Bourgogne Chardonnay Serafin Pere Fils 2005
Bourgogne Chardonnay Serafin Pere Fils 2005
ドメーヌ・セラファン・ペール・エ・フィス (ブルゴーニュ)
Domaine Serafin Pere et Fils

1947年にスタニスラス・セラファン氏によって創設。現当主のクリスチャン氏はその子息です。驚くほどに濃密な果実味と、力強く、しかも魅惑的な風味が持ち味。
所有する畑は、昔から有機栽培で育てられ老樹にこだわり、収穫量も極端に制限されます。つくりは非常に伝統的で、ぶどうの3分の1は房ごと醸造、発酵温度は33~34度と高めで、圧搾までに約1ヶ月弱もの間、皮と種を漬け込み、成分をたっぷりと抽出します。新樽使用比率は通常で40%、特級では100%。熟成は長いものでは20ヶ月にも及びます。

Domaine Christian Serafin
ドメーヌ・クリスチャン・セラファン ★★★★★ ロバート・パーカーJr.「ブルゴーニュ」より
この村には期待を裏切る生産者が数多くいるが、そのなかにあって、クリスチャン・セラファンは、確かな腕前を見せる醸造家として傑出している。彼のワインは、どのヴィンテージでも際立って一貫している(その1988年は、難しい年にジュヴレ=シャンベルタンから生まれた最も優れたワインのひとつである)。彼は、ブドウ畑においてもセラーにおいても完璧主義者であり、ワインに人の手を加えないよう細心の注意を払い、清澄処理や濾過処理は一切行わない。セラファンのワインは、豊かで、ミディアムボディからフルボディで、非常に深遠な果実味とかなりの複雑さを持ち、間違いなく熟成する力を備えている。目下の彼の最高の2つのワイン、ジュヴレ=シャンベルタン・レ・カズティエとシャルム=シャンベルタンは、10~15年以上は持ちこたえるだろう。セラファンは最近、2つのブドウ畑(モレ=サン=ドニ・レ・ミランドとシャンボール=ミュジニー・レ・ボード)を自分の所有地に加えた。これは、卓越したブルゴーニュを愛好する人にとって非常に喜ばしいニュースである。
宮武酒店より)





Serafin Pere & Fils
セラファン・ペール・エ・フィス

ヴィエーユ・ヴィーニュから低収量で、オフ・ヴィンテージを感じさせることのないワインを生み出す秀逸な造り手!!綺麗なジュヴレ・シャンベルタン「セラファン・ペール・エ・フィス」 美しく、優雅に輝きながら熟成を遂げる紳士のワイン!
ポーランド移民の二世である1940年生まれのクリスティアン(そろそろ引退も視野に入れて、ドメーヌを譲るべくともに働いてきた息子ロイックを2002年、事故で亡くしました)が、面積5ha強のジュヴレ中心(モレ、シャンボールが90年代半ばに加わりました)のドメーヌを運営しています。

セラファンの名を高らしめている、ジュヴレ=シャンベルタンのヴィエーユ・ヴィーニュは、3区画になりますがそのうちの2区画はグラン・クリュのシャルムやプルミエ・クリュの【プティト・シャペル】、【ラヴォー・サン=ジャック】に接しているクオリティの高いリュー・ディからのもので、平均の樹齢は50年を数え、1920年植え付けのブドウ樹も多く含まれています。500ha弱とコート・ドールで最も面積の広いアペラシオンがあるジュヴレ・シャンベルタンでは3分の2をアペラシオン・ヴィラージュが占めますが、そのうちのおよそ半分は国道74号線の東の平坦地に位置しています。そのようなヴィラージュ畑と74号線の西、それもグラン・クリュやプルミエ・クリュに接している区画とでは、テロワールは全く別物で、同じアペラシオンを名乗ることが不思議といってもよいくらいにそのクオリティには差異が見られます。また、このヴィエーユ・ヴィーニュ以外のシャルムやプルミエ・クリュも樹齢は平均で40年以上と、申し分ない高さとなっています。

畑は、厳密な定義からすれば流行のビオではないものの、以前から有機栽培で耕作され、そこで育つブドウは芽掻きが十分に行われ、加えて必要とあらばヴァンダンジュ・ヴェールトも付し、収量を徹底的に抑えています。造りでは、しっかりした骨格を付与するタンニンや酸の抽出のため、ヴィラージュ以上は平均で3割ほど果梗を残す(ACブルゴーニュはこの限りではなく、リリースしてすぐにも愉しめるよう100%除梗する)。当然野生酵母により自然な発酵の開始となるが、温度はかなり高めで35度にも達します。樽熟はヴィンテージ毎に多少異なるものの、ヴィラージュ・クラスで5割以上の新樽、ヴィエーユ・ヴィーニュ、プルミエ・クリュ、グラン・クリュでは100%でのしつけとなり、ACブルゴーニュでさえ年によっては全て新樽を用いています(少ない年でも2割以上は使用)。

このようにして生み出されるワインは、ともかく長熟なヴァン・ド・ガルドだが、若いうちでも新樽の風味はそれほど強くなく、たっぷりとした構成要素の色濃く滑らかなもの。そして良年は言わずもがな、オフ・ヴィンテージの完成度の高さがドメーヌの大きな強みであり、古くは1977年、また最近の94年等、セラファンは不調なヴィンテージを全く感じさせない仕上がりのワインで私たちを感動させてくれます。

ブルゴーニュ・シャルドネ [2005] (セラファン・ペール・エ・フィス)
Bourgogne Chardonnay [2005] (Serafin Pere & Fils) 【白 ワイン】

1947年に現当主のクリスチャン・セラファンの父スタニスラスによって、ジュヴレ・シャンベルタンの一級畑カズティエのすぐ下に設立。驚くほどに濃密な果実味と、力強く、しかも魅惑的な風味が持ち味。全ブルゴーニュを代表する名醸造元のひとつだが、所有畑が約5haと小さく、そのうえ収穫量は低く抑え、さらには老樹にこだわるため、そのワインはなかなか手に入らない希少品になっている。

農法は限りなく有機に近く、グリーン・ハーヴェストなどを行うことにより、果実のコンセントレーションを高めている。収穫された葡萄は70%除梗(ブルゴーニュ・ルージュは100%)され、3~5日間プレマセレーションされる。発酵は自然酵母により行われ、33~35℃の温度で15~20日間、その間に2回ピジャージュが行われる。ワインは2~3日間オリを落ち着かせた後樽に移される。通常、新樽比率はブルゴーニュ・ルージュ、ヴィラージュもので50%、ヴィエイユ・ヴィーニュと1級・特級は100%。樽熟期間は約20ヶ月。ワインはノンコラージュ、ノンフィルターで瓶詰されることが多く、赤い果実の凝縮感と複雑味に富んだ長期熟成タイプとなっている。

セラファンのブルゴーニュ・シャルドネ限定入荷!
熟成のニュアンスが素晴らしく官能的です。ジュヴレ・シャンベルタン村にある「プレソニエ(Pressonnier)」という区画から少量だけ生産される極上のシャルドネです。平均樹齢40年のシャルドネ100%!
ほんのりとした樽由来のバニラのようなアロマとリッチなリンゴの蜜のようなニュアンスが熟成により調和し最高のハーモニーを奏でています。口当たりはリッチでまろやかで、非常に長いエレガントな余韻が印象的です。
ドングリアーノワインより)




ドングリアーノワインより購入。5,130円。
AD
Suntory Japan Premium Muscat Bailey A 2011
Sungory Japan Premium Muscat Bailey A 2011
サントリージャパンプレミアム
マスカット・ベーリーA 2011
Japan Premium Muscat Bailey A 2011
果実感豊かな軽やかな味わい
日本固有品種「マスカット・ベーリーA」の華やかな香りと、果実感のある心地よい味わいが特徴の、軽やかな赤ワインです。普段の食卓でお気軽にお愉しみください。
やわらかい味わいで、タンニンの量も控えめなぶどうの個性をいかし、樽熟成で複雑な香味を引き出したワインと、タンク熟成でチャーミングな果実感を引き出したワインを、バランスよくブレンドして仕上げました。
ぶどう品種 マスカット・ベーリーA 100%
ぶどう栽培地 山梨県産:53%、長野県産:47%
色 赤
味わい ライトボディ
飲み頃温度 12~14℃
容量 750ML
SUNTORYより)




サントリー ジャパン・プレミアム マスカット・ベーリーA【2011】日本ワイン/長野県(赤ワイン)750ml~JAPAN PREMIUM MUSCAT BAILEY A~

日本固有品種「マスカット・ベーリーA」の華やかな香りと、果実感のある心地よい味わいが特徴の、軽やかな日本産(長野県)の赤ワインです。普段の食卓でお気軽にお愉しめます。
紫の色調が強く、非常に若々しさを感じさせる色合いです。赤いベリーを連想させるフルーティな香りと、カラメルを思わせる甘い香りがあります。
マスカット ベーリーAならではの土を感じさせる素朴な香りもあり、軽やかで飲み心地のよい味わいです。タンニンの量は控えめで口当たりのやわらかいワインです。少し冷やしめにして楽しむのがポイントです(10-12℃)。
ワインショップ葡萄館より)





生協旭神店にて購入。

抜栓日:2014年9月15日
ガメイと誤答。こちらのほうがはるかにキャンディーで甘い!
勉強になる。
AD
Pays d'Oc Syrah Organic M Chapoutier 2012
Pays dOc Syrah Organic M Chapoutier
シラーファンの方は見逃さないで!
日本限定商品

タイプ 赤 ミディアム
原産地
I.G.P. フランス ラングドック・ルーシヨン
ペイドック
葡萄品種 シラー:100%
アルコール度数 13%
16回もパーカーポイント100点を獲得(2011年12月現在)するなどミッシェルはフランスで最も評判の高いワイン生産者の一人として知られており、高級ワインを造るだけではなく、リーズナブルで品質の良いワインにも注力。
その一つがペイ・ドックで、このたびオーガニックワインが仲間入りしました。
日本限定商品

【テイスティングコメント】
シラー品種から造られた、熟した赤い果実の風味が心地良く、フレッシュでかつエレガントな味わいが楽しめます。

サラダ、前菜、パスタ、肉料理、チーズなど、和洋中問わず様々な料理にあわせやすいワインです。
単独で飲んでも美味しくいただけます。

土壌:石の多い砂と粘土質土壌
醸造:26度のステンレスタンクにて約21日間発酵
熟成:コンクリートタンクにて約5カ月間熟成。
日本リカーさん資料より

(2013年6月試飲)
生々しいイチゴの香りは完熟な印象の香り。
少し還元的になっているので、空気を含めさせて息を吹き替えさせてやってほしい。

さすれば、ドライチェリーにブラックベリーなどの果実味ブラックペッパーな胡椒のアクセント。
果実味には厚みを感じさせながらも曇りなく、豊かさとエレガントさの双方をバランス良く保つ。
驚きを隠せない、高いパフォーマンスなワインが登場しました。シラーファンの方は見逃さないでください。
Vin du 268より)





ワインショップおおがきにて購入。
抜栓日:2014年9月15日
正解。ただVPDのせいか、さほど特徴と言われる黒胡椒の香りがとれなかった。
むずかしいなぁ~。
AD

Los Vascos Cabernet Sauvignon 2012

テーマ:
Los Vascos Cabernet Sauvignon 2012
Los Vascos Cabernet Sauvignon 2012
ロス・ヴァスコス・カベルネ・ソーヴィニヨン[2012]年・ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト&ヴィーニャ・ロス・ヴァスコス元詰
Los Vascos Cabernet Sauvignon 2012 Vina Los Vascos & Domaine Barons de Rothschild
世界の赤ワイン愛好家が無条件に脱帽するボルドーの最高峰!シャトー・ラフィット・ロートシルトの名門ロスチャイルド家がチリにおけるダイヤモンドの原石として選んだロスヴァスコス!カベルネ ソーヴィニヨン種特有のタニックですがすがしい気品が漂う!最高の名門が磨きをかけたチリワイン!目隠しでボルドーのシャトーものと比べてほしいほどの出来栄えです。
ロス ヴァスコス カベルネ ソーヴィニヨン[2012]年 ドメーヌ バロン ド ロートシルト&ヴィーニャ ロス ヴァスコス元詰

カベルネ ソーヴィニヨン種特有のタニックですがすがしい気品が漂う!
フランスワイン最高の名門が磨きをかけた究極のチリワイン!!

ボルドー最高の赤ワインとして、世界のワイン愛好家が無条件に脱帽する《シャトー ラフィット・ロートシルト》。その伝説の酒を醸し続け、磨き続けている、あの名門ロスチャイルド家が、南米チリで、改めて大いなる歴史への挑戦を始めました。

彼らがチリ中の銘醸地を踏査し、無数のワイン生産者の中から厳選に厳選を重ねて選び出した、いわばダイヤモンドの原石―それが《ロス ヴァスコス》に他なりませんでした。《ロス ヴァスコス》のあるラペル地域コルチャグア地区ペラリージョ区は、チリでも最も古い葡萄栽培地域のひとつで、中でも、太平洋から40kmに位置するカニェテン盆地は、三方を山々に囲まれる独特の微気候で知られます。日中は暑く、夜間は晩から吹き始める海風のために涼しいというその気候の中で、葡萄は理想的に完熟します。《ロス ヴァスコス》は、2,200haに及ぶこのカニェテン盆地のすべてを単独所有しています。

《ロス ヴァスコス》の創業は1750年、チリに移住したバスク系のスペイン人エチェニケー族によって、その礎が築かれました。「バスク人たち」という意味の《ロス ヴァスコス》の名は、そこから生まれました。以来240年、《ロス ヴァスコス》は、チリを代表するワイン生産者として、また19世紀半ばには、最も早くフランス系葡萄を植え付けたチリワインの改革者の一人として、確固たる地位を築いてきました。そして1988年。その輝ける伝統に新たな流れを生み出すべく、フランスのロスチャイルド家が、偉大なパートナーとして出現したのです。ロスチャイルド家が、この《ロス ヴァスコス》を選んだ最大の理由は、その土壌と微気候の優秀さにありました。さらにその土地に植えられた樹齢の高い、しかもフィロキセラに侵されていない素晴らしい葡萄樹たちも魅力でした。葡萄の樹というものは、樹齢が高くなるにつれて、一層素晴らしい実りを結んでくれるものなのです。

これらの恵まれた条件がもつ利点を最大限に生かすため、《シャトー ラフィット》では、《ロス ヴァスコス》の品質面の最高顧問として、本家《ラフィット》のディレクターであるG.ロクヴァム氏を送り込むという思いきった人事を断行。このチリワインの最高峰を、世界の最高峰のレベルに引き上げるべく、畑から醸造、貯蔵に至るまでの徹底的な改革を実施しました。こうして《ロス ヴァスコス》の歴史は新たなステージを迎えたのです。

ロス・ヴァスコス
カベルネ・ソーヴィニヨン2012
■ 品種:カベルネ・ソーヴィニヨン
赤ワインの頂点「シャトー ラフィット」が南米チリで醸しました。このカベルネ・ソーヴィニヨンは、ドメーヌの名を世に知らしめたロス・ヴァスコスの典型的なワインです。

カベルネ ソーヴィニヨン種特有のタニックですがすがしい気品が漂います。 しっかりとしたコクとなめらかな口当たりが楽しめるバランスのよい赤ワインです。
目隠しでボルドーのシャトーものと比べてほしいほどの出来栄えです。

世界の赤ワイン愛好家が無条件に脱帽するボルドーの最高峰!シャトー・ラフィット・ロートシルトの名門ロスチャイルド家がチリにおけるダイヤモンドの原石として選んだロスヴァスコス!カベルネ ソーヴィニヨン種特有のタニックですがすがしい気品が漂う!最高の名門が磨きをかけたチリワイン!目隠しでボルドーのシャトーものと比べてほしいほどの出来栄えです。


ロス・ヴァスコス・カベルネ・ソーヴィニヨン[2012]年・ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト&ヴィーニャ・ロス・ヴァスコス元詰
Los Vascos Cabernet Sauvignon 2012 Vina Los Vascos & Domaine Barons de Rothschild

年代 造り手
[2012]年 ドメーヌ バロン ド ロートシルト
生産国 地域
チリ コルチャグア

タイプ
赤・辛口 ミディアムフル
うきうきワインの玉手箱より)





ワインショップおおがきにて購入。
抜栓日:2014年9月15日
フランス・カベルネ・フランと誤答。
かなりの樽香、青い香り。味わいは酸が穏やかで甘味あり(このへんがCFとの違いか?)

Cabernet Sauvignon Domaines Astruc 2012

テーマ:
Cabernet Sauvignon Domaines Astruc 2012
Cabertent Sauvignon Domaines Astruc 2012
ドメーヌ・アストラック
フランスのラングドックは世界でも最大規模なワイン生産地であり、そして コストパフォーマンスに非常に優れたワイン を今までにたくさん世に送り出してきた地方。

ここにはたくさんのワイナリーが存在しますが、ラングドック地方の生産者の中でも 「高品質なバリューワイン」 をモットーとし、数々の輝かしい実績を積み重ねているのが ジャン・クロード・マス です。

彼は2006年、ワイン業界から初となる米アーンスト&ヤングの「最優秀国際起業家」に選出、2008年にはフランスのL’EXPRESS誌で「ニュー・ウェーヴ・オブ・ザ・ワイン」としてフランスの明日を担う30人の醸造家に、そして同年イギリス・ガーディアン紙で ワイナリー・オブ・ザ・イヤー を受賞するなど、多くの注目を集めている人物。

そしてラングドック地方の リムー にて、このジャン・クロード・マスが運営するワイナリーの1つが、今回ご案内する ドメーヌ・アストラック です。

1862年に創設者のジャン・アストラックが12haの葡萄畑を買い取ってワインづくりを開始したのがドメーヌ・アストラックの始まりで、現在は400ha以上の葡萄畑を所有する一大ワイナリーに成長しました。

ラングドックは一つの地方としてひと括りにするには、あまりに多彩なテロワールと気候(海洋性気候、地中海性気候、大陸性気候)が混在し、各地域から収穫されるブドウはそれぞれ特有の個性を持っています。

リムーは 大西洋気候と地中海性気候の特徴を合わせ持つ恵まれた環境 であり、ドメーヌ・アストラックはそのもとで多種多様なブドウを栽培してきました。

ジャン・クロード・マスはドメーヌ・アストラックのポテンシャルに魅せられ、伝統と近代的なワインづくりの技法とを融合させ、さらなる高品質ワインを造るという新しい試みにチャレンジ。

自身のワイン作りにおけるフィロソフィーを実現すべく心血を注ぎ込んだドメーヌ・アストラックのワインには、葡萄品種の特徴が余すところなくエレガントに表現され、自家産葡萄を使用したワイン作りからはフィネスやテロワールが感じられます。

ペイ・ドックと言ってもクオリティーに一切妥協せず造られたワインは、コンクールや専門誌でも高い評価を獲得するものもあり、 まさにお値打ちなものばかりのラインナップ となっています。

ディー・エー カベルネ・ソーヴィニヨン ヴァン・ド・ペイ・ドック [2012] ドメーヌ・アストラック <赤> <ワイン/フランス>

ワイン名 d.A Pays d'Oc Cabernet Sauvignon / Domaine Astruc
ワイン種別 赤ワイン
ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン
生産者 ドメーヌ・アストラック
産地 フランス・ラングドック=ルーション
原産地呼称 ペイ・ドック
アルコール度数 13.5%
容量 750ml
ドラジェより)





d.A.(ドメーヌ・アストラック)
ブランド名d.A.(ドメーヌ・アストラック)
ブランド名(英)d.A. (Domaine Astruc)
商品名d.A. カベルネ・ソーヴィニヨン
商品名(英)d.A. Cabernet Sauvignon
格付I.G.P. ペイ・ドック
生産国 フランス 商品コード 63515
生産地域 ラングドック・ルーション JANコード 3453040000177
生産者名 d.A.ワイナリー (ジャン・クロード・マス) アルコール度数(%) 13~13.5 % vol
生産者名(英) d.A. Winery (Jean-Claude Mas) 適温(℃) 16 ℃ ~ 18 ℃
生産年 2012年 栓の仕様 シンセティックコルク
色 赤 発泡性 発泡(無)
味 辛口 樽熟成 樽熟成(有)
ボディ フルボディ 品目 果実酒(ワイン)
ブドウ品種 カべルネ・ソーヴィニヨン100 %
25%は7ヶ月間樽熟成。熟したイチゴや、モカを思わせる香り。果実味豊かで柔らかいタンニンと酸味のバランスが良い。樽熟成による芳醇な味わい。長い余韻を楽しめる。
SMILECORPより)




ワインショップおおがきにて購入。999円。
抜栓日:2014年9月16日
品種正解。ただ、VDP(IGP)なので、かなり味わいとしては軽く、薄い。
このへんがAOCとの違いか。

Suntory Japan Premium Koshu 2012

テーマ:
Suntory Japan Premium Koshu 2012
Sungory Japan Premium Koshu 2012
サントリー ジャパン・プレミアム 甲州【2012】日本ワイン/長野県(白ワイン)750ml~JAPAN PREMIUM KOSHU ~

和柑橘を感じる上品な香りと、旨みを感じるしっかりした味わいが特徴の日本産(長野県)の白ワインです。
淡い黄色ですが、ほんのりと甲州ぶどうの皮の色を連想させる紫を帯びた色合いが入っています。柑橘系の香り立ち、それも和柑橘の金柑などを連想させる香りと白い花や綿飴を思わせる香りもあります。柔らかなアタック、中くらいのボリューム感が感じられます。
甲州は千年以上の栽培の歴史をもつとされる日本固有のワイン用ブドウ品種。和柑橘を感じる爽やかな香りと穏やかな酸味が特徴です。和食によく合う白ワインです。やや冷やしてお召し上がりください。
ワインショップ葡萄館より)





サントリージャパンプレミアム
甲州 2012
Japan Premium Koshu 2012
この画面を印刷する(PDF)
『銀賞受賞』2013年国産ワインコンクール
和柑橘の香りが特徴の旨味ある味わい
千年以上の栽培の歴史を持つとされる日本固有の白ワイン用品種。そのやさしく繊細な味わいが「日本的な美しさ」のあるワインとして、今、日本だけでなく世界の市場でも高く評価されています。

この「甲州」の個性をいかすため、果汁を凍結し味わいを凝縮したワインと、シュールリーで仕上げたワインとを絶妙なバランスでブレンドしました。
和柑橘を感じる上品な香りと、旨みを感じるしっとりした味わいが特長の白ワインです。やや冷やしてお召し上がりください。

ぶどう品種 甲州 100%
ぶどう栽培地 山梨県産 100%
色 白
味わい 辛口
飲み頃温度 8~10℃
容量 750ML
サントリーより)





生協旭神店で購入。1600円。
抜栓日:2014年9月15日
http://d.hatena.ne.jp/akirais/20140916/1410816548
かなりフレッシュな柑橘系。最初ミュスカデに似ているかと思ったが、ミュスカデに感じた蜂蜜感がない。味わいもフレッシュな酸で独特な味わい。勉強になる。