Opus One 2005

テーマ:

Opus One 2005

個人的ワインのブログ-Opus One 2005

実家のワインセラー・新規購入編です。


オーパスワン
(Opus One)

●生産地:アメリカカリフォルニア州ナパバレー
●ブドウ:カベルネソービニオン82%、カベルネフラン8%
メルロー5%
マルベリック4%、プティベルドー1% (年によって比率は異なる)

1.オーパスワン物語

オーパスワンは、カリフォルニアとボルドーのワイン界を代表する二人、ロバート・モンダビワイナリーの創業者ロバート・モンダビ(Robert Mondavi)とシャトームートンロートシルトのオーナー、バロン・フィリップ・ロスチャイルド(Baron Philippine de Rothschild)とのジョイントベンチャー(1979年)で生まれたボルドースタイルのワインです。ラベルには二人の横顔とサインが連なって書かれています。オーパスワン(Opus One)とは、音楽用語で「作品番号1番」の意味で、『一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインはメロディのようなものだ』、という考えのバロン・フィリップが命名したものです。二人の頭像が重なりったオーパスワンのラベルをよく見ると、その下にはモンダヴィ、バロン・フィリップのサインが書かれているのがわかります。


この夢のプロジェクトの最初の予算は1,000万ドルから1,300万ドルでしたが、事前の土壌検査で、ワイナリー建設予定地が実は地熱温泉の真上にあり、土壌の温度を約22℃迄押し上げていると言うことがわかりました。 夢をどうしても実現させたかったモンダヴィは800万ドルもかけて土地を密封し、セラーを緩衝材で取り囲んでわざわざ冷やすという方法を取りました。またブドウを自然の重みで圧搾してブドウ果汁(=ワイン原料)とするため、ワイナリーの上方で受けられたブドウがポンプを使用しないで、重力だけで地下のタンクまで流れて行くシステムを作りました。外から見るとこの宇宙船のようなモダンなワイナリーは、ピラミッドのように盛り上がった土手で囲まれたようにも見えます。1991年に最終的にワイナリーが完成した時の初期投資金額は、2,550万ドル(=約27億円)にも達していたそうです。

気の遠くなるような建設費用コストとは別に、オーパスワンはスタートからつまづきました。それは1990年にぶどう畑を襲ったフィロキセラ害虫(注1)問題です。近辺のワイナリーと同様オーパスワンもこの病気のため、殆どのブドウの台木をフィロキセラに強い台木に植え替えられなければならず、完全に植え替えるのに5~7年の年月と3百万ドルの費用を費やしました。しかしモンダヴィは意気軒昂です。「フィロキセラ問題は、我々は運が悪かっただけだよ。本当はワイナリーのコストオーバーの方がずっと辛かった。みんなすごいプレッシャーを感じていたよ。我々は何でもやった。我々の求めるワインを作る為に。そう、金は使った。みんなクレージーだと言ったよ。いずれわかるよ。あと数百年経てば。」 (注2)因みにパートナーのバロンフィリップは、1988年に亡くなりましたが、一人娘のバロネス・フィリップ・ロスチャイルドが後を継ぎ、ムートン社の技術担当者を派遣し、モンダヴィ社の技術者と協力して、オーパスワンの品質向上に情熱を注いでいます。

1979年物と1980年物のオーパスワンが初めて市場に売りに出された時、その価格は$50でした。当時の高級カリフォルニアワインの価格が一本$15から$20であったにもかかわらず、です。この目の玉が飛び出るような値段に、あるワイン批評家は“Opus won!”(オーパスが勝った!:英語の発音はラベルと同じ”オーパスワン”になる)と評しましたが、モンダヴィ社の製造責任者ティム・モンダヴィは、「品質は優れている(Excellent)どころか完璧(Perfect)なのだから」と、当然のように言い放ったと伝えられています。(注3)


宇宙船の様な建物 ぶどう畑 醸造所

(注1)フィロキセラ(Phylloxera)=北アメリカ東部原産のぶどうの寄生虫。1860年代にヨーロッパに拡がりヨーロッパのぶどう畑を壊滅状態にした。1990年代にカリフォルニアでも猛威をふるった。

(注2)Wine Spectator (1995/11/115日号)Jean T. Barrett

(注3)Wine News (オーパスワン20周年特集号) Steve Pitcher
(ワインダイン より)





★あたかも円熟したボルドーの超一流ヴィンテージのような
表情豊かで官能的な若き星★
オーパス・ワン 2005年

■オーパス・ワン・ワイナリー■

ロバート・モンダヴィと、ボルドーの故バロン・フィリップ・ド・ロートシルトの合弁事業として「カリフォルニア最高の赤ワイン」を目指し1979年設立されました。

バロン・フィリップは、ボルドー・メドック地区格付け第1級CH.ムートン・ロートシルトのオーナーで1988年の他界後は、娘のバロネス・フィリピーヌ・ド・ロートシルトが引き継いでいます。

ワイナリーの建設には巨費が投じられオークヴィルに広がる56haの畑にはカベルネ・ソーヴィニョンを主としてカベルネ・フランとメルロが密植で栽培され、1979年初ヴィンテージが誕生しました。

ワイン醸造に携わる偉大な両家の哲学とスタイルが融合し二つの文化の極みに達し、他のナパヴァレーのワイナリーとは一線を画すものです。

他のワイナリーで10分間で終える作業を、ここオーパス・ワンでは10時間を費やし、ブドウ栽培から瓶詰めまで最新の注意を払って育まれたワインです。オーパス・ワンの名は、ラテン系の言語でフランス語と英語のどちらでも簡単で覚えやすいことを条件に名づけられました。

名づけの親の故・バロン・フィリップ・ロートシルトは、生前、「私にとって1本のワインは交響曲であり、1杯のグラスワインはメロディーのようなもの。」と語っていたとか・・・。

そして、音楽用語で《作品番号1》を意味する《オーパス・ワン(Op.1)》と命名されたといいます。(・・・詳細&一覧)

※カリフォルニア・ナパヴァレー2005ヴィンテージ情報:
カリフォルニアの2005年は、シーズンの早いスタートと遅い収獲が特徴で、ブドウに長いハング・タイムが課せられたおかげで、適度なアルコールと卓越した風味の凝縮感のあるワインが誕生。
※WA:95+点 / WS:90点 (詳細はこのペ-ジ下方に)


Opus One 2005 / California Red Dry / オーパス ワン 2005

生産地 カリフォルニア州ノース・コースト地方ナパ・ヴァレー地区
AVA オークヴィル
年間生産量 2005ヴィンテージ:22,500ケース(※平均:23,000ケース)
畑面積 42ha
ブドウ品種 2005ヴィンテージ:
カベルネ・ソーヴィニョン88% メルロ5% カベルネ・フラン3%
マルベック1% プティ・ヴェルド3%
(※以上、全てオークヴィルのヴィンヤードから)
収 穫 すべて手摘み
醗 酵 選別台で選果され、小型の除梗機を通し、選別と完全除梗の作業は、発酵タンクのすぐ真上にある中二階で行うことで、果実が自然に重力だけで発酵タンクへ落とす。
醸造工程にはポンプを使ったモストの移動はなく、色素と風味を最大限に抽出するため、アルコール発酵とマセラシオンは、温度調節可能なステンレスタンク28日間(1988ヴィンテージ)実施し、フリーランのワインは樽へ移され、残りの固形物小型のバスケットプレスでおよそ2時間をかけ、ゆっくり緩やかに圧搾し、ステンレス・タンクで醗酵。
熟 成 フレンチ・オークの新樽100%で、18ヶ月間(※1988ヴィンテージ)熟成させ、瓶詰後さらに18ヶ月間の熟成。
諸処理 熟成中に6回の澱引き作業を行い、第1回目の澱引きを終えた段階で、ワインメーカーのティモシー・モンダヴィとパトリック・レオンがテイスティングし、ブレンドの構成を決定し、それから第3回目と4回目の間で新鮮な卵白でゆっくりと清澄処理され、収穫から3年後に出荷。
タイプ 赤のフルボディ
特 徴 ラザフォード・ベンチの安定した気候が長期熟成を可能にし、そのポテンシャルを秘め、ボルドースタイルを追求したウルトラプレミアムなワインで、スマートでありながらもエレガントで複雑な香りと深みのあるコクがあるスタイル。
料理 フランスのボルドー・スタイルのワインには、仔羊のローストやサーモンの赤ワインソースなどのフランス料理とよく合う。
2005
ヴィンテージ
情報
アドヴォケイト・ヴィンテージガイド:90点
WSヴィンテージガイド:88~92点(ナパ)
カリフォルニアの2005年は、シーズンの早いスタートと遅い収獲となりましたが記録的な大収穫が得られ、また、ブドウに長いハング・タイムが課せられたおかげで、適度なアルコールと卓越した風味の凝縮感のある優雅でバランスの良いのあるワインが誕生。
パーカー氏評価(2008.12):95+点
インクのように黒い濃い紫色をして、スミレやクレーム・ド・カシス、炭や春の花々のような桁外れな芳香をひけらかし、豪華絢爛に純粋で、富裕な重量とコク、甘いタンニンと見事な凝縮を兼ね備え、酸度は低く、円熟したタニックな余韻へと続き、それはカリフォルニア産でありながらも、まるで、円熟したボルドーの超一流のヴィンテージようです。ブラボー!
現在(2008年12月)でも楽しめ、この先20~25年以上も楽しむことができます。
予想飲み頃は、2008年から2033年あたり。
スペクテーター誌評価(2008.10):90点
熟れたカランとレッドチェリー、アニス、なめし革、セイジやスパイスの風味と結びついた土っぽい杉、タールとタバコの趣を呈し、力強いタニックな構造の余韻へと続く、目の詰まった若きスターです。
予想飲み頃は2010年から2016年あたり。
ワイナリー’Sコメント:
2005年の春の雨は5月の1ヶ月を通じて頻繁に降り注ぎ、低気温とゆっくりとした成熟の進行具合、そして、11月2日迄の長期にわたった収穫をもたらしました。
また、オーパス・ワンは初期の段階で若さに溢れていながらも非常に表現力豊かな傾向があり、それは2005年のヴィンテージも例外ではありません。
官能的なガーネット、ブルーベリー、バラの花びら、白いトリュフ、甘草とナツメグの香りなどがとても印象的なスタイルで、シルクを思わせるアタックと柔軟でありながらしっかりとした質感と果実味、酸とのバランスも見事で、また、カシス、ブラックオリーブ、木イチゴとダークチョコレートを思わせる長く官能的な余韻を呈し、後世に語り継ぐに十分申し分のない仕上がりの素晴らしいワイン。
アーベンワインショップ より)


ホームページはこちら


京橋ワインで購入。19500円。ちょっと早まったかな。もう少し安い値段で買えたね。

AD

Fetzer Barrel Select 1996

テーマ:

Fetzer Barrel Select 1996

Fetzer Barrel Select 1996

実家のワインセラーシリーズです。


▼フェッツァー・ヴィンヤーズ(Fetzer Vineyards)
フェッツァーの生誕の地であるメンドシーノ郡では、ナパやソノマと同じく19世紀後半からワイン醸造が行われてきました。しかしながら1920年に禁酒法が施行されると、相対的に規模が小さかったメンドシーノ郡は、ナパやソノマに比べ被ったダメージが遥かに大きく、1度ワイン産業は廃業に追い込まれました。

禁酒法の廃止後、メンドシーノ郡で再びワイン産業が再生されたのは1960年代。2500ケースという小規模ながら、中でもいち早くワイン造りに着手したのが『フェッツアー』でした。「特別な機会だけでなく、人々が毎日飲めるワインを造る」という創設者バーニー・フェッツァー氏のモットーにより、手頃な価格の高品質なワインを提供する生産者としてこの地方で一躍人気生産者となりました。

1980年代にはブドウの有機栽培に着手して、カリフォルニアで最も早く「有機栽培認定」を受け、この分野のパイオニアとして米国を代表するワイナリーとなりました。その成果はカリフォルニア全土に星の数ほどあるワイナリーの中で、冒頭にてご紹介したように、歴代第5番目(2007年6月現在)に多い「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」9度選出の実績が物語っています。
(Esprit du vin YANAGIYA より)



カリフォルニアから、地球に優しいワインがやってきた -フェッツァ-

きっかけは有機栽培の「作物」のおいしさでした

カリフォルニアワインの新しい潮流は「環境に優しい農業」「有機栽培」です。フェッツァー社とそのファミリーが最初に試みた有機栽培は、トマト、ナス、ジャガイモといった野菜でした。そして、その有機栽培の畑からとれた野菜たちには、化学肥料を使った野菜にはない、自然なおいしさが満ちあふれていることに気がついたのです。だとしたら葡萄も同じように有機栽培にすれば、より一層自然が凝縮した味わいが得られるのでは。そういう考えから、今日の葡萄の有機栽培への道が始まったのです。

小鳥が遊び、ハーブが香る、花園のような葡萄園
カリフォルニアで「有機栽培」を名乗るためには、最低3年間、無農薬、無化学肥料、無除草剤を求められ、協会(CCOF)の審査を経てはじめて認定されます。 ノースコースト地域メンドシーノ地区に位置するフェッツァー社は、そのカリフォルニアで最も早く認定を受けたワイナリーのひとつです。フェッツァー社のフィロソフィーは、葡萄園を病虫害から守るために、あらゆる「自然の力」を借りること。このため、畑のそこここに「ハビタット・ブレイク」と称する、ハーブや花、果樹などの植栽帯を設け、あるいは下草にも、クローバーやライ麦、ソバ等を植えつけて、小鳥や虫、有益な微生物などを呼び寄せています。 小鳥や虫たちの歌声が響きわたるこの美しい自然環境に守られて、フェッツァーの葡萄たちは、健康で素晴らしい房を実らせてくれるのです。


自然にやさしいワインはおいしい
カリフォルニアで「有機栽培」を名乗るためには、最低3年間、無農薬、無化学肥料、無除草剤を求められ、協会(CCOF)の審査を経てはじめて認定されます。 ノースコースト地域メンドシーノ地区に位置するフェッツァー社は、そのカリフォルニアで最も早く認定を受けたワイナリーのひとつです。フェッツァー社のフィロソフィーは、葡萄園を病虫害から守るために、あらゆる「自然の力」を借りること。このため、畑のそこここに「ハビタット・ブレイク」と称する、ハーブや花、果樹などの植栽帯を設け、あるいは下草にも、クローバーやライ麦、ソバ等を植えつけて、小鳥や虫、有益な微生物などを呼び寄せています。 小鳥や虫たちの歌声が響きわたるこの美しい自然環境に守られて、フェッツァーの葡萄たちは、健康で素晴らしい房を実らせてくれるのです。
(サントリーより)


当社のバレルセレクト・ワインは、「良質の樽は良質のワインを生み出す」ことを実証しています。非常に個性と品格のあるワインで常にワイン批評家から絶賛されています。最高の葡萄を小型の手造りの樽で発酵、熟成させることから生まれるユニークなスタイルと風味が強調されています。


ワインの情報
樽発酵期間:ワインは数ヶ月間葡萄の澱と寝かされ100%樽発酵、樽熟成されました。ブレンドの65%がマロ・ラクティック発酵されました。ワインは20%を新しいフランス産の樽、30%を1年ものの樽、そして残りを2~3年ものの樽を使って熟成しました。
主要な構成品種:95% シャルドネ 5% ピノ・ブラン
酸/pH度:0.65/3.50
アルコール濃度:13.5%
残糖分:0.04%
生産量:51,200 ケース
料理との組合せ
ボディ:ミディアム/ヘビー
酸度:中~高
推薦料理方法:グリル、ロースト、ソテー、ポーチ
基本食材:貝、エビ、カニ、オヒョウ、鮭、鯛、マス、マグロ、鳥肉類、子牛、豚肉
仲介食材*:柑橘類、梨、リンゴ、ポレンタ、玉蜀黍、タラゴン、バジル、タイム、ナツメグ、カレー、パインナッツ、アーモンド、ディジョンマスタード
チーズ:ブリー、スイス、ジャック、パルメザン
(フェッツァー社HPより)


フェッツァー社のHPはこちら (日本語版)。

AD

Robert Mondavi Coastal Cabernet Sauvignon 1993

Robert Mondavi Coastal 1993

実家のワインセラーシリーズです。


ロバート・モンダヴィ
「コースタル・カベルネ・ソーヴィニヨン」(赤)


■カリフォルニアワインの父■
ロバート・モンダヴィが、カリフォルニアの優れた産地であるノース・コーストとセントラル・コーストのブドウを使って造ったワインがこの「コースタル・シリーズ」です。コースタル(沿岸沿い)の冷涼な気候とノース・コーストの多様な土壌に由来しています。
豊かで熟した性質と和らいだタンニンのとても飲みやすい赤ワインになっています。ベルベットのような風味と帆純なブラックベリーやスグリ、まろやかなタンニンがとても心地よいワインです。

<ロバート・モンダヴィ>
1966年に創業したワイナリーです。フランスの第一級格付けのシャトー・ムートンとのジョイント・ベンチャーによる「オーパス・ワン」という有名な高級カリフォルニアワインを世に送り出したことで有名なロバート・モンダヴィは、イタリアやチリなどの名門ワイナリーとも提携を結びルーチェなどの逸品ジョイントワインも手掛けています。創始者ロバート・モンダヴィは、新興地カリフォルニアで高級ワイン造りに取り組み、見事に実現させた「カリフォルニアワインの父」。栽培品種へのこだわり、最新の醸造方法や熟成法などを積極的に導入する革新性は、その名を世界にとどろかせ、高品質ワイン輸入実績は、実に90ヶ国に及びます。全カリフォルニアのワイナリーに多大な影響を与え続ける同社は、まさにカリフォルニアのリーディングカンパニーといえます。

ロバート・モンダヴィ自伝「最高のワインをめざして」(早川書房)
ワインの素晴らしさを信じ、人生のすべてをワインに捧げた男―ロバート・モンダヴィ。伝統と格式を誇る旧世界(ヨーロッパ)ワインをしのぐ高品質のカリフォルニア・ワインを生み出すため、50代半ばにして自らのワイナリーを起こした彼は、斬新な発想と類まれな行動力で、ワイン界に次々と革命をもたらしてきた。ボルドーの名門シャトーとの国境を越えたワインの合作、トロワグロやボキューズらフレンチの一流シェフによる料理教室プログラムの展開、さらにはディズニーとの提携によるワイン・テーマパークの建設など、絶えざる革新と挑戦によってアメリカの食文化を変えるとともに、カリフォルニアを世界有数のワイン生産地へと育て上げた伝説のワイン王が、その波瀾に満ちた華麗なる生涯を自らの言葉で語る。
(ドッキリWINE市場 より)


ロバート・モンダヴィ(ロバート・ジェラルド・モンダヴィ、英語:Robert Gerald Mondavi、1913年6月18日 - 2008年5月16日)はアメリカ合衆国のワイン生産者。技術革新と戦略的なマーケティング戦略でカリフォルニア・ワインを世界的に認知されるレベルに高めた第一人者である。ロバート・モンダビとも表記されることが多い。

[編集] 経歴
ロバート・モンダヴィの両親はイタリア・マルケ州からアメリカに移民し、ミネソタ州ヒビングに住んでいた。ロバートはミネソタ州で生まれ、その後モンダヴィ家はカリフォルニア州ローダイに転居した。父チェザーレはC.モンダヴィ&サンズ(Mondavi and Sons)という果実包装及び輸送の会社を興し、アメリカ東海岸向けにワイン用ブドウの出荷を行っていた。ロバートが1937年にスタンフォード大学経済経営学部を卒業し、父と弟と共に、ナパ・バレーにて1861年に禁酒法以前最初の大規模ワイナリーのひとつとして創業していたチャールズ・クルッグ・ワイナリーを購入した。その後1965年に独立し、1966年に自分のワイナリー「ロバート・モンダヴィ・ワイナリー」をオークヴィルに創業し、ナパ・バレーにて欧州ワインと比肩するワインづくりを目指した。

(Wikipediaより)


ロバート・モンダヴィ Robert Mondavi


カリフォルニアワインの父、
“カヴェルネの帝王”ロバート・モンダヴィ!

カリフォルニアワインの象徴的存在だったロバート・モンダヴィ氏。2008年5月に94歳で逝去されたという訃報は全米で大きく報じられ、カリフォルニア州知事アーノルド・シュワルツェネッガー氏や評論家のロバート・パーカー氏もカリフォルニアのワイン産業の発展に貢献した業績や先駆者としての役割をたたえるコメントを発表しました。

1967年にナパのオークヴィルに近代的なワイナリーを建造して以来、フランスの醸造技術を取り入れてカリフォルニアのワイン産業を発展させながら、新しい試み~ボルドーのムートンとジョイントを組んだオーパス・ワンやトスカーナのルーチェ等~も精力的に行い、世界各国の有力な生産者とのパイプを繋げていったワイン業界にとって重要な人物でした。

2004年にモンダヴィ・ワイナリーはコンステレーション・グループに売却されましたが、醸造部門のスタッフはそのまま。1997年までオーパスワンの醸造に携わり、現在はモンダヴィ・ワイナリーの醸造責任者であるジャンヴィエーヴ・ジャンセンズさんは「ボブ(ロバート)の口癖は、”全てがビギニング”でした。ロバート・モンダヴィ・ワイナリーの挑戦はまだまだ続きます」とますます意欲的です。
インポートリカーショップ より)


ロバートモンダヴィワイナリーの公式HPはこちら

AD

St CLEMENT Kobu NAPA VALLEY 1997

St CLEMENT Kobu NAPA VALLEY 1997

実家のワインセラーシリーズです。


St.Clement
サン・クレメント


1975年に眼科医であったウィリアム・ケーシーと彼の妻、アレクサンドラによって設立された『サンクレメント・ヴィンヤーズ』は高品質な赤と白を造る名門として知られていましたが1987年に売却し、「サッポロ」の所有となったのですが1990年後半以降ワインの評価は失墜していってしまいました。
しかし1999年、ベリンジャーへ売却されると品質向上に向けて改善が計られました。
ワインメーカーにミッシェル・ロランに従事したアーロン・ポット氏と新鋭の女性醸造家ダニエル・サイロット嬢を迎え2001年ヴィンテージで見事に復活を果たしました。
一時はパーカー氏がスコアリングをやめた程だったのですが1991年ヴィンテージ以降は軒並み90点以上と言うハイスコアです!!
古武士屋 より)


1878年、セント・へレナの小高い丘の上に、ドイツ人のステンドガラス職人フリッツ・H・ローゼンバウム氏によって、ゴシック式ビクトリア朝スタイルの建物が建造されました。
石造りの地下セラーを備えたその建物は、Johannaberg Cellarsと名付けられ、初期のナパ・ワイン産業の一翼を担いましたが、その後の衰退売却を経て、1960年代に新たなオーナーにより復興を果たします。
1975年、改めてオーナーの変わったそのワイナリーは『サン・クレメント・ヴィンヤード』と命名され、白ワインを中心に生産しておりましたが、1987年に再度売却されるに至ります。
新たな経営者は、日本の「サッポロ」の米国法人Sapporo U.S.A.であり、その資本の元でサン・クレメントは、畑と組織の整備を整え、評判の高い赤ワインも生産されるようになりました。
新生サン・クレメントからリリースされたフラッグ・シップ・ワインであるオロッパスは、『Oroppas』つまり『Sapporo』の逆さ読みに由来しています。
サン・クレメントで造られるワインは、常に完熟ブドウを使用しており、ワイン・メーカーのデニス・ジョーンズは、そのスタイルに並々ならぬ自信を抱いております。
(カリフォルニアワインあらかると より)


このワインは、TABLE WINEと書かれています。くわしいことは分かりません。

Painter Bridge California Zinfandel 2006

Painter Bridge California Zinfandel 2006

ペインター ブリッジ 「カリフォルニア ジンファンデル」 PAINTER BRIDGE "CALIFORNIA ZINFANDEL"(CENTRAL COAST, CALIFORNIA) ;

使用品種 ジンファンデル 76%、シラー 15%、プティシラー 5%、ヴァルディグエ 2%、アリカント 2%




2004年ビンテージが、以前あの『ワイン王国』で…

たった980円(税込1,029円)で最高賞五ツ星☆☆☆☆☆を獲得!!
『究極のお値打ちワインNo.1』を発見しました!
そのワインは、「ペインター・ブリッジ」!!


有名ワイン雑誌『ワイン王国』で行われた「究極のお値打ちワイン」を探すコーナーで、たった9本しかない5ツ星を獲得したワインの中にペインター・ブリッジが入っているのです!
ほとんどが3,000円ほどするワインの中で、 980円(税込1,029円)で受賞したペインターブリッジは「エライ」の一言!
『ワイン王国』で五ツ星と評価された「究極のお値打ちワイン」9本の価格を見てみると、なんと1000円台のワインはたった1アイテムひとつ!
★しかもペインター・ブリッジの価格は980円(税込1,029円)!
圧倒的な値段の差をつけての受賞です!
このペインターブリッジは5ツ星の中でも、最高の安さNO.1!!
つまりこのワインこそが、★究極のお値打ちワインNo.1 だといえるでしょう!


評価をしたのは一流ソムリエ5人。
(大越氏、尾関氏、進藤氏、畑山氏、若林氏)

その評価コメントが驚きです!
⇒「低価格でも一流の味わい」
⇒「極上のカリフォルニアワインを発見」
⇒「味わいの各要素のレベルが高い」
⇒「この味わいでこの価格、試してみない手はない」
⇒「干しプラムや果実の香りに加えてトリュフのような熟成香も感じる」
さらには、
⇒「豊かな風味が牛肉の煮込みのようなリッチな味わいと好相性」

この価格でこれだけレベルの高いテイスティングコメントが付くワインは、他に記憶にありません!!
そして、さらに驚くことは…
その「シャルドネ」の酵母に最高級ソーテルヌで使用される酵母で有名な、「F2酵母」を使用しているのです!
この酵母によって味わいが非常にふくよかになっています!


■世界最高醸造家の息子、青年醸造家ダニエル・ショー!
この信じられないテイスティングコメントを受けた極めて安いワインは、もともと世界で最も有名なワイン評論家の、ロバート・パーカー氏がカリフォルニアのベスト・バリューに選んでいる「サイプレス」というワインのリーズナブルワインとして生まれました。
このワインを造った青年醸造家ダニエル・ショーの父は、なんと世界No.1醸造家オブザイヤーに選ばれたことがある偉大な父フィリップ・ショー氏です。


このワインは驚くほど高級感のある樽の香りがあります!
全てのワインに本当のオーク樽を利用しているから、樽香が絶妙なのです
本来、この価格でオーク樽を使用するのは不可能なことですが、実現してしまったのはダニエル・ショーの奇跡としか言いようがありません!!


生産者 ペインター・ブリッジ(Painter Bridge)
ビンテージ 2006年
生産地 アメリカ
ワインタイプ 赤ワイン フルボディ
容量 750ml
ブドウ品種 ジンファンデル
FineWineClub より)


ペインター・ブリッジのジンファンデルは、カリフォルニアでも特にワイン造りの盛んな、セントラル・コーストの自社畑であるロディとパッソロブルのぶどうで造られた、エステートワインです。
ジンファンデル100%ではなく、他にシラーなども25%程度ブレンドしています。
いかにもカリフォルニア的な、単調でパワフルなだけのワインになることを避けるため、オーク樽を使いつつも、ジンファンデルの持つデリケートな風味を壊さないよう、細心の注意を持って仕込まれます。
またぶどう自体も、海岸沿いの比較的冷涼なエリアから採れたものを使っています。
醸造を勤めるのは、ダニエル・ショー。
オーストラリアの有名ワイナリー、ローズマウントの醸造家フィリップ・ショーの息子です。
フランスやイタリアで積んだ経験を元に、偉大なる父の名に恥じぬよう、日々研鑽に励んでいます。
ペインター・ブリッジのワインはその試金石とも言え、今後の発展が期待されています。

WorldWineWalker より)

ワイン王国で「低価格でも一流の味、極上カリフォルニア・ワイン発見!!」として★★★★★5つ星獲得!!

「カリフォルニアは、セントラル・コーストの自社畑から収穫されたブドウのみを用いて造られるエステート・ワイン。セントラル・コーストの中でも海岸沿いの冷淳な気候で、丹精込めて造られた本品は、この低価格でも味わいは極上。干しプラムや果実の香りに加えてトリュフのような熟成香も感じられる。味わいの各要素のレベルが高いが、滑らかなタンニンと、ほのかな塩味は、このワインをさらに印象深いものへと高めている。この味わいでこの価格、試してみない手はない。(ワイン王国30号)
(うきうきワインの玉手箱より)


1/20に抜栓。まずは、香りがあまい。味はフランス系ではあまり見受けない感じで、これがジンファンデルなんでしょうか。確かに飲みやすい感じではあります。1日おいてみると、甘い香りがなくなり、レモン系の香りとなっていました。フィニッシュがありませんが飲みやすい感じに変わっていました。何といっても980円がいい。

PEAY 2004

テーマ:

PEAY

カリフォルニア ソノマのワインです。どうしてうちにあるのか全然覚えていません。


PEAY
このワインはシャルドネです。

PEAYのHPはこちら


先日、開けました。奥さんと話してみると、どうも、奥さんの友人からいただいたようでした。シャルドネの香りがただようアルコール度やや高いと感じるワインでした。もう少し早めの方が良かったかと思いました。