噛んだ?さて、どうする…

テーマ:
子育てに限らないと思うが、
日々、迷い、判断し、迷う。
子どもができてから、
これが増えた。

先日も子育て仲間と一緒に
過ごしている時に
子どもたちは最初は
仲良くしていたが、
ケンカやいさかいは
どうしても起こる。

親があまり介入しても
いいことはないのだろう、
と考えているので、
静観することも多い。
今回もはじめは静観していたが、
ちょっとエスカレートしてきたな、
と思っていた矢先。

親が見えないところで
一人の子が大泣きし始めた。
話を聞いたら、
どうやら、噛まれた。
うちの子に。

子どもたちのことは
できるだけ内政不干渉、
と考えていても、
こうなると口を出さざるを得ない。
噛まれた子が私に訴えてきている。
目の前にわが子もいる。
口を挟むことがいいのかどうか、
一瞬迷う。
いや、ここは言うべきだろう、
と判断する。

さて、
ではどのような言葉を使うか、
悩む。
何かいやなことが
お互いにあったのだろう。
その理由を聞いても、
けんかの理由なんてあってない
ようなものだろう。
幼い子どもに理詰めで
問いただしたところで、
どこまで伝わるかわからない。
謝らせる?
「ごめんなさいは?」と言う?
あまり好きじゃない。
大人は謝罪の言葉で
和解のきっかけをつかめる
かもしれないが、
子どもは謝って
和解する生き物ではないだろう。
しかも、ケンカの直後に心のこもった「ごめんなさい」が
出るとは思えない。

とりあえず、「噛む」という行為は俺は好きではない、
と言うことを真剣に伝えてみた。
いやなことがあったのだろう、
そう思う気持ちは仕方がない。
でも、その気持ちを、人を噛むという行為で表すやり方は、
俺は大っきらいだ、と言うことを自分なりに真剣に伝えた。

果たして、これでよかったのか。
わが子に、何がどこまで
伝わったのか。
悩む。

翌日、たまたままた
一緒に出かけることになった。
朝会った時、噛まれた子は
ケロンとしていたが、
噛んだ当人はちょっとバツが悪そうだった(ように私には見えた)。
まずいことをしちゃったな、と思ってくれたのだろうか。。。。

うちの子が
あんなことしてすみませんでした。

AD

本と私

テーマ:
かなり久々のブログアップです。

母たちが企画している「おはなしの森」という企画が発行している冊子「本と私」からうれしいことに執筆依頼をいただいた。

今回は父特集、とのこと。
せっかくなので「父と子」で私が好きな本を紹介させていただいた。
冊子はまだ発行されていないようだが、私のブログを呼んでくださる方々に
先行して紹介させていただきます!

「アナン上・下」
飯田 譲治、梓 河人 (著)   
角川書店 (2000/02)





「ぼくとアナン」
梓 河人 (著)        
角川書店 (2001/12)



父と子の物語で私が大好きな作品といったら、後にも先にもこの物語がピカイチ。ホームレスの浮浪者がふとしたきっかけで子どもを拾ってしまい、浮浪者仲間で子どもを育て始めてしまう。その父と子をめぐる物語。当然実の父と子ではないけど、父の子への想い、子の父への想いは強く、深く・・・。アナンの才能を表現する場面の情景描写がとてもすばらしく、アナンの作品に実際に触れてみたいと強く思ってしまう。魅力的な登場人物が織り成すドラマ、アナンの作品、そして父と子の物語。映画化されたら「イメージと違うなあ」って、絶対がっかりしてしまうんだろうけど、実物のアナンの作品を見てみたい気もするし、お風呂ができたら是非入ってみたい・・・。筆者は「ナイトヘッド」「アナザヘブン」で有名になった飯田 譲治、梓 河人コンビ。ちょっと怖いような作品を書くコンビだけど、「アナン」は他の作品とは一線を画す心温まるファンタジーと父と子の物語。梓 河人はアナンを書き上げた後、ぜひこの物語を子どもたちにも読んで欲しいとい
う想いから、ストーリーを変えずに凝縮して子ども向けに「ぼくとアナン」を執筆。表紙は絵本でおなじみの酒井駒子さんだから、これもまたうれしい。小学校中学年~高学年ぐらいからなら読めるかな?
うれしいことに数年前に講談社が文庫化してくれて、お手軽に読めるようになりました。文庫版の表紙の竜のモザイクがまたいいんだよねえ。





世のお父さん!(もちろんお母さんも)、だまされたと思って読んでみて!

Android携帯からの投稿
AD

チャレンジ開始!

テーマ:
この景色
$あっきーのブログ

いい夜景でしょ

この眺め、皇居周辺からの眺めです

はじめました

皇居チャリティ・ランニング!
こちらのサイトでチャレンジ中です!
http://justgiving.jp/c/1044

年度末までに通算50周!
もちろん1日1周の積み重ね!

いやあ、皇居の周りってすごいですね。
ランナーだらけで。

走っている模様もこちらにアップしていきます!

年明けは1月6日に初ラン予定!

今年もよろしく!
AD