2005-05-27 11:56:32

300人の大交流会+「売れる」プレゼン力講演会 ドリームゲート

テーマ:ビジネス

ロック流経営塾では↓を応援しています。


●300人の大交流会+「売れる」

プレゼン力講演会 ドリームゲート

 1.講演会

開催日時: 2005/6/18(土)14:00-16:00(13:30受付開始)
開催場所: フォーラムエイト(東京都渋谷区道玄坂2-10-7)
参加費: 無料
講師:
株式会社ヒューマンブレイン 代表 いとう伸 氏
内容: 究極のプレゼンテクニック「実演販売」。
  2000回の実演経験を持つカリスマ実演家に購買

  欲のソソり方を学べ!

 2.交流会

日時: 2005/6/18(土)16:00-17:30
場所: フォーラムエイト(東京都渋谷区道玄坂2-10-7)
参加費: 2000円

  詳細・お申込みはこちら
http://www.dreamgate.gr.jp/area/kanto/event.php?id=85


人気blogランキングです。クリックお願いします。こちらもロック流です!!

ニューヨーク好きの方はこちら!!

ドリームゲート起業家100人のブログ

AD
いいね!した人  |  コメント(99)  |  リブログ(0)
2004-10-29 14:17:19

武田双雲×宮内亮(Akira-project)セミナー

テーマ:ビジネス
読者の皆様にお知らせ!!
TV、雑誌またフジロックフェスティバル等に出演している,
武田双雲氏とトークバトルを行います。ロックな話聞けますよ!!
是非ともご参加ください。!!

「起」業セミナー開催 in さいたま新都心 2004年11月18日(木)
書道家武田双雲×宮内亮(Akira-project)


1部:基調講演
書道家武田双雲が語る
「楽しむ書」の世界と起業
あなたの会社(自分)を一文字であらわす。

2部:トークバトル
起業そして人間力と感動力
武田双雲×宮内亮(デライトニューヨークコンサルティングインク/CEO,
埼玉県創業ベンチャー支援センター・開業アドバイザー)

日時:2004年11月18日(木)13:00受付 14:00開始

会場:さいたま新都心 産学交流プラザ 1F インフォメーションルーム
http://www.pref.saitama.jp/A07/BF20/hp/center.html
(さいたまスーパーアリーナの近くです。)

参加料:無料 (定員:先着80名)

主催 埼玉県創業ベンチャー支援センター
http://www.pref.saitama.jp/A07/BF20/hp/top.html

問合せ:048-601-2345

申込み:m012345@pref.saitama.lg.jp 
(埼玉県創業ベンチャー支援センター)
    FAX:048-601-2346

会社名、名前、住所、電話、E-mail を明記の上 お申し込みください。

プロフィール

■書道家:武田双雲

・3歳から書を叩き込まれる。昭和50年生。熊本生まれ。
母である武田双葉に師事
・フジロック等、各種イベントへにて、数多くのパフォーマンス
書道&筆文字ワークショップを実践。
様々なアーティストとのコラボレーションを実践。
・オンラインショップ「ふで文字や.com」の企画 www.fudemojiya.com
・テレビ、ラジオ出演、他取材・執筆
・2003年・上海美術館より「龍華翠褒賞」を授与。
・イタリアフィレンツェ「コスタンツァ・メディチ家芸術褒章」受章
・表現としての書道教室を開催。門下生約100名。
書の新しい領域を開拓し続けるアーティスト
URL:http://www.fudemojiya.com/futaba-mori/souun.htm


■宮内 亮 デライトニューヨークコンサルティングCEO 埼玉県創業・ベンチャー支援センター 開業アドバイザー24歳で起業し、不動産、農業(狭山茶)、経営コンサルティング等の業務を行う。また、米国ニューヨークで法人を設立、米国進出コンサルティング、対日コンサルティング、メディアスクールを行っている。埼玉県創業ベンチャー支援センターの開業アドバイザー従事している。ベンチャーセミナー、創業塾、各種イベント等にて活動しています。現在、DNYC他4社の代表取締役と4社の取締役に就いている。
http://www.delight-ny.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-10-12 19:44:54

イエスから学ぶ人事異動

テーマ:ビジネス
ピーター・バンクスが、ビートルズの「イエロー・サブマリン」の映画を見て、いつも山の上には“イエス”という言葉が書いてあった。それでこいつはいいと思ってなづけた。そしてイエスはスタートしたが、それまでの2枚のアルバムがヒットしなかったイエスにとって、『The Yes Album(サード・アルバム)』(1971)は崖っぷちの状況で作られた勝負作だった。しかし彼らはヒット作を作ることに成功する。このアルバムでイエス独自の音楽スタイルを確立したことは自他共に認める事実となっている。6曲入りのこのアルバムは約10分の曲が4曲あり、ここからイエスの大作主義が始まる。このアルバムからイエスのバンド名を決めた、ピーター・バンクスに代わり、スティーヴ・ハウがギタリストとなるが、彼の存在がイエスに決定的な影響を与えた。以後ギタリストとしても、また作曲家としてもイエスに不可欠な存在になる。その後度重なるメンバーチェンジで、リック・ウエイクマン、アラン・ホワイト、 パトリック・モラーツ、ビリー・シャーウッドの各人の加入、脱退、再加入等を行いながらも、イエスワールドは不動の物となる。経営的にいうと、うまく人をポジションに配置するのは、会社の活動にとっては一度社外に出た者も、米国のように再雇用するのも必要になってくるだろう。

イエス 公式 SITE http://www.yesworld.com/
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2004-10-11 12:56:04

BBキングからみるマーケティング・ミックス

テーマ:ビジネス
BBキングは小遣い稼ぎのために街でギター片手にブルースを歌い始めました。すると、ゴスペルを歌うのに比べ、明らかにお金になることに気がつきます。こうして、彼は少しずつブルース・マンの道を歩み始めますが、すでに結婚もし、真面目一本槍だった彼にとって、それを実行に移すことは不可能に近いことでした。しかし、神は彼にブルースの伝道師になる指名を与えます。そして「スリー・オクロック・ブルース」が大ヒットして、彼の名は一躍全国区になりました。これをきっかけにして、彼は本格的にブルース・ミュージシャンとして活動し始め、自らのバンドをもつようになります。そして、ここから彼のツアー人生が始まることになりました。彼は40年にわたり毎年平均330回ものライブをこなすようになります。世界一成功したブルースマンは、いまや、アメリカにはB・B・キング印の商品がいくらでもあります。ブルース・クラブ「B・B・キング」はチェーン店化されており、全国にあります。B・B・キング印のギターの弦はもちろん、B・B・キング印の衣料品、サラダ・ドレッシングや冷凍食品、バーベキュー・ソースなどなど。まさに、彼こそアメリカン・ドリームの夢であり、アメリカの良心の象徴でもあるのです。経営的に言うと、企業は目標を達成するために、複数のマーケティング要素を組み合わせて戦略的にコントロールします。マーケティング・ミックスは、製品(Product)、価(Price)、流通(Place)、プロモーション(Promotion)製品(Product)を駆使して企業活動を向上させることです。皆様もBBキングにならってみてはいかがですか?
LIVE感想:ニューヨークではじめてBBキングを見たのですが、自分は何故か涙あるれる程感動しました。すごいオーラをもっています。

BBキング 公式 SITE http://www.bbking.com/
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2004-10-10 11:50:48

アース・ウインド&ファイアーから見るスペシャリスト度

テーマ:ビジネス
アース・ウインド&ファイアーは、モーリス・ホワイトを中心にシカゴで結成された。70年、ワーナーとレコード契約を結び、2枚のアルバムを発売する。その後大幅なメンバーチェンジを経て72年に当時のCBSからサード・アルバムとなる『地球最後の日』をリリース。次作『ヘッド・トゥ・ザ・スカイ』はついにゴールド・ディスクを獲得。続く『太陽の化身』もゴールド・ディスクとなり、人種を超えた人気を確立していく。いまでも、ディスコ/ソウルの永遠の王道として知られている。経営的にいうと、スペシャリストにあてはまるのではとおもいます。企業が期待する社員とは、単に忠誠心を持つことよりも、スペシャリストやプロフェッショナルとして能力を最大に発揮し、その成果を通していかに貢献する人です。スペシャリストは、他者との差別化要素となる特定の専門分野に関する深い知識や技術を有し、その分野の仕事に特化して従事する人のことです。アース・ウインド&ファイアーのようにスペシャリストを駆使して長いあいだ成功したいものです。

アース・ウインド&ファイアー 公式 SITE http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/SR/EarthWindandFire/
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2004-10-08 15:13:37

エリッククラプトンから学ぶビジョナリー・カンパニー

テーマ:ビジネス
クラプトンは15才でギターの演奏を始め、ロバート・ジョンソン、B.B.キングら、偉大なブ ルースマンの影響を受けながら、10代の後半にはギタリストとして活動をスタートした。その後、ロード・アイランド・レッド・&ザ・ルースターズを経て、ザ・ヤードバーズに加入。そして、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーと共に、ロック・グループ “クリーム”を結成。ファースト・アルバム『フレッシュ・クリーム』を発表。まさに彼らは、名実ともにロック界最強のトリオであった。ソロ活動に入り、ヒットを飛ばす。ロックンロール・ホール・オブ・フェイムのパーティーで、クリームのメンバーとして、いわゆる“ロックの殿堂”入り。グラミー賞において、アルバム『アンプラグド ~アコースティック・クラプトン』に関連した主要6部門を独占。そしてクラプトンが長年の夢を実現させたB.B.キングとの共演アルバム『ライディング・ウィズ・ザ・キング』をリリースし長い間成功をおさめている。経営的にいうと、ビジョナリー・カンパニーにあてはまるのではないか。ビジョナリー・カンパニーとは、先見性を持った未来志向型企業のことで、商品のライフサイクルや優れた指導者が活躍できる期間を超えて、ずっと繁栄し続ける企業のことです。

LIVE感想:武道館でライブをみて存在感のすごさに圧倒しました。

エリッククラプトン 公式 SITE http://www.wmg.jp/ec/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-10-07 20:59:00

YMOにみる競争優位性

テーマ:ビジネス
細野晴臣さんのソロアルバム「はらいそ」の「ファムファータール」で3人が共演。YMOの母体が出来あがる。「YMO」とはイエロー.マジック.オーケストラの略であり名づけ親はリーダーの細野さんである。この日、細野晴臣さんに高橋幸宏さんと坂本龍一さんが細野さん宅に招かれ、3人でコタツを囲みコタツの上には細野家が用意した
焼きおにぎりがあり、また「イエロー.マジック.オーケストラ」のプランを書いたノートを見せYMOの構想を聞かされたという。サポートメンバーに矢野顕子さん、渡辺香津美さん、松武秀樹さん、近田春夫さん、タチバナハジメ等を向かえ不動のものになる。経営的に言うと、ブランディング、イメージ、マーケティング、センス、技術で競争の優位を持つことはYMOに学べるところでしょう。

YMO 公式 SITE http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/ymo/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-10-06 17:09:42

カルチャークラブから見るイノベーション

テーマ:ビジネス
イギリス出身の4人組ポップス系バンド。82年、"White Boy"でデビュー。3曲目の"Do You Really Want To Hurt Me?"で大ブレイク。ボーイジョージの女性的な風貌と、新鮮さを感じるサウンドで"Karma Chameleon", "Church Of The Poison Mind", "I'll Tumble 4 Ya", "Miss Me Blind"などのヒットを飛ばす。2枚目のアルバム"Colour By Numbers"は全世界で1000万枚をセールスし86年にボーイ・ジョージの薬物使用による逮捕で活動中止。87年解散。経営的に言うと当時、ボーイジョージのLOOKSとサウンドは新鮮であった。経営もそうだが、イノベーション、を起こしてあたらしいものをつくりあげるのは大変重要なことである。

カルチャークラブ 公式 SITE http://www.culture-club.co.uk/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-10-05 19:31:14

デビットボウイの差別化戦略

テーマ:ビジネス
リトル・リチャードに影響されR&Bにのめり込んだボウイ。その後、バンドを転々とするがいずれも成功せずに下積み時代が続く。その活動の中、ボウイはモンキーズの一員にデヴィッド・ジョーンズというミュージシャンの事を知り改名。デヴィド・ボウイと名乗るようになる。バンド活動がうまくいかずに、見切りをつけ、ボウイは67年6月に遂にソロ・デビューを果たす。しかし、ファースト・アルバム『デヴィッド・ボウイ』は全くと言って良いほど反響が無く再び壁にぶち当たってしまう。下積み生活の中、彼は舞踏家リンゼイ・ケンプに師事しパントマイムを学ぶなど、後年の演劇的なステージングの基礎となる力を身につけていた。その後、はじめて、ジョン・レノンとの共作『フェイム』はボウイにとって初めての全米1位シングルとなった。何度も壁にあたるが、その後復活して、ヒットを飛ばしている。独特な感性によりアート、音、ダンス等を見せてくれる。経営的にいえばボウイはまさに差別化戦略です。差別化戦略は競争の基本戦略の1つで、他社とは異なった製品、サービスを提供し、顧客にその違いを認知してもらい、競争上の優位性を築こうとするのが差別化戦略です。まさにボウイに当てはまっているのでは。

デビットボウイ 公式 SITE http://www.davidbowie.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-10-04 18:15:07

エアロスミスからみるポジショニング

テーマ:ビジネス
エアロスミスは30年以上にわたり、アメリカン・ロックンロールに君臨してきた。彼らの軌跡は驚くべきものである。アルバム売上1億枚以上、数々の受賞(グラミー賞、アメリカン・ミュージック・アワード、ビルボード・アワード、MTVアワード)、そして世界中の何百万人もの熱狂的ファン。今なおクリエイティブな活動かつい不動のポジションを確保続ける彼らは、アート的にも商業的にも、音楽ビジネスにおける輝かしい成功のモデルとなっている。苦難を乗り越えながら、批判をはね返して、数々の試練にも耐えてきたバンドなのだ。
経営的にいうと、ポジショニングとは、標的とした市場セグメントにおいて自社製品、サービス、自社の位置を差別化し、相対的に優位な地位を占めようとすることです。競合相手(製品等)との対比で、自社(製品等)の差別化ポイントを顧客の思考の中にどのように理解させて、消費者の購買決定をさせるかという観点で、ポジショニングが行われることが多いのです。エアロスミスが行なってきたポジショニングは、経営にも役立つのでは。

エアロスミス 公式 SITE http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/SR/Aerosmith/
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。