台本、雑記置場

声劇台本・宣伝を書き綴っていく予定です。
御用の方はTwitter、mail、またはブログメッセージにてご連絡頂けましたら幸いです。
Twitter:@akiratypeo913
mail:akira3_akira3★yahoo.co.jp ★→@に変えてください


テーマ:

片羽の翼人 ・tfシリーズ・


CAST
・ケイン
剣士。身の丈程の大剣を振り回す。戦い方も性格も豪放なリーダー。
無類の酒好きで、旅先の酒場を必ず回る。照れ屋で素直になりきれない。


・シャル
砲撃士。軽量のボウガンで的確に相手を射抜くスナイパー。最年少のお調子者。
食いしん坊で、ケインとともに酒場を回り食事をしている。
おっちょこちょいなところがある。


・ユーリ
神官。仲間の傷を癒し、討伐したモンスターを弔う心優しき神官。皆のお姉さん。
高位の神聖魔法と剣も扱える頼もしい存在。優しくも芯が強い性格。
朝に弱いという弱点がある。


・アイラ
駆け出しの魔法使い。魔道学院での修業をいかすため、再び冒険へ出る。
明るく好奇心旺盛な性格で、師の教えで世界を見て回り、魔法の力を高める。
魔法へのこだわりが枷になることも。


・ノックス
背中に翼を備えた亜人種、有翼人の青年。生まれながらに背中の羽根が一枚欠けて
おり、片羽(かたは)の忌み子として一族から追放された。


・風の精霊
セリフ少なめ。ユーリとかぶり推奨


~劇中表記~

ケイン:♂:
シャル:♂:
ユーリ/風の精霊:♀:
アイラ:♀:
ノックス:♂:


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ケイン:おっし!ルドラの美酒も満喫したし、そろそろ最後の四大都市、レウスに
  向けて出発しますか!
アイラ:さんせ~い!速く制覇したいなぁ。


シャル:風の都レウスかぁ。どんなところなんだろう。
ユーリ:そうね。とってものどかな街よ。あと、風の精霊伝説っていうお話がある場所ね。
  風の神殿もあるわ。


シャル:精霊伝説?
ユーリ:ええ。国の平和のために命をかけた騎士と精霊の伝説よ。
  都にいけば詳しく聞くこともできると思うわ。


アイラ:風の精霊の伝説かぁ。面白そう!
ケイン:そうそう、ルドラの酒場で小耳にはさんだんだが、レウスの都付近には最近、
  片羽の有翼人(ゆうよくじん)の賊がでるらしいぜ。


シャル:有翼人って亜人種だよね。めずらしいねー。おいらたちも出くわすかな?
ユーリ:どうかしら。でも注意するにこしたことはないわね。


アイラ:片羽…。なにがあったのかしらね。
ケイン:さあねぇ。賊をやっているくらいだし、戦いで斬られたりしたのかもなぁ。


ユーリ:なんにしても、盗賊行為を働くというのなら、改心させたいところね。
シャル:とっつかまえて自警団にでも突き出しちゃえばいいんじゃない?


ケイン:ま、そっちのが早いわな。
アイラ:というわけなんだけど。いい加減出てきたら?


ノックス:ほう、この俺の接近に気付くたぁ、なかなかの奴らじゃねーか。俺が盗賊だって
  いうこともよくわかってるみたいだしなぁ。
シャル:気配でバレバレだよ。そっちだって本気で隠れていたわけじゃあないでしょ?


ノックス:そこまで読めるとはねぇ。こりゃあ手加減できねぇな。怪我したくなきゃ、
  大人しく荷物全部置いていきな。
ケイン:俺たちがそういわれて素直に置いていくとでも?


ノックス:おいおい、こっちはよぉ、親切心でいってやってるんだぜぇ?
ユーリ:あなたは、せっかくの力をなぜこのようなことにしか使えないのですか?


ノックス:説教かい?ねえちゃんよぉ?…見れば上玉じゃねーか。とっつかまえてどこぞに
  売り飛ばしてやろうか?
アイラ:…身の程知らずもいいところねぇ。こいつ。


ノックス:ああん?うるせぇぞちんちくりん。ガキは黙ってな!
ケイン:ぷっ!


シャル:あはは!ちんちくりんだって~!
ユーリ:わ、笑っちゃだめよ二人とも!


アイラ:…皆、こいつはあたしが懲らしめるわ。いい!?
ケイン:了解、…あんまり大けがさせるなよ…。


ノックス:はっ!嬢ちゃんが俺と一人でやろうってのかぁ?やめとけやめとけ!下手すりゃ
  死ぬかもしれないぜ?こっちだって命取るつもりはねーぞ?
アイラ:いいからとっとと来なさいよ。出来損ないの片羽さん。


ノックス:てめぇ…俺を片羽と言ったな!許さねぇ!うおぉぉぉ!
アイラ:あんただって人をちんちくりんっていったでしょうが!ファイア!


ノックス:そんなもん当たるかよぉ!
シャル:お、結構速いね。


ケイン:といってもなぁ…。風の魔法をつかうアイラ相手じゃねぇ。
アイラ:これならどう!?フレイム!


ノックス:広範囲に炎が…やるじゃねーかちんちくりん!どおりゃあ!
ユーリ:飛んだ!?


ケイン:いや、ジャンプしただけだ。器用に片方の羽で風を受けているから、その分
  滞空時間が長いな。
アイラ:へえ!やるじゃない!


ノックス:羽がひとつでも空は俺の味方だ!地面をはう雑魚が!覚悟…あれ?いねぇ!?
アイラ:ここよ。


ノックス:俺の…さらに上だと!?馬鹿な!?
アイラ:風の精霊の力を借りれば、少しくらいはあたしだって飛べるのよ?あたしを
  なめすぎたわね!エアスラッシュ!


ノックス:風が…俺の味方をしてくれないだと!うわぁぁぁぁ!
ユーリ:ふう。勝負あり、ね。


シャル:だけど、よく手加減したね~、アイラ。
アイラ:ほんとはもうちょっと痛めつけるつもりだったけどね。風の精霊が手加減して、
  っていうからさ。


ケイン:ほ~う?精霊が?
アイラ:うん。精霊がいうにはどうもこの人、義賊っぽいのよね。


シャル:義賊?
アイラ:そう。金持ちや悪徳商人から盗賊行為をして、色んな町のスラムに配っているみたい。


ノックス:いっつつつ…。精霊が手加減しろ…だとぉ?精霊なんてもんいるわけねーだろ!
シャル:でも、実際アイラはあんたが義賊だって知っているんだぜ?


ノックス:うぐ…それは…。偶然…
ケイン:そんな偶然があるかよ?


ユーリ:いくら義賊といっても、盗賊は盗賊よ。あんまりやりすぎちゃ駄目よ?ヒール。
ノックス:傷が…。なんだこりゃあ?どういうつもりだ!?


ユーリ:これで改心してくれるのなら、必要以上に怪我を負う必要はないわ。
シャル:とはいっても、金持ちにだっていい奴はいるんだし、やりすぎるなよ~。


アイラ:これにこりたら、足を洗うのよ!
ノックス:…なぁ!ちんちくりん!


アイラ:ああっ!?なによケンカ売ってる!?
ノックス:いやすまねぇそうじゃねえ!名前しらねぇもんで…


アイラ:アイラよ。次にそうよんだら許さないわよ!
ノックス:あ、ああ。それで、アイラ!教えてくれ!どうやって羽も無いあんたが俺の上
  まで飛ぶことが出来たんだ!?


アイラ:そんなの簡単よ。風の魔法を使ったの。
ノックス:風の魔法?


ケイン:なんだお前さん、魔法を知らないのか?
ノックス:噂には聞いたことがあるが…魔法ってやつはもっとこう、特別は部屋でがさごそ
  やるようなもんじゃないのか?


ユーリ:さっきあなたの傷を治したのも魔法よ。魔法っていうのはね、きちんと修得すれば
  その場で使ったりできるのよ。
シャル:色々覚えることも多いから、おいらには無理だけどね~。


アイラ:まあ、シャルやケインには無理よね~。
ケイン:うっせ!俺は一応武器を通して使えるぞ!


ノックス:頼む!
アイラ:きゃあ!いきなり土下座なんかして、何よ!?


ノックス:俺にもその空を飛ぶ魔法を教えてくれ!お願いだ!
アイラ:は、はぁ…?なによいきなり…


ノックス:俺は見ての通り、有翼人でありながら羽は生まれつきこの有様、自由に空を
  飛ぶことも出来ない…。
ユーリ:その羽は、生まれつきだったのね…。


ノックス:挙句、片羽の忌み子(いみご)と嫌われ幼くして仲間たちの集落を追い出された。
  俺は自分の生まれを憎んだよ。けどな…それでも空を憎むことは出来ないんだ!
  空は飛ぶことが出来ない俺にとっても、大切なものなんだ!
シャル:忌み子として……おいらもかつては…クラハ、グロウ…。


ノックス:俺はどうしても…どうしても空を飛びたい!大切な空に俺を受け入れて貰いたい!
  アイラ、いや師匠!お願いだ!!
アイラ:ちょ、ちょっと!勝手に師匠呼ばわりしないでよ!


ケイン:アイラが師匠か、面白いじゃねえか。
アイラ:笑い事じゃないでしょ~!


ユーリ:いいんじゃないかしら?
アイラ:えええ!?ちょっとユーリ何言いだすのよ!?


ユーリ:教えることというのはより深く学ぶことでもあるのよ、アイラ。普段魔法を使う
  感覚をきちんと言葉にできないと教えることは出来ない。そうでしょう?これも、
  あなたの魔法の良い訓練になるわ。
アイラ:そ、そんなこといったって…。


ノックス:師匠!どうか!この通り!
アイラ:あたしはまだ修行中の身なんだけど…


ケイン:いいじゃねーか。ユーリの言う通り、これも修行の一環さ。それに、お前の魔法は
  結構立派なもんだぜ?
シャル:がんばれよ、アイラ先生!


アイラ:…これも修行、かぁ…。もう!いい?あたしは自分自身まだまだ未熟者で、ほんとは
  人に教える資格なんてないんだからね!教え方が下手でも、厳しくてもついてこれる!?
ノックス:教えてくれるんなら、空を飛ぶためならどんなことだって耐える!師匠!!


アイラ:しょうがないわねぇ…。あんた、名前は?
ノックス:俺はノックス!よろしくなんだぜ師匠!
アイラ:言葉遣いから教えるべきかしら…。



ノックス:師匠!準備出来ました、お願いします!!
アイラ:よ~し、ビシバシいくわよ!


ノックス:はい!
アイラ:精霊魔法は精霊の声を聞くことがなにより大切よ。精霊の声を聴き、その力を借りて
  魔法を行使する。詠唱はそのためのものよ。


ノックス:はい、師匠!まったくわかりません!!
アイラ:……どの辺がわからないの?


ノックス:だいたい全部わからないです!
アイラ:……トマス先生…たすけてください…。



シャル:苦戦してるねぇ、アイラ先生。
ユーリ:魔法、というもの自体、その存在さえほとんど未知な相手だから、最初は苦労する
  かもしれないわね。


ケイン:けど、飲み込みはかなり早いだろうさ。せいぜい数日あれば飛べるだろ、きっと。
シャル:えええ!?たった数日でぇ?なんでなんで?それならおいらだって飛びたいよ!


ケイン:あいつはすでに風を読むことが出来ている。
シャル:なんでそんなことがわかるのさ?


ケイン:さっきの戦いでな。一瞬で風向き、強さ、風に乗りやすい角度…風の色々なことを
  感じ取った。戦いの最中にだ。精霊という概念をもっていないだけで、あいつにはすでに
  風が「聞こえて」いるんだ。
ユーリ:それに、有翼人はもともと風の精霊とともに暮らしてきた一族なの。私たち人間が
  風の魔法を習得するよりよほど簡単に波長を合わせられるわ。


シャル:才能とか天性のものもあるってことかぁ、いいなぁ。
ケイン:天性のもんはあまり認めたくはないが大きいな。それに、習慣もあるだろう。


ユーリ:例えば漁師の子供は生まれてすぐ泳ぎを習うでしょ。それと同じように、有翼人の
  子はずっと風とその精霊とともに生きるすべを習うの。ノックス自身はそれを教わる事は
  なかったかもしれないけれど、一族の受け継いだ習慣は体の奥に染みついているはずよ。
シャル:なるほどねぇ~。魔法とか精霊という知識がなかったってだけで、空に関しては
  ノックスはほんとは凄いやつってことなんだね?


ケイン:おおまかにまとめるとそんなとこだな!
ユーリ:大まかすぎるわよ…。



ノックス:でぇぇぇぇぇい!
アイラ:それは思いっきりジャンプして羽で風を受けているだけよ!もっと精霊の声に
  耳を澄ませて!


ノックス:そ、そんなこといったって師匠…。
アイラ:あんたは風の力や向きを読むのがうまい。精霊の声をきくことが出来るはずよ!
  小さな声にも耳を傾けるの。


ノックス:声って感覚がどうにも…。
アイラ:風にも色々あるでしょう?同じ強さでも優しいとか、怖いとか感じること、ない?


ノックス:あ!それはなんとなくわかります!
アイラ:それが風の精霊の声よ。よく聞いて、そして語り掛けるのよ。


ノックス:声を聴いて、語り掛ける…風に…風に声が…
風の精霊:(……。)


ノックス:聞こえない…くそ!聞こえない!何をいってるんだよ!俺じゃ、やっぱり俺じゃ
  駄目なのか!?片羽の俺じゃあ…風は…
アイラ:ノックス!諦めないで!


ノックス:師匠!だけど!
アイラ:翼のないあたしにだって出来るのよ!あんたならきっと…


ノックス:だけど俺は…所詮忌み子なんだ!!捨てられた呪われた子だ!
アイラ:ノックス…。



ケイン:アイラ!大変だ!すぐ来てくれ!
アイラ:ケイン?ユーリ?どうしたの?


ユーリ:すぐ近くの丘で旅の人たちが魔物に襲われているの!
アイラ:なんですって!?


ケイン:今からのぼってちゃ間に合わねぇ!シャルがボウガンで時間稼ぎをしているが、
  どこまでもつかわからねぇ!
ユーリ:アイラ、すぐに来て!


アイラ:わかった!行くわよノックス!
ノックス:俺は…
アイラ:行くわよ!



シャル:くっそぉ!数が多いし遠すぎる!アイラはまだこないの!?このままじゃ…
  一人倒れた!?やめろぉ!!
ユーリ:シャル!


シャル:皆!まずいよ!おいらの狙撃だけじゃ抑えきれない!
アイラ:一人倒れている…残りの二人も危ない!急がなきゃ!風の精霊よ!力を貸して!
  皆を連れて行ったら間に合わない!先に行くわ!


ケイン:頼むぞアイラ!
ノックス:男が倒れて…女と子供が…。家族…なのか?


シャル:そんな感じだよ、男の人は必死で二人を守っていたし。おいらだって!…くそ、
  下手に撃ったら二人に当たるかも…。後ろのほうしか撃てない!
ユーリ:アイラ、急いで!


アイラ:わかってる!精霊よ、お願い!もっと速く…!
ケイン:くっそぉ!見ていることしかできないのかよ!!


ノックス:女が子供をかばって…魔物の前に…
ユーリ:いけない!前に出ちゃダメよ、下がって!!…どうしよう、声が届かない!


アイラ:くぅぅ!間に合わない!
シャル:こうなったら一か八か…撃つしかないの!?


ノックス:父親が倒れて…母親がいなくなったら…子供は一人に…俺みたいに、一人に…
  そんなことは…させねぇ!!
ケイン:ノックス!?風が…!?


風の精霊:(あの二人を守りたい?)
ノックス:ああ!


風の精霊:(風を…私たちの声を聴いて)
ノックス:聞こえる!はっきりと聞こえる!精霊よ!力を貸してくれ!!


風の精霊:(弱き者を守るつばさの戦士に…力を…)
ノックス:俺みたいな思いをするのは俺だけで沢山だ!絶対に!絶対にやらせねぇ!!
  うおぉぉぉぉ!!


シャル:風が…!目を開けていられないよ!
ケイン:ノックスが…この風を…!?


アイラ:ノックス、あんた空を…
ユーリ:あっという間に丘まで…!凄い!
ノックス:魔物ども!これ以上はやらせねぇ!!風よ、俺に力を!!



ユーリ:聖なる神々よ、この者の痛みに自愛の雫を…ライトヒール!…これで怪我は
  だいじょうぶ。気をつけて旅を続けてね。
シャル:近くの村まで送らなくていいのかなぁ?


アイラ:だいじょうぶよ。あいつがやるっていってるんだから。
ケイン:今のノックスなら、心配いらねぇな。


アイラ:それにしても…悔しいなぁ。あっという間に追い抜かれちゃった。
ユーリ:彼は彼でずっと風を感じていた。ようやくそれが開花したのよ。


シャル:良かった。本当に。これでノックスもきっとさみしくないよね?
ケイン:風の精霊はいつでもそばにいるさ。あいつの。そして俺たちのそばにな。
  これからはあいつは誰よりもそれを感じていけるだろうさ。


アイラ:なーんか釈然としないわ~。
ユーリ:ふふ、優秀な弟子でよかったじゃない。


シャル:そうだよ、大魔導士アイラ先生♪
ケイン:よ!マジックマスター!


アイラ:うるさーい!あんたたちまでそんな風に呼ぶんじゃなーい!ほら、さっさと旅を
  続けるわよ!……じゃあ、元気でね、あたしのたった一人のバカ弟子。…ありがと。
  あんたはもう、一人じゃないよ。



ノックス:師匠!皆!…この家族は俺が村まで送っていきます。それと…俺、これから
  空を飛んで色々なものを運ぶ運び屋になろうと思います。沢山の思いが詰まったものを
  俺が届けたい。手紙、荷物、時には人を連れて。少しでも危険な旅をする人が
  減るように。少しでも一人になってしまう人がいなくなるように。少しでも、孤独な
  思いがなくなるように…人の気持ちが詰まったものを沢山運びます。
  師匠!師匠は凄い人だ!俺、絶対忘れないです!大魔導士で、マジックマスターで、
  厳しいけど優しくて…ちんちくりんだけどかわいくって!
  師匠に何かあったら、俺、いつでも飛んでいきますから!どこに居たって師匠の声は
  風の精霊がきっと運んでくれる!師匠…ありがとう。



続く







にほんブログ村

参加しています。よろしければクリックお願いします!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

緒方あきらさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。