台本、雑記置場

声劇台本・宣伝を書き綴っていく予定です。
御用の方はTwitter、mail、またはブログメッセージにてご連絡頂けましたら幸いです。
Twitter:@akiratypeo913
mail:akira3_akira3★yahoo.co.jp ★→@に変えてください


テーマ:

魔道士の黄昏


CAST


・アイラ
駆け出しの魔法使い。魔道学院での修業をいかすため、再び冒険へ出る。


・トマス先生
魔道学院でのアイラの担任にして師匠。普段は温厚でのんびり屋。キレると怖い。


・山賊A
通称モブリン。山賊の切り込み隊長。

・山賊B
通称メタリン。山賊の良心なはずだった。

・山賊C
通称山賊C。山賊の親分。


~劇中表記~


アイラ:♀:
トマス:♂:
山賊A:♂:
山賊B:♂:
山賊C:♂:


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


トマス:わかっていますね、アイラ。魔道・魔法は困難を払う、乗り越えるための力…。
  それを活かすも殺すもあなた次第なのですよ。
アイラ:はい、先生!あたしは冒険に出て、世界の広さを垣間(かいま)見ました。
  学院の外の世界はあまりにも大きくて…。けど、あたしはとても小さくて…。


トマス:いいのですよ、アイラ。あなたがそれに気づけただけで十分なのです。
  あなたはまだなにも失ってはいない。これから守っていけばいい。そうでしょう?
アイラ:先生…。ありがとうございます!やっぱり、寂しかったけど皆と一度離れて、
  学院に戻ってきて良かった…。自分や仲間、そして魔道について…。
  しっかりと見つめ直すことができました。


トマス:そうですか。ならば、もう戻るといいでしょう。1年ぶりに会ったあなたは、
  この学院を旅立っていった時よりずっと大人になっていました。
  彼らから沢山の事を学んだのですね。師として、嬉しく思いますよ。

アイラ:あたしこそ、先生ともう一度お会いできて、こうしてもう一度師事することが
  出来て、本当に勉強になりました。
  学んだことを抱きしめて、あたし、皆のところに行きます…ううん、帰ります!


トマス:帰る、ですか。いいですね。帰る場所があるという事は。
  アイラ、ここもまたあなたの帰る場所の一つであること、忘れてはいけませんよ。
アイラ:はい、先生!


トマス:よろしい。では街の門まで見送りますよ、いきましょうか。


山賊A:山賊だー!山賊さまのお通りだぞー!


アイラ:!? 山賊が街まで…!?
トマス:…おやおや。近隣(きんりん)の山で出るという賊(ぞく)たちですか?
  アイラ、いきますよ。


アイラ:先生が戦うんですか!?
トマス:困難を払う力…今こそふるう時でしょう?


アイラ:は、はい!行きます!


山賊C:おらおら~!山賊さまのお通りだー!有り金全部置いて行けぃ!
山賊B:親分、しけた街ですねぇ。大したものでてきませんぜ。

山賊C:そいつぁいけねぇ。いけねぇなぁ!ようし、景気付けにいくぞ!おめーら!
山賊A、B:おお~う!


~山賊のテーマ~


山賊C:わんぱく~♪わんぱく~♪さ~んぞ~くだぁ~~ん!♪
山賊A:俺たちゃわんぱく山 賊 団!♪
山賊B:愛と勇気と情熱と!♪
山賊C:ほ~んの少しのわんぱくが!♪
山賊A:俺らをもっと、悪くする!♪
山賊C:金をだせー!
山賊A、B:ここにー!
山賊C:酒をだせー!
山賊A、B:よろこんでー!
山賊C:ようし、みんないくぞー!
  わんぱく~♪わんぱく~♪さ~んぞ~くだぁ~~ん!♪
  2番いくぞー! いやらし~♪いやらし~♪さーんぞ~…ぐほぁ!


アイラ:うるっさいわよ!この変態ども!
トマス:グーで殴りましたね。いいパンチですよアイラ。


アイラ:先生…こいつら、なんか…凄いバカそう…。
トマス:バカそう、というかバカですね、これは。


山賊A:か、かしらぁ~!しっかりしてくだせぇ!
山賊B:てててて、てめぇ…いい、いきなりなんだぁ!?
山賊C:へへ…おめぇら…最高の部下、だった…ぜ…。

山賊A:かしら…。
山賊B:おやぶん!
山賊C:俺のあとは…おめぇらが立派に…。


アイラ:…そろそろ満足して山に帰りなさいよ。脳筋(のうきん)ども。


山賊C:おまっ、死にかけたリーダーとそれを見送る仲間の感動のシーンを!


アイラ:あたしのパンチひとつで死にかける山賊なら、さっさと解散しなさい。


山賊A:なんて空気の読めない女なんだ…。

トマス:貴方がたには言われたくないでしょうね。


山賊B:親分、ここはいっちょ、がつんと名乗ってやりますかい!

アイラ:まだ続くの?そのコント…。


山賊C:いいだろう、貴様らなかなかやりやがる。
  俺達が名乗るにあたいする敵だと認めてやろう。俺達はっ!

山賊A:山の山賊の切り込み隊長、モブリン!とぅ!
山賊B:山の山賊の知力担当、メタリン!キラ☆
山賊C:そして山の山賊王、山賊C!ぬぅん!…三人揃って~!
山賊ABC:わんぱく山賊団!


山賊A:…。
山賊B:…。
山賊C:…。 …チラ、チラ。


アイラ:言っとくけど、突っ込まないわよ?

山賊A:え、うそぉ?
山賊B:こんなに突っ込みどころを沢山用意したのに?
山賊C:こいつは…血も涙もない連中だぜ…。


トマス:もう一度言います。十分に騒いだでしょう?満足して山に帰りなさい。


山賊A:なんだ~?この優男(やさおとこ)は?
山賊B:俺達は女子供には優しいが、かっこつけた男には厳しいぜ?
山賊C:にいさん、ちょいと痛い目見て貰おうか。


アイラ:女子供には優しいんかい!…はっ、突っ込んでしまった…。
トマス:アイラ、のせられたらきりがありませんよ。


山賊C:ノリの悪い奴だ…、囲んでフクロにしちまえ、いくぞおめえら!
アイラ:先生、危ない!


山賊A:もらった!ひゃっはー…あれ、剣がなんかしっとりして…熱っ!
山賊B:うおぉ!俺のエクスカリバー(50ゴールド特売品)が!溶けてる…!?
山賊C:んなバカな!俺の霊刀、危能丸(れいとう、あぶのうまる)まで…!?


トマス:…フレイム。バカ共相手に詠唱(えいしょう)をする価値は無い…。失せろ。


アイラ:武器を溶かすほどの炎を詠唱なしで…。さすが先生!

トマス:10秒待ってやる…。言っておくが次は無いぞ…、失せろ。


山賊A:ごめんなさい。
山賊B:かえります。
山賊C:だから、その冷たい眼をやめてください、ごめんなさい。


アイラ:よわ…。ていうか怒られて本気でへこんでるんじゃないわよ…。


山賊A:だって。怖いし…。なぁ?
山賊B:うん、凄く怖いし…。ね、親分?
山賊C:怖いし。あと、このボケちゃいけないとこでボケてスベったような罪悪感。

山賊A:だいじょうぶっすよ、かしらの笑いは最高です!
山賊B:そうですよ親分、きっとこいつらも笑いこらえるの必死ですぜ!
山賊C:お、そうか?そうだよなぁ!ははは!


アイラ:バカは復活も速いわねぇ…。


トマス:…光り輝く天雷(てんらい)よ。
  暗雲(あんうん)蠢く(うごめく)いかずちよ。
  我が眼前の敵を光速で貫きたまえ…。無慈悲(むじひ)なるさばきを…。


アイラ:あ…。これはやばい、先生キレてる…。


山賊A:え…?え…?ちょ…。
山賊B:空が…まっくろに…。
山賊C:なんか、すっごいやばそうなんだが…。


トマス:消えろ。ライトニングボルト。


山賊A:かかか、かみなりが!
山賊B:なんだこれ!?おやぶーん!
山賊C:バカ野郎、俺を盾にするなぁぁ!


アイラ:地の精霊よ!今こそその力を体現(たいげん)せん!
  天を駆けるいかずちを、その身体におさめたまえ!
  天のさばきを母なる大地に還したまえ!アースフィールド!


山賊A:…かみなりどもが…あの女のところへ…。
山賊B:おいおい、まさか俺達をかばって…。
山賊C:な、なんで…。


アイラ:ううううう…!すんごい魔力…!こんなの、長くは防ぎきれない…。
  あんたら、さっさと逃げなさいよ!もう悪さするんじゃないわよ!


山賊C:おまえさん…なんで身をていして俺たちを…。
トマス:ふふ、アイラ。随分出来るようになりましたね。お見事ですよ。


アイラ:と、止まった…。はぁ、はぁ…。先生、キレていたんじゃ…。
トマス:クドクドと言うのが面倒だっただけですよ。
  さっさと追い払うつもりでしたが…。よく私の魔法を止めましたね。


アイラ:でも…ちょっと受け止めただけでふらふら…で、す…。
  やっぱり、先生はすごい…で…。ほぇ…。

山賊A:お、おいおい!


トマス:おっと…。魔力を使いきってしまったようですね。
  やれやれ、無茶をするものです。出発が一日遅れてしまいますね。

山賊B:なぁ。この女…だいじょうぶなのか?  


トマス:大丈夫ですよ。魔力を一気に消耗して、眠っているだけです。
  一日ぐっすり眠れば回復するでしょう。

山賊C:そうか…、良かった。


トマス:貴方達、わかっていますね?

山賊A:ああ、こんな小娘に命一つの借りが出来ちまったんだ。
山賊B:こりゃあ、山賊からは足を洗うしかねぇなぁ…。
山賊C:悪さはするなって、命がけで言われちゃな。


トマス:よろしい。この子は明日、旅に出ます。良ければ見送りに来なさい。
  アイラも自分が人を救った経験を実感できるでしょう。

山賊C:この小娘、アイラっていうのか…。明日、だな。わかった。
  じゃあ、今日のところは引き上げるぞ、おめえら!

山賊A:はい、かしら!
山賊C:ばっか!もうかしらじゃねぇ!足洗うんだよ!
山賊B:そうでしたね、親分!
山賊C:親分でもな~い!


トマス:やれやれ。騒がしい事です。…アイラ、本当に成長しましたね。
  
・・・翌日・・・


アイラ:それじゃあ、先生。今度こそあたし、行きますね!
トマス:ええ、あなたの旅が実り多き旅になりますように。


アイラ:はい、先生もお元気で。
トマス:たまには学院に顔を見せにくるのですよ。


アイラ:はい!また成長して帰ってきます。じゃあまた…ん?


山賊A:あねさーん!だいじょうぶですかい?


アイラ:あんたたち、昨日の…見送りに来てくれたの?


山賊B:良かった、元気そうだ。

アイラ:もう悪事をはたらくんじゃないわよ?


山賊C:勿論ですぜ、あねさん!救われたこの命、あねさんに捧げますぜ!


アイラ:…え?


山賊A:昨日、三人で話し合って決めました!
山賊B:俺達、あねさんの旅についていきますぜ!
山賊C:さあ あねさん、ご命令を!荷物、おもちします!


アイラ:じょ、冗談じゃないわよ!誰があんたたちと旅になんか出るもんですか!
トマス:ふふふ…。これはこれは。頼もしいお供ですね?アイラ。


アイラ:先生まで!んもう、あたし行きます!風の精霊よ、力を貸してー!え~い!


山賊A:は、速いっ!?あねさ~ん!?
山賊B:くぅ~、つれねぇ!だがそれがいい!
山賊C:どこまでもついていきます、あねさーん!


アイラ:ついてくるなぁー!


山賊ABC:あ~ねさぁ~~ん!


アイラ:皆、助けてぇぇぇ~!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続く






にほんブログ村

参加しています。よろしければクリックお願いします!


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

緒方あきらさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。