマヤ暦を使っているから年賀状は出しません」(Kさん)なんてわざわざ断らなくていいのよ。生活なんて「ノリ」だから、「グルーヴ」だから。いっしょに一喜一憂すりゃあいいじゃん。
 ヤマダ電器が駅からまた遠いのよ。寒風吹きすさぶなか黙々と歩きつづけるが、暮れのせいかサラリーマンもヤクザもあまりいない。そこで一句。

 年の瀬は ヤクザもこもる 鬱の宮

 宇都宮はギョウザの街だから皮にくるまりたいのかも。いつも行列ができている駅ビルの「みんみん」も列ばずにはいれた。パリパリのギョウザをつまみにビールを飲み、そこで一句。

 忘年会 予約キャンセル 鬱飲み屋

 帰りの電車は酔っぱらったおっちゃんがとなりでいびきをたてて眠っている。おおーちょうど「HAPPY BIRTHDAY」がはじまってたので、聴かせてえー! 「テュッシュに丸めて過去など捨てちゃえ これって楽チンチンじゃねえのかい」と歌ってる。思わずイヤホンをおっちゃんの耳に突っこみたくなったが、
 むむ、むむう……犯罪の一歩手前で断念した。

※「alone」は「こたつライブ」が基本だけど、「壁紙を変える」楽しみ方もある。「こんなところで聴いたら、こんな風に聞こえた」という感想もメールしてください。

※明日で郵便局が4日間閉まります。明日の正午12時までにメールをくれれば、正月にまにあうかも知れません。31日の0時までにメールをくれた方のみ送料無料にしますので、「alone」以外のCDやDVDも今のうちにご注文ください。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 最近時間が加速しているような気がしない?
 1日が1年がやけに早いのだ。今日も「alone」の梱包と発送だけで終わってしまったし、ライブ活動が本格化した今年はあっという間だった。
 子どものころや学生時代ってもっと時間がゆっくり流れていた気がするんだけど。
 たんにオレが今忙しいだけなのか?
 それとも時代が加速しているのか?
 サイケデリック・ムーブメントの教祖テレンス・マッケンナ(勝手に通称マツケン)は「タイムウェーブ」というあやしい理論を構築し、カオスやフラクタタルなどをつかって人類の歴史をコンピュータで計算した。
 彼によると時間はらせん状のエネルギーで、ゆっくりと動き出し、だんだんと加速していく。時間の感覚は速まり、情報量は増大し、極大点「タイムウェーブ・ゼロ」に到達するのがマヤ暦の終わり2012年12月12月21日午前11時10分。この日は冬至の太陽が銀河系の中心である銀河黄道に昇り、春分点の歳差運動が原因で2万6千年に一回だけ起きるだという。
 マッケンナは2001年に死んでいるし、この理論が本当に正しいのかは謎のままだ。マッケンナもこの日のことをインタビューされて、「天変地異や宇宙人の来襲などは可能性が低い」と答えている。
「われわれは、自分たちの創造物だとみなしているもの、たとえばコンピュータやテクノロジーが、実際には、異なったレベルのわれわれ自身であることを当然のこととして認めるようになるだろう。そして、世俗的な歴史の迷路を遍歴しおえたあかつきには、われわれが最初に知っていたこと、すなわち、自己と他者、生と死、文明と自然といった概念や言葉に左右されない、縫い目のない自然との古代的な融合を回復するだろう」と言っている。(CD-マガジン『INTRO イントロ』より)
 こんなユートピアみたいな時代がたった7年後に来るとは信じがたいが、たしかにオレたちはその方向にむかって進んでいる気がする。政治家や時代おくれのスクエアー(石頭)はともかく、少なくともオレのまわりにいる素敵な友人たちはそうだ。
 情報量は数十年まえとは比べものにならないほど増えているし、滅亡にしろ、パラダイムシフト(時代の転換)にしろ、人々のペースが速まっている気がするなあ。
 情報を集める時代から情報を捨てる時代になってきた。
 テレビという合法ドラッグを毎日摂取していると、むだな情報で頭がいっぱいになり、「直感情報」がはいってこなくなる。
 「直感情報」というのは「内なる声」とでも言い換えてよい。
 本来のオレたちは「すべてを知っている」はずなんだけど、現代人は教育や情報がチリとつもって「人間ゴミ屋敷」になってしまった。
 必要なときに必要なものが見つかんないとイライラするよね。そこで解決方法はひとつ。
 大掃除。
 年末はおつむからっぽにして、ゆっくりしよう。
 ただでさえ「モモ」にでてくるような時間泥棒に盗まれてんだから、ピンポイントで必要なことを選びとらないとね。

 「やらねばならないこと」じゃなく、
 「やりたいこと」から。

※あっ、新発売のおつむ掃除機「alone」は明日の午前中までにメールくれれば、大晦日にまにあうと思うよ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。